一年の節目に・・・

明日は節分、豆まきして邪気を払わねば・・・
ゾウさんに会うと、パワーもらえるから、邪気など寄り付かないかもね💦

e0272869_18490853.jpg


そして、2月4日は立春、おうなさんの中ではお正月よりも立春のほうが、1年が始まる感じ。
バースデー個性学によると、おうなさんの2月4日からの1年は
「常におおらかな気持ちで人や物事に接するように心がけること。ドン底で笑う力が次の強運を呼ぶ。」とでた。
キーワードは『おおらかに!笑って!』みたい。。。
ドン底で・・・って??? 今、ドン底なん? やはり・・💦

先月、また1歳、歳を重ねてしまいました(;'∀')
ホントに歳をとったもんだ!体力の衰えに愕然とする。
わたしだけじゃない、みんな歳をとるんだから、しゃーないよ(-_-;)

誕生日を迎えると、これまで自分が歩んできた道をちょっと振り返ったりしませんか? 
やっぱり、ゾウさんと出会ってからの時間が濃いなあ。。。
懐かしくなって、昔の写真をひっぱり出してみた。
媛ちゃんも椎名キーパーも、あの頃はみんな若かった(;^_^A
媛ちゃん!めんこい💛 媛ちゃんはホントに可愛かったんだねえ。絵本の中からそのまま出てきたみたい。


e0272869_08190703.jpg


3か月前、半年前1年前からというと、自分もゾウさんたちもそう大きな変化はないのかなあと思うけど、
7年半前からすると、色んな変化があり、色んなことがあった。
ゾウさん家族にも・・・ おうなさんの家族にも・・・(´;ω;`)ウゥゥ

媛ちゃんは随分成長し、今は少し難しいお年頃。
砥夢君はというと、おうなさんの中では3歳の砥夢君のままだけど、立派な青年になってる。

今でこそ、全国のゾウさんファンの方からスイカが届くけど、当時はとっても貴重なスイカ
まずは子どもたちに! リカさん、我慢してね。。。
砥夢くんも小さいときは、やっぱりこうやって食べてたんだねえ(^^)
この写真を撮った時、リカさんを制止できる椎名キーパーは凄いって感動したもんです。


e0272869_08193851.jpg


そして、砥夢君が旅立ち。砥愛ちゃんが生まれ、動物の赤ちゃんがこんなにも可愛いなんて!おうなさんはますますゾウさんの虜になったんだよなあ。


e0272869_09585101.jpg


でも、嬉しい楽しかった記憶より、悲しい記憶のほうが鮮明に蘇る。
砥夢君の旅立ちの日、私は動物園に入ることも叶わず、ただ遠くでトラックに積み込まれる様子を見るだけだった。
走り去る車を涙で見送るだけだった。

e0272869_10334728.jpg

e0272869_10340662.jpg


ブリーディングローン、動物の移動。
砥夢君のことだけではない。物申したいことはいっぱいあるけど、言えない(><)
でも、やんわりと訴えることは許して! 
種のためには必要なことかもしれないけど、それそれの動物園事情からは仕方のないことかもしれないけど・・・
せめて、移動の時期とか移動先とか、個の幸せや家族の幸せ、動物福祉を最優先に考えて!と願うばかりです。

砥夢君と媛ちゃんの楽しかった時を思い出してしまう。


e0272869_11073257.jpg


この歳になると、友人からの年賀状に記されたコメントも変わってくる。
孫が3人になったとか! 学生時代が懐かしく思い出されるとか! 健康に気を付けて!とか・・・(;^_^A
大学時代、仲の良かった友達から
「1年に1度くらいはみんなで集まりたいよね!」の言葉に、おうなさんひとり、遠く南国島国に引っ込んじゃったものだから、わたしが東京に行けばいいじゃんってことで、暖かくなったらまた東京さ行くだ!
その時には、ゆっくり砥夢君に会いに行こう。


e0272869_12395818.jpg


アフお父さんの死から、もうすぐ3年が経とうとしている。
亡くなる半年前、なぜか、竹取のときのゾウさんとの触れあいはアフ君だった。
砥愛ちゃんと媛ちゃんに会いたいと思いながら、いつもアフ君だった。それも、なにか意味があったのかも。。。
目の前で、お土産のスイカをいつも丸ごと頬張っていたアフ君の嬉しそうな顔が今でも目に焼き付いている。


e0272869_12453666.jpg


本当に色んなことがあった。
ゾウ家族との出会いから、笑いあり涙ありのここ数年。おうなさんにとって、とても充実した年月でした。
嬉しくては泣き、感動しては泣き、悲しくては泣き、思い出しては泣き、畑で疲れすぎては泣き、思いが伝わらなくて悔しくては泣き、
そう考えるといつも泣いていたような・・・(;'∀')
ドライアイのくせに、涙腺弱いのよね。

