笑顔の種まき

この子どもたちの笑顔がある限り、サツマイモのプレゼント大作戦は続けなきゃ!
子どもたちの笑顔でいっぱいになると、おうなさんも幸せな気持ちになるもんね。
これからも、笑顔の種まきをせっせせっせと頑張りますよ。


e0272869_23162810.jpg


秋晴れのなか、かぐや媛の畑に、幼稚園と保育園、6つの園の園児がお芋掘りに来てくれました。

e0272869_00235313.jpg

今年は土がふかふか、手で掘れちゃうよ(^^)

「6月に植えたお芋の蔓、4カ月半でお芋が実ったんだよ! みんなは、ちゃーんと草引きに来てくれたから、きっと大きなお芋ができてるよ。」
e0272869_00251360.jpg

今日も怪しい出で立ちのおうなさん。 おばちゃん!カメみたいで、変💦  シミ、皺が気になるお年頃ですから・・・


e0272869_17572487.jpg
「ほら!見て見て!」
「あー虫がでてきた~」


e0272869_18252123.jpg
「せんせ~い!せんせ~い!こんなにおっきいの採れたよ。」

e0272869_18174238.jpg
子どもたちの楽しそうな姿。この日があるから頑張れる!


e0272869_18170664.jpg

土づくり、畝だて、マルチ張り、苗の調達、草引き 大変なこといっぱいだけど、この子どもたちの笑顔見たら、来年も頑張ろうって思っちゃうのです。

e0272869_18175868.jpg
この子たちは、植え付けの時に一回会っただけだから、おうなさんのことなんて覚えてないだろうなあって思っていたら・・・

近寄って来て
「かぐや媛さんでしょ?」って声かけてくれる子がいたり
「なんで、今日はメガネかけてないの?」って!
植え付けの時、ちょうど目の手術前でメガネかけていたんです。 私のこと覚えてくれていたんだと思うと、なんか嬉しい💛


e0272869_17571407.jpg
こんなにおっきなお芋が採れたら、楽しいよね(^^)

e0272869_18534531.jpg


今年は豊作
ゾウさんが喜んでくれますね!

e0272869_21423943.jpg
「こんなにたくさんのお芋は誰に食べてもらうの?」
「ゾウさ~ん」 この言葉でますます嬉しくなるおうなさん。

「ゾウさんが食べるお芋をみんなもお芋ご飯や焼き芋にしてもらって食べてみてね。みんなが作ったお芋はきっと美味しいはずだから。」


e0272869_21271392.jpg
e0272869_21265513.jpg
e0272869_21264352.jpg
e0272869_21273281.jpg

箱詰めして、かわいい絵を描いて、ラッピングしてゾウさんに持って行きますよ。。。




[PR]
# by taketoriouna | 2017-11-09 15:48 | かぐや媛 | Comments(0)

砥愛ちゃんの審判やいかに

お芋の収穫時期がやってまいりました(^^)
5月に植えたお芋の苗、草引きもそこそこ頑張って、やっと来たぜ!実りの秋。


e0272869_18165499.jpg
去年のお芋は姫君たちのお口に合わなかったらしいから(><)
椎名キーパー曰く 「食べることは食べるんですけどね。。。(^-^;」
りんご、人参、食パン しゃーないなあ!お芋たべるかなあ。。。ってな感じで、一番お芋が好きなはずなのに、かぐや媛が届けたお芋は最後に食べてたらしいのです。

リカお母ちゃんは大人対応。そんな贅沢なことは申しませんが・・・
正直者のまだお子ちゃま砥愛ちゃんは 「おいちくないんだもん。。」 いやいや食べてたんだって!

e0272869_19074505.jpg

田んぼあとの粘土質の土じゃ、美味しいお芋ができないとは聞いてたけど。まさか!ゾウさんたちにまで選り好みされるとは・・・(;^ω^)

で、今年は1月から動物園の堆肥と竹林整備後の竹をチップにして混ぜ込んでみましたがな。
ホントに頑張りました! 何回、トラックで往復したことか・・・


土がふかふか  これこそ芋づる式 5年目にしてやっとって感じですかね。

e0272869_18150454.jpg
これなら、お芋掘りも楽しいね!

e0272869_18152896.jpg

お味はどうかな? このお芋なら、ゾウさんたちも気に入ってくれるかなあ。


どうじゃ~! 今年のお芋の味は?
とりあえず、250キロのお芋を届けてきました。

e0272869_18255087.jpg
で、特別に砥愛ちゃんに食べてもらうことに。
「ねーねー! なに持って来てくれたんでちゅか?」

e0272869_18284362.jpg
砥愛ちゃんの審判やいかに(*^^)

e0272869_18293389.jpg
ハロウィーン仕様の鳴門金時だぜ(*^^)

e0272869_18310138.jpg

おっ!まるごといっちゃいますか?

