「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

想像力を働かせて動物の気持ちを想像してみて!

6月はふたつの小学校から講演依頼をいただき、椎名キーパーとお話しに行ってきました。
「全てがかけがえのない命」~アフリカゾウ家族が教えてくれたこと~
参観日の後の全校集会でのお話でした。


e0272869_21413401.jpg


アフリカゾウ家族の物語から、命の大切さ、自然環境のこと、家族の絆、親子愛、人間と動物の絆など、色んなことを子どもたちに感じて欲しくて、
心に響くお話ができたら・・と、毎回おうなさんは気合を入れてむかうのですが・・・
いや~ やっぱり緊張し過ぎちゃって、パソコン操作でヘマばかり。。
老眼鏡ないと字が見えないし(-_-;)老眼鏡かけちゃうと子どもたちの顔がはっきり見えないし(^-^; あたふた。。。
椎名キーパーはいつも原稿もなくつらつらと・・・ 羨ましい~!


e0272869_21473290.jpg


椎名キーパーは子どもたちの憧れの的。媛ちゃんの命を救い守ってきた、そしてゾウさんたちと家族になっている飼育員さんだもんね~。
終わってから
椎名キーパーは子どもたちにハイタッチを求められ(^^)
おうなさんはというと、廊下ですれ違った女の子に「あっ!ゾウのおばさんだ!」  
子どもは正直ですから。。。「ゾウのお姉ちゃんだ」は無理か~  「かぐや媛さんだ~」って言われたかった(;^ω^)


e0272869_21460815.jpg

今回のふたつの小学校は親御さんたちも、大勢残ってくださり、ゾウさん家族の物語を聞いてくださいました。
e0272869_10425267.jpg

後で聞くと、涙してる先生やお母さんもいらっしゃったとか・・・
動物にも人間と同じように、命のつながりがあり、家族があり、
色んなことを想像して、また自分と重ねちゃったりしてしまうんですよね。。。おうなさんも、いつもそうです。

e0272869_10442489.jpg

さすがに1時間のお話は低学年の子どもにはきついだろうと、途中ゾウさん○×クイズを挟んだのですが・・・
やっぱり、一番盛り上がってましたね~(;^ω^)

e0272869_10514647.jpg


e0272869_12234863.jpg


動物も植物も何も言いません。「痛いよ~。寂しいよ~。お腹が空いたよ~。」何も言わない。
人間だけに神様が与えた想像力
想像力を働かせて、動物の気持ちを想像してみて!お友達の気持ちを想像してみて!そこから、相手を思いやる優しい気持ちが生まれてきます。
わたし達は色んな命に支えられ助けられて生きているってこと
自分以外の命のことも考えることのできる優しい思いやりを持った人になってくださいね~って!喋ってきました。


子どもたちに、感想をお願いしていたところ、こんなにもたくさんいただきました。
先生方、児童のみなさん、ありがとうございました。
おうなさんは、これを読むのが楽しみなんです。
子どもたちが何を感じ、何に気づいたのか。 そして、中には、わたしはこれからこうしたいって自分の思いを書いてくれてる子もいたりして・・・



e0272869_11073430.jpg
全ての命がかけがえのないものだものね~ 大切にしなきゃね(*^^)v


で、任務も果たし、ほっとしたんだけど・・
いや~ 秋のイベントまで、何するかな~? 
7月8月9月 目標が無い。なにか動かないと・・・
ちと、畑に草引きにでも行ってくるかってことで、先日ひとりで黙々と畑の草引きをしてきました。

e0272869_11182474.jpg

なじぇに、こんなに雑草は伸びるんじゃ~(><)
あっという間に、スイートコーンより背丈が伸びてるじゃないですか!


e0272869_11201653.jpg

サツマイモもヤバいっす!このままではまた雑草に侵略されてしまいます。
無心に草引きをしていたら、お向かいの畑で作業していたおじいちゃんが声をかけてくださいました。
ご夫婦で、いつも農作業に来られています。

