精一杯頑張りました。

17日日曜日で、大きなミッションもなんとか終わりました。

日曜日朝6時起床  
今日はマイクの前でしゃべらないといけない。
声でるかなー。 咳が出ちゃったら、まずいなー。 
よりにもよって、この大事な時期に風邪をひくなんて、ほんと自己管理ができていないと、落ち込むおうなさん。

9時45分 スタッフのNちゃんと旦那さんと3人で出発。 午前中は人権参観日の講演が入っています。
前回のとき、PTAの役員さんにこっそりと・・・  「やっぱり、講演する人ってスーツとかですよねー??」「できれば、そのほうが・・・」
やっぱりねー。普段、動物園や畑ばかり行ってるから、最近は自分でも一番長靴姿がしっくりきてるんだけど。 
今日はスーツ着てお出かけしました。

e0272869_19533077.jpg

今回も、みんな静かーに聞き入ってくれてました。 
子どもたちそれぞれが、アフリカゾウ家族の物語を通して、いろんなことに気づいたり感じてくれたんじゃないかと思います。

ただ、命を大切にしてって言うよりは・・・
身近な動物園に暮らすゾウさん家族のお話しと、その命を守ることつなぐことに必死になっている大人の姿を子どもたちに知って欲しかった。
そして、私たちはいろんな命と関わりながら生きてるってこと、命のつながりに気づいてもらい、他の生き物への思いやりの気持ちを深め、
命の大切さを実感してもらえたのなら嬉しいのですが。

人間だけがもつ想像力をどこに使うか、子どもたちに伝わったかなー。。。


e0272869_22325094.jpg

 

                あなたは、とべ動物園に暮らすアフリカゾウ家族の物語を知っていますか?


生徒さんだけでなく、参観日に来られた親御さんたち多くの方々に見ていただくことができました。
ありがとうございました。


12時過ぎ、先生方とPTA役員さんにご挨拶して、大急ぎで車に乗り込み次の会場へ移動です。
おうなさんは車の後ろに乗り込み、そこで、衣装替えとおにぎりをパクつきお化粧直し( ´▽`)
「芸能人て、こんな感じなんかなー???」
うちの旦那さん 「お抱え運転手にマネージャー(Nちゃんのこと)つきで、はいはい!次はどちらに行けばよろしいんですか?」
「坂の上のミュージアムまで、急いで! 受付はけいこちゃんがしてくれることになってるけど、リハーサルが1時までなんよ。」


実は松山市紙芝居コンクールに「ボクたちは家族」の紙芝居を応募してたのです。
たまたま市立図書館でチラシを見つけ、応募締切まで一ヶ月、どーするかなー。。。
絵本をそのまま拡大コピーして紙芝居にしていたんだけど、長すぎるし、ちゃんとした紙芝居作りたいとは思っていたんだけど。
どーせなら、この際に作ってコンクールに応募しますか! 

応募作品は原画で10分以内。 
まともに読んだら20分以上かかる原作を10分に縮めるおうなの作業はまだしも、絵担当のけいこちゃんが大変でした。
申込み締切最終日に松山市教育委員会に直接持ち込み、受付完了。あとは、一次審査の結果待ち。

      「来たー!」一次審査合格。 で、17日の公開審査になったわけです。

e0272869_20182234.jpg


「ボクたちは家族」は一般の部の4番目
1番目の紙芝居が始まりましたー(^^♪
あっちゃー(><) こりゃ、かなわんわい。 紙芝居とはこーゆーもんかいな!とお勉強になりました。
うちの旦那さん 「もう、諦めたほうがええよ。ここにいる人たちに思いを伝えるつもりで読んだらいいんやない。」
その、アドバイスどおり読んでたら、またおうなが泣きそうになってしましましたが・・・

前列にいた子どもたちが見入ってくれてたのが、何より嬉しいですね。

e0272869_19253959.jpg


からくり有り、BGM有り、拍子木有り、こだわりの衣装有り、みなさんの演技は圧巻でした。

おうなは精一杯心を込めて思いを込めて読ませていただだきました。
「ボクたちは家族」は夢紙芝居賞をいただきました。
ありがとうございました(*´∀`*)

e0272869_21021219.jpg

e0272869_21035773.jpg

 紙芝居もできたし、またいろいろなところで読ませてもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


[PR]
by taketoriouna | 2013-11-19 23:51 | おうなの日記 | Comments(0)
<< 通常業務に戻りました(*´∀`*) サツマイモのプレゼント大作戦も... >>