e0272869_18311363.jpg
「かぐやひめしゃん おいちいよ💛」
そう申しておりました。ような気がしました('◇')ゞ

e0272869_18350667.jpg

おうなさんも芋フライにして食べてみたけど、こりゃいける(*^^)v






[PR]
# by taketoriouna | 2017-10-31 19:52 | かぐや媛 | Comments(2)

竹取から始まったものがたり

竹取から始まったかぐや媛の物語
かぐや媛さん、いったい何本の竹を伐ったことでしょうねえ。  

色んな方に助けていただいて、月に2回ゾウさんに竹を届けてきた。
ななな、なんと先月末時点で131回、延べ参加人数2769人、竹搬入量約10600キロ。


それにしても、6年の月日は恐ろしい・・・("^ω^) 
第1回 竹取物語
あの頃はおうなさんもまだ若かったなあ。 小学生だった子ももう高校生ですよ。

e0272869_20435437.jpg
椎名キーパーも若いネ💦

e0272869_21085110.jpg

リカお母ちゃんと媛ちゃん、そして砥夢くん
砥夢くん! こんなに無邪気な表情していたんだねえ。 

e0272869_21093403.jpg
この子たち家族の30年の歴史のなかの6年間も関わらせてもらったと思うと、感慨深いものがありますねえ。
楽しい事や嬉しい事もいっぱいあったけど、なぜか悲しい事や辛い事の方ばかりを思い出しちゃうんだよね。


穏やかで優しい目をしたアフお父さん  竹を持って行くと、嬉しそうに鼻をあげて挨拶してくれた。

e0272869_23072131.jpg
甘えん坊だった砥夢くん 竹よりもママのおっぱいが好きだったんだねえ。

e0272869_23072322.jpg

この家族の物語を伝えて・・・  家族の近況を伝えて・・・
ひとりでも多くの人に、アフリカゾウ家族のことを知ってもらおうと続けてきた。


e0272869_10185379.jpg

楽しい中に学びや気づきのあるイベントをと心がけてきた。
この子どもたちの心や体が育まれる過程で、いい影響を与えることができてたらいいなあと・・・

e0272869_10243815.jpg

子どもたちは
同じ地球に暮らす生きもののために
とべに暮らすゾウさん家族のために
優しい思いやりの気持ちで


e0272869_10211886.jpg

ゾウさんたちのために、自分たち自らが体を動かして竹を採って・・・

e0272869_10273382.jpg
この子たちの喜ぶ顔が見たいから
今日も竹の葉を運びます。

e0272869_10302556.jpg
e0272869_10310429.jpg
そして、地域のために・・・
そこに暮らすたくさんの生きもののために
竹林を整備していきます。

e0272869_10413434.jpg

おうなさんの原動力はこの子たちがそこにいてくれているから。。。
この子たち家族の幸せを願っています。


e0272869_10432950.jpg



[PR]
# by taketoriouna | 2017-10-24 09:10 | かぐや媛 | Comments(0)

ゾウ舎はハロウィン

埼玉の会員さんから
「カボチャを送ったから、椎名キーパーに伝えといてね!」って、メールもらって
ゾウさんたち、カボチャは食べないけどなあ。。。

おバカなおうなさん  ハロウィーン用のカボチャでしたがな(;^ω^)


こんなシール付きのカボチャを売ってるんですね。
「こっちじゃ、こんなに大きなカボチャは売ってないんよ。。」 椎名キーパーも嬉しそう(^^)

e0272869_10445254.jpg


ゾウさんたちの反応やいかに・・・

「おじちゃん 何持ってきたの? どれどれ、クンクン」
「おいちそうな匂いがする!」
「西瓜じゃないよ!南瓜だよ!」
e0272869_09241370.jpg


「ねえねえ 砥愛たんにちょーだい」
「砥愛ちゃんはオモチャにするからダメだよ」

さすが!リカさんはご飯じゃないことがわかっているねえ!