「大変やろがね~」
「ホント、大変ですね。」
「雑草は生きて行くのに必死や!伸びるのも早い。」
「去年、草引きさぼったら、お芋さんの出来が悪かったから、今年は草引きを頑張ろうと思って(^^)」
「芋は太りとうても、雑草に負けて太れんけんな。芋はな~んも言うてくれん。人間が気づこうてやらんといけんのや。」
おじいちゃん、凄い!!! 
小学校で話したばかりのことだ(><)お芋さんの気持ちなんて考えてないじゃん!おうなさん。
こういう気持ちで作られた農作物は違うんだろうな~。
きっと命の力が強いんだろうな~。

e0272869_11391201.jpg

お芋は簡単。植えさえしたらお芋はできるんや!なんて、去年は偉そうにやってた自分がめちゃめちゃ恥ずかしい(><)
今年のお芋は命の力をいっぱい蓄えたサツマイモにするからね。 ゾウさんたち待っててね(*^^)v


2時間後、そろそろ帰ろうと身支度していると
「ちょっと待って!」遠くから、おばあちゃんの声が。。。
「幼稚園の子たちとお芋作って動物園のゾウさんにあげるんとな~。」

げげっ みなさん知ってるんだと・・・(;^ω^)
「これ、たくさんいただいたけん、持っておかえり」
と言って、すももを手渡してくれました。
「頑張ってくださいね~」って


e0272869_11464860.jpg

はじめて言葉を交わしたおじいちゃんやおばあちゃんにまで励ましてもらい、おうなさんはまたまた熱いものがこみ上げてきたのでした。
しんどい、大変なんて、弱音吐いとったらいかんね~。


[PR]
by taketoriouna | 2015-06-28 22:49 | かぐや媛 | Comments(1)

アフお父さんの日

父の日イベント
アフお父さんありがとう!  媛 砥夢 砥愛 リカ

e0272869_09294360.jpg
今年になって二回目のアフくんが主役のイベント
父の日プレゼントを持ってきてくれた人に、ゾウさん触れ合い体験です。
1週間前にイベント告知がされたのにもかかわらず、おうなさんがスイカを抱えて到着したころには、既に10組以上のお客さんがゾウ舎前で待機中。
スイカにメロンにバナナにリンゴにサツマイモ 大好物がたくさん届いていました💛


e0272869_09373927.jpg
椎名キーパー!よくネタが絶えないこと・・・
またまた新作のスイカのピンポンケーキが用意されてました(*^^)v
オレンジのはニンジンかな?かぼちゃかな?白っぽいのはジャガイモ? 緑色のはなにかしら?キュウイかな~???


e0272869_09392798.jpg
準備ができるまで、お部屋の中にいたアフくん
扉が開いて なに?なに?何事?お客さんがいっぱい集まってるし。。。
ケーキを見つけた瞬間、小走りになり、あっという間に完食です(*^^)v


e0272869_11140366.jpg

アフくんのこの嬉しそうな顔 

e0272869_11143969.jpg



アフくんにプレゼント持って集まってくれたお客さんたちは、お礼にアフくんと触れ合い体験。
「砥愛ちゃんは近くで見たことがあるけど、アフお父さんを間近に見るのは初めて!」
おうなさんに話しかけてきた小学生はアフくんの大きさに目をまん丸にしてましたね~

e0272869_11341387.jpg
e0272869_11190257.jpg



イベント終了後、椎名キーパーに
持って行ったスイカをアフくんに食べてもらっているところの写真を撮りたいんですぅ
ってお願いしたら・・・


e0272869_11412249.jpg
e0272869_11412951.jpg


e0272869_11491169.jpg



まあまあおっきなスイカだったんですよ!
アフ君は鼻でわしっと掴みお口の中に・・・ お汁がこぼれないようにじわっ~と砕きペロリン
お汁がこぼれないことに感動しちゃいました(;^ω^)

e0272869_11493330.jpg
「アフくんおいしいね~」
世間のお父さんたちも、父の日は家族からプレゼントをもらい、「ありがとう♡」って言ってもらったんかな~
お父さんたち!これからも頑張ってくださ~い。

e0272869_11505342.jpg

マストの時期のしんどそうなアフくんを知っているだけに、
嬉しそうなアフくんの笑顔が見れたことが、なにより良かった(^^)




