人気ブログランキング |

いきものがたり

ounanoomoi.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 17日

命日

アフ君がいなくなって1年が経ちました。もう1年なんですね。
今年は桜の開花が遅れ、満開になったら生憎の雨。でも、桜は頑張って、アフ君の命日を待って散ってくれました。

e0272869_11205421.jpg

アフ君がいなくなってからの1年は長かったようで、あっという間に過ぎてしまった気がします。

沈みきっていたこの子達が元気を取り戻してくれたことが何より良かった。

e0272869_21302158.jpg

おうなさんは、ゾウがどれほど繊細などうぶつであるかを、目の当たりにしました。
だからこそ、動物園にいてくれているこの子達に、人間は惜しみない愛情を注いでやってほしいし、ストレスのない生活を送らせてあげてほしい。
ハード面では自治体にソフト面では飼育員さんたちに頑張ってもらうしかない。
かぐや媛の役割はこの子達家族の素晴らしさを伝え、貴重な宝だと訴え続け、支援の輪を広げることだと思っています。


e0272869_21325255.jpg
ストレスから耳折れを繰り返していた砥愛ちゃんも、今では元気いっぱい。
大好きなお母さんやお姉ちゃん、飼育員さんの愛に包まれて、すくすくというか、いや~!よー肥えてまんがな(;^ω^)


毎月の月命日、おうなさんは行ける時はお花を買ってお墓に供えさせてもらってたんだけど。
いつ訪れても、椎名キーパーはお花を欠かすことなく、椎名キーパーにとってアフ君は自分の一部だったんだろうなあと思うと、胸が熱くなります。

e0272869_12371152.jpg

きっと、なにかあるごとにアフ君に報告されていたんでしょうね。
ゾウ家族のこと、モザンビークのこと、獣舎拡張工事、そして、今後もいい方向に向かうことを願って・・・


e0272869_11451897.jpg

4月14日、アフ君の命日。 昨年、満開だった姫リンゴの花が、今年はまだ咲いていません。
かぐや媛では、好きだったものをお供えして、アフ君を思い出しみんなでお墓参りをしなきゃって!みんなで動物園に行きました。

行ってビックリ! 
アフ君の寝室だったお部屋の前には全国からアフ君が大好きだったスイカがいっぱい。綺麗なお花もお供えしてありました。

「アフ君のことみんな忘れてないよ~」

e0272869_11503295.jpg

私たちは、お墓に供えさせてもらいました。

e0272869_11520203.jpg

e0272869_11582739.jpg

美味しそうにスイカを頬張ったアフ君。家族を幸せそうに見つめていたアフ君。
椎名キーパーが「テンさん」と声をかけるとのっしのっしと近寄って来てくれたアフ君。 
忘れません。

e0272869_11534811.jpg
e0272869_11535819.jpg
e0272869_11543416.jpg

「アフ君!リカさんも媛ちゃんも砥愛ちゃんも、元気に過ごしていますよ。


e0272869_12275503.jpg
運動場も広がったけど、まだ、リカさんと媛ちゃんは一歩も進めないんです。好奇心旺盛な砥愛ちゃんだけがフラフラと探検に行っています(笑)。
アフ君に広い運動場を駆け回らせてあげたかったよ~!

e0272869_12281103.jpg

これから新緑の季節、動物園はお客さんでいっぱいになります。ゾウ舎の周りはいつも笑い声が絶えないだろうし、暖かいまなざしで包まれていると思うよ。
ゾウさんたちは多くの愛で支えられているから、安心してください。
天国から見守っていてね。
おうなさんがあと10歳若かったら、もっとイケイケで頑張れるんだけどね。息切れしない程度に応援するっちゃよ。」



e0272869_12372695.jpg

アフ君が逝ってしまったのは4月14日午後2時過ぎだったと記憶しているのですが。
命日のこの日、プール側の運動場にいた家族が、急にみんな移動して。。。
リカさんがアフ君のお部屋の前で頭をつけてじっとしているのを見た時、おうなさんはドキっとして時計を見たら、2時過ぎだったんです。
リカさんの顔が優しさの中に悲しみに沈んでいたように見えて・・・

あはっ💦 おうなさんお得意の想像ですが。。。(;^ω^)


e0272869_12374568.jpg


今年の桜も終わりました。1年でたったの1週間から10日くらいしか花を咲かせないなんて!
お見事!ってばかりに花をつけ、可憐に散っていく。風にひらひらと舞う花びらのなんと風情があること。
これからも、桜とともにアフ君を偲ぶことになるのかなあ。

 
e0272869_12381602.jpg


# by taketoriouna | 2017-04-17 22:13 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)
2017年 04月 10日

「砥部焼ZOOメモリアル」

3年前くらいから、
とべ動物園ならではの企画で、地域の特色を活かし、地域とつながりお客さんともつながれるようなことはできないかと。。。
ずっと思っていたんですけど。
で、思いついたのが砥部焼きを使っての思い出づくり。

「砥部焼ZOOメモリアル」が4月1日始動いたしました~(*^^)v
アフリカゾウ舎、こどもの城側道路横に、インフォメーション看板を設置できました!


e0272869_09590107.jpg


思い出を形に残し、次世代に。。。   訪れた証を砥部焼プレートに
愛媛のとべ動物園に来た思い出を、砥部町の伝統工芸品である砥部焼に動物の絵付け体験をしてプレートにする。
2か月間、看板にはめ込んだプレートはその後、動物園のどこかに残していってもらう。
壁や道路脇の装飾に使ってもらったり、砥部焼モニュメントを作ったりしてもらったらいいなあなんて思っておりますが。
何らかの形で後世に残すんです。
自分が描いたプレートが何年後かに恋人と、子どもと、孫と訪れた時に動物園に残されていたら、感動するっしょ(*^^)
ゾウさん大好きなあなたが10年後にこのプレートを見つけたら、思い出が蘇り、懐かしさに胸が熱くなるっしょ(*^^)

e0272869_11330502.jpg

みんなの思い、愛を形に。。。  
見える形の寄付にする
かぐや媛で5年以上、動物園に訪れたお客さんや、ゾウさんファンの人たちと触れ合ってみて感じたことは・・・
みなさん、とても動物園や動物さんたちのことを愛している、大好きなんだ!
できることで、何かしたいと思っている人が大勢いるんだってこと。
それを、寄付金付き砥部焼プレートの作成に参加することで、ワンコイン500円が寄付できるってしくみです。


e0272869_13130760.jpg

一人ひとりの愛で、とべ動物園をサポートしていただけたらと思います。
とべに居てくれている野生動物のために「愛ある愛媛の動物園」になって欲しいから。
中からも外からも支えていけたらなあと思うのです。

かぐや媛は素敵な素晴らしい企画だと思っているんですけど・・・💦


e0272869_12193198.png

とべ動物園はもうすぐ30周年を迎えます。
この先30年後も多くの皆さんに必要とされ愛され続ける動物園だったらいいなあ。
30年後はおうなさんはアフ君と一緒にいるかもしれないけど。。。(;^ω^)
とべ動物園がこの先もずっと愛される動物園として、とべの地で皆さんを迎え続けてくれますように。

e0272869_11404522.jpg

今回色んな方々のご理解とご協力を得て看板第1号(もちろんアフリカゾウ)のインフォメーション看板を設置することができました。
好評であれば、他の動物バージョンもできるんじゃないかしら。。。
そうなって欲しいよ~!

e0272869_11451499.jpg
e0272869_11413927.jpg



看板製作設置費用をみてくださった「愛媛県林材業振興会議」様
細かい細工や無理な注文をきいて看板を作成してくださった「愛媛県森林組合連合会」様
砥部焼プレートの作成にあたり尽力してくださった砥部焼陶和会・上久保様
砥部焼プレートを作ってくださる「陶芸館」様
アフリカゾウの彫物を施してくださった椎名キーパー様
そして、なによりかぐや媛の思いを形にしてくださった「とべ動物園」様

本当にありがとうございました。


e0272869_13044758.jpg



椎名画伯作のアフリカゾウの群れが近々、看板右上に設置予定ですよ(*^^)v

みなさん!参加してくださいね💛 お申し込みはとべ動物園管理事務所で承っておりますです。
1500円握り締めてGO!

e0272869_11424550.jpg







# by taketoriouna | 2017-04-10 13:16 | かぐや媛 | Comments(0)
2017年 03月 27日

忍耐力 鍛えてます(*^^)

ゾウさんたちが何やらソワソワしてると思ったら。。。
椎名キーパーがメロンをカットしてトレイに入れて出てこられました。
ゾウさん達はあま~い匂いでわかっていたんですねえ。

「待っとって・・・」 一個一個並べる椎名キーパー

リカお母さんは『見ちゃダメ!見ちゃダメ!』とばかりに、メロンから気をそらせようとへっちを見てる。
媛ちゃんはメロンを見つめて、じっと我慢。 椎名キーパーの指示待ち。 
砥愛ちゃんはというと・・  鼻は待てども、やっぱり脚は待てないみたい。 スリスリ引き寄せられている。
 


e0272869_22390056.jpg
砥愛ちゃんが一歩進むごとに、椎名キーパーの睨みが入る(><)
だるまさんが転んだ状態。  椎名キーパーと目が合うと、ピタッと止まる砥愛お嬢ちゃま。


もう、みんな我慢の限界です💦   食べたくて食べたくて。。。 表情が物語ってる。
「ちいくいんさん まだでちゅか? 食べたいんでちゅけど。。。💦」

「美味しそうね~。」
「おかあちゃまもそう思います?」
「甘いジューシーな香りがたまらないわ。」
「食べたい。。。 とあたん、メロン食べたい。。。」



e0272869_22514050.jpg


この時すでに、砥愛ちゃんの頭の中はメロンでいっぱいになっていたのでございます。
『メロンだメロン あま~いメロン♪ メロンさん大好きだよ! 今食べてあげるからね! もうメロンにメロメロでしゅ💛』


リカさんと媛ちゃんは匂いだけでも・・・と鼻を近づけ   でも、我慢。

欲望が抑えきれなかった砥愛ちゃんはやっちゃった~💦 
「一個たべちゃお!」

e0272869_22561285.jpg

「こりゃ~!」
「ひゃ~ 見つかっちゃった💦」
椎名キーパー すたすたとやってきて、砥愛ちゃんのおでこをペンペン

「待っとって!言うたやろ」

叱られても、ニコニコ😊   わかってるのかな~?
「はーい(^^)/」 
お返事だけは・・・

e0272869_12064447.jpg
「いいかい? まだ、食べちゃだめだよ。」

「あれれれ~ おかしいなー。。。 お鼻が言うこときかないみたいでちゅ!」


e0272869_12133092.jpg
「まだだって言っとるやろげ~!」

e0272869_12135174.jpg

「とあたんはダメって言ってるのに、お鼻が勝手に動くんでちゅ。」

「やべっ! ちいくいんさん、怒ってる💦」

e0272869_12170659.jpg


「砥愛ちゃんは、なんでお姉ちゃんたちみたいに鼻上げて待てないのかな~?」

「おこちゃまだからでちゅ。。」


e0272869_12183759.jpg
「待てない子にはメロンあげないよ!」
「わかったの?」 ツンツン

e0272869_12203074.jpg

「(^O^)/はーい」
いつも元気で明るく、ちょっとやそっとのことではめげない砥愛ちゃん 笑わせてくれます。

e0272869_12321360.jpg

 
「ねえねえ ちいくいんさん。 とあたん、ちゃんと待てができてるでちょ。」
アピールは忘れません。

脚は待ててないようですけど・・・(^-^;

e0272869_12373459.jpg

忍耐力 鍛えられてます。


e0272869_18553327.jpg

「う~ん。。やっぱり、メロンはおいちいや💛」
「誰がくれたのかわからないけれど、ありがとうごじゃいまーす。」













# by taketoriouna | 2017-03-27 22:23 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)
2017年 03月 21日

砥愛ちゃん!バケツ運びもお手の物になりました(*^^)v

2015年5月 空っぽのバケツを鼻で掴んで椎名キーパーとバケツ運びの練習です。
ガムテープで補修された痛々しいバケツ 想像できるな~。。。
きっと、砥愛ちゃんがおもちゃにして壊したんだろうな~(^-^;


e0272869_10485711.jpg


砥愛ちゃん 1歳と11カ月 バケツをブラブラさせて、・・・頑張ってました。
この中にお芋やリンゴを入れて運ぶのはいつかしら?


2015年10月 ハロウィンに合わせて、カボチャのバケツにお芋や人参を入れて練習が始まりました(*^^)
がんばれ~! 砥愛ちゃん💛
ちょっと重いけど、上手に運んでね。 お客さんの近くまで運んで、みなさんから拍手もらおうね!


e0272869_11050637.jpg

と、願ったものの、3歩目でポトリ💦
あらら。。。 まだちょっと無理みたい。


e0272869_11064009.jpg

1個1個 拾ってる椎名キーパーの背中が、やけに悲しく見えたのはおうなさんだけかしら?
じっと見ているゾウさん達
「ちいくいんしゃん ごめんなちゃい。」
「いいんだよ、気にしなくて。 砥愛ちゃんにはまだ、難しかったね~。」

e0272869_11120260.jpg

「今年のハロウィンデビューは諦めるか・・・ さあ!媛ねえちゃん、頼んだよ!」
「(^O^)/ 任せてくだしゃい!」
意気揚々とバケツを運んで見せた媛ちゃんでした。

e0272869_11152634.jpg
あんな時代もあ~ったねと♬ 
懐かしく思い出しているおうなさん  

それが今では、砥愛ちゃんは大きなバケツいっぱいのご飯を上手に運んでます。

e0272869_11215792.jpg
砥愛ちゃん、らくらくと運んでる~! 凄い凄いね~!

