心は巧みなる画師の如し

春はそこまでやってきてますね。
梅の花と菜の花 絵になるな~ 砥部町七折の梅まつりに行ってきました。 3月10日までやってますよ。

e0272869_10281213.jpg

花を咲かせた後は実をつけて、そして七折の小梅は市場に出ます。
一日一日と暖かさを増し、水中深くで冬眠していたお堀のカメさんたちも筏の上で日向ぼっこを始めたころ、うちのゴンちゃんも起っきするんです。
春になると、ちゃ~んと活動し始める生きものたち。
そろそろ、おうなさんも動き出さないとね・・・


e0272869_11074115.jpg

梅の花が満開。梅、菜の花そして桜と・・・
もうすぐ、動物園も満開の桜の季節になります。
その前に、ちと、おうなさんは京都の北野天満宮の梅を観に行ってきます。1500本の梅の木ですって!凄く楽しみ。。。

いや~! ちゃんと京都市動物園にも参ります。小さなミッションが・・・ 
この子たちは大きくなってるかな~?


e0272869_23150489.jpg


「心は巧みなる画師の如し」
心に描いたことが現実にそのとおりになっていく。心にはそんな凄い力がある。
ブッタの教えらしいですが
また、同じ時を生きても、心の持ち方で見え方が変わってくるとも。
今、読んでる本の中に出て来た一節。

おうなさんにも、心に思い描いている絵図があるんです。
5年後10年後15年後。。。

何かしら動いていないと死んじゃう。動いてないと生きてるって気がしないんですって言いきっていましたが。
50を過ぎると、身体もいたるところに変調が見られ、更年期障害かしら?寒さにかこつけて、つい最近まで、お家に引きこもって本ばかり読んでいました。
動物もの、ミステリー、小説諸々。
活字大嫌い、じーっとしてるの向いてないと思っていたのに、本の魅力にとりつかれておりました。

でもね、身体は動いてないけど、本のお蔭で心は動いていたから大丈夫。

この一年、かぐや媛の活動はどーしようかと、実は悶々としていたんです。だから、動き出せなくて・・・
わたしだけでなく、数少ないアクティブ会員さんも、親の問題、子どもの問題、仕事の問題、色んなことが重なって動きがとれない状態(><)
今年は、人手を必要とすること、計画スケジュールから色いろ時間をかけなきゃいけないことには手を出せないかな~。
じっと充電の一年になるかな~なんて。。。 思っていましたが。

そろそろ、冬ごもりも終わりにしなきゃ、虫たちが土の中からごそごそと出てくる啓蟄を前に、やっと動き始めたおうなさんであります。



「砥愛たんを見てみなよ!真冬だって元気いっぱいなんだから(^0^)」 
キミは元気過ぎです。


e0272869_23084475.jpg



先日「犬に名前をつける日」っていう映画を涙ボロボロ鼻水じゅるじゅるで観てきました。
お金儲けのために命を物のように扱われているワンちゃんたち。原発事故で取り残された動物たち。殺処分に怯えている犬猫。
身勝手な人間の行動。
そして、尊い命をひとつでも救おうと行動している人たち。凄いね!



e0272869_23462319.jpg

知ってください。なにげなく暮らしている我々の陰で、このような動物がいることを・・・って感じでしたね~。
それは、動物園に暮らす動物たちとて、同じこと。野生でどんな目にあっているのか、知ってください。
犬たちの現実、野生動物たちの現実から目を背けちゃいけない。
人間は反省しなきゃいけないことがたくさんあるような気がします。

それにしても、映画に登場した広島の犬猫みなしご救援隊の女性は凄すぎました。
準備が整ってからやろうなんて、犬たちは待っててくれない。できることからとにかく始める。そうやってたら、応援者が現れる。そんな感じのことを言われてましたね~。
動物愛護センターから譲り受けた犬猫の数、信じられない(><)

映画観て、休憩なんてしていられないって思っちゃいました。
おうなさんには、やりたいことがたくさんあるんです。


e0272869_09333006.jpg

「心は巧みなる画師の如し」
この子たち家族の未来を心に描きつづけなきゃ(*^^)v


e0272869_23081322.jpg


by taketoriouna | 2016-02-26 12:03 | おうなの日記 | Comments(0)
<< 京都はええとこだすな~ もしも、できることなら・・・  >>