[PR]
by taketoriouna | 2015-06-25 12:51 | アフリカゾウ家族 | Comments(1)

大好きなゾウさんの喜ぶ顔が見たいから・・・


昔、愛媛に動物園ができたころは、娯楽施設というものが少なかった時代。
絵本のなかでしか見ることのできなかった動物を目の前に見ることができる!そこには子どもが喜ぶ遊具もあり、子どもだけでなく大人にとっても待ち望んだ施設でありました。
当時は愛媛県民が家族で余暇を楽しむ施設で十分だったのだと思います。

それから、半世紀以上経過し、県民にとっては、動物園はあって当たり前になっちゃって。。。
また、動物園自体はレジャーや娯楽というよりももっと重要な役割を求められるようになりました。

色んなことが変わっても、変わってほしくないものもあります。
昔、ゾウのハナ子さんが病気と知って子どもたちはお金を集め始めました。
「どうか、ハナ子さんの病気がなおりますように。ハナ子さんに美味しいもの食べさせてあげてください。」
子どもたちの願いは届きませんでしたが・・・

動物を思いやる優しい気持ち、他の命のために何かしたいという優しい気持ち。
子どもたちのこんな気持ちを大切に。自分にも役に立てることがあるってことを、そして、役に立てた喜びを感じて欲しい。
そのような思いから始めたのが、サツマイモのプレゼント大作戦です。


e0272869_14173602.jpg
 



動物園には絶滅に瀕した動物が数多く暮らしています。
その動物たちが発するメッセージを私たちは知らん顔してちゃイカン!
地球環境の変化に応じて、いずれは生きられなくなる動物もいることでしょう。
しかし、環境破壊、乱獲、地球温暖化が絶滅のスピードを加速させていることは事実です。人間が動物たちから多くのものを奪ってきたことも事実です。
動物たちの命をいただき、命を奪ってきたんだから、何かの形で動物たちにお返しをしたいとずっと思っていました。

そんなおうなさんが、ゾウさん家族のお話聞いちゃったんだもん、じっとして黙っていられるわけないです。
3年経ってもなお、この家族のお話をしてると、目頭が熱くなり声を詰まらせてしまいます。


サツマイモのプレゼント大作戦は今年で3年目。 
大人も子どもも、このゾウさん家族のお話を知って、共感、賛同してくれています。


e0272869_14070530.jpg


「ゾウさんたちがいる限り、続けるんやろ?」と言って、仕事を休んで苗切り手伝ってくれるお友達たち。
今回新しく参加してくれた優しいおいちゃん
その夜「これからも、なんでも手伝いますから、声かけてください。」ってメールいただきました。
本当にありがたいことです。みなさん、ゾウさん家族のために、何かしたいと思ってくださっているんです。


先週1週間の間に16の保育所・幼稚園さんがサツマイモを植えつけてくださいました。
かぐや媛の畑でも約850本の苗を植え終わりました(*^^)v
子どもたちに
「秋にお芋ができたら、どうするの?」って聞いたら
「ゾウさんに食べてもらうの。」
って、みんな一生懸命植えていました。


e0272869_20245658.jpg
e0272869_21555596.jpg
e0272869_14210062.jpg

椎名キーパーはお休みの日に子どもたちの植え付けのお手伝いにきてくださいました。
「飼育員さん!ゾウさんは何が好きなんですか?」
「サツマイモだよ。」
「やった~!」
あ~良かった。スイカって言われたらどうしようって・・・(;^ω^)
そりゃ!椎名キーパーも心得ていらっしゃいます(*^^)v

e0272869_20184301.jpg
e0272869_20183419.jpg
みんな~! 次は、草引きに来てね~

e0272869_20250902.jpg
e0272869_21031227.jpg
秋にはお芋がいっぱい実りますように。。。
人間も動物も、その命の重みは同じです。
4歳5歳のこの子どもたちのとても素直な優しい心のまま大きくなっていって欲しいな~って思います。