「ヨイショ ヨイショ ごはんだ!ごはん💛」


e0272869_11222698.jpg
 
「砥愛ちゃん、このあたりでいいよ。ありがと。」

e0272869_11312118.jpg
「はい!かしこまりっ(*^^)」

e0272869_11314153.jpg
「ご飯だよ!みんな、いただきますしてね。」
「はーい(^^)/」

e0272869_11315285.jpg

3歳と9カ月の砥愛ちゃん。 すくすくと元気に育ってくれて、ありがとう。









# by taketoriouna | 2017-03-21 12:05 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)
2017年 03月 08日

『君は地球をまもる木工屋さん』

県産間伐材を使って森を元気に! 
森が元気になると空気や水がキレイになり海までキレイにしてくれるんだ! 地球温暖化も防いでくれる。
同じ地球に暮らす野生動物のために、みんなの地球をまもる木工屋さんになるよ~!
『君は地球をまもる木工屋さん』

4歳~12歳までの子どもたち21人が参加してくれました。

e0272869_21522747.jpg

13時 キンコンカンコ~ン 
一時間目 【環境学習会 森を元気にするぞ~】

e0272869_21525692.jpg
 
地球の赤道の近くに、熱帯林という森が広がっていて、色んな生きものが暮らしているよ。

でも、アブラヤシやコーヒー豆の農園を作るために熱帯林が大量伐採されてること知ってました?
この森でとった熱帯材はフローリング材や家具、紙製品になって私たち日本でも大量消費していること知ってました?
今、東南アジアやアフリカの熱帯林の無秩序な伐採が、野生動物の生息地を奪っていることを知ってました?


e0272869_22230019.jpg
外国の木材じゃなくて日本の木材を使おう!
みんなが日本の木材を使ったら、間伐も進み森が元気になるんだよ!
森が元気になることで地球の温度を少しでも下げることができたら、ピースの仲間のしろくまさんたちを守れるかもしれないんだよ。

まずは、間伐材を使うことから始めようね。

e0272869_22251095.jpg


二時間目 【間伐材で木製プレートとゾウさん壁掛け作り】

e0272869_22302979.jpg
椎名キーパーもお手伝いしてくださいました。
こんな真剣なお顔見たことにゃ~い💦 思わずアップで写真撮っちゃいました('◇')ゞ

e0272869_22321952.jpg
パパも真剣。我が子のために、初めて使うジグゾーです。


e0272869_22341953.jpg
ママも頑張って! 親子でひとつのものを作るって楽しいよね~

e0272869_22362239.jpg

焼きペンで大好きな動物の絵を描いてます。

e0272869_22354982.jpg
小っちゃい子たちはゾウさん壁掛けづくりに夢中です。

e0272869_22380918.jpg


三時間目 【テーブル・ベンチの組み立て】お手伝い

お兄ちゃんたちは、こっちのほうが興味あり。
金づちやインパクトドライバー使って、もう夢中です。

e0272869_22390555.jpg
e0272869_22391759.jpg

木製プレートを埋め込んで出来上がり(*^^)v  きゃ~! なんて素敵なのかしら・・・
想像以上に素敵なテーブル・ベンチに仕上がりました。


e0272869_22435394.jpg

みんなが描いてくれた動物の絵、ホントに素晴らしいわ~

ゾウさんの鼻には縞模様💦 縞模様のホース・・・?(;^ω^) 
 

e0272869_22452596.jpg

この日もゾウの被り物で来てくれたゾウさん大好き男の子がアフリカゾウ家族を描いてくれてました。
アフお父さん、砥夢くんも一緒。5頭の家族の絵に泣きそうになったおうなさん。。。

e0272869_22451327.jpg

このテーブルとベンチは動物園で使ってもらいます。
みなさん!とべ動物園に行ったら、このテーブル・ベンチを見てくださいね。
大人には絶対描けない! 子どもならではの絵にほのぼのしますよ。

e0272869_22401795.jpg
みんなが作ってくれたのに、かぐや媛が感謝状もらっちゃた(;^ω^)   みんなでもらった感謝状です。ありがとうね。

「おばちゃん、園長さんから何もらってるんだろ・・・?」 
子どもたちは、ぽか~んとしながらも、きちんと整列して見ていたんだね💦


子どもたちも楽しんでくれて、環境のことも少しお勉強して、動物園さんにも喜んでもらえて、素晴らしいイベントだったんじゃないかと自画自賛。


e0272869_22550800.jpg

木工屋さんを恒例イベントにしたいな~なんて考えております。
次回は夏休み中って思ったけど、炎天下の作業はきついよね(><)
10月頃の開催を考えておりますです。
今回、参加できなかったお友だちは、次回申し込んでくださいね。







# by taketoriouna | 2017-03-08 22:24 | かぐや媛 | Comments(1)
2017年 03月 03日

かまってほしいの! 砥愛ちゃんのかわいいやきもち

椎名キーパーが媛お姉ちゃんと何かしてると、やきもちやいてる砥愛ちゃん。
砥夢君もそうだったなあ・・・
砥夢君は椎名キーパーの気を引こうと、後ろで寝っ転がったり、突進してみたり、少し控えめなアピールアピールでしたけど・・・
砥愛ちゃんはというと
絡む絡む! アピールのしかたがストレートなんですよね(;^ω^)

「ね~ね~ なにちてんの?」
「・・・」
「あっあ~ わかった! お姉ちゃんの足を持ち上げるんだね?砥愛たんもお手伝いしますです。」


e0272869_09565079.jpg

「ちいくいんさん! 重そうだね~。ちょっと待ってて!」

e0272869_09592089.jpg

「よいしょっと。。」


e0272869_10021163.jpg
「ちいくいんさん せーの、一緒によっこいちょ。」
「おっとっとと・・ 砥愛ちゃん、何してんの? それは、俺のお尻だよ💦」
「ちいくいんさんごと持ち上げたらいいでちょ!」

「媛姉ちゃんの訓練してるんだから、砥愛ちゃんはちょっと向こうに行っといて!」


e0272869_10041231.jpg

「お~!媛ちゃん、偉いぞ。こんなに高く足が上がるんだ。これなら獣医さんにも足の裏を診てもらうことも簡単だよ。」

e0272869_10075328.jpg


『かまってくれないなら、いたずらしちゃお。。。お姉ちゃんの足にケツ圧('◇')ゞ』

「重くて、足が上がらないでしょ。」


e0272869_10104881.jpg

「砥愛ちゃん、後で砥愛ちゃんもやるんだから、邪魔しないの。あっち行っときな!」

「エッ! なにか言われました・・・?」

e0272869_10150665.jpg


「はいはい! 砥愛ちゃん じゃあ、訓練するよ! いいかい?」
「はーい(^O^)/」

e0272869_10163970.jpg

「後ろ足あげてー。」


e0272869_10210772.jpg

「じょうず、上手だね~(;^ω^)」
足、上がってないんですけど・・・ まあ、いっか~(^-^;


e0272869_10242644.jpg


「砥愛ちゃんは、ホントに呑み込みが早いね。賢いな~。凄いな~。」
この子は褒めてやると、ごきげんさん。

「いや~ それほどでもないでちゅけどね。」

e0272869_10284327.jpg


砥愛ちゃんの脚に鎖の輪っかが・・(-_-;)
そろそろ、繋留の訓練が始まるのかしら?
嫌がらず、慣れてくれるといいのですが。

e0272869_10345287.jpg




# by taketoriouna | 2017-03-03 23:26 | アフリカゾウ家族 | Comments(2)
2017年 02月 27日

IQはなんぼ???

コンテナ一杯分の柑橘を差し入れ。
数分後、お部屋の方から放飼場にミカンが転がってきた~!

走る走るゾウたち♬ 

e0272869_23074124.jpg
今日も容赦ない争奪戦
e0272869_23080356.jpg

やっぱり一番ちっこい砥愛ちゃんを応援したくなるんですよね。
「砥愛ちゃん!ガンバレ~! ほら、こっちにもあるよ。」


e0272869_23154046.jpg

みんな、ミカン好きなんだ!


e0272869_23162064.jpg


電柵の下に転がった蜜柑もほら! こんな風に前足を折って電柵に触れないように、電柵の下から鼻を入れ上手に掴むんだよね~。



e0272869_10533063.jpg



しかし。。。  この後
本当のゾウさんの賢さ器用さを目の当たりにしたのであった(;^ω^)
ゾウさんのIQって、なんぼなん?

「あれ~! なんであの一個だけ食べないの?」
中が腐ってるのかな~・・・
ゾウさん達は、鼻を近づけてクンクンするんだけど、食べようとしない(><)
食いしん坊の砥愛ちゃんも、掴もうとしては 

「やっぱ、やーめた」


e0272869_11002282.jpg



一個だけ置き去りにされた可哀想なミカン。。。

あれれれ~ よーく見ると、ウンチの上を転がったのか、皮にべっとりウンチがついてる💦

そこに近づいてきた媛ちゃん
何を始めるのかと思ったら、地面にスリスリしてウンチをとってる! まじですか~


e0272869_11082278.jpg

e0272869_11083533.jpg


極めつけは!
なんと、皮を剥き始めて・・・ 
またもやおうなさん、目を奪われちゃって、シャッター切りそこねちゃいました(;´・ω・)

中身だけ食べてたんですぅ(><)
ありえな~い! 信じられな~い! 賢すぎです。
興奮したおうなさんは、隣にいた人に
「今の見ました?ねえ見た~?皮剝いて食べちゃいましたよね~。」

皮剝いてもらって、砥愛ちゃんもパクリ


e0272869_11133010.jpg



中身を食べ終えたミカンの皮は植込みの中にポイっと。。。(^-^;

本日もあっけにとられたおうなさんでした。。


e0272869_22000218.jpg






# by taketoriouna | 2017-02-27 00:35 | アフリカゾウ家族 | Comments(1)
2017年 02月 18日

野生動物のためにできること

かぐや媛のイベントは楽しい中に必ず学びがある内容に・・・を心がけている。
子どもには命の尊さを伝えたい。
そして、地球の裏側にすむ野生動物のことを思いやれる行動がとれる人になって欲しいと思うのです。
そのためには知ってもらうこと。知らなければ想像することもできないはず。

おうなさんも知ることから始まったのです。
アフリカゾウが今この時も象牙だけのために惨殺されている。日本人も加担しているかもしれない。

人間の身勝手から、悲しい思いをしたゾウが目の前にいるという現実。
みなしごゾウがやっとこの地で家族をつくって幸せにくらしているんだという事実。

e0272869_23042645.jpg

このアフリカゾウ家族の物語を多くの人に知ってもらいたい!
で、作ったのが『アフリカゾウ 家族の軌跡』


e0272869_22172790.jpg

アフリカでゾウを直接守ることはできなくても、遠い日本でできることがある。
そして、せめて動物園にいるこの子達家族が幸せに暮せるよう支援していきたい。
そう思って始めた、かぐや媛の活動ですが・・・

かぐや媛6年目にして、もっともっと色んなことを伝えなきゃということで、今回
『君は地球をまもる木工屋さん』を開催することに・・・

ゾウさんだけでなく、野生で苦しんでいる動物たちのことも知ってもらわないとね。

e0272869_21312441.jpg

私たちが日々何気なく使っているコピー用紙やセロハンテープは大丈夫?
フローリング材は?
私たちが大量消費することが、熱帯林の無秩序な伐採を促し、そこに暮らす野生動物を苦しめていることを知っていましたか?


e0272869_22573540.jpg

国産間伐材を使うことは日本の森を守り、遠い国に暮らす野生動物を守ることにもつながるんだよってことを伝えたいと思っています。
50年以上も前に植えられた人工林。間伐しないと元気がなくなって森が泣いています。
でも、間伐にはお金がかかります。間伐材を私たちがいっぱい活用することでお金ができるんです。

森が元気になると地球温暖化を防ぎ、空気や水までキレイになる。森を守ることは海がキレイになる。
凄い凄い!みんなつながっているんだね~!
森や海がキレイになると、そこに暮らしている生きものを守ることにもなるんだよ。

だから、君は地球を守る木工屋さんなんです。
子どもたちにわかるようにお話したいと思っています。

県産間伐材を利用してベンチ・テーブルを作って、動物園にプレゼントします。
子どもたちが木製プレートに動物の絵を描いてテーブルに装飾。きっと素敵なテーブルになるはずです。
あと木工体験、色んな道具を使っての工作は、きっと楽しい体験になると思うな。


先日、愛媛新聞にこんな記事が出ていました。



e0272869_21313184.jpg

私たちの何気ない日々の暮らしが、地球の裏側の自然にも、どこかでかかわっているかもしれないのです。
まずは知ることからだと思います。
そのかかわりとつながりを知ることから、地球の環境保全の一歩を踏み出せるかもしれませんよね。

私たちは一切の自然破壊を行わないで暮らすことはできません。
でも、大量消費を生み出した今の社会の在り方はちょっとおかしいんじゃない?って思わなきゃいけないですよね。
自分が使っているものが、どこからどのようにきたのかを知ることって大事。

わたしたちひとり一人の意識をかえることから・・・

できることでいいと思うんです。
おうなさんちも生活見直しです。

コンビニで珈琲買う時はなるべくこのマークのあるものにしなきゃね!

e0272869_17191296.jpg
コーヒーについている認証マークは何種類かあるみたいだけど
このカエルさんマークはレインフォレストアライアンスといって
熱帯雨林や野生動物、水資源の保護、そこで働く人々の労働環境向上等に関する基準を満たした農園に認証を与えているってマークらしいです。

これからは、きっとこのような意識の高い企業が増えてくるんでしょうね。
そうなるためにも、消費者の意識が大事(*^^)v









# by taketoriouna | 2017-02-18 19:01 | かぐや媛 | Comments(0)
2017年 02月 10日

仕事の流儀

「プロフェッショナルに出てた飼育員さんですか?」
5歳くらいの男の子が嬉しそうに駆け寄ってきた。
ゾウさんとお友達になっている飼育員さん。 椎名キーパーはHEROなのだ。

e0272869_12561248.jpg

プロフェッショナル 仕事の流儀
動物と向き合うプロたち 命をめぐるプロたちの物語 が1月30日に放送されました。

自分の仕事に対して
常に向上心を持って
知識があって、技術を磨き、経験を積んできたプロたち。
命と向き合うその姿には、何よりも動物を愛する気持ちがあり、命の重みを誰よりもわかっている。
「命の前でフェアでありたい」「助けたい」「死なせたくない」「幸せに暮して欲しい」
その強い思いがこの方々をプロフェッショナルにしたのだろう。


e0272869_13121080.jpg

椎名キーパー!登場。もっと見たかったというのが多くの感想だったが。。。
確かに、レジェンドと呼ばれる飼育員とゾウとの物語は、あんなものではないよなあ。

「ゾウの飼い方は直接飼育が一番いいと思っている。」とおっしゃってる椎名キーパー
とべ動物園が直接飼育ができているのには、ここまで築き上げた人間と動物の種を越えた絆があるからこそである。
数々の試練を共に乗り越えてきた月日を、あの短い時間では語り尽くせないだろうな~と思った。


