<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

竹とゾウさん

「かぐや姫」いないかな~
竹の中から金貨でも出て来ないかな~

最近、海底から1000年前の金貨が・・・ 魚介のシチューから真珠が・・・
な~んてニュースが流れていましたが。
70回以上も竹伐ってるんだから、神様ご褒美くれないもんかしらね~

竹取物語はかぐや媛の活動の3つの大きな柱のひとつ。
竹林整備で伐った竹は動物園のゾウさんのおやつになります。


e0272869_23281595.jpg

e0272869_23554144.jpg
いやいや ご褒美だなんて・・・
ただ、ゾウさんたちの喜ぶ顔が見たいから
地域の人が喜んでくれるから
ちっちゃなことでも動物園のお役に立てることが嬉しいから
という純粋な気持ちでございます。ハイ


e0272869_00092233.jpg


竹を運ぶ台車の音が聞こえると、まずはアフお父さんが近寄ってきてくれて・・・
鼻をいっぱいに上げて喜んでくれるんです。
朝採り新鮮な竹は美味しいのかな~ もうすぐ竹のおやつがもらえるから、待っててね!



e0272869_00154255.jpg


お母ちゃんたちも
竹を抱えた椎名キーパーの後を、親子でゾロゾロついてきます。


e0272869_12574890.jpg



さて、砥愛ちゃんは上手に「待って!」ができるかな???



e0272869_12583297.jpg




おっ! 鼻をピタッとおでこにくっつけて、できてる出来てる! 半月前より上手になってる! と思いきや
すばしこく竹を掴んで逃走(><)
椎名キーパーに制止され・・・ 「ちょいちょい フライングはダメだよ!」 



e0272869_12591014.jpg

砥愛ちゃん 定位置に戻ってみんなと一緒に ハイ ポーズ(*^^)v

大変よく出来ました~(^^)
とても賢い子ですよ。


e0272869_12594778.jpg



こうやって、目の前で美味しそうに食べてくれる姿が何よりのかぐや媛へのご褒美ですよね。

e0272869_12235596.jpg


砥愛ちゃんは、竹をゲットして、本当に嬉しそうだこと。。。(^^)


e0272869_12553453.jpg

e0272869_12555255.jpg


なんかこの顔がもうたまりません。
竹くわえてこんな瞳で見つめられたら
はいはい また新鮮な竹持ってきてあげるからね~ って、思っちゃうでしょ。


e0272869_13003795.jpg



[PR]
by taketoriouna | 2015-02-26 11:32 | 竹取物語 | Comments(0)

椎名キーパーにインタビュー (情報誌マルキーズ2015年新春号に掲載)

アフリカゾウ家族の近況

2014119日 媛ちゃんは八歳のお誕生日を無事に迎えることができました。
砥愛ちゃんは一歳半、ますます元気なやんちゃぶりを私たちに見せてくれています。これから、ゾウさんたちにとって、厳しい冬の訪れです。


●媛ちゃん八歳おめでとうございます。
毎年のことですが、やはり椎名さんは感慨深くその日を迎えられたんでしょうね。
身体だけを見ていると、成長著しい子どもたちですが、姉妹の日々の時間の過ごし方とか、また、姉妹の関係に変化は見られますか?
 ありがとうございます。やはり、みなさんにお祝いしてもらい、リカお母さんやスタッフの愛情をたくさんもらいながら、
媛ちゃんが無事にこの日を迎えられたことが何より嬉しいですね。

 

e0272869_10445770.jpg


 家族に大きな変化は見られないのですが、子どもたちはそれぞれのステージで内面的にも成長しながら、
また、動物園で生きていくルールや群れ社会のルールを学んでいっているところです。
媛ちゃんはまだ少し幼児性が抜けてないところがあります。ご飯がだされると、未だに砥愛ちゃんと奪い合いをしていますから、
まだまだ子どもなんでしょうね。

また、人工哺育の弊害というか、群れ(家族)から離れてひとりで過ごしていることが多いんです。
今は、人間から物理的にも精神的にも引き離す独り立ちをさせているところですが、家族の中で孤立してしまってはいけませんから、
その辺は、私たち飼育員が陰からサポートしてやらなくてはなりません。