[PR]
by taketoriouna | 2015-06-16 21:52 | かぐや媛 | Comments(0)

帰ってきたゲンちゃん

動物大好きなお友達がいます。 って言っても、彼女は14歳。
同じマンションの7階に住む「かぐや媛」の子どもスタッフ第1号
うちのマンションはペット不可なため、住人は鳴き声の出ない、隣近所に迷惑がかからない程度の家族を飼っている人が多いんです。
そんなことで、我が家にはカメのゴンちゃんはじめ、金魚にメダカなどお魚類諸々と一緒に暮らしております。
彼女のところには、ウサギのポトちゃんにカメのゲンちゃんとオリーブ、ハムスターなどなど。

e0272869_11402957.jpg


我が家のゴンちゃんがお部屋の中を自由に動き回っているのが羨ましくて羨ましくて・・・
数か月前にやっとママたちから許可をもらって、ベランダだけでは自由に放し飼いにしてよくなったんです。
ところが。。。
3週間前忽然と姿を消してしまったゲンちゃん(><)
お隣との境目はわずかに10cm四方の排水用のトンネルが開いてるだけ。。。
7階の5軒に聞いても、迷い込んでおらず。
考えられるとしたら、わずか4センチくらい空いたベランダの隙間から下に落下(-_-;)
夕方、我が家と家族総出で植込みや近所の水路、お向かいの畑など捜索。
7階から落下したら、さすがに固い甲羅のカメでも・・・ しかし、どこにもいないのです。

彼女の落ち込みようといったら・・ 
夜、一人で我が家にきた彼女に!
「落ちて死んでたら、もっと辛いじゃない。運よく生きて、どこか冒険に行ったんだよ。」
「うちのゴンちゃんだって、ある日突然部屋にいたんだもん、不思議なことはいっぱい起こるんよ。」

それから1週間後
入口エントランスにゲンちゃん発見との連絡が管理人さんから!
全身傷だらけになったゲンちゃんが帰ってきていたんです。

e0272869_20241715.jpg

マンション南側のベランダから落ちてですよ~ 見つかったのは北側エントランス
1週間もどこにいたのかしら・・・? よく車にひかれなかったこと。

病院に連れて行ってレントゲン撮ってもらって、獣医さんがら
「大丈夫!甲羅が割れてるところもふさがってきてるから。いや~!普通7階から落ちたら、さすがにカメでも死んじゃうよ。強運だよ!この子は。」と言われ、
彼女は今、ゲンちゃんのお世話を一生懸命しています。


e0272869_20260947.jpg

ウサギのポトちゃんが来てから、ゲンちゃんは少し寂しかったのかもしれませんね。
ママは「病院代が8000円もかかったんですよ~」と嘆いていましたが・・・

それにしても凄い! 動物の凄さをまた、見せてもらいました。

「管理人さんに発見されなかったら、きっとエレベーターの前で扉が開くの待っていたと思うよ。7階の住人と一緒にエレベーターに乗って帰ってきてたかもね(;^ω^)」
アホなおうながそう言うと、さすがに14歳の彼女は呆れてましたけど。。。


マンションのロビーにまた張り紙が。。。

e0272869_14042784.jpg

今度は小桜インコのサクラちゃんが行方不明になって帰ってこないんだとか・・・
「管理人さん、サクラちゃんはきっと帰ってきますよ。冒険し終わったら、お母さんのところに帰ってくるよ!」
さくらちゃ~ん! 帰って来て~





[PR]
by taketoriouna | 2015-06-15 12:16 | おうなの日記 | Comments(0)