これまでのアフリカゾウ家族の物語を絵本にしてきた。家族の感動の物語を記録に残したかった。
絵を担当している仲神さんと、№Ⅴで完結したいよねと意気込んでいる。
最後は嬉しい楽しい家族のお話で終わりにしたいと思っている。

e0272869_18422412.jpg



おうなさんの誕生日に
「亀のゴンちゃんが冬眠してる間はこの絵を見て癒されてください」って壁掛けが届いた。

ゾウさんとゴンちゃんのイラストに毎日癒されています。 ありがとう(^^)Sちゃん。


e0272869_11331146.jpg


やっぱり、わたしの生きている時間にゾウさんとカメさんは必要不可欠な登場動物。
「ガハハ( ´艸`)」 どんな時でも笑っていなくっちゃ!










# by taketoriouna | 2019-02-02 23:39 | おうなの日記 | Comments(0)

砥愛ちゃん VS.濱ちゃん

本人の前では濱田君と呼んでるが、ブログでは濱ちゃんと呼ばせてもらおうっと。

e0272869_18424321.jpg

濱ちゃん! 頑張ってます。 
週二回から三回、椎名キーパーの教えを受けながら、ゾウさんの馴致訓練を頑張ってます。
「砥愛ちゃんが歩いてくれないんですよ~。」
って、前にはこぼしていたけど。
確かに、耳を引っ張っても、頑として
『動きたくないもんね~。』と言ってるような砥愛ちゃんの態度でした。


e0272869_18393388.jpg

「最近はどう?いい感じ?」
「いや~。今は座ることを嫌がってます。」
「そうなんだ。見てても、そんなにわかんないけど・・・💦」


『なんでも言うことききまちゅよ!だから、ごはんちょーだい(^^)』
みたいな顔してるんだけどなあ。

e0272869_18403791.jpg

離れて見てる私たちには伝わってこない、空気とか威圧感とかがきっとあるんでしょうね。
濱ちゃん! 今が試練の時。。。がんばれ~!

「砥愛たん!あんたまだ5歳でしょ!なんでお兄ちゃんの言うことがきけないのかなあ。。。ほら!またご飯に鼻伸ばしてる!」

e0272869_18542483.jpg

椎名キーパーに一番最初に会ったとき、言われていた言葉を思い出した。
「強制でなく共生」
濱ちゃん!まだ一年も経ってないんだもんね。深い信頼関係を築くにはまだ時間が足りないのよ、きっと。。。
もっともっと、砥愛ちゃんと触れ合って仲良くなってください。

確かに椎名キーパーの時には鼻をご飯に伸ばすこともなく。。。

e0272869_18554066.jpg
濱ちゃんにはきつく叱られないと思って・・・ 
それにしても、揃えた前足のカワユイこと💛

e0272869_19092136.jpg

「濱田君!今日はうまくできたんじゃない?」
「わかりませんでした?最後にバケツのご飯をあげるとき、砥愛ちゃんがグイグイと押してきたんです。」
「見てたけど、全然気づかなかった(;^ω^)」
砥愛ちゃんの目つきが変わっていたらしいけど、おうなさんには全然わかんなかった。


e0272869_19011004.jpg

椎名キーパーの指導を仰ぎながら、きっと明日も頑張る濱ちゃん(^^)v
みんな、応援してるからね!

そして、素知らぬ顔でご飯食べてる砥愛ちゃん(;^_^A

e0272869_19014578.jpg




# by taketoriouna | 2019-01-22 21:52 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます

かぐや媛の仕事初めは明日の竹取物語から。
おうなさんはというと、3日から畑で作業。今年は体を酷使しないぞと思っていたのに、なんか今年も嫌な予感です。

年末は大掃除をしなきゃいけないのに、まだうちの子(亀)は部屋でウロウロ。
お構いなしに、眠くなったらどこでも・・・ 気が付いたら、廊下の真ん中でも寝てるし(;^_^A
やっと、自分の寝床に行ったと思ったら、またまた水苔いっぱい背負って出てくるし(-_-;)


e0272869_11333008.jpg

ゴンちゃん!そんなにかわいい顔して見つめられても・・・
今度、水槽に入ったら、蓋をしちゃうからね!
12月29日 冬眠  世間の亀さんはもうとっくに冬眠してるというのに、うちの子は・・・💦
春になったら、また会おうね!

