暑い中、ご苦労様でした


今回は梅雨の中休み、お天気にも恵まれて竹取りも無事終了。
しかーし、暑かったな~(><)
日陰もないところでの作業、皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。

な、なんと今回は神戸からお二人の参加者。竹取物語も有名になったもんだ。
『すごく楽しいイベントで、年甲斐もなく興奮しました。度々参加させて頂きたいとおもいます。』って今日メールいただきました。
楽しんでいただけたようで、良かった(^^)

全国の動物園行かれてるお二人みたいで・・・
とべ動物園は、自然をうまく取り入れたいい動物園だって褒めていただきました。
地元に居る私たちって、とべ動物園の良さ素晴しさに気づいてないかもしれませんね。
ゾウさんが、こんなに活発に走り回って楽しそうにしているところもないって・・・
だから、見ているだけで楽しくなるって・・・

いろいろお話もさせてもらって、おうな達かぐや媛がもっともっと頑張んなきゃって思いました。
とべは誇れる動物園だし、子ゾウが姉弟で楽しそうに遊んでいる動物園は他にはないんですよね。
もっともっと、地元の人に知ってもらわなきゃ。 他県の人に自慢しなきゃです。

ありがとうございました。

e0272869_225883.jpg
e0272869_2251820.jpg
e0272869_2253294.jpg
e0272869_2254136.jpg

[PR]
# by taketoriouna | 2012-07-09 22:12 | 竹取物語 | Comments(2)

アフリカゾウのエレナ

ゾウさんファンの人は知ってると思うけど・・・

15年以上も前になるでしょうか?
友達に勧められて観にいった『地球交響曲 ガイヤシンフォニー第一番  地球の声が聞こえますか』
アフリカの大地を歩くゾウの家族がそのポスターになってたと思う。

当時のおうなは、地球環境?動物? そんなことには全く興味がなかった。
どうやったら、人生の勝ち組になれるか!頭の中はそのことしかなかったかもしれない。

そんな私が、エレナに心を奪われ、心を通わせ合っている人間と動物の姿に、ただ涙が止めどなく流れたことを覚えている。
今思えば、ガイヤシンフォニーが私の生き方を変えるきっかけになったのかも。。。
密猟によって親を殺され、家族と離れ離れになったエレナ。 優しい人間に助けられ、ダフニーさんを母親のように信じ慕い、人間と心を通わせたゾウ。 野生に帰り、孤児の面倒をみている。

エレナはそれからずっと私の心のどこかに居座り続けた。
だから、去年とべ動物園のアフとリカのことを知ったとき、あなたたちの辛く悲しい過去を想像することは、私にとっては容易なことだったのかもしれない。

エレナのこと、アフリカゾウの孤児院のこと、人間のせいで親を失った赤ちゃんゾウのことを知っていたんだもの。
エレナと同じ思いをしてきたのであろうアフとリカ、あなたたちが幸せに暮らせるよう何かしたい。
おうな達と同じ人間が、あなたたちを苦しめたのなら、同じ人間として、私ができることでサポートしたい。
エレナのことを知らなかったら、ここまで私を突き動かすことはなかったかもしれない。

動物園に連れてくること自体が人間のエゴかもしれないけど、もう来ちゃってるんだもん。しゃーないじゃん。
アフとリカには、とべに来て幸せだったなーって思ってもらいたいの。
エレナのように野生に返すことは、ここではできないんだから・・・

エレナがダフニーさんという素晴しい人に出会えたように、アフとリカも素晴しい飼育員さんに出会えてホントに良かったね。 
あと足りないのは、環境整備。 野生での暮らしのようにはできないけど、少しでも快適に親子が幸せに暮らして欲しいな。