作業中もずっと、ゾウたちに話かけながら仕事をされている姿が映った。
動物たちは生きてる命、感情もある。

そこにお前たちがいることをいつも見ているよ、感じているよ。


e0272869_12553380.jpg

以前、黙々と草引きしている椎名キーパーに質問したことがあった。
「草引きは若い子たちに任せたらいいんじゃないですか?」

e0272869_12552287.jpg

「いいんですよ。モートは挟んでいるけど、いつもゾウさんたちを見ることができるし、あの子たちが自分を感じてくれるから。お客さんも声掛けやすいだろうし、草引きまでできて一石三鳥も四鳥もだから・・・」
椎名キーパーのゾウさんに対する深い愛情が伝わってきた。

e0272869_12562512.jpg
ゾウさんが自分を感じててくれる。
「いつもお前たちの傍にいるよ。」椎名キーパーの心の声が聞こえてきそうだった。

e0272869_12551544.jpg

知識も必要だろう。技術も必要だろう。
知識と技術があって、経験を積んだら、椎名キーパーのようになれるのか?
おうなさんは違うと思うんだよね。
何よりまして、ゾウへの愛情の深さなのではないか!
彼らを幸せにしてやりたい。ソフト面で最高のサポートをしてやりたい。
そう思うからこそ、誰よりも努力されてきたのだろうし、
ゾウさんの傍で少しの変化も見逃さないよう見守って来たのだと思う。

番組の中で、他園の方が椎名キーパーのことを
「ゾウに認めてもらった・・・」と表現されていた。
動物は人間を見ている。心を読んでいる。人間に順位をつけている。
知識と技術だけでは、掃除をしてご飯を与えてくれるだけでは、認めてはくれないような気がする。

海外の動物園ではゾウの飼育方法が変わってきているようだけど。
とべだけは、今の飼育方法を続けて欲しいなあ。
人間に心を開いた動物の姿。飼育員と動物の間に育まれた愛の姿に感動し、見る者の心をあったかくしてくれるんだもん。
そして、家族、親子で暮らすゾウ。 
家族、親子、姉妹の愛がいっぱいなところに人は感動する。


e0272869_12555874.jpg

どうやったらゾウたちが幸せでいられるのかをいつも考え、ゾウと共に生きたいと言われた椎名キーパー。
2011年初めて椎名キーパーにお会した時に聞いた言葉
「強制ではなく共生だと思っている」
従わせようではダメなのだ。
実際、手かぎを持ったキーパーさんたちの姿をおうなさんはほとんど見たことがない。
掃除をしていても、ゾウさんのほうからコミュニケーションを取ろうと寄ってくる。

「手伝ってくれなくてもいいよ。ありがとう。」
そんなこと言ってるのかな。。。

e0272869_11353051.jpg

ゾウをひとりの人格(ゾウ格)を持つ命あるものとして尊重し、そして、自分もゾウに認めてもらえるよう努力して、
共に生きる。
かっこ良すぎです(*^^)


4人のプロに共通していたことは、相手が動物であっても常に相手の立場になるということだろうか。
キリンの飼育員さんの流儀は。。。  「キリンに、なる。」と言われていた。
前々から思っていたが、椎名キーパーはゾウになってると思う。
ゾウの気持ちになり、ゾウの立場になっているよね~。

e0272869_00085713.jpg

獣医さんがぼそっと言われた一言が心に残っている。
「お察しします。」
これこそ、想像力を働かせ、相手を思いやった最高の言葉だったように思う。
息を引き取った愛犬を前に、悲しみに暮れる飼い主さん。末期ガンで3カ月にもおよぶ抗癌剤治療を傍で見ているのもお辛かったと思う。
その気持ちにそっと寄り添った言葉。
動物の命を救う技術もさることながら、相手の立場になり、動物の気持ちや飼い主さんの気持ちを思いやることができる獣医さん。
この1匹の小さな命が、この家族にとってどれだけ尊く大切なものだったのか、獣医さんはわかっている。


e0272869_13035254.jpg
先日、アジアゾウの太郎さんの命日にリンゴが届いていた。
一人のお客様のお気持ちを大事にする動物園であって欲しいと思う。

何年経っても、命日を忘れない。その方にとって太郎さんは子どものような存在だったのかもしれません。
動物園の動物のことを家族のように思っている、見守っている方々がいらっしゃることを忘れてはいけない。

e0272869_10333339.jpg


「あそこに行けば、何か温かいものを感じる。動物にも人にも愛を感じる。」
全国から、行ってみたい、また行きたいと思われる動物園て、いいなあと思う。

それは、かぐや媛のゾウさん基金に寄付してくださる方や、賛助会費を納めてくださってる方々も同じ。
かぐや媛にゾウさんたちの支援を託してくださっていると思うと、その思いを大切にしなきゃと思うのです。





# by taketoriouna | 2017-02-10 10:26 | おうなの日記 | Comments(0)
2017年 02月 05日

美味しいもの食べさせてあげたくて。。。

「おチビちゃん、今はリンゴがお気に召さないみたいで。。。最後には食べるんですけどね。お芋と食パンばかり先により食いしてます。」
「舌が肥えちゃって(^-^;」

よくスーパーでも売ってるでしょ。小っちゃいりんご袋詰めで398円とか!たぶん、美味しくないんだろうな~。

「かぐや媛さんでサトウキビ作ってくれたらいいのに。サトウキビはお芋よりは楽に作れるはずですよ。
植えっぱなしで、できるんじゃないかな~。」
昨年、お芋で苦労したのを知ってる椎名キーパーのお勧めで、サトウキビを作る気になったおうなさん。
植えっぱなしでいいなら、そりゃ楽だ(*^^)v

昨年11月頃から、頭の中はサトウキビ、サトウキビ。
人の意識って凄いんです💦 意識をそこに向けていると、ちゃ~んと引き合わせがあるんだから。
四国中央市のロハス企業組合さんがサトウキビをわけてくださることになり、軽トラ借りて、高速ひとっとび。
軽トラはぶっ飛ばせんでしたが(;^ω^)


ざわわ♪ざわわ♬ ざわわ サトウキビ畑
ひゃ~! サトウキビってこんなにデカいんだ!

e0272869_13454116.jpg

ゾウさんが大好きなんだったら、いっぱい持って帰ってゾウさんに食べさせてあげてって言ってくださり、軽トラに積んで、そのまま動物園へ。

e0272869_13460936.jpg

「砥愛ちゃん 食べてくれるかな~。」
食べ慣れないものは、鼻で掴んでポイしちゃう砥愛ちゃん。大丈夫かな~。
恐る恐る切れ端を掴ませると、もっとちょーだいの催促。
よっしゃ~! サトウキビ作るぞ!


e0272869_13452464.jpg
ロハスさんに栽培の仕方も詳しく教わってきました。
でも、植えてたらいいってもんではありませんでした。新芽が出る頃に、雑草を引いててやらないと、負けちゃうそうなんです(><)
実はおうなさん、去年の芋磨きから、指の痺れ痛みがまだ完璧に治ってない。
少し不安なんだけど・・・ でも、どーにかなるっしょ。

e0272869_14084178.jpg
e0272869_14093576.jpg
e0272869_14095195.jpg
みんな、美味しそうに食べてくれるんだもん。。。

e0272869_14105760.jpg
e0272869_14111452.jpg
最後は媛ちゃんの口の中のサトウキビをリカママと砥愛ちゃんが両方から引っ張り出そうと・・💦争奪戦。 
サトウキビ、好きなんだね~。


e0272869_19294410.jpg

去年、かぐや媛が作ったお芋も不人気だったから、今年は土壌改良に昨年末から頑張ってるんです。
でも、なんか、土日になると雨なんだよね~(><)
本当は今日もダンプカー借りてきて堆肥と竹チップを撒いて、少しでもふかふかの土にするつもりだったんだけど。 雨が止まない。

e0272869_19114593.jpg

ちょっとでも美味しいお芋を! 好きなものを食べさせてあげたい。
動物園にいると、ご飯が一番の楽しみなんだもんね。。。
今年は、ゾウさんたちが大好きだっていうサトウキビ栽培にチャレンジしますぅ。







# by taketoriouna | 2017-02-05 19:49 | アフリカゾウ家族 | Comments(1)
2017年 01月 25日

だって、テレビに映りたいんだもん

写真を整理してたら、色んな面白いものがでてきたので・・・

この日はテレビ番組の撮影
椎名キーパーと媛ちゃんの触れ合う姿のリクエストだったのかな~???

媛ちゃん!べっぴんさんだな~。

e0272869_11201783.jpg

「媛ちゃん、いい子だねえ! さあ、こっちに来て横になってごらん。」

e0272869_11214278.jpg
「じょうずだね~。」

そこに砥愛ちゃんが現れ(;^ω^)
「ねーねー。なにちてんの?」
「今、テレビ局さんが媛姉ちゃん撮ってるんだから、邪魔しちゃダメだよ。」


e0272869_11225986.jpg
「砥愛たんも映りたい!」
いじいじ(´・ω・) いじけてやる。

「砥愛たんだって、じょうずにできるのにな~」


e0272869_11310346.jpg

ステンと寝っ転がった砥愛ちゃん


「お嬢さん!お嬢さん!なにしてんの?もう終わったよ(^-^;」
「あへ💦」

e0272869_11340345.jpg
「さあ、今度は足上げてみるかな~。」

e0272869_11352873.jpg
「う~ん、完璧! 媛ちゃん、いいぞ! 全国の人が見てくれるからね。」

e0272869_11365990.jpg

「また来た! 砥愛ちゃん、今度はな~に?」
「うちろ歩きだよ~。ムーンウォーク(*^^)v  ほら、テレビ局さん、砥愛たんも撮ってもいいよ。」
「(^-^;💦」
「だって、砥愛たんもテレビに映りたいんだもん。」

e0272869_11402269.jpg

「わかったよ~!砥愛ちゃん、飼育員さんが可愛く撮ってあげるから。ほら、こっちにおいで!」

e0272869_11421553.jpg

「そこに座って、ばっちりポーズを決めるんだよ。」
「はーい(^^) きょうは、ちょっとおすまししてみまちゅ。」

e0272869_11444478.jpg

椎名キーパーに写真を撮ってもらって、やっと満足した砥愛ちゃんでした(;^ω^)








# by taketoriouna | 2017-01-25 23:09 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)
2017年 01月 19日

みんながハッピーに・・・

新年を迎えて。。。

世の中の社長さんて、きっと新年に色んなこと考えるんだろうな。
経営のこと、社員のこと、まだまだいっぱい。
おうなさんは社長さんじゃないけれど。やっぱり、色いろと考えます。

こんな時にはゾウさんに会いに行こう!


e0272869_10122567.jpg

10時前、ゾウ舎前には、おうなさんみたいに一人でゾウさんを眺めてるおば様がいるだけ。
ゾウさんにお話してるのかな~。。。

媛ちゃんは私を見つけると、スタスタと寄って来て鼻を振り上げた。
でも、飛んできたのは少しの砂が混じった鼻息だけ。
「媛ちゃん! 私にまで砂かけるん? いい子にしとかないと・・・ 砂かけ媛ばばあと呼んでやる!」
「へへへ」と知らんぷりして踵を返したかと思ったら、いきなり振り向いて二度目の砂かけ。
欲求不満なのはわかるけどさ~。
ウンチや木切れが飛んで来たら、さすがにお客さんの中には怒る人もいるんだろうな。
飼育員さんたちもちょっと困ってます。 ウンチをしてたら、すぐにお掃除です。

e0272869_10141936.jpg

年末に訪れた時は隣にいたお客さんが
「あの子は意地が悪いから、気をつけて。」なんてことを言っていた。
違うんです。あの子は遊んでるだけなんです。お客さんがキャーって逃げるのを楽しんでるだけなんです。

e0272869_10094855.jpg

「媛ちゃん。。。 本当はいい子なのに」
いたずらばかりしてる子にどのように話せば伝わるんだろ。
悶々としていると、リカさんが媛ちゃんの傍にすーっと寄って、何やらお話しているみたい。


e0272869_10100146.jpg
不思議とそれからは、媛ちゃんは鼻ビュンをしなくなったのです。
リカお母さん すげ~!

リカお母さんにはおうなさんの心の声が聞こえているのかも・・・
ゾウさんたちは人間より優れた能力をいっぱい持ってると信じ切っているおうなさん。

また、おバカなことを考えたわたくしめはお部屋の方の壁際にいたリカさんに
「リカさん 私の心の声が聞こえているのなら、こっちに来てお鼻をあげてみてよ。」

すると、どうでしょう。 リカさんが近づいてくるではありませんか💦

e0272869_10210514.jpg
そして。。。


e0272869_10215836.jpg
ぎゃ~!もうぶっ飛びそうでした。
で、こうやって想像力豊かなおうなさんは、ゾウさんと1時間余り遊んで

e0272869_10300899.jpg

「リカさん、どうしたらいい? リカさんたち家族とかぐや媛のみんながハッピーになるために、何ができる?」
「動物園さんと利用者さんが喜ぶこと、何ができる?」
と、聞いてみたけど・・・(-_-;)

いや~ ホントに悩んでます。


e0272869_10312120.jpg


動物園から帰ろうとしたとき、ひとりの男の人が何かを食べながらゾウ舎の柵のところまで来て、
媛ちゃんに食べ物を投げるようなそぶりをして、自分の口の中に・・・

案の定、媛ちゃんは

e0272869_10533564.jpg

砂かけ媛ちゃんになってました('◇')ゞ



先日のかぐや媛の近場の会員さんたちの新年会。
アフリカゾウに特別な思いがあるわけでもなく、高い年会費払って、イベントや芋掘りに駆り出されているみんな(;´・ω・)
いつも、ありがたい、申し訳ないと思っているよ。 感謝の気持ちはいつも持ってるよ。

遠くの会員さんにも、なにもできてないし。このままでいいんかな~といつも思っています。

e0272869_10453217.jpg



「わたしにくっついてたら、良かった~!って日がいつか必ず来るから。」と、平気で言い切ってるおうなさん。
「いつ、来るんですか?」
「それは・・・」

抜けるに抜けられなくしてるよね~
でも、感謝をなにか見える形にと思い続けています。きっと、みんながハッピーになるから。待ってて!
「ぞうさんの恩返し(*^^)v」

Give&Given 与えるから与えられる。 みんな~!まだしばらくはギブギブ精神でお願いします。我慢のとき。


e0272869_11225522.jpg


本当にどうにかせにゃ~! この時期は毎年、この1年どーするべと悶々としているおうなさんでありました。
ゾウさんたちからも、みんなからも必要とされるかぐや媛に。
あなたに出会えて良かったと思われるおうなさんに。