今年が2019年だから、もう20年も一緒に暮らしてるうちの家族です。

e0272869_15100272.jpg

1999年のある日、突然部屋の中に居たカメだって言ったら、同級生が「それは神亀だから大事にせんといかんよ!」って、
神亀??? ネット検索したら、お酒の銘柄ばかり出てきたんですけど・・・
でも、ホントに不思議な亀ですから、大事にします。

誰か、生きものと話ができる人がいたら、この子はどこから、なんのために我が家に来たのか、尋ねて欲しい。
でも、全く生きものや自然に関心のなかったおうなさんが、この子が来てから、生きもの好きになったらようなもんだから。。。
神様の使いなのかも・・・ 
「生きもののために人生をかけなさい。」とでも(;^ω^)

ゴンちゃんの一番かわいい写真を見てもらうね。
今年もときどきブログに登場させますので、お見知りおきを。。。


e0272869_12465769.jpg

ゾウさんたちとかぐや媛とゴンちゃんを、今年もよろしくお願いします。

e0272869_13022949.jpg




# by taketoriouna | 2019-01-05 15:45 | おうなの日記 | Comments(0)

こんな時代もあったのですね!

大阪万国博覧会
1970年といったら、おうなさん7歳、小学2年生の頃かなあ。
夏休みの家族旅行で万博に行った。
愛媛の田舎から大阪。
人の多さと暑さで、ドイツ館出た瞬間に鼻血タラーっと流して寝かされたって記憶しかありませんが・・・(;^_^A

なんとあの万博の時、盛り上げ役として、タイからゾウさんが来たというではありませんか!
それも、神戸港から歩いて万博会場に!
ゾウさんがいるときに万博に行ったはずなのに💦 見てないのかなあ。。。

こんな貴重な新聞を神戸の会員さんが送ってくださいました。
「これは日本ですか?道路をゾウが行進!」

e0272869_16525545.jpg

兵庫県西宮市のホームページを見ると。。。

『武庫川にさしかかり・・・。水を見たとたん重かった足取りが軽くなり、小走りに近づき、鼻を使って水浴びしたり、草を食んだり・・・ からだを洗ってもらって
気持ちよさそうです。結局この日は武庫川で野宿をすることになりました。』
武庫川で野宿ですとー!

えー!マジですか?
こんな光景が日本で?柵なしで見れたんですか?
そして、この日本に滞在中に赤ちゃんゾウも生まれたんだとか・・・
帰りは赤ちゃんゾウも一緒に歩いて帰ったというから、こりゃまた凄いことです。


2025年にまた大阪で万国博覧会が開催されるようですが。
テーマは『いのち輝く未来社会のデザイン』
サブテーマは『多様で心身共に健康な生き方、持続可能な社会・経済システム』

「持続可能な社会」この言葉をよく耳にするけど。
持続可能な・・・」 つまり、今のままでは持続できないということなんですよね。
持続可能な社会とは、地球環境や自然環境が適切に保全され、将来の世代が必要とするものを損なうことなく、
現代の世代の要求を満たすような開発が行われている社会ということらしいです。
でも、なーんかやっぱり人間中心主義。

2025年の万博では、『ボクたちから森を奪わないで!』ってプラカードを鼻で持ったゾウさんに行進してもらいたいくらいだわ(^^)

「アピールなら任せてくだちゃい。」
今回は砥愛ちゃんの出番はないなあ。。。 熱帯雨林にすんでるゾウさんでなきゃ!


