幼稚園でお話し会

来週、かぐや媛の畑にサツマイモの植え付けに来てくれる幼稚園でのお話し会。
子どもは正直だから、飽きちゃったらすぐわかるもんね。 緊張します。

2歳から5歳児、30分以上も静かにおうなのお話しを聞いてくれてました。
真剣に見つめる子どもの眼差しが、一生懸命聞こうとする表情がとても印象に残りました。


e0272869_20262518.jpg



媛ちゃんの写真を見せたら、媛ちゃんだ! 砥夢くんの写真には砥夢くん!という返事が返ってくるし、砥夢くんがいなくなったことを知ってる子もたくさんいて、
やっぱり、子どもたちにとってゾウさん家族は人気者なんだと嬉しくなっちゃいました。

e0272869_20244074.jpg



e0272869_20264830.jpg


もうすぐ、また媛ちゃんの弟か妹が生まれます。と言ったら歓声があがり、
「ゾウさんたち動物さんたちのために、心を込めて 『いっぱいお芋をならしてください』 って言いながら植えようねー。」の呼びかけに、
みんなは元気よく 「はーい(^o^)/」
別れるときには、おうなにハイタッチしてくれて・・・
また来週あの子たちに会うのが楽しみです。


e0272869_2027047.jpg



紙芝居の内容は園児には難しいし長すぎます。

子どもたちなりに、2歳の子は2歳なりに5歳の子は5歳なりに、何かを感じとってくれたのでしょうか?
ちょっと心配(><)


ゾウさん家族の物語から、子どもたちに伝えたいことがたくさんあって・・・

一番には、家族がみんなで仲良く一緒にいるってことがどんなに素晴らしく幸せなことか・・・
そして、自分以外の他の命に対して優しく思いやる気持ちをもった人になって欲しいってこと。



子供を愛し育てる母性愛、情操教育には欠かせない兄弟の遊び、家族で暮らすことによって築かれる絆など、ゾウさんの世界も人間と同じです。
ずっと、家族で一緒に暮らすことができますよーに。。。
[PR]
by taketoriouna | 2013-05-30 22:17 | かぐや媛 | Comments(0)
<< 今を生きることで 熱い心燃える♪♫ いろんなことで元気をもらってま... >>