また、母親リカが育てられなくて、一人ぼっちになった媛ちゃん。
あなたとエレナが重なるんです。

赤ちゃんゾウは、人一倍の寂しがりや。孤独が原因で病気になったり、死んでしまうこともあるらしい。

媛ちゃんが、飼育員さんを探して一晩中歩き続けたり、いつも飼育員さんの後をトコトコとついて回ったり。
寂しかったんだよねー。

でも、良かったね媛ちゃん。飼育員さんがいつも傍で寝てくれたり、お母さんが鼻で優しく撫でるように、飼育員さんはあなたの身体を撫でてあげてた。

飼育員さんが、何ヶ月か前にご自分のブログで、『ダフニーさんに少しでも近づけるよう・・・』みたいなこと書かれていたことがあったように思うのですが。。。
おうなは、飼育員さんはもうすでに充分ダフニーさんになってると思うんだけどなー。

あの家族と飼育員さんは心が通い合ってる。つながっています。




朝からどしゃ降りだった松山。 夕方、雲の切れ間から太陽が・・・
夕日に照らされた町並みが、あまりにも綺麗で・・・
おうなは、また新たな決意を・・・ 
あの山の麓に、ゾウさん家族がいるんです。  
e0272869_2202952.jpg


大人になったエレナ編はまた次回紹介しますね。

追伸 : 講演会をさせていただいた二つの小学校から感想文が届きました。 子供たちの素直な気持ちを、また紹介させてもらいます。
[PR]
# by taketoriouna | 2012-07-03 22:25 | Comments(2)

いのちはいつか終わる


『孤独なジョージ』唯一生き残っていたガラパゴスゾウガメが死亡との記事が新聞に出てました。
仲間と一緒の生活夢見てた・・・との見出しに、うっとこみ上げてくるものが。。。

人間による乱獲で激減。絶滅危機動物に。
人間の身勝手からまた辛く悲しい一生を送ることになっちゃたのかなーと・・・

うちのゴンちゃんはどうなんだろ?
野生にいたほうが幸せだったのかなー。

野生でお母さんのそばにいたのを引き離して、うちに連れて帰ったんじゃないし。
ある日突然部屋に迷い込んできた子だから・・・と自分を正当化してしまうおうなですが。

銭ガメ・クサガメの類って、どれくらいの寿命なんだろ?
亀は万年?ありえんし・・・
うちに来た時、すでに体長5センチくらい、あれから12年経ってるから、今16歳くらいかしら。

どうみても、ゴンちゃんはうちに居て幸せだと思うんだけどなー。
おうちの中、自由に徘徊して、毎日綺麗なお水それも浄水の中でプカプカして、ご飯も色を変え品を変えもらって、キミは幸せ(^^)

ただ、仲間と一緒じゃないのが寂しいかなーとも一瞬思ったけど、ゴンはおうなたち夫婦のこと仲間だと思ってるみたいだから・・・。 
パートナーだけだよね。   雌が同居したら、尻に敷かれるだろうなー(><)

e0272869_23383886.jpg


最近は、カーテンに頭だけ突っ込んで寝てる。  完全リラックス状態。開ききった手がかわいいの。
e0272869_2339322.jpg



ゴンちゃん、長生きしてね。
[PR]
# by taketoriouna | 2012-06-26 23:46 | Comments(2)

かぐや媛 飼育員さんの講演会

西予市立魚成小学校の皆さん、ありがとうございました。

講演会どうだったかなー?
いろんなことを、子供の柔軟な心で感じてくれたかしら?

飼育員さんから、ゾウさんの出産シーンとか愛らしい写真見せてもらって、食い入るように見てました。
あんな写真や動画見たことないよね。  きっと感動してくれたと思います。

おうなが『人間が一番大切にしないといけないものは、何だと思う?』の質問に。。。
いったい何人の子供が手をあげてくれてたかしら。 一年生・二年生はほとんどの子が手あげてたような。