砥愛ちゃん2歳のお誕生会 かぐや媛編

5月31日 日曜日  砥愛ちゃん💛2歳のお誕生会

「砥愛のために、大勢のお客さんがお祝いに来てくれてるよ!今日くらいは、女の子らしくしててね。」
「え~お姉ちゃん なんで~?」


e0272869_23521089.jpg
今日は砥愛ちゃんが主役
朝からお客さんがいっぱいで、いつも以上にアゲアゲの砥愛ちゃんです。
あらら~


e0272869_23543512.jpg
なにやってんだか・・・ あぶなっかしくて、見ていられません。。。


e0272869_23553118.jpg
ゾウ舎前のかぐや媛のテントでは、砥愛ちゃんへのお祝いメッセージを子どもたちが一生懸命書いてくれてました。

e0272869_00035789.jpg


恒例のケーキ作りに集まってくれた子たちも真剣。。。



e0272869_00052861.jpg

こんなんできましたけど。。。


e0272869_09203800.jpg


e0272869_09190210.jpg



「見つけた~! 砥愛ちゃんのケーキだ!」

e0272869_09261684.jpg


今回のかぐや媛の目玉イベントはバル―ン飛ばし💛
みなさんに楽しんでもらえたようで・・・。

e0272869_09315742.jpg

e0272869_09402579.jpg

「ハッピーバースデー砥愛ちゃん」の大合唱の後、みんなで一斉に大空へ。。。
砥愛ちゃん、いつまでも元気で愛らしくみんなのアイドルでいてね♡


e0272869_09450469.jpg

e0272869_09452224.jpg


e0272869_10215489.jpg

e0272869_10223325.jpg

かぐや媛はあなたたち家族の幸せを心から願い応援しています。


e0272869_09480488.jpg

ブログにコメントを入れてくださるみなさん、そして、いつも応援してくださっているみなさん、本当にありがとうございます。
かぐや媛のできることで、精一杯頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
e0272869_10223325.jpg


[PR]
by taketoriouna | 2015-06-09 11:33 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

砥愛ちゃん2歳のお誕生会

砥愛ちゃん2歳 お誕生日おめでとう♡

e0272869_17394776.jpg
健やかに育ってくれて、みんなを笑顔にしてくれて、ありがとう。

この日のために、北本キーパーは頑張りました(*^^)v
凄すぎる!かわいいケーキです。
なんか、作っているとどんどんアイディアが下りてきたらしいですよ!
前に、ゾウ使いにはゾウの神様がついているんだと聞いたことがあるんだけど・・・(^-^;  北本さ~ん

e0272869_17351997.jpg

全国から、たくさんプレゼントの品も届いて、豪華豪華(*^^)v
ゾウさんたちは、愛されてるんだな~と嬉しくなっちゃいましたね~

いよいよセレモニーのはじまりです。
園長さんも綺麗なお姉さんも、ゾウ班の飼育員さんたちも勢揃いです。

おうなさんなんて、まだ高級過ぎて、スイカを口にしていないのに・・・
こんなにもたくさん、ゾウさんたちの大好物のスイカが届いてました。

e0272869_17393079.jpg



「ぎょぎょ!おっきなスイカだ~」これだったら、さかなクン('◇')ゞ
「ゾッゾッ!おっきなツイカだ~」
「え~なになに?みんな何ちてるの?椎名のおじちゃんが喋ってる。砥愛たんもそっちにいきたいな~!」


e0272869_17461132.jpg


リカお母さんも、ほら!こんなに笑って嬉しそうですよ。
そりゃそうよね~。愛娘の2歳のお誕生会ですもんね~。


e0272869_17465950.jpg


子どもたちがプレゼントのケーキを食べる間、リカお母さんは、ちょっとの間我慢です。

e0272869_17592574.jpg

さあ!もういいよ~ みんなでケーキをもらおうね~

e0272869_18122115.jpg


e0272869_18132749.jpg

「お姉ちゃん!砥愛たんのお口の中のケーキまで食べないで~」
e0272869_18130908.jpg

姫路で行われた古賀賞の授賞式に行かれた椎名キーパー
表彰状持って、北本キーパー、山崎キーパーと記念撮影されていました。
あ~  なんかみなさん、いい顔していらっしゃいますね(^^)