あっ! 北本キーパー ご結婚おめでとうございます。
北本キーパーはハッピー♡ オジサンオバサン達に突っ込み入れられてましたが、幸せそうだったな。。。

う~ん 幸せそう。。。
e0272869_11021180.jpg




# by taketoriouna | 2017-01-19 11:56 | おうなの日記 | Comments(0)
2017年 01月 04日

新年あけましておめでとうございます。

かぐや媛の仕事始め。動物園に新年のご挨拶に行ってきました。
「みんな~!今年もよろしくね。」

e0272869_21333182.jpg


「リカさん、かぐや媛に何してもらいたい?」聞いても答えるはずもなく。。。
何しましょうかね~

e0272869_21381948.jpg

椎名キーパーと少し打ち合わせをして

こんなにも楽しそうなゾウさんたちの顔を見て
この笑顔がずっと続きますようにと願いながら。。。  それにしても、すげ~笑顔じゃ


e0272869_21393842.jpg


この後、砥愛ちゃんは、どうしても我慢できずにバナナをパクリ(;^ω^)
「こりゃー」
お客さんは大笑い。動物園で初笑い。 こいつぁ春から縁起がいいや~

バナナをクンクン鼻で匂った瞬間、パクリとやっちゃった砥愛ちゃん。
一瞬のことで、見た瞬間、笑い過ぎちゃって、またしても大事な場面のシャッターを切れてなかったんです。ごめんなさい。


そこにあったはずのバナナが1本消えてます。



e0272869_21541458.jpg
e0272869_21563811.jpg

今年もゾウさん家族の応援、よろしくお願いします。

おうなさんもみなさんに可愛いゾウさんの写真、面白いエピソードがお届けできるよう頑張ります。
また、今年一年お付き合いくださいまし(*^^)







# by taketoriouna | 2017-01-04 22:07 | おうなの日記 | Comments(0)
2016年 12月 31日

2016年は忘れられない一年に・・・

2016年も残すところ24時間を切りました。
この1年も突っ走ってきたおうなさん。  色んなことがあり過ぎて・・・色んなことをやり過ぎて・・・(;^ω^)
結構、しんどい1年だったんですけど。
 
喉元過ぎれば・・で、
来年はどんな新しい取り組みをしようかな~!  (´∀`)あはは
すでにワクワクしている大晦日です。

今年1年、写真でゾウさん家族のことを思い出してくださいね。アフお父さんのことを忘れないでくださいね。
そして、来年もゾウさん家族とかぐや媛を応援してください。


e0272869_00365988.jpg
e0272869_00374583.jpg
e0272869_00383531.jpg
e0272869_00352963.jpg
e0272869_00391077.jpg
e0272869_00385125.jpg
e0272869_00372699.jpg
e0272869_00364677.jpg
e0272869_00352103.jpg

かぐや媛も10月で6年目に突入しました。
10月30日動物園の日に、渡邉園長から感謝状をいただいたんですよ。
竹取物語の日だったから、長靴姿💦 失礼しました。

e0272869_00460925.jpg
e0272869_00463206.jpg

今後も、少しでも動物園のお役に立てる活動を続けていきたいと思っております。


28日今年最終営業日、ゾウ舎に着くとすぐに、リカお母さんと媛ちゃんが近寄ってきたんです。
「今年もありがと。来年も頑張ってちょーだいね。」って言われたような気がして・・・

e0272869_01085538.jpg

はい(゚д゚)/ ゾウさん家族のために身を粉にして働かせていただきます。

皆さま この1年ありがとうございました。 来年もよろしくお願いいたします。



# by taketoriouna | 2016-12-31 01:26 | おうなの日記 | Comments(0)
2016年 12月 29日

わたし まーつわ♪ いつまでも待つわ♬

「待って!」「待って!」「待っとって!」「待って、言うてるやろ!」
だんだんと声が大きくなる椎名キーパー。

待つのって難しいよね! おうなさんも待てない人なんです(-_-;)
さすが!愛媛の子 柑橘が大好きなゾウさんたち。


バケツを片手に椎名キーパー登場
あとを追っ掛けるゾウさん

e0272869_23155682.jpg
e0272869_23160941.jpg
椎名キーパーにみんなぴた~っとくっついて・・・


e0272869_23172026.jpg
e0272869_23180464.jpg
「並べてあげるけん、待っとって!」

砥愛 「あっ! とあたんの大好きなお蜜柑だ♡」

e0272869_23405370.jpg
「砥愛ちゃん!まだだよ!まだ~」
砥愛ちゃんの目は、蜜柑に釘づけ💦

砥愛 「はやく、食べたいな~。」

e0272869_23411119.jpg

鼻は待てども足は待てない媛ちゃんと砥愛ちゃん。

砥愛 「わーい(^O^) バケツの中にいっぱいあるー↗」

e0272869_23465063.jpg
砥愛 「あれれれ リンゴもある~!」

e0272869_23431819.jpg


「リカさん、待っとくんよ。」

リカ 「わたし ま~つわ♪ いつまでも待つわ(^^♪」
さすがリカお母さん、椎名キーパーの言いつけ通り、微動だにしません。

e0272869_00475475.jpg
「あんたらも 待っとって!」
媛ちゃん、ここで言いつけ通り。
リカお母さんは足もきちんとそろえて、まあお行儀のよいことで。。。

e0272869_00495353.jpg
砥愛ちゃんは、まだじっとして待てません。


e0272869_00503605.jpg

「よし!」 「食べてもいいよ。」


e0272869_09574695.jpg

リカお母さん、一気食い(;^ω^) 一度に二個のお蜜柑を掴んで食べちゃってます。


e0272869_10003494.jpg
砥愛ちゃん 頑張れ! 


e0272869_10021814.jpg

大好物を前にして、待つのって酷だよね。しかし、これも躾です。
子どもの躾はみんなでしましょ(*^^)v
 








# by taketoriouna | 2016-12-29 20:59 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)
2016年 12月 26日

オオカミが来た~ごっこかと思った・・・(^-^;

あなたはご存知であろうか・・・ どこかで聞いたようなフレーズ(^-^;
『愛媛産には愛がある』  愛媛の農林水産物統一のキャッチフレーズである。
県名である「愛」の文字と生産者の慈しみが実ったものとして、県産農林水産物をとらえ、「愛がある」と表現しているんだって!「愛」には、真心や人情とも言える暖かみ、そして愛媛そのものが含まれている。
誰が考えたのか知らないけれど、なんとナイスなキャッチだろう。。。


e0272869_12031389.jpg

ここで、愛媛産のゾウさん家族の愛の一幕をご紹介。


どうしたの?何があったん?
リカお母さんと媛ちゃん、運動場をパオーンと大きな声をあげながら走り回ってる!
砥愛ちゃんはどこ?   砥愛ちゃんがいません。
モートに落ちてるんじゃないかと、覗きこんでみる。いない!
砥愛ちゃんに何かあったんじゃないかと、おうなさんは心臓がドキドキです。

e0272869_18393578.jpg
e0272869_21520878.jpg


どうやら、この時、砥愛ちゃんはお部屋の中で牙の治療中だったんだって。


e0272869_22084358.jpg

砥愛ちゃんひとりがお部屋の中に入ってることなんて、しょちゅうあるのに、なんでこんなに興奮してるんかしら?
お母さんと媛ちゃんは耳を大きく立てて、走り回ってる。
こんな時って怒ってる?神経が高ぶっている? 明らかにいつもと違ったんです。

リカお母さんと媛ちゃんの動揺の仕方は尋常じゃない(><) 







で、椎名キーパーに聞いてみました。
「もしかして、砥愛ちゃんは牙の治療中に泣き叫んでるんですか?」
歯医者さんでの治療中ずっと泣き叫んでいる子どもを想像したおうなさん。

「いいえ おとなしく治療受けてますよ。バケツのご飯を食べながら、じっとしてるよ。とってもいい子💛」
「え~!外では、リカさんたち、興奮して走り回ってるんですけど・・・。心配そうに、何度もお部屋を覗きこんでるし。砥愛ちゃんが低周波出して、助けを求めてるんじゃないのかな~?」


e0272869_21515544.jpg
人間には聞こえない低周波出して
「やだよ~!痛いよ~!おかあしゃん、お姉ちゃん、助けて~」って言ってるに違いないと思い込んでるおうなさん。


「ほら!こんなにいい子ですよ。」
って椎名キーパーに見せてもらった写真がこちら


e0272869_22090815.jpg
ホントだ~
ご飯に夢中の砥愛ちゃん。全然嫌がっている様子もなく。。。じぇんじぇん落ち着いてるじゃん。
変だな~! おかしいな~!

あの動揺の仕方は・・・ じぇったいおかしい~!

いたずらっ子砥愛ちゃんが
きっと、低周波出して、オオカミがきたぞ~ごっこして遊んでいるに違いない。。。💦
「きゃ~! おかあしゃん 助けて~!」「おねえちゃ~ん 助けに来て~!」

と、おバカないけずなことを考えてしまったおうなさんでしたが。


e0272869_11575221.jpg
どうも聞くところによると
レジン(歯医者さんとかで使われる)を牙の削れたところに詰めて、可視光線照射しているらしいです。
光を10秒から20秒当てることで、すぐに固まるんだって!
その専用LEDが青く光るので、リカお母さんと媛ちゃんは砥愛ちゃんが何かされているって心配しているんじゃないかって。

な~んだ、砥愛ちゃんのことを心配してたんだね~。
でも、ホントにゾウさんの家族には驚かされることばかりです。
リカお母さんが眠さのあまり、突然倒れ込むように横になった時、心配して駆け寄った媛ちゃんといい、
大きな音を立てて転んだ砥愛ちゃんを、猛ダッシュで助けに行ったお母さんと媛ちゃんといい、
家族は愛で溢れています。

「愛媛産には愛がある」
この愛に溢れたゾウさんの家族のこと、全国のみなさんに知って欲しいなあ。見に来てほしいなあ。
愛ある愛媛に来てね!
e0272869_23053375.jpg
おてんば砥愛ちゃん!お母ちゃんとお姉ちゃんをあんまり心配させないでね(^^)
オオカミが来たぞ~ごっこしてるなんて言って、ごめんね。。。

e0272869_12295281.jpg


# by taketoriouna | 2016-12-26 16:51 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)
2016年 12月 22日

みなさんのお気持ちを見える形に・・・

リカさんと娘たちのために使ってくださいと、栃木県の会員さんからお金が届いたんです。
ゾウさん達が喜ぶことに使わなきゃ!
椎名キーパーに相談したところ、
「やっぱり、スイカでしょ!」
「もうすぐ12月ですよ~(><)きっと高いでしょうね。でも、売ってんのかな~?」
「この前、ボクは三越で買いましたよ!2000円してなかったと思うんだけどな~。」
いそいそと、三越デパートの地下、果物コーナーへ。。。
あらしませんがな(><) 
「最近、ここでスイカを買われたって人に聞いてきたんですけど。」
「このところは入荷してませんね~」

後日
「椎名さん!三越は置いてないって言われたんですけど・・・」
「だって、ついこの前買ったんですよ!」
「え~!ホントに三越ですか?高島屋じゃないでしょうね~???」
「松山市駅のところって高島屋でしたっけ?💦」
ひゃ~ また、やられた。。。 勘弁してくださいよ。 この言葉を投げたかどうかは覚えてませんが。

高島屋で、やっとスイカを見つけたのはいいものの、悩むおうなさん。
値札を見たら、3240円。それも、メロンくらいの大きさのお上品なスイカが大事そうに緩衝材にくるまれスポットライトを浴びておりました。

e0272869_09572179.jpg

リカさん、媛ちゃん、砥愛ちゃんに1個づつ買うべきか!
悩みぬいた末、スイカ1個とりんご10個買わせていただきました。ありがとうございました。

で、数日後の動物園
「ゾウさん達が嬉しそうに食べてる写真を撮りたいので、お願いします。」
「スイカ1個ですか~!どうするべかな~・・・」と、言いながら奥に消えていった椎名キーパー
数分後 バケツを片手に


e0272869_10032908.jpg

1個しかないスイカ  みんなの口に入るのかな~と心配しながら見ておりますと。。。

4等分に切り分けたスイカとりんごをコンクリートの上に
砥愛ちゃん!お口に入れてもらおうとついて歩きますが。 「まだ~!待っとって!」

e0272869_10053951.jpg

リカさんはクンクン狙いを定め・・・

e0272869_10095718.jpg

もうちょっとで準備完了
りんご、スイカ、りんご、りんご、スイカ・・・・
e0272869_10110013.jpg
ゾウさん達は鼻をおでこにくっつけて、「よし!」の号令待ちです。
どこから食べ始めるんだろ・・・
大好きなスイカから? 
媛ちゃんて、こんなとき遅れをとるんだよな~。リカさんも砥愛ちゃんも、視線はしっかりご飯に向いてるんだけど、媛ちゃんはというと(^-^; 
生き残り競争に負けちゃうよ~💦
ここは動物園だから、いいんですけどね。

リカさんと砥愛ちゃんを油断させるためだったりして・・・(;^ω^)
そんな、根性悪い事考えるのはおうなさんだけ。

e0272869_10175642.jpg

号令とともに、下ろされた鼻先は・・・
よ~く見ると、媛ちゃんはリンゴから食べていたのね!
賢い媛ちゃんは食べるのが早いリカさん側から食べといた方が得策と考えたのか・・(;^ω^) 
単に、目に入ったものから食べたのか・・

リカさんと砥愛ちゃんは、もちろんスイカから(^^)

e0272869_10223596.jpg

媛ちゃんも、しっかりスイカはお口の中に。 とりあえず、おうなさんは一安心。

e0272869_10495228.jpg

椎名キーパーは、食べるのが遅い子どもたちの側が多くなるように並べてくれてたんだけど。
リカお母さんが迫る!迫る!