e0272869_09361286.jpg

「あーん♡ ちゅいかに色塗って絵描いてきたんでちょ。。。」
「ちゃうよ! ほんとに食いしん坊なんだから(;´・ω・)」

e0272869_09380845.jpg


「媛ねえちゃん!ダメ これは砥愛たんのだよ。」


e0272869_09432108.jpg

「喧嘩しないの! みんなで、お礼のポーズきめて写真撮るんだから。ハイ!いい顔(*^^)v」
「ありがとうごじゃいまちた~!」


e0272869_09462341.jpg


「あの子たちの鼻が届かないところに飾らんといかんわい。」

e0272869_10185690.jpg
「よっこらせっと」

e0272869_10214203.jpg
「どうじゃ~! ここなら安全」
「ムムム。。。あれが欲ちい」

e0272869_10223553.jpg

「鼻で吸い込んでみまちゅ。 ぐわわわわあーー」
「ビクとも動きまちぇんね(><)」


e0272869_10225186.jpg

[PR]
# by taketoriouna | 2017-10-16 21:47 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

こどもたちの心に響きますように

ー―― まど・みちお 『ぼくが ここに』から ー――
ああ このちきゅうの うえでは
こんなに だいじに  まもられているのだ
どんなものが どんなところに いるときにも
その「いること」こそが なににも まして すばらしいこと として


先日、宇和島の小学校の人権参観日に椎名キーパーと行ってきました。
なんと、今回は講演だけでなく、おうなさんは2年生の参観授業でゲストティーチャーとして10分お話することに。。。
テーマは自然を守る。 動植物に優しい心で接し、自然環境を大切にしようとする心情を育てるという授業


e0272869_21364360.jpg

そりゃ、おうなさんは愛媛県の環境マイスターだっせ(*^^)v 任しておくんなはれ!
と、言いたかったのですが、お教室での授業なんて、初めての経験💦
2年生ったら、どれくらいのお話ならわかるの? 
話がつまらなくてシーンとしらけムードになっちゃたら、その空気どしたらええん?

取り越し苦労でした💦
まあ、打てば響くとはまさにこのこと
楽しかった!

e0272869_21293398.jpg


2年生 凄いです。 いろんなことをよー知ってます。

動物園にいる動物のお話から、
人間も動物も同じ地球に暮らす仲間なのに、こんなに苦しんでいるんだよってことを知ってもらい、
自然環境を守るために、自分たちひとり一人に何ができるかなってことをみんなで考えてもらいました(*^^)


e0272869_21370727.jpg

心に響くお話ができたらいいなって思って、いろいろ小道具用意して、ひとり大汗しながら頑張りましたけど。
響いたかなあ???
これから先、ゾウやシロクマ、オランウータンを見た時、そういえばオバサンが必死で訴えていたなあって、思い出してくれるといいな。

人間を含め生きものの命に対する思いやりの気持ちが育まれたとき、人にも自然にも優しい行動がとれるように思うのです。
子どもたちから、家庭にそして地域社会に波及していくといいね!


まど・みちお さんが母校の徳山小学校の子どもたちへ送ったお手紙です。
おうなさんも同じことを子どもたちに伝えたいのです。

e0272869_10365269.jpg
e0272869_10370427.jpg

先生が見せてくれた、ゴミの山、皆伐された熱帯林、汚れた海の写真に
ひとりの女の子が 「自然を取り戻してあげたい」と言ってました(´;ω;`)ウッ…
みなさんが生きものへの思いやりの気持ちを持ち続けて大人になったとき、きっと地球は豊かな自然を取り戻していると信じています。


授業終わって、体育館に移動。 講演会だす。

e0272869_17330025.jpg
とべ動物園のアフリカゾウ家族の物語を知って・・・  みんなはどんなことを感じ、どんなことを思ったのでしょうか?

このゾウの家族にこれ以上悲しいことが起きませんように。 
そして、家族でいられることの幸せが、ずっと続きますように。  
愛の中で生きていって欲しい。
おうなさんは、そのことだけを願っています。 


e0272869_20382741.jpg
 
みなさんの思いや願いは力になるんです。 この子達家族の幸せを願って応援してくださいね。

担当の先生からお手紙が届きました。保護者の方からの感想も添えてくださいました。
・命のつながり、家族の大切さ、動物も人間もみな一緒だと改めて思いました。初めから涙をこらえるので必死でした。
・家に帰って子どもに感想を聞いてみました。
「砥夢くんが東京へ行ってしまったことが一番悲しかった。砥夢くんの気持ちになって考えて、泣きそうになった。」と言っていました。
親子で命について話をする良い機会になりました。

e0272869_20530581.jpg


かぐや媛の会員さんが送ってくれた写真です。小っちゃかった砥夢君もこんなに立派になりました(*^^)
砥夢くんも今、多くの方に愛され、飼育員さんたちに大事にされ、愛の中で生きていることでしょう。








[PR]
# by taketoriouna | 2017-10-10 21:40 | おうなの日記