e0272869_22332922.jpg






# by taketoriouna | 2018-12-27 08:54 | おうなの日記 | Comments(0)

とべ動物園

とべ動物園30周年ということで、愛媛ではメディア各局が度々動物園を取り上げている。
今月はNHKさんが45分番組を放映。サツマイモのプレゼント大作戦も取材をしてもらった。
おうなさんもインタビューを受けたが、ぎゃはは💦 やっぱりカットされていた。
幼稚園の子どもたちが感謝状をもらってる場面や、ゾウさんを近くで見せてもらって嬉しそうにしているところが映った。

e0272869_12351889.jpg


おおっ!『サツマイモのプレゼント大作戦』の旗がバッチリ映ってる。
旗に『かぐや媛』って入れておけば良かったなあ(;^_^A

e0272869_12351172.jpg


道後動物園からの移動劇、アフリカゾウ家族の物語、ピースの命のドラマ、やはり感動ものよね。
でも、本当はもっともっと感動のドラマがある。
なぜなら、動物園というところは、ひとつひとつのかけがえのない命が懸命に生き、懸命にその命を守ろうつなごうとしているところだから。


そして、愛媛新聞さんが動物園をとりあげた「命とともに」の記事が6日に渡って連載された。
興味深く読ませてもらった。
ここでも取材をうけたおうなさん。最終日にはちょこっとコメントが掲載された。

e0272869_13255324.jpg


取材の中で、記者さんから聞かれた。
「今、動物たちが思うように入ってこないことにもどかしさを感じますか?」
そのことにもどかしさを感じるというよりは、もっと他のことで感じるのですが・・・。
それはさておき、
動物が入ってこないことに、一種だけ、とてももどかしく思う動物がいる。

おうなさんは感情でものを言いすぎるので、
また、こんなことを書くとお叱りを受けるかもしれないけれど・・・。

とべ動物園で、この子を見ると悲しくなってしまうという場所がある。
この子たちの仲間が置かれている野生の状況を想像してしまうのはもちろんなんなんだけど。

e0272869_10320479.jpg


いつも、なんて悲しそうなというか、寂しげな目をしているんだろうと思ってしまうんだよね。
遊び相手もいなかったディディにせめてお嫁さんを迎えてあげて!
でも、難しいことはわかっている。 う~ん、もどかしすぎる!

ただ、ディディには大好きな飼育員さんがいる。
その飼育員さんが傍にいてくれる時は目がキラキラしている。
もっともっと遊んであげてって言いたいけれど、それもおうなさんの感情に任せての発言ですから。

最近、動物園にボルネオオランウータンの子ども、ハヤト君が繁殖のためのブリーディングローンでやってきた。
残念ながら、ディディはスマトラオランウータンだから、違うんだけどね。


e0272869_23042267.jpg


でも、仲間には違いない(^^)
ハヤト君が隣の放飼場に出てきていたら、こんなに目をキラキラさせて見ていた。
ハヤト君が木に登れば、ディディも柵を登り、運動不足のディディにはとってもいい効果かが現れるかも!

ハヤト君、新しい施設には慣れましたか? 
親と離れて急に一人ぼっちになって、寂しいだろうなあ。つまんないよねえ。 お部屋でひとり遊びしているハヤト君を見つめながら、泣きそうになってしまった。
早く、女の子が来てくれるといいね。


e0272869_13081562.jpg


また、記者さんに「動物園は必要と思いますか?」と聞かれ
私たち人間、特に小さな子どもたちにとって動物園は必要なのものだと思う。
色んなことを動物から教えられ学ぶことのできる場所であり、癒され楽しむことのできる場所であるから。

だが、動物たちにとっては必要だと思うかと聞かれたら・・・ 
種の域外保全のためには必要なんだろうけど、個々にとったらどうなんだろう。。。
ともかく、動物園にいる子たちは人間の都合でいてもらっている。この子たちが幸せである場所になってくれることを願わずにはいられない。


e0272869_13003086.jpg


県民の税金を使った公共施設である以上、住民の福祉を増進する目的をもって利用されることが一番大事なことであり、
動物の福祉を一番に考えて!って訴えても・・・(´;ω;`)ウゥゥ
また、目に見える費用対効果が望まれるとなると、やりたいこととやらなきゃいけないことは違ってくるのだろう。


新聞連載の最終日、
『今後の歩みには、イベント性やレジャー要素のみに頼らない価値の創造と使命の追求が不可欠だ。
新たな動物園像をどう描くかは、県民の手にも委ねられている。』
と締めくくられていた。

かぐや媛の活動も8年目に入った。
色んな動物園事情がわかればわかるほど、活動を続けるほど、おうなさんのもどかしさは募るばかりかもしれない。






# by taketoriouna | 2018-12-20 13:41 | おうなの日記 | Comments(0)