あと1個残っているスイカは誰の口に収まるのかしら(><)


砥愛 「大変だ~ みんな食べ終えちゃってる。急がなきゃ!」 横目でチラチラ
   「あと三つ💛」  

e0272869_10565967.jpg


砥愛 「お姉ちゃんの鼻が伸びてこないうちに、お口の中はモゴモゴだけど、リンゴから食べとかないとねっ!」

e0272869_11084574.jpg

その時でした。
スーッと伸びてきた長い鼻。。。

砥愛「きゃ~ おかあしゃんの鼻だ~! ツイカは砥愛たんのだよ~!」

焦った砥愛ちゃんは、一度はお口に入れたリンゴを落としてしまったのでありました。 ありゃりゃ

e0272869_11185721.jpg
e0272869_11190851.jpg
結局4つに分けられたスイカはリカおかあさんが二つ、媛ちゃんと砥愛ちゃんがひとつづつ。
これがいちばん めでたしめでたし

スイカとりんごを買った残りのお金はゾウさん基金に入れさせていただきました。

ところで
ゾウさん基金はみなさまの温かいお気持ちが詰まったお金。このお金をどーするか!
毎年、動物園に持って行き、積み立てていただいておりますが。

今回記帳したところ、今期も、おうなさんが知らない方からの入金がありました。
連絡先が分かる方にはお礼を申し上げることもできるのですが、この場をかりて、お礼を申しあげます。
あべ様、やまもと様、はせがわ様、なかがわ様、おおはし様 ありがとうございました。
イベント時や募金箱を設置しているところで、お金を入れてくださった方々、ありがとうございます。


このみなさまのゾウさんに寄せる温かいお気持ちを見える形にしたい!
椎名キーパーと相談して、ゾウ舎に日除けをと・・・ そう思い続けているのですが。
最初の見積もりは(><) ひぇ~!そんなに高いの~?そんなの募金でできる金額じゃないっしょ!愛媛県にしてもらわないとね~。
もう少し安くできないものかと・・・
東山動物園みたいな立派なものはできないから、少し面積を小さくして。。 簡素にして。。となった結果
次の見積額は半分くらいにはなったけれど。 
う~ん それでも、全く足りない(><)

どーするか!色いろと考えておりますので、みなさま、もうしばらくお時間をください。
今日も、勝負服ならぬ勝負ストールを首に巻いて、いざ出陣といきたいところですが。
募金箱持って、街角に立つわけにもいかず・・・(-_-;)


今、おうなさんの必須アイテム、ゾウさんのストール。
会員さんからのパリのお土産なんだよ~!
素敵でしょ♡

e0272869_12003603.jpg

アフリカゾウだよ! アジアゾウの柄は色んなものがあるけど、アフリカゾウのってあまりないでしょ。
もらったとき、超嬉しかった(^^) その方と色違いって聞いて、ますます嬉しかった! ありがとうございました。
なんか、このストール巻いてると、パワーもらえる気がするんです。
きっと、いいことがあるわ(*^^)v 年末ジャンボミニ買っちゃいました💛
なんで、ミニなのよ~って感じですが。






# by taketoriouna | 2016-12-22 12:59 | かぐや媛 | Comments(2)
2016年 12月 19日

こどもたちに伝わっているんだ!

かぐや媛のイベントは
楽しい中に必ず学びや気づきがある内容に。。。ということをいつも心がけています。
子どもたちが大好きな動物園
そこには生きた命があり、その命を守ること、繋いでいくことに一生懸命にお世話をしている飼育員さんや獣医さんがいらっしゃいます。


e0272869_08534870.jpg


その命から何を伝えるのか。。。   
子どもたちには知って欲しいこと、気づいて欲しいことがいっぱいあるんです。
野生動物がここにいてくれている理由 
ただ人間を楽しませてくれるだけじゃない。

動物園の動物から命は尊くはかないものだと知って欲しい。
豊かさを追い求める人間の生活の影で、野生動物たちが悲しい思いをしていることを知って欲しい。
他の命を思いやれる優しい子どもになって欲しい。
そして、なにかできることで、子どもたちと一緒に自然にお返しがしたい。
飼育員さんや獣医さんのお仕事を知って、動物が大好きな子どもたちの中から飼育員や獣医になりたいという夢を持ってくれたらいいな~と思ったり。

おうなさんは欲張りだから、イベントを通して色んなことを期待してしまうのです。


e0272869_22570843.jpg

先週の竹取物語には二組の親子さんが参加してくださいました。
子どもたちの年齢から、今回は何をするべと考え準備するんです。
絵本の読み聞かせをしたり、紙芝居を用意したり、ゾウさん〇×クイズをしたり
楽しみながら、そこに気づきがあり感じることがあるように。。。

3歳から10歳までの子どもたち5人。 
5歳の初参加の男の子はNHKの番組「アフリカゾウの家族をつくる 28年の記録」を見て、アフリカゾウと椎名キーパーが大好きになったみたい。
6歳と8歳の姉弟は2度目の参加の子達でした。

e0272869_22434716.jpg

ゾウさんのために、大好きなゾウさんに食べてもらうために、小っちゃい子もノコギリを手に一生懸命に枝を切ってるんです。

e0272869_22440513.jpg

「この竹を伐ってくれるかなー。狭いところに竹が何本も生えてたら、栄養が足りなくて大きく太く育たないの。
だから、ぎゅうぎゅうにならないように伐ってあげるほうがいいんだよ。それが、山のためにもなるの。」
「なんで山のためなの~?」
「竹を伐ってあげてお日様の光が地面に届くようになると、いろいろな草が生えてきて、冬にその草が枯れると山の栄養になるの。
春にはまた草が生えて、ミミズや虫たちの棲む場所もできて、カエルや小鳥たちの食べ物もできて、元気な筍もいっぱい生えてくるからね。いいこといっぱいなんだよ。」
「はい!」
おうなさんの説明でわかったのかどうかは・・(;^ω^)


e0272869_22442966.jpg
パパと一緒に竹を伐って、エッサエッサと運ぶこの後ろ姿の可愛いこと。。
思わずシャッターをきってしまいました(^^)

e0272869_22445063.jpg
8歳の女の子   「ひとりで伐れる!」 腰も入ってて、ノコギリの使い方もバッチリ💛

e0272869_22450345.jpg
こうやって1時間半で集めた竹をゾウ舎に運ぶんです。
自分で採った竹をゾウ舎に運ぶ時って、子どもたちはどんな気持ちなんだろう。。。って
きっと、楽しいし嬉しいよね。 ゾウさんは喜んで食べてくれるのかな~とドキドキしているのかもね。


e0272869_23035012.jpg

テレビで見たゾウの飼育員さん
「子どもが何度も何度も、あの番組を繰り返し見ているんです。」って、お母さんが言ってたボクは少し緊張気味。

椎名キーパーのお話も一生懸命に聞いて

e0272869_23105734.jpg

いよいよ、ゾウさんのところに

e0272869_23234506.jpg
竹をゾウさんに食べてもらって、子どもたちはご満悦

e0272869_23235749.jpg

この日はテレビの取材が入ってて、子どもたちは質問も受けていたから、もしかしたらテレビに出ちゃうかもネ。

e0272869_23135013.jpg

今回はゾウさん〇×クイズで、ゾウさんのことをいっぱい知ってもらいました(*^^)v
パパがわざと間違えたりして、子どもたちは大喜びでした。 こんなパパいいね~!

e0272869_23142673.jpg
最後の最後に
8月に参加されて再度来ていただいたお母さんから
「うちは○○○から、ポテトチップス禁止令が出ているんです。洗剤も高級なものに替えさせられたんです。」


感動でまた泣いちゃいそうなくらい嬉しかった!
実は、8月の竹取物語の時、「ゾウの森とポテトチップス」っていう写真絵本を見ながらお話をしたんです。

「ボルネオ島では、人間が熱帯雨林を伐採してアブラヤシの畑にしちゃったことで、ゾウやオランウータンたち、色んな野生動物が棲むところがなくなり食べるものが無くなっていってます。
これは遠い国のお話じゃないんだよ。私たち日本人も深く関係しているんです。
みんなが食べてるポテトチップスやドーナツ、洗剤にそのアブラヤシから採れた油が使われているの。
私たちの暮らしの影で苦しんでいる動物がいることを知ったら、食べものを残したり、モノを無駄にしてはいけないよね。ってお話したように思います。」


e0272869_00183140.jpg

かぐや媛のイベントに参加してくれた子どもたちの心の中に、なにかひとつでも残すことができたら。。。
自然を大切にして、動物のことを思いやれる優しい気持ちを持ってくれる子どもが増えることを願っています。








# by taketoriouna | 2016-12-19 01:07 | 竹取物語 | Comments(0)
2016年 12月 13日

第二回 どうぶつえんでえほん クリスマスおはなし会

「第二回 どうぶつえんでえほん」
12月4日 クリスマスおはなし会も無事終了しました。

読み聞かせ、エプロンシアター、腹話術 なんでもこなしちゃうお話会のスーパーお姉ちゃん?おはなし屋えっちゃんと、
なんでも音楽をつけてくれ、子どもたちが喜びそうな色んなアイディアを出してくれるムッちゃん💛
最強の二人とコラボイベントです。

この二人に任せておけば、大丈夫(*^^)v


e0272869_10554255.jpg
受付準備OK クリスマスプレゼントの缶バッチ、大勢来て足りなかったらどーしよう。。。

おおっ! 受付はバニーガールかと思ったら、トナカイおばちゃまだった(^-^;
みんな来てね~! 待ってるよ~!

e0272869_11191033.jpg

しかし、12時30分 外に出てみると、朝からの雨で、この頃は人もまばらな動物園

子どもの笑顔がボランティアでやっている私たちへのクリスマスプレゼントなのに
子どもの楽しそうな顔が、疲れたおうなさんを元気づけてくれるのに・・・
こりゃマズい! みんな、チラシ持って営業です。

13時 レクチャールームは親子さんでいっぱいになりました。


e0272869_01011368.jpg

つかみはバッチリ えっちゃんのエプロンシアター「太りすぎですよ!サンタさん」


e0272869_11215712.jpg

子どもにも大人にも受けていましたね~ 
サンタさんを痩せさせるためにみんなで歌って踊った「あわてんぼうのサンタクロース」
いやー 楽しかった! おうなさん、いっしょに楽しんでたものだから、写真を撮ることをすっかり忘れておりました(-_-;)

絵本「しんせつなともだち」
冬、寒くて食べ物もないこの季節。野うさぎは雪の中から二つのカブを見つけます。
ひとつだけ食べて、たぶん友達も食べ物がなくて困っているだろうと、友だちの家にカブを届けに行きます。
他の動物たちも、野うさぎと同じ気持ちで同じことを・・・
ぐるぐるカブが回って最後にまた野うさぎのところに返ってくるのですが。
友だちを思うやさしい気持ちにあふれたお話です。

e0272869_17230046.jpg

絵本「ぼくんちのペット」
神戸の会員さんから勧められて読んだらまあ、笑っちゃったのと、なんかあったかい気持ちになって、お気に入りの1冊に!
色んな生きものが登場 九官鳥に犬に猫・・・そしてカメのみのきち うちの子はゴン吉
お友だちのお家にはみんな可愛いペットがいるのに。ぼくんちはというと、何も飼っていません。なぜならお母さんが動物だいっきらいだからです。
でも。。。
動物嫌いのお母さんがネズミ捕りで捕まえたネズミに
「何も食べなかったら死んじゃうでしょ」と言って、ご飯を与えるところが、なんともおかしい。

e0272869_09104634.jpg
「ぼくんちのねずみはげんきです。」と締めくくられている。

人間にとっては害獣でも生きている命なのだ。


みんなみんな生きているんだ 友だちなんだ~♬
ミミズだ~って、オケラだ~って、アメンボだ~って、みんなみんな生きているんだ。ともだちなんだ~!
「手のひらを太陽に」をみんなで手話で大合唱


グリちゃん登場 子どもたちの瞳が一気に輝きます。


e0272869_01004659.jpg

グリちゃんの「カメのえんそく」
あせらないあせらない のんびり行こうよ!
なんか、おうなさんに言われているみたいです。


e0272869_00563991.jpg

絵本「ともだちをたすけたゾウたち」
多摩動物園で実際にあったお話

e0272869_01023618.jpg
ゾウさんは仲間をとても大切にする動物
仲間を思いやる気持ち
ゾウさんて、ゾウさん同士でお話してるんだね。そして、交代で病気のゾウさんを守ってあげていたんだね~。
ゾウさんて、なんて優しい動物なんでしょうね~。

とべのゾウさんたちの実際にあったお話も。。。
砥愛ちゃんがプールの坂道をお得意の後ろ歩きでトコトコトコって走っていた時の事。
足が絡まったのか!ズドーンともの凄い音を立てて転びました。
向こうにいた媛お姉ちゃんとリカお母さん。大急ぎで飛んできて。。。 その時の媛ちゃんの慌てようと言ったら・・
坂道を駆け下りて、砥愛ちゃんの傍に。
「だいじょうぶ?砥愛ちゃん 怪我は? 立てる?」鼻を砥愛ちゃんに巻き付け
ふたりは寄り添って、坂道を登っていったんだとか。。。
なんと感動的なお話ですやろ。泣けてくるでしょ。


お話の後は実際に動物に触って命を感じてもらう。
「グリちゃんもウサギさんに触ってみた~い!」


e0272869_01054295.jpg



ゾウ舎に移動して心優しいゾウさんとのふれあい体験

e0272869_21344370.jpg
e0272869_21350146.jpg
雨の中、ご参加ありがとうございました。


e0272869_21351529.jpg





# by taketoriouna | 2016-12-13 23:05 | かぐや媛 | Comments(0)
2016年 12月 09日

伝えたいのは命です

11月は小学校の人権の集いでお話会

伝えたいのは命、命の尊さ  
みんな大切な命、思いやる優しい気持ちを持った人になって欲しいということ。
おうなさんの思いが伝わっているのかどうかはわかりませんが・・・ 
続けていくことができたらなあと思っています。
 
e0272869_22060590.jpg
11月のはじめにこんな絵手紙が届きました。
4年前の6月、初めて講師に呼んでいただいた小学校の校長先生からでした。
私のことを覚えて気にかけてくださっていたのだと知り、本当に嬉しく思いました。ありがとうございました。

e0272869_22130075.jpg

「先生!今年も椎名キーパーとふたつの小学校に行かせてもらいました。」

e0272869_22523383.jpg

小学校では事前に、「アフリカゾウ家族の軌跡」写真パネルを展示して子どもたちに見てもらっています。

e0272869_22540313.jpg

ゾウさん家族の愛と感動の物語。飼育員さんとゾウの種を越えた絆。
写真を見るだけで、ゾウの表情や飼育員さんの眼差しから愛が伝わってきます。


おうなさんがアフリカゾウ家族に出会えたことは色んな偶然が重なって起きた奇跡だし、この家族の物語を伝える役割をいただけたことに感謝です。
子どもたちの目を見ながら、ひとこと一言心を込めて話をすることを心がけています。
子どもたちは最後までじーっと真剣にお話を聞いてくれています。
今回も、「涙を流しながら話を聞いていた子どももいました。」と先生がおっしゃっていました。

「このゾウさんのお話を知ったら、きっとみんな、ゾウさんたちにこれ以上悲しいことが起きませんように。。。
とべ動物園で幸せに暮して欲しいなって思ったと思います。
みんなの思いや願いは力になるんです。 ・・・・・。
想像力を働かせて、お友達にも動物たちにも、命あるものに優しい思いやりのある人になってください。」

とべ動物園に行ったら、きっとこの物語を思い出してゾウさん家族のことを見てくれるんじゃないかなあ~。

久米小学校のみなさん、野村小学校のみなさん、お世話になりました。
ありがとうございました。




e0272869_23471548.jpg
余談ですが・・・
1年生にはさすがに60分の講演はキツイので、椎名キーパーとおうなさんのお話の間にゾウさん〇✖クイズをするんです。
その盛り上がりと言ったら、まあ!


