オレンジデーは竹取り

昨日4月14日はオレンジデーだったとか・・・
恋人同士が愛を確かめ合い深める日 なのに、かぐや媛は早朝から竹取り。

おうな達は、密かに筍がそろそろ出てるんじゃないかと・・・ 
やっぱり、恋より食い気のお年頃。 
しかーし、指導員さんに「ここは、破竹だから、まだ先だよ」と聞き、がっかり↓

前日の大雨で、竹薮の葉っぱから落ちる雨滴で、指導員のおじさん達はずぶ濡れ状態。
本当にご苦労様です。
竹薮の中から「おうなさーん!口ばっかり動かさないで、働いてくださいよー」と檄をいただき・・・
口もですが、ちゃーんと手も動かしてますよーだ。。。。

11時30分竹採取現場出発。 車5台連なって、いざ動物園。
さと山を下る道路は菜の花と桜で、ほんとに綺麗。心が洗われる。

子ども達にも、自然のなかで季節の移り変わりを肌で目で鼻で耳で感じて欲しいなー。
それが、自然と共に生きてきた日本人の文化。

外国人は、桜を見てもあまり感動しないらしい。ぼーっとした色で、風ですぐ散っちゃうし、道路の掃除が大変という印象しかないと聞いたことがある。

それに比べて日本人は
桜の花が一気に風に舞う姿を『桜吹雪』  ⇒遠山の金さんを思い浮かべないでよ。
桜の花が水面に浮いて流れる姿を『花筏』
桜の花が遠方に群がって咲く姿を『花霞』
そんな言葉で、花の色んな姿に風情を感じてきたのです。 まあ、なんてステキかしら。

と思いを巡らせていたら、動物園到着。
今回参加してくれたお子ちゃまはY君5歳。動物園のゲートをくぐるなりスキップだよ!スキップ!
大人になったら、スキップするような楽しい事って、ホントなくなっちゃうでしょ。
たぶん、おうなはもうスキップができない気がする。
Y君のスキップする後姿に、このこども達の楽しみを絶対なくしちゃいけないと、心に誓うおうなでした。

採取した竹を山盛り積んだ台車を押す姿も可愛かったなー。竹の束に頭も隠れて、前が見えてない(><)
竹をとりあえずレッサーパンダ舎とゾウ舎にお届けして、お待ちかねのお弁当。
Y君の笑顔におばさま達はメロメロ状態。

1時からのゾウさんエサやり・飼育員さんとのお話・記念撮影。

が、しかーし、おうなは〇〇さんの説明をお聞きするため、〇〇室へ・・・
後のことは、他のスタッフにお任せして・・・
おうなは気をしっかりもって、穏やかに冷静に・・・ すぐキレて顔に出ちゃう性格を抑えないと。

公の施設のことだから、全て受け入れるだけなんだけど。。。。

〇〇室から出ると、さっきまで曇っていた空は全く雲もなく晴天。嘘みたい・・・
ここ数日のおうなの心の中のモヤモヤも、この空のようにスッキリ。
と言いたいところだけど、すぐにはねー・・・。
決まったことはしゃーない。 次のことを考えようっと(^^)

e0272869_14453860.jpg

e0272869_14473528.jpg

                             なんか、いい写真でしょ。 飼育員さん、いつもありがとう。

e0272869_14475710.jpg

                             なんで二人だけ、満開の枝垂れ桜の下で記念撮影してんのよ~(><)
                               おうなも、入れて欲しかったなー。
[PR]
by taketoriouna | 2012-04-15 14:38 | 竹取物語 | Comments(1)
Commented by taketoriouna at 2012-04-15 21:20
いま、ファン倶楽部の名前を考え中なんです。
今回の写真はスタッフが撮ってくれたんですが、マフーさんが膝をついて、子供目線でお話してくださっている写真がいっぱいありました。
ひとり・・・またひとり  ゾウさんファンの輪を広げていきたいです。
ありがとうございました。
<< 出会いは必要必然ベスト ブログのお引越し >>