e0272869_18160152.jpg

お誕生会終了後、プレゼントのスイカをもらって、ゾウさんたちは超嬉しそう
砥愛ちゃんに一番近いところにスイカを置いてもらって・・・
砥愛ちゃん、上手に食べれるかしらね~



e0272869_18194199.jpg


最近、大きいものは足で砕いて食べることを覚えた砥愛ちゃんでしたが、急いで食べないと無くなっちゃうよ!


e0272869_18213827.jpg


やっぱり、砥愛ちゃんのお口にはあまり入らなかったのかしら・・・
流石!椎名キーパーです。 砥愛ちゃんのお口の中にスイカを入れてあげていました(^^)

「おいしいね~」


e0272869_18225445.jpg


媛ちゃんは、スイカ丸ごとにチャレンジ!
でも、この後スイカを落っことしちゃったみたいです。リカお母さんに食べられちゃったかな???

e0272869_18235589.jpg

楽しいお誕生会でしたね~  
アフくんとリカさんも推定年齢30歳には、とべ動物園に来た日をお誕生日にして、お祝いしてあげたいな~
こんなに可愛い子どもを3頭もつくってくれたんだもんね♡

e0272869_12382212.jpg

多摩にいる砥夢くん

e0272869_12440583.jpg


[PR]
by taketoriouna | 2015-06-05 12:45 | アフリカゾウ家族 | Comments(1)

椎名キーパーにインタビュー (情報誌マルキーズ2015春号に掲載)

アフリカゾウファミリーの近況

ゾウ舎では、年中行事に合わせたイベントが色いろと開催されていますが、いつも、椎名キーパーの趣向を凝らした内容に感心するばかりです。
二月は節分、バレンタインデー、三月はお雛祭りが行われました。

e0272869_17063062.jpg

Qイベントではいつも色んな工夫をされて、来園者の方たちも大変喜ばれていますが、準備も大変なんじゃないですか?


e0272869_17095690.jpg

特に冬場は動物園からお客様の足が遠のいてしまいますから、少しでも楽しんで喜んでもらえるような企画を考えて、集客につながればいいかなと思っています。

自分はあのような企画を考えるのも、また小道具を作ることも、基本好きなんですよ。節分の恵方巻は良かったでしょ。
普通の巻きずしを食べさせるわけにもいかないですから、すし飯の代わりに何を使おうかと考えて、最終的にはバケットになりました。
リカさんも媛ちゃんもちゃんと西南西の方角向いて、恵方巻を食べていたでしょ



e0272869_17110089.jpg

Qバケットの中身も人参やさつま芋が入っていて、さすが椎名さんと思いましたし、また丸太の特大恵方巻のパフォーマンスもお客様たちに受けていましたね。 

そして、バレンタインデーイベントは今年初めての企画でしたよね。

 アフ君が注目してもらえるイベントが少ないですから、バレンタインデーなら、アフ君が主役になれると思って、今年は企画してみました。
どうしても、媛ちゃんや砥愛ちゃんが主役になることが多いですし、お客様の目も子どもたちにいきがちになりますから、
たまには、アフくんにも主役になってもらわないとね


e0272869_17280781.jpg

Q私たちも、アフくんのことをもっと気にかけてあげないといけませんね。
ただ、どうしても、子どもたちには動きがあって見ていて楽しいしそちらに目が向くんですよね。毎回成長している姿を見るのも楽しみですし。
砥愛ちゃんは、また、色んなことを覚えたようですね。