「あ~ん。。。」歯の検診???

e0272869_23522808.jpg

今回の問題 「ゾウの歯は牙の他に4本しかありません。〇か✖か!」  正解は〇

歯の写真を撮るために、椎名キーパーにご協力いただきました(*^^)

e0272869_23542244.jpg
「砥愛ちゃんはお口が大きく開かんやろ。来なくていいの。」
ってなこと言っても、砥愛ちゃんはお口にリンゴを入れてもらおうと必死です💦

砥愛ちゃんの鼻が邪魔じゃ~

e0272869_23565448.jpg

10枚連写してバッチリ 撮れました~(*^^)v
椎名キーパー! ご協力ありがとうございました。


e0272869_00013590.jpg






# by taketoriouna | 2016-12-09 23:32 | かぐや媛 | Comments(0)
2016年 12月 07日

サツマイモのプレゼント大作戦2016

今年は全部で17の保育所・幼稚園が参加してくれたサツマイモのプレゼント大作戦。
雨が全く降らなかったり、降るとどしゃぶりが続き、その上日照不足。ほとんどの園がお芋が不作の年だったようです。

でも、食料担当さんから
「11月、ゾウさんのサツマイモは保育所さんたちからのプレゼントで全部まかなえたんだよ!」って聞いて、
え~!あと何園増えたら、半年分確保できるかしら。。 何より保管庫がいるわよね~。
また、よからぬことを考えるおうなさんでした。 今年はお芋で懲りたくせに・・・(;^ω^)


お芋掘りは楽しい(^^)のがホント! 

e0272869_22402283.jpg
e0272869_22403475.jpg
e0272869_22404965.jpg
e0272869_22410109.jpg




この子どもたちの楽しそうな笑顔見たら、来年も頑張んなきゃって思うんだよね~。
園児たちはこのお芋を園に持ち帰って、土を落とし可愛く絵を描いた段ボール箱に詰めて動物園に持って来てくれます。



e0272869_22445686.jpg


秋の遠足日和、今日はゾウさんにお芋をプレゼントする日。
この日をみんな楽しみに待ってくれていました。


e0272869_22464244.jpg

動物園で紙芝居もやっちゃいます!


e0272869_00101435.jpg

ゾウ舎の柵越しにゾウさんを見てる子どもたちの後ろ姿が大好き 
「ゾウさあ~ん お芋持ってきたよー!」


e0272869_22524249.jpg


ゾウさんたちもわかってるのかな~。園児が来ると、大喜びなんですよ。

e0272869_22515250.jpg


「はーい(^O^)/ みんな~ 今から贈呈式だよ~」

園長さん 毎回
「みんな!サツマイモを作って持って来てくれて、ありがとう。このお芋、ちょっとオジサンも食べていいかなー?」
すると、毎回子どもたちは
「ダメ―! ゾウさんのなんやけん。」
あちゃー と園長さん。 いつも、場を盛り上げてくださいます。

ある時、ひとりの子どもが
「動物園の人が何言よるんよ。ゾウさんのお芋食べたらいけんやろ!」 まいったな~💦
また、ある子は
「少しだけなら、食べてもいいよ。」って!
子どもたちと一緒にいると、おうなさんまであったかい優しい気持ちになれるんです。ありがとうね。


e0272869_23031097.jpg

e0272869_23034507.jpg

e0272869_23040937.jpg

e0272869_23031830.jpg


記念写真を撮って。。。


e0272869_23063180.jpg

e0272869_23061357.jpg

e0272869_23505816.jpg

e0272869_23055139.jpg


お楽しみのゾウさん寝室見学ツアー

なにごとかしら??? リカお母さんと媛ちゃんはお部屋をのぞき込みます。

e0272869_23073676.jpg


砥愛ちゃんはバーをくぐって乱入です。
3歳の砥愛ちゃんの大きいのに、子どもたちはびっくり(;゚Д゚)

e0272869_23083838.jpg

e0272869_23081553.jpg

e0272869_23075606.jpg


飼育員さんに何でも聞いちゃえ!質問タイム
「ゾウさんのお鼻はなんで長いんですか?」毎回出てくる質問(^-^;
「母さんも長いからだよ。。。」な~んて、飼育員さんは答えるわけないか!
e0272869_23193944.jpg

そして、最後はアフくんのお墓の前で
「ゾウのお父さんが死んじゃったの知ってる?」
「テレビで見た~」「先生が言いよった~」
「みんなの後ろに、お花が供えてあるよね~。アフお父さんのお墓なの。みんなお墓参りしてから帰ろうか。」

「アフお父さんは、今日みんなが砥愛ちゃんたちにお芋をいっぱい持ってきてくれたのを天国から見てたと思います。きっと喜んでると思います。。。」
子どもたちは手を合わせ、
「アフお父さん、ありがとう。 これからも家族のことを見守っていてね。」


e0272869_23302010.jpg


12月6日 最後の保育所さんが動物園に来てくれて、今年のサツマイモのプレゼント大作戦は終了しました。
自分が作ったサツマイモをゾウさんが食べてくれる。
ゾウさんのために作ったサツマイモです。
ゾウさんがそのサツマイモを食べている姿を見ている時の子どもたちの瞳はとても嬉しそうに輝いています。
この子達が小学生になっても、高校生になっても、大人になっても
とべ動物園のアフリカゾウ家族の幸せを願って、守っていってくれたら。。。 と願うおうなさんでした。







# by taketoriouna | 2016-12-07 10:53 | かぐや媛 | Comments(0)
2016年 12月 05日

媛ちゃんが10歳になりました(*^^)v

媛ちゃんが11月9日で10歳になりました。

e0272869_20360373.jpg

5歳の時から、かぐや媛はいっしょにお祝いをさせてもらって、今回で6回目のお誕生会。
ちょうど1か月遅れの紹介になっちゃった(;^ω^)

10歳という節目のときに、育ての親である椎名キーパーがご不在だったことが、とても残念でしたが。
椎名キーパーはこの頃、アフくんと一緒にアフリカの地へ!
アフくん、あなたの故郷にやっと帰れたんだね(><)想像しただけで泣けてきちゃう。



ゾウさん達は朝からソワソワ  美味しいものもらえるのがわかってるのかな~。。。


e0272869_21034298.jpg

定番のケーキ作り 子どもたちは夢中になります。
だって、自分が作ったケーキをゾウさんが食べてくれるんだもん! 

e0272869_20291491.jpg
e0272869_20292576.jpg

予定通り時間通りできるのも、全て裏方スタッフのお蔭なんです。 
もう、みんな手慣れたもので、自分が何をしたらいいのか、ちゃーんとわかってる。  ありがたいことです。


e0272869_20331917.jpg

子どもスタッフ、男の子たちだけど、さすが! 綺麗にデコレートしてました(*^^)v


e0272869_20444362.jpg
e0272869_20525728.jpg

たくさんの子どもたちが媛ちゃんの10歳のお祝いメッセージを!

動物園に来てくれた子どもたちと一緒に手作りのお誕生会。 
おうなさん! 発想が素晴らしいじゃない!と毎回、自画自賛してしまうのですよ(^^)

e0272869_20473288.jpg
e0272869_20475113.jpg

ケーキ作りが終わったら、ハッピーバースデイ♬大合唱の猛特訓(^-^;
副会長は声がデカいよ! 
「はーい(^O^)/ みんな~ 大きな声で歌ってよ~!」

子どもたち、怯えてませんか?大丈夫ですか・・・

e0272869_21002333.jpg

おうなさんは記念写真におじゃましますぅでパチリ
この時はまだ、このあとの地獄の芋掘りが続くことを予想だにしておりませんでした(><)
e0272869_21061021.jpg

13時 いよいよセレモニーが始まりました。

園長さん!いいわ~💛  ゾウさんのお面をかぶってご挨拶。 こんな園長さんが大好きだわ!


e0272869_21143060.jpg


媛ちゃん 椎名お母さんがいないのは寂しいけれど、こんなに大勢の人がゾウ舎を取り囲んでくれてるのが嬉しいよね!

e0272869_21152851.jpg
園のセレモニーの後はいよいよ、かぐや媛の出番です。
練習の成果はどうだったかな。。。


e0272869_21211493.jpg
e0272869_21203666.jpg
恒例になったバルーン飛ばし  子どもって風船が好きなんだよね~

e0272869_21235866.jpg
ゾウさんたちは歌も風船もどーでもいいか・・・(;^ω^)

早くケーキちょうだいよ~

e0272869_21230700.jpg
e0272869_21293955.jpg


今回ケーキ作りに参加してくれたお友達、どーもありがとうね。
かぐや媛ではゾウさん達のお誕生会で、毎回10組の皆さんを募集しています。次は6月、砥愛ちゃん4歳のお誕生会です。


e0272869_21234260.jpg
奇跡の子 媛ちゃん💛
椎名キーパーと一緒に頑張った日々、リカお母さんと親子になれるまでの辛かった日々、大好きだった砥夢君との別れ、
そして、アフお父さんとの別れ、数々の試練を乗り越えてきた媛ちゃん。
砥愛ちゃんのことをとても大事にしている媛ちゃん。
みんな、あなたのことを愛してる。


おうなさん このひとりミルク飲み媛ちゃん 大好きなんです。 
「ひとりでミルクも飲めるも~ん」

e0272869_22224254.jpg


# by taketoriouna | 2016-12-05 22:39 | アフリカゾウ家族 | Comments(3)
2016年 12月 03日

サツマイモにあっぷあっぷの日々がやっと終わりました!

ゾウさんたちがお鼻をなが~くして待ってるから。。。 頑張る!


e0272869_14242891.jpg
毎日毎日、お芋と格闘した1カ月。
身も心もキツかった!


e0272869_15092006.jpg
30日間、畑に出なかった日は宇和島に帰った二日だけ。
雨が降ったらお休み(^^)と思っていたら、じぇんじぇん雨が降らない。
神様が応援してくれてるのか、試練をお与えになっているのか・・・
日が暮れる頃、雨が降り出して大急ぎでお芋を小屋に運び、家路につく頃には結構な雨。夜中さんざん降って、次の日朝には雨が上がってるんです。
あー 今日も畑行かなきゃ!そんな日の連続でした。
そんなおうなさんに同情して、今回お手伝いに来てくださった皆さんに感謝です。
来てくれなかったら、間に合いませんでした( ノД`)  ありがとうございました。


e0272869_22493619.jpg

通りがかる農家のオバサンが
「掘り切ったね~。よー頑張ったわい。真夏の暑い日中も草引きをしよる姿をおばちゃんは見とったで~。
でも、田んぼあとで作るサツマイモは美味しない言うけど、味はどんなで~?」
「おばちゃん!ゾウさんはマズいなんて文句言わんで食べてくれるけん、いいんよ。」
と笑顔で答えたおうなさんでありましたが・・・

数日後。。。

椎名キーパーが
「芋の食べがいまひとつなんですよ!」
「え~!それってまずいってことですか???」 こんなに苦労してるのに・・・(><)
「はー↘ボクの口からはなんとも・・・ ゾウさんに聞いてみてください。砥愛ちゃんは、前にも畑で採れた人参もらったけど食べなかったでしょ(ニッ^▽^)」
またまた、おうなさんの負けず嫌いのバーナー点火。
「無農薬化学肥料なしの本来のサツマイモや人参の味がわからない、好き嫌いするわがままなお子ちゃまにになっちゃって!」
「食べるものがなかったら、食べてますよ。」
「グルメなとこ、よく似てるんですね。」
あちゃー!(><)

この会話を文字だけで見たら、なんともまあ険悪ムードですが。
みなさんご心配なく。椎名キーパーと決して仲悪じゃないですからね。
そうか~。。。 マズいとは言わなくても食べないって抵抗があるんだ!


確かにこの子達には全国から美味しいものがいっぱい届いていますからね~。
あまり美味しくないお芋だったんなら、ごめんね。


e0272869_14582229.jpg

今年のお芋は、あの土の状態見たら、確かに美味しくなかったのかも!でも、できたお芋は収穫しなきゃなんないし。

降参することはいつでもできたのに。
そこがおうなさん(;^ω^) たったひとりになったとしてもやってやる!
やだな~ ほんと可愛くない性格なんです。

「無理~💦 できなかったんですぅ。ごめんなさい。」
小さいころから言えなかったこの言葉。損をしてきたのか、得をしてきたのか死ぬ間際になってみないとわかりませんが。
またしても意地だけで、やり遂げた(*^^)v
おうなさん自身は達成感に浸っております。


e0272869_15101726.jpg

しかし、指がまだ思うように動かない。
今でも指を開いたり閉じたりすると痛くて(´;ω;`)ウッ…
お芋の土落としと、25キロのお芋の入ったキャリをひとりで抱えて運び込んだりしたものだから。。。

鎌倉からいやいや今回はパリから松山に来られてた鎌倉のYさんから
「ばね指になっちゃうわよ。」って聞いて
そんな病気があるんだ! さつま芋堀で整形外科通いになっちゃったら、こんなアホらしいことがあるでっしゃろか~(><)
ちょっと心配しながらも、でもきっと大丈夫。あと10日もすれば元通りになるでしょ。


媛ちゃん お芋さん食べてね! 一生懸命に作ったんだから・・・


e0272869_22195387.jpg

10月末から11月はイベントもてんこ盛り
30日の竹取ボランティア、慰霊祭 6日は媛ちゃんお誕生会、13日ははばたきバザーに出店、月に2回の竹取物語に加え、
幼稚園・保育所の芋掘りと合計17園が動物園でサツマイモの贈呈式。
そして、小学校でのお話会を2校でさせていただきました。
やりきったど~!満足(^^)
お誕生会の様子やサツマイモのプレゼントの様子などは、また、順を追って写真で紹介していきますね~!


e0272869_21462864.jpg


10月30日は動物園の日
もちまきもそりゃ楽しいけど、みなさんに参加していただきたいのは動物慰霊祭。
お子さんを連れて参加していただきたい行事です。
そして、命の重みを子どもたちにお話してください。

日本人ならではの自然観。よその国ではほとんどないと聞く、動物園での動物慰霊祭。
おうなさんは、流産、死産で亡くなったリカさんの赤ちゃんの命日に慰霊碑の前で手を合わせる椎名キーパーの姿に心を打たれたし、
動物慰霊祭が日本では当たり前に行われていることを知って感動したんですよね~。


e0272869_20583700.jpg

「アフくん ありがとうね。 天国の広い草原を思いっきり走り回ってる?」

今年の慰霊祭は、いつもの年にもまして、多くの方に参列して献花していただきたくて・・・
愛媛県の農林水産部の竹取ボランティアに来てくださった方々にも参加をお願いしたんです。
ありがとうございました。

e0272869_21525337.jpg
動物園で慰霊祭をしていることを知ってもらいたかったことと、
多くの方に、動物たちにありがとうと、お花を手向けていただきたかったんです。

農林水産部のみなさん 竹取物語に今年もご参加いただきまして、ありがとうございました(*^^)

e0272869_22454686.jpg

e0272869_21531759.jpg


先日動物園に行ったら、アフくんの写真の横に、媛ちゃんの10歳をお祝いしたメッセージボードが並べて立てかけてありました。


e0272869_21560700.jpg


「アフくん あなたの娘は10歳になりましたよ。きっと素敵なお婿さんが来てくれて、あなたの命をまた次の世代へとつないでくれることでしょう。
天国からずっと見守っていてね。」






# by taketoriouna | 2016-12-03 22:46 | おうなの日記 | Comments(2)
2016年 11月 22日

椎名キーパーにインタビュー (マルキーズ秋号掲載)

命と向き合う 

― アフリカゾウ家族の近況 ―-


アフリカゾウ家族のことを追い始めてから五年、なぜ、次々と辛い試練が彼らに降りかかるのでしょうか。
情豊かなゾウ。大きな体の内にある繊細な心を持った彼らのことをもっともっと知りたい。そして、ゾウの素晴らしさを多くの方に伝えていきたいと思います。


e0272869_21485885.jpg


Qアフ君が亡くなって四か月が経ちました。椎名キーパーにとって、思い出すことはまだお辛いかとは思いますが、父親を失ってからの家族の様子をお聞かせいただけますか?

