笑顔の行方

新年明けましておめでとうございます。
今年も、かぐや媛をよろしくお願いいたします。

今年はどーするべ・・・ 毎年、年の初めに思うこと。
昨年は私事でいろいろあって、辛い事悲しい事が多かった1年だったから、今年のテーマはやはり『笑顔』かなあ。。。
周りの人が笑顔でいられるように、ゾウさん達が笑顔でいられるように。

e0272869_12385556.jpg
ゾウさん達が笑顔でいられるために、かぐや媛にできることなんて限られているんですけどね。
願うことしかできないのが歯がゆい。


ふっと「笑顔の行方」って言葉が浮かんだ。
ドリカムの歌に「笑顔の行方」ってのがありましたが・・・

♬ 無邪気に笑う私がいる 
ーーーーー
あなただけが握っている この笑顔の行方を♪



e0272869_15325509.jpg



この子たちの笑顔の行方を握っているのは誰?
行政であり、運営している動物園であり、担当飼育員であり、わたしも含め利用者ひとりひとりであり、全て人間。


e0272869_13434787.jpg

この子たちは人間みたいに、成功したい、お金持ちになりたいみたいな欲どしいことなんて何も考えてないはず。
ご飯が食べれて、家族が一緒にいられて、暑さ寒さがしのげて、安心して眠ることができて、そして、いのちをつないでいくこと。

動物園にいるこの子たちが望んでいる小さな幸せだと思うのですが。
それさえも、ままならないことだってある。
今日も朝から、冷たすぎる雨が降っています。ゾウさん達、寒いだろうなあ。
「お部屋に入れて!」 また3頭並んでお部屋の中を覗いているのかしら(-_-)と想像するだけで (ノД`)・゜・。



e0272869_12395745.jpg


お母ちゃんの後をいつも追っかける砥愛ちゃん。ひとりになると不安で走り回る媛ちゃん。

11月頃、媛ちゃんは心を病みかけていました。
砥愛ちゃんの体も大きくなってきたし、そろそろ砥愛ちゃんを親離れさせないとということで、ひとり一部屋計画が・・・
アフ君が使っていたお部屋を媛ちゃんに使ってもらうことになり、夜はひとり一部屋があてがわれたんです。
アフ君のお部屋だったところは、隣の部屋とは壁で隔てられ小さな覗き窓しかありません。
媛ちゃんは一晩中部屋の中をグルグルと歩き回り、脚の爪は摩耗し、おでこの壁にぶつけた痕が痛々しかった。
常同行動が毎日毎日続きました。


e0272869_20121523.jpg

媛ちゃんにはひとりぼっちが耐えられなかったんでしょう。
おかあちゃまや砥愛ちゃんと引き離されたと思ったんでしょう。
砥夢くんが他所の動物園に行く時のことを思い出して、不安になったのかもしれません。

これ以上続けていたら心が病んでしまうということで、もとのお部屋に戻され、媛ちゃんは落ち着いたのですが。

大きなお部屋があったらなあ。。。



e0272869_23022877.jpg

このブログを書いている時にアマゾンから写真絵本が届きました。
ゾウのサンクチュアリでのお話

e0272869_22451359.jpg

サーカスや動物園で過酷な運命にあったゾウさんたちの最期の安息の地、エレファント・サンクチュアリ
こんな場所があることも、かぐや媛を始めてから知りました。
ここにいるゾウさんたちがどんな人生を歩んできたのかも知りました。

人間によって翻弄されたゾウたちに償いの思いも込めて、
今目の前にいるゾウさんたちのために、ゾウの楽園を夢見て、今年もやれることを頑張るしかないのですけれど。


e0272869_21394279.jpg

「ひとりぼっちにさせないで! せめてあと数年、このとべ動物園で家族一緒にいさせてやってください。」
7年前、砥夢くんが他所に行くことを知って、椎名キーパーにそう訴えたおうなさん。
あのころは、動物園の事情も、動物園の飼育下動物という彼らのことも、なんも知らなかったからなあ。。。
今は少し弱気になってるけど、わたしの願いは変わりません。
「この家族に悲しい思いはさせないで!ひとりにだけはさせないで!」

この子たちの笑顔の行方を握っているのは人間です。
 



[PR]
by taketoriouna | 2018-01-08 16:44 | かぐや媛 | Comments(0)
<< ある日のスナップショット Xmasだよ~ん >>