 ご飯の前の「待って」であるとか、「伏せ」は号令でできるようになりました。また、ご飯の食べ方も、リカさんや媛ちゃんを観察して
本人なりに工夫して食べているようです。草類は壁に鼻でコロコロ転がせておにぎり状態に丸めて食べてみたり、
大きな柑橘類は足で潰してから口に入れています。本当に、どの子よりも、器用で要領良く育っているなと感じますね。

ただ、テンションがすぐ上がってしまうところは相変わらずです。危なっかしくて、私が休みの時、若いキーパーたちは手がつけられなくなって、
早めの収容ってことになったりもしています。

e0272869_17322337.jpg

砥夢くんは聞き分けがいい子でしたし、媛ちゃんは叱られるとシュンとしていましたが、砥愛ちゃんはちょっと叱られたくらいでは動じませんから、
みんな、手を焼いているようです。でも、物覚えは一番いいですけどね。



Q本当に兄弟姉妹でも、全然性格が違うんですね。ところで、アフお父さんはマストも終わり凄く穏やかになりましたね。
遂に、家族四頭一緒のところを見ることができるのかしら?子どもたちは自分からお父さんに近づいていくんですか?

そして、そろそろ、次の赤ちゃんも考えていらっしゃると聞きましたが。ゾウの発情とペアリングについて、詳しく教えてください。

いやー、子どもたちは逃げますよ。普段は柵があるので、それ以上近づいてこないことがわかっていますから、
子どもたちも大胆になっていますが、柵が無い状態だと、子どもたちは怖がると思います。

子どもたちとアフくんの間にリカさんが入り、常に、子どもたちを守れる状態でいると思いますよ。


e0272869_17350832.jpg

ペアリングですが、ゾウの妊娠期間は二十二ヵ月ですから、出産の時期がこれから寒い冬に向かう頃よりも、
暖かくなる頃に合わせたほうが、生まれた赤ちゃんにとってはいいわけです。

また、今年度はゾウ舎放飼場の大きな工事も行われます。ゾウは人間が感じないような低周波を足裏で感じとります。
それが大きなストレスになったりするんです。
また、大きな振動は母体にとって良くないですから、そんなことも考慮に入れながら、ペアリングの時期を考えてやらなければなりません。

e0272869_17381792.jpg


発情については個体によって違います。流産、死産とかの場合では、ホルモンの分泌が一度リセットされますから、
比較的早い時期に発情は回帰して受胎もしやすくなりますが、
通常分娩で育児に携わると愛情や授乳などでホルモンが多く分泌され排卵・発情は一時的に止まるんです。

現在、リカさんはすでに発情が回帰しており次の赤ちゃんを授かる準備はできています。
個体差はありますが、リカさんの場合は今だいたい三か月ちょっとの周期で来ています。
また、発情の期間であっても、自分の身体の準備ができていなければ、リカさんはアフくんを受け入れませんから、
ペアリングさせたからといって必ずしも妊娠するとは限らないんですよ。

これから、リカさんの様子を見ながら、色んな事を考慮に入れながら、ペアリングをしていきたいと思っています。


e0272869_17393765.jpg


この度、アフリカゾウ繁殖と母子同居飼育が評価され、とべ動物園が日本動物園水族館協会で最も栄誉ある古賀賞の受賞が決定しました。

動物園は希少動物の命を守りつないで、未来の子どもたちに伝えていく責任があり、国内外の動物園が協力して繁殖に取り組んでいます。

古賀賞は、特に繁殖が難しく、世界的にも重要な生きものの繁殖に成功したり、種の維持に大切な、何世代にもわたり繁殖が続く
累代繁殖に功績があった動物園・水族館に贈られる賞なのです。

とべ動物園がアフリカゾウ種の保存の功績を讃えられこのような賞を受賞されたことは、応援している私たちも大変嬉しいことであり、
愛媛県人としてとても誇りに思います。椎名キーパー、これからもますますのご活躍をお祈りいたします。  




   





[PR]
by taketoriouna | 2015-06-03 18:14 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)