三十年以上アフリカゾウを見てきましたが、これほど家族の絆、家族愛を目の当たりにしたことはありませんでした。

アフ君が亡くなってからの雌三頭は、ご飯もすすまなくなり夜眠ることもままならない様子で、誰が見てもわかるくらい憔悴していました。
彼女たちの精神的なショックは、かなり大きかったのだと思います。
砥愛ちゃんは耳が折れ、眠れていないので、昼間、運動場で崩れるように眠りこける日々が続きました。媛ちゃんは鼻を垂れじっと佇み、リカさんは鼻を遠くに伸ばしアフくんの匂いを探している様子をしばしば見かけました。

 そんな中で、自分がしてやれることは、家族として傍に居てやること。
お世話をする飼育員という立場ではなくて、家族として彼女たちに寄り添って、悲しみを共有してやることくらいしかできません。
あとは、彼女たち自身がこの試練を乗り越えなければならないんです。

 リカさんは母親です。今までも様々な試練を乗り越えてきた子です。
人間に育てられた媛ちゃんも、今はゾウ家族の一員になってきています。
彼女たちは、きっと支え合って、より一層家族の絆を深めてくれると信じていました。

 媛ちゃんが家族になるために、自分は少し距離をとるようにしていたことは、前にもお話したと思いますが、
日向で眠りこけた砥愛ちゃんにそっと寄り添って日陰を作ってやる媛ちゃんの姿や、母親に自分から身体を寄せていった媛ちゃんの姿を見た時、
媛ちゃんはゾウの家族になったんだなあと、少しほっとしました。
と娘達は支え合って悲しみを乗り越えてくれたようです。

これこそが、ゾウの家族なんです。

e0272869_21493873.jpg


Q精神的ストレスでゾウは耳が折れたりするんですか?

精神的なもので耳が前に折れるというか倒れるんです。媛ちゃんや砥夢くんも、昔、折れたことがあります。
心が満たされると、また自然と治るんです。

今回の砥愛ちゃんの耳折れはひどかったですね。治りも悪かったです。
砥愛ちゃんは一番アフ君に遊んでもらっていましたからね。
柵を潜り抜け、アフ君のところにしょっちゅう遊びに行っていました。
アフ君も、ふざけてやんちゃしている砥愛ちゃんのことを叱ることもせず、構ってやっていましたから。

砥愛ちゃんにとって、アフお父さんがいなくなったことは、かなりダメージが大きかったのだと思います。
そして、アフ君の亡骸を4日間も置いておかなければならなかったことが、かなりゾウさんたちを動揺させてしまったのだと思います。
臭いに一番敏感になりますからね。

媛ちゃんや砥夢くんは、それぞれ辛い経験をしていますから、砥愛ちゃんだけは、このまま家族の愛情をめいっぱい受けながら、
すくすくと元気いっぱい育って欲しかったんですけどね。親心です()
なかなか、人生、いやいやゾウ生も、波乱万丈です。


e0272869_21500337.jpg

Q私の記憶では、確か一回目の耳折れは三週間くらいで治ったと思いましたが、また七月に耳が折れていましたよね。


砥愛ちゃんを退屈させないよう、また、寂しい思いをさせないように、タイヤやベルトの遊び道具を増やしたのですが、
やはり、牙を傷つけるんです。しかたなく、すべて撤去しました。

自分が関係しているのかどうかは定かではないのですが。
自分の体調のこともあり、また、四月からは中での作業を若い飼育員たちに任せていることもあり、
ゾウさんたちに触れ合う時間が減ったんです。
砥夢くんの耳が折れた時もそうだったのですが、自分が遊んでやらなくなったときに耳が折れたので、
もしかしたら、二回目の砥愛ちゃんの耳折れは、自分も関係していたのかもしれませんね。

タイヤを復活させたり、時間を作り遊んでやっているうちに、砥愛ちゃんの二回目の耳折れは治りました。
ゾウは本当に繊細な動物です。

e0272869_21503685.jpg


今、若い飼育員たちも頑張っています。ゾウと一緒にいる時間を増やし、それぞれが自分のやり方で、コミュニケーションをとる努力をしてくれているようです。自分が現場から離れることによって、若い子達がゾウさんとの絆を深め信頼関係を築いてくれることが、今後のためにはいいのかなと思っています。

Q現場から離れるとおっしゃいましたが、椎名キーパーとして、これからのアフリカゾウ家族に対しては、どのような形でサポートをしていかれるのでしょうか。

自分は、ゾウさん家族の次のステージ、彼女たちの将来を見据えたアクションを起こしていかなければなりません。

アフ君の死とは関係ないのですが、以前から媛ちゃんや砥愛ちゃんの伴侶となる雄ゾウの導入を考えていました。
ただ、とべに雄ゾウがいなくなったことで、現実味を帯びてきたのは事実です。


Q国内にはお婿さん候補はいないのでしょ?海外の動物園からですか?
アフリカ原産国からはワシントン条約で取引ができないんですよね?

 国内には、ちょうどいい年頃の雄ゾウがいないのが現状です。今、アメリカやヨーロッパの動物園などに、
色いろとあたってもらっているのですが、なかなか難しいようです。

アフリカからは商業取引はできないのですが、動物保護区で増えすぎたゾウを譲り受けることは可能です。
もちろんお金は必要です。ゾウを買うという形ではなく、ゾウを譲り受ける代償としての必要経費になります。
そのお金を、ゾウが棲むナショナルパーク保護区の運営資金として充ててもらうんです。

e0272869_21511046.jpg

 日本でもイノシシやシカが農地を荒らして害獣扱いされるように、アフリカの動物保護区でも、ゾウが増えすぎると、
ゾウが農地を荒らし害獣にされてしまうんです。
また、限られた保護区の中ではキリンやサイなど色んな動物が暮らしています。
それらのバランスを保つためにも、増えすぎたゾウを、言葉は悪いですが、間引かなければならないんです。
そのゾウを動物園等が譲り受けることができるというわけです。

ただ、一頭だけというのは難しいんです。アメリカの動物園が譲り受けた時も、十頭単位だったんです。
向こうは、ある程度まとまった頭数の搬出を望んでいるようです。
そうなると、とべ動物園だけでは引き受けることができませんので、他の園館さんにも協力をお願いしなければなりません。
しかし、高額なゾウですから、簡単には話も進まないでしょうね。

e0272869_21523752.jpg


また、大型動物の導入には、輸送費や施設整備の問題など、県民の皆さんの理解とご協力を得なければできないことがあるかもしれません。
これから、みなさんに色いろとお願いすることがあるかもしれませんが、その時は、よろしくお願いします。 (取材・文 山岡ヒロミ)











また、大型動物の導入には、輸送費や施設整備の問題など、県民の皆さんの理解とご協力を得なければできないことがあるかもしれません。これから、みなさんに色いろとお願いすることがあるかもしれませんが、その時は、よろしくお願いします。 (取材・文 山岡ヒロミ)



# by taketoriouna | 2016-11-22 21:59 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)
2016年 11月 10日

一カ月近くも遅れてる(-_-;)

毎日毎日、朝から晩まで芋掘りしているおうなさん。。。

e0272869_23582390.jpg

今年借りてる畑は超粘土質。手掘りは大変です。もう、手も腰もボロボロ(><)
来年、お芋作るとしたら、マシンを買わなきゃ、やってらんないです。
ネットで見たら、芋植え機に芋掘り機、凄いものが世の中にはあるんじゃ~

というわけで、ブログを更新する余裕もなく、一カ月遅れでがす。
竹取も媛ちゃんお誕生会も、それ以外にも書きたいことがあるのに、なかなか進みません。


前回の続き 旅の最終日の日記から。。。


e0272869_23530917.jpg

のんびり、鎌倉を歩いてみたい。
時間あるから小説でも読むか。。。って、ブックオフで100円になった文庫本を何冊も買って読んだのはいつだったかしら?
どうも、読書習慣なるものが子どもの頃からなかったおうなさん。
本を読まない時は何カ月も読まないし、読む時は次々に集中読み。それも1ヵ月と続かないのですが・・・
確か伊集院静さんの「白秋」を読んだときだったかな~? 鎌倉に憧れて。。。


e0272869_23004257.jpg


『鎌倉に行ってみた~い。江ノ電に乗って、ふらっと下車して、落ち着いたカフェにでも入って、ゆっくり珈琲をいただきながら物思いにふけったりしてみて、
どこか影のある女性を演じてみたい』な~んて、アホなことを思ったのですが。
性格上、影なんて似合うはずもなく、ゆっくりのんびりは無理みたい。無茶苦茶な強行スケジュール


せっかく鎌倉に来たのだから、神社仏閣はおさえないと。。。
なのに、御朱印張を忘れてきた私たち(><)

かぐや媛はやはり竹林に惹かれる~! 報国寺には行かないとね。
かぐや姫が出てきそうな竹林

e0272869_23542838.jpg

あと二箇所駆け足で。。。

e0272869_23545520.jpg

お寺の中のカフェレストラン 中だけ覗いて。。。

e0272869_00283096.jpg

鎌倉行ったら、ここでしょ! 鶴岡八幡宮に急いでるのかと思いきや


e0272869_23552168.jpg
お土産の「くるみっ子」を買い求めに!

e0272869_00354471.jpg

逃飛行3日目 午前中で鎌倉観光は終わり、ズーラシアへと急いだのでした。
鎌倉駅でYさんとはお別れ。 3日間ありがとうございました。

ズーラシア滞在時間2時間 無謀過ぎる! 

e0272869_21345305.jpg
北門から攻めさせていただきました。
とべではなかなか、キリンを間近に見れないから、思わすパチリ

e0272869_21422832.jpg
キミの仲間たちも人間の欲のために、無残な殺されかたをしている子だよね。
ごめんね。。。


e0272869_21492237.jpg
おうなさん、いろんな動物園で何を見たいのかというと。。
こんなやつ。
それぞれの動物園が何をお客様に伝えようとしているのかってところを見たかったんです。
大人の知的好奇心を満たすようなメッセージボードや動物園が発信しようとしていることなど。。


e0272869_21534671.jpg
e0272869_23424720.jpg

e0272869_21540163.jpg

e0272869_21532598.jpg

動物園は動物を観察するだけでなく、大人も子どもも色んなことを知って欲しい場所ですもんね!
その動物が生息する地域の自然や環境問題にまで触れるようなメッセージ
私たち日本人も自然や野生動物の危機に加担しているかもしれないってことに気づいてもらえるようなメッセージ

動物園が社会教育施設として、広く利用者に認識してもらうための一歩だと思うんですよね。
キーパーさんからのメッセージや動物園が発信したいことがひと目でわかるズーラシア、行って良かったな(*^^)v






# by taketoriouna | 2016-11-10 00:38 | おうなの日記 | Comments(0)
2016年 10月 22日

アフリカゾウのために! それぞれの思いややり方は違いますが・・・

e0272869_22465809.jpg
秋の行楽日和。朝から動物園は家族連れで賑っていました。

ああ!1年ぶりに砥夢君に会える! 遠距離恋愛の恋人に会うときみたいに心臓ドキドキ
わき目も振らずアフリカゾウ舎にまっしぐら。
「絶対、ひとりで砥夢くんに会っちゃだめよ!」 という鎌倉のYさんが一緒にいてくださった。

e0272869_23394602.jpg

この目元、媛ちゃんや砥愛ちゃんとそっくりじゃない。 見ているだけで、涙がポロポロとこぼれ落ちた。
今さらだけど・・・ お姉ちゃんや妹と一緒に遊ぶ砥夢君をひと目見たかったな~。

遂に来た~! おうなさんの奇行のはじまりはじまり。
みんな、楽しそうな笑顔でゾウさんを見ている中で、ゾウを見て泣いてる変なオバサン。
子連れのお母さんの視線を感じる。 

Yさんが居てくださったおかげで、それ以上取り乱さずに済んだものの。
心の中で、「砥夢くん、砥夢くんが大好きだったアフお父さんが死んじゃったの。砥夢・・・」 また、涙が溢れ出る。


e0272869_20062974.jpg


砥夢くんがこっちに来た。
「砥夢く~ん! 砥夢~」私の声を覚えてるでしょ? 
何度も呼んでみたけど、悲しいかな! 反応なし。。。😢


e0272869_23545408.jpg


砥夢くん。。。 優しい目をしてる。でも、なんだか寂しそう。 
アフお父さんが亡くなった時の媛ちゃんと同じ目をしてるようで、また悲しくなる。
ね~! とべにいた時みたいに目をクリクリさせて見せてよ!

いつも、チーキさんに遊んでもらっているじゃん! 
年に1度くらいしか来れないんだから、アフお父さんが亡くなった後だからよけいに、楽しそうにしている姿を見たかったな~。

チーキさん、力も強くなった砥夢くんの相手は大変だろうけど、よろしくお願いしますね。


e0272869_00094320.jpg


寂しいんじゃなくて、砥夢くんは大人になったってことだよね。成長したってことよね。
落ち着いた雄ゾウになってきたってことでしょ。
また、来るね!  