命・身体・心・顔・頭・家族 なんと人情という言葉が出たときには、びっくり。
そうだよねー。日本人は義理と人情を大切にしてきた民族だもんね。

そして、おうなのお話を真剣に聞いてくれてありがとうね。

e0272869_2117473.jpg

木材をふんだんに使った素晴しい校舎の小学校。  とってもいいエネルギーが出ていました。

e0272869_21191485.jpg

e0272869_21194215.jpg


e0272869_2131342.jpg



自分のいのち・自分以外の人のいのち・動物のいのち・植物のいのち、全て尊く大切なもの。 
いのちは全てがつながっているんです。

家族のつながり、親が子を想う気持ち、子が親を慕う気持ち、ゾウさん家族もおんなじなんです。
この家族をみんなで守ることができたら・・・  地域のみんなで守りたい。


人間だけが特別なんじゃない。
私たちは一人では生きていけない。まわりの人に支えられ生きていることはもちろんだけど、自然界のものの命をいただき、
そしてどれだけ自然界のものに助けられ、癒され、支えられ生きてきたことか
人間も自然界この地球を構成する存在に過ぎないのだから、もっと他のいのちに対して優しくならないといけないよねー。

あらゆる自然界のものに神が宿るとしてきた日本人。
義理と人情も大切だけど、自然と共に生きてきた日本人の心を忘れないでねー(^ー^)
[PR]
# by taketoriouna | 2012-06-23 22:24 | かぐや媛 | Comments(2)

お疲れ様です。お疲れです(><)


なんか疲れちゃっています。 お天気のせいかなー。
全然疲れがとれない。
これは、若くないっちゅうことかしら・・・

ずうーっとバタバタで生きてきたなーって思うんです。
じーっとしとくのが向かない性格。何かしていないと落ち着かない性格。困ったものです。
毎日予定が入ってないとイライラしちゃうんだから、もう病気???

今日は午前中は事務仕事、午後はフラワーアレンジのお稽古、夜はペン字の練習もしないと・・・

だいたい、フラワーアレンジで体力気力消耗しちゃったって感じ。
ヨーロピアンアレンジ、先生の注文は 『さくらんぼをメインに大人カワイイアレンジにして!』
一番苦手。クールビューティーならまだしも大人カワイイというフレーズ。
ひゃー無理って思った瞬間から出来ないモードに・・・。 
結局、オアシスは穴が開きまくりボコボコ、2時間みっちり集中でした。お疲れです。
e0272869_21124422.jpg

                          夏のイメージのテーブルセッティング。 涼しげですねー。あじさいがカワユイ。
e0272869_21151428.jpg

おうなの気持ちの中には、希望・夢としては、お友達を招いてお花を飾っておもてなし。。。ゆめなんだけどなー。   性格的に向いてないとの声もありますが・・・
いつかは、実現させます(^^)v



月曜日、西予市の小学校にパネル展示に行ってきました。  役員さんと二人。
行き帰りに色んな話に盛り上がって、あっという間に時間が経ったんだけど・・・

『〇〇ちゃんは、再々婚ですかー! やるねー。 〇〇ちゃんはしたたかなんよ。 でも、綺麗よね! ヒアルロン酸入れとるやろ。』 まあ、おばさん二人好き勝手言っておりました。
単に、同年代として綺麗過ぎる彼女に、オンナの嫉妬ですらい。



ところで、なぜにここまで、おうながゾウさんのことに必死になるのか。。
講演の最中も、媛ちゃんの話のところで、うっと来ちゃって、2.3滴涙が(><)
おうなの生い立ちが関係してるんだという結論に。

そんなに悲惨な生い立ちなわけじゃないけど、1歳から4歳くらいのおうなって、今でも思い出すと涙がでるくらい結構キツイものあったんだよねー。
幼稚園からは、あたしの天下よってくらいの人生だけどね。
どうも、その自分の心の中の記憶が媛ちゃんと重なってるんじゃないのって・・・

確かに、そうかも!  5歳になった媛ちゃんのあの笑顔を守ってあげたいとマジで想っているんだもん。




梅雨は、じめじめして、あんまり好きじゃないけど。
この季節のお花。 紫陽花って大好き。 
e0272869_21395780.jpg
  
             疲れた身体と心を癒してくれる
            
[PR]
# by taketoriouna | 2012-06-20 21:55 | Comments(0)