新宿で松山からの旅仲間と合流。
お昼はYさんがお洒落なオープンカフェに連れてってくださって。。。
お江戸はやはり、松山とはちゃいまっせ!

目の前は神田川 水面を渡る風を感じながら、川向うに走る黄色い電車は中央線? 桜の季節は最高だろうな~


e0272869_00443837.jpg

e0272869_18044999.jpg

そして、中村千秋さん出版記念イベントに参加。
野生のアフリカゾウと地域住民の共存のために現地で活動している女性活動家。
以前の著書「アフリカで象と暮らす」を読んでから行こうと思っていたのに、結局1ページも開かず図書館に返却。
知識も情報もないままに・・・ 失礼千万ですよね(><) すみませんです。

ただ、アフリカのゾウの保護区のことが知りたい。ゾウの話をいっぱい聞きたい。
そんな思いでイベントに参加しましたが、少し拍子抜け。 中村さんのお話は5分で終わってしまったのです。


e0272869_13160926.jpg

Yさんと私は突撃インタビューを決行
中村さんの活動によって人間と野生ゾウの共存がどのように果たせるようになったのか? 
アフリカゾウの現状は? ゾウの孤児院は?
ケニアの国は、未だに象牙取引を認めている日本をどう思っているの?

聞きたいことは半分も聞けず、
『その孤児院は孤児じゃない子まで連れて来てる。保護ではなくビジネス化している。』そんな衝撃の言葉だけ聞き、
おうなさんは言葉を失い、
立ちすくんだという表現がぴったりかな。

保護活動をするには人もお金も必要です。
かぐや媛みたいにちっちゃな活動でさえ、人力とお金がないと何もできないことは重々身に染みてます。

飼育員さんに最近聞いた話でも。。
「アフリカの野生動物の保護区で増えすぎたゾウを間引き? その子たちはどうなるんですか?」
「最悪は殺処分」
この時も言葉を失い固まってしまった。

『殺してしまうくらいなら、動物園にください。』
法律のことも、政治のことも、国同士の関係も何もわからないオバサンの訴えです。
でも、そんな願いも、動物愛護精神の強い人からは「あんな狭いところでゾウを飼うなんてとんでもない。」とお叱りをうけるのでしょうね。

アフリカゾウのために。。。
それぞれの思いがあって、それぞれの感じ方があって、それぞれのやり方で・・・
でも、みんなゾウを守ろうとしている。 愛している。

野生動物保護、象牙問題、貧困問題、動物園問題、色んな情報、また、事情がある中、
物事は一方的な方向からだけ判断するのではなく、多面的に見なきゃいけないんでしょうが、おうなさんの脳力をはるかに超えてることばかり。。。
ただ、この地球では、全てが人間優位。野生動物が人間に利用され追いやられ、悲しい結末を迎えようとしていることが辛いのです。
何が良くて何が悪い事なのか、神様だけがご存知なのかもしれません。


この夜はジャズの生演奏が聴けるイタリア料理店へ


e0272869_13100976.jpg

「のんべ~ね!」とYさんに言われてしまった真っ赤な顔のおうなさんの写真とこのお肉しか撮ってなかった(><)
牛ほほ肉のバルサミコ煮!

最終日はは鎌倉散策とズーラシア見学。 


雨でお芋掘りに行けないから、ブログの更新が早いぞ(*^^)v
松山に帰って、北本キーパーから
砥夢君の牙を保護するために、寝室にも砂を入れてもらってるって聞きました。
多摩で大事にされているんですね(^^)








# by taketoriouna | 2016-10-22 23:20 | おうなの日記 | Comments(1)
2016年 10月 21日

号外! みなさん 失礼しました。

前回の金沢動物園のゾウさん物語
全くのオバサンのひがみから、思い込みの大間違いをしていたようですぅ(><)

チャメリーちゃんとヨーコさんを取り違えていたらしいことを教えていただきました。
ボン君とチャメリーはいい感じだと聞いていたものだから、てっきり、仲良くしているほうがチャメリーだと。。。



e0272869_21324115.jpg
ゾウもすみません↘

みなさん、ゾウさん達の写真から、面白おかしいストーリーを想像してね!
登場人(ゾウ)物は一緒です。40歳ボン君、38歳ヨーコさん、25歳チャメリーちゃん


# by taketoriouna | 2016-10-21 21:38 | おうなの日記 | Comments(0)
2016年 10月 20日

逃飛行の奇行じゃありませぬ、紀行です。

10月14日 7:35発 逃飛行です。 
何から逃げたい?ってわけでもなく、ただ、飛行機に乗って知らない街にお出かけしたいだけなんですけどね(;^ω^)

今回も駆け足で動物園を3つ回ってきました。
生粋の動物園好き、動物園マニアってわけでもないおうなさんは、ちゃちゃっと見たいところだけ見てきました。

関東さ行くなら、砥夢くんには会いに行かなきゃ!
友だちとご飯も行かなきゃ! 念願の鎌倉も歩かなきゃ! 江ノ電に乗らなきゃ!
とりあえず、3日間で目的達成(*^^)v

今回の旅は、ゾウさんがつないでくれたYさんご夫婦に大変お世話になりました。ありがとうございました。
まずは、空港から金沢動物園へ直行です。
金沢自然公園というだけあって、森の中にある動物園って感じです。 
古い動物園なんですね!でも、おうなさんは緑がいっぱいでのんびりしてて、結構好きかも!

e0272869_22151140.jpg
 
まずは、お目当てのゾウさんのところへ。。。
最近、お嫁にきたチャメリー 年の離れたボン君とうまくいってるのかしら?
チャメリーはぽっちゃりほんわかした可愛らしいゾウさんでした。

e0272869_22414145.jpg

それにしても、ボン君の立派な牙にはビックリ!
ヨーコさんは狭いところに追いやられ、なんだかちょっと可哀想になっちゃいました。

1985年にボン君とヨーコさんはインドから一緒にこの金沢動物園に来たみたいですけど。
ペアリングはうまくいかなかったんですね!
ヨーコさんは38歳、色気よりも食い気みたい。

若いチャメリーにちょっかいを出すボン君 
「チャメリー💛 こっち向いてよ。」
男子ってやつはやっぱり若いギャルがお好きなのかしらね~

e0272869_22201228.jpg

ボン君、ヨーコさんをいじめてる???
なんか怖い目にみえるんですけど・・・ 気のせい?
同じオバサンとして、ヨーコさんが不憫に思えてきた。 


e0272869_22352870.jpg
「あんた あの娘の何なのさ」 痴話げんか?港のヨーコは叫びます。
「けんかをやめて わたしのために争わないで。。。」
チャメリーが止めに入ったように見えました。

e0272869_22361492.jpg

決して広々とは言えないゾウ舎でしたが、種の地域外保全にゾウさんも飼育員さんも頑張っているんだな~ということが伝わる動物園でした。
見に来て良かった(*^^)v

e0272869_22544613.jpg

感動したのはカンガルー舎
カンガルーが暮らしているところに、人間がお邪魔させてもらうって感じが良かったな~!


e0272869_22555934.jpg
こんなに近くにいるんです。人間との間に柵がなくて、ホントに感動です。
おうなさんも一緒に写真が撮りたくて、近づいて行ったけど、いきなり逃げられちゃった(><)
あんたも若いほうが好きなんかい?

e0272869_22583204.jpg
e0272869_00062503.jpg

動物園の後、鎌倉のYさんの素敵なお宅にお邪魔して、お洒落なランチをいただき、
友だちに会うために、都内へ。。。


e0272869_00531015.jpg

新橋で友達とお茶して、晩御飯は高校の友達二人と東日本橋のレストランバーへ。
「一人でホテル帰れる?」
「大丈夫だよん。」
三方向に別れて電車に乗り込んだ私たち。気が付いたときは、平和島。「ここはどこ?」私の生まれは宇和島だけど。。。💦 寝ちゃってました(><)
五反田のホテルに着いたときには午前様。 いや~!焦りました。
明日も過密スケジュール。早く寝よっと。。。
旅は続きます。



# by taketoriouna | 2016-10-20 15:44 | 動物園へ行こう | Comments(2)
2016年 10月 13日

あれもこれも欲張りすぎは・・・

自分で自分の首を絞めてあっぷあっぷ

とにかく目の前に来た事、閃いた事はやってみる。
去年と同じことをしてたらつまんないしな~

毎年こんな調子だから、やらなきゃいけないことがドンドン増えちゃって、
ひゃ~! マジ大変な状況に陥っております。 胃が痛い(><)11月末まで心も身体も休む暇がない!
こんなにいっぱいなことを並行してやって、大丈夫なん?おうなさんって感じですが。
上手くいくのか、無事にこなせるのか、心配事でちっちゃな胸が張り裂けそうなんです。
大胆不敵、心臓に毛が生えているように見られがちだけど、実は小心者、心配性で。。。
ただ、うまくいくように努力だけは惜しまないですけどね。
それが自分を追い込んじゃってる(-_-;)
逃げ出した~い!と、ひとりごと。


集中してるんだから、ゴンちゃん!邪魔しないで!
色いろ段取りしとかないといけないんだから。。

e0272869_14545346.jpg
遊んで欲しくて、どこにでもついてくるんですぅ(><) 
トイレに入ったら、ドアをノックしてくるし。。。 頭突きですけどね。
クッション被せたら、穴から頭だけ出して かわいいでしょ。
もうしばらくしたら、ゆっくり遊んであげるから。
頭をよしよしいい子いい子と撫でてやると、うっとりおとなしくなるゴンちゃんなんです。
かまってあげないと・・・ 見ててあげないと・・・ 

e0272869_14550633.jpg

どこの子も一緒なんですね~(*^^)v


「ちいくいんさ~ん。ほら!見てて。とあたん、タイヤ乗り、じょうずにできるでちょ!」

e0272869_14292745.jpg
「見ててって言ったでしょ!」

「砥愛ちゃん、ボクも忙しいんだよ。早く、掃除を済ませないと・・・」


e0272869_14304918.jpg
「とあたんとおそうじと、どっちが大事なのよ?」
「困ったな~。ほら、見ててあげるから。。。」


e0272869_14322220.jpg
「じゃ、待ってて!もう1回するね(*^^)」


e0272869_14343240.jpg
「どう? すごい?」
「う~ん。。 なんかバランス悪くないかい???」

e0272869_14360798.jpg

「どちたらいいん?」
「両足を揃えてタイヤに乗せてごらんよ。」

「こうかな~?これでいい?」

e0272869_14373073.jpg

「うん、いいんじゃない!」

「こんどはタイヤをもちあげてみるからね。」

e0272869_14404204.jpg
「もう、忙しいから、行くよ!」

「ダメ~!」

e0272869_14425485.jpg

こうやって、砥愛ちゃんも飼育員さんをいつも追い回してるんです。
みんな、かまってもらいたいのよね~。


おうなさんのことも、「よく頑張ってるね!」って、だれか、よしよし(^^)して欲しい↗

お江戸に行ってきます。ちょっと、現実逃避の旅に(*^^)v
逃げ出してきま~す。 帰ったら、また大変なんだけどね。
砥夢くん、おっきくなっただろうな~。。 






# by taketoriouna | 2016-10-13 15:22 | おうなの日記
2016年 09月 20日

グローカルマインドだっせ(*^^)

色いろとお世話になっている愛大の先生から、また、講座で話をしてくれませんかとのお話をいただいたんです。

e0272869_23203434.jpg

「ゾウのことしか話せないですけど、いいんですか~?」
「いいです。いいです。日頃思っていることを喋ってもらったんで・・・。今回は人を見てもらう。グローカルマインドを持った人に注目ということで」
「はあ。。」 
返事はしたものの、頭の中はグローカルマインドってなんぞや???

2年前に大学の先生方と親しくなってから、とにかくおうなさんにはわからない言葉がいっぱい出てくるのです。
たいがいのおバカな話にはついていけるんだけど。
教養を問われるような言葉は全くわかんない(;^ω^) 
その時はいつも新聞ちゃんと読もッ!ニュース見よッ!本読もッ!っていつも思うんですけどね。

ねっ!砥愛ちゃん
3歳ならいいけどね。。。 余分に50年も生きてるんだからね(-_-;)
e0272869_23204083.jpg
グローカル・・・地球規模の視野で考え、地域視点で行動する 
ほ~!そうか。。。
確かに地球環境問題って、グローカルに取り組むことだよなと納得
アフリカゾウを通して、地球環境問題、野生動物の状況をお伝えしながら、地域や動物園に関わりながら地道に活動を続けること。
マインド、精神、心だけは持っているつもりだけど・・・

お受けしたものの、ショッカーみたいなおうなさんでええんかな~!
仮面ライダーに出てくるショッカー。 世界征服を企む秘密結社のショッカー。
世界征服と言いながら、「キー キー」と叫びながら幼稚園バス襲っているショッカーですよ。
言ってることはデカいのに、やってることがしょぼすぎ! 
言ってることとやってることがズレズレ(^-^;の時もしょっちゅうありますし。

でも、お受けしたからにはミッションを果たさないと・・・
8月初めにお受けして、まだまだ日があると呑気に構えてたら、もう日がないってことで、この1週間は引きこもりで原稿考えております。


e0272869_23205322.jpg

まずは、アフリカゾウ家族の写真スライドショーから見てもらって(^^)Jimamaの大丈夫♬の曲にのせて流すと、ビンビン心に響くんです。

この前「どうぶつえんでえほん」環境学習会に使った絵本を読んでみよっかな~!
社会人と大学生相手に、子ども向け絵本を読んでみますか。


でも、5年活動して思うこと。 
おうなさんのマインドはちょっと感動し過ぎ、加熱し過ぎってところがあるから、要注意。
みんな、ここで感動するだろうな~。心に響くだろうな~。って思っていても、あれ~ってことがよくあるんです。
昔よく言われてたんです。「小金治」って! 
生き別れの肉親が対面するシーンとかで感動のあまり号泣してた桂小金治さん 「泣きの小金治」

環境学習会用の絵本を選ぶのに図書館で100冊くらいの絵本を借りて読んだんですけど、ハンカチでは足りず、タオルとティッシュを脇に置いて、泣く泣く💦
この my mindは ちとヤバい。


e0272869_09280744.jpg
この子たちの幸せのために頑張るから。。。

グローカルマインドで話さなきゃ!
どう、話を展開させて、共感を集めることができるか。。。
また、今から集中します(*^^)v


# by taketoriouna | 2016-09-20 10:03 | おうなの日記 | Comments(0)