 砥愛ちゃんはというと、あの子は根っからの野生児、危なっかしくて、私たちがいつもヒヤヒヤさせられています。
先日も、プールの中にいる媛お姉ちゃんの背中に前足をかけて登ろうとしていたんです。そうしたら、媛ちゃんが動いたもんだから、
バランスを崩してそのままプールの下に真っ逆さまですよ。ちょっと擦りむいたくらいで済みましたが、脚でも骨折したら大変ですからね。


e0272869_10470112.jpg

それから、放飼場とお部屋との仕切りのバーがあるんですが、お母さんとお姉ちゃんは外にいるのに、いつもバーを潜って、
自分だけ部屋の中に入ってくるんです。もう体が大きくなっていますから、背中を傷める可能性があるので、
やむなくバーの高さを上げたんです。アフお父さんの方にもひとりで行こうとしますしね。
砥夢くんが一歳半の頃は、いつもお母さんにべったりという感じで、そんなこと一度も無かったですからね。
今なんて、こんなに寒くなったのに、朝から水浴びをしています。(笑い)

本当に、砥愛ちゃんは逞しいというか怖いものしらずというか・・・そういう意味で手を焼いています。



●アフお父さんとリカお母さんはどんな様子ですか?

アフくんはもう少ししたら、マストの期間が終わります。
最近は、排水溝の蓋を開けることに夢中になっていますね。ご飯に樫の木を与えると枝だけを残して、それを使って排水溝の蓋にひっかけて持ち上げるんです。
開けて遊ぶだけでなく、中に溜まった野菜クズを食べようとしていますからね。なるべく、樫の枝はご飯に与えないようにしています。


e0272869_10483679.jpg

 

リカさんは穏やかで、子どもたちを愛情いっぱいで育んでいるという感じですかね。



 本当にそうですね。
私も、先日、感動したんですが。砥愛ちゃんが鼻をビュンビュン振っていたら、電柵に触ってしまったようなんです。
今まで聞いたことのないような叫び声をあげて奥に逃げ込んだ砥愛ちゃんに、リカお母さんが近づいていって、鼻で包み込むように撫でて落ち着かせていました。
「ビックリしたのね。大丈夫よ。」とでも言っていたんでしょうかねー。
それに、媛ちゃんまでも、砥愛ちゃんのところに行って背中を鼻で撫でていたんです。

動物の家族愛を見せてもらったという感じでした。


e0272869_10493725.jpg

●ところで、椎名さんに一度お聞きしたかったのですが。動物園の使命とか役割がいろいろありますが、椎名さん自身は、お仕事をするうえで何に重きを置いていらっしゃるのでしょうか? 
 動物の命に関わる仕事ですから、一番は動物のことを最優先に考えて仕事をしています。
私は現場サイドの人間ですから、飼育、調査、研究、繁殖が主な仕事になりますが、やはり繁殖に力を入れて行かなければならないと思っています。
種の保存のための繁殖に力を入れるためには、調査研究をしなければならないし、日本の動物園全体のためには、
調査研究の成果を対外的に報告、発表も必要になります。
また、当然、お客さんに対するものも求められますよね。

 限られた時間の中で、これらのことをこなしていく時間配分は個々の飼育員で違うと思いますが、
やはり、命に関わる仕事なので、そこをおろそかにしてはいけないということでしょうね。


e0272869_10512246.jpg


●椎名さんくらいのベテラン飼育員さんになると、後輩の指導も必要になってくるわけでしょう?
最近、若手飼育員さんたちとゾウさんのトレーニングの練習しているところをよく見かけるんですが。
 指導というより、彼らにまず必要なことはゾウとの信頼関係を築くことなんです。
なるべく、ゾウさんたちと一緒にいる時間を作るように若い子達には言っています。ご飯をあげたり、掃除をしたり、トレーニングをしたり、なんでもいいんです。
ただ、こちらから積極的にゾウに係っていく、そうすることによって信頼が生まれ、こちらの指示にも素直に従ってくれる
ゾウさんになっていくんです。

 リカさんは動物園で生きていくためのルールが身についているので、どの飼育員の指示にも従うことができますが、
媛ちゃんはまだ、人を見ていますし、砥愛ちゃんなんかはこれからです。
もっともっと、積極的に係ってゾウとの信頼関係を築いて欲しいと思っています。


e0272869_10533758.jpg

●それでは最後に、2015年、椎名さんはどのような方向でゾウさんたちに向き合っていかれるのですか?
ゾウさんたちも人間と同じように、兄弟姉妹でもそれぞれ性格が違いますし、成長のスピードも違います。
砥愛ちゃんは、この砥部では三頭目の子ゾウになるわけですが、これから、彼女がどのように成長していくのか、
リカさんもまた母親としてどのように子どもたちに接していくのかを傍から見守りたいですね。
そして、媛ちゃんは適齢期になりますから、早くいい伴侶を見つけてあげたいと思っています。

 

e0272869_10543026.jpg
 少し暖かくなってきたころに、親子四頭を一緒にしてみるつもりです。
また、みなさんに家族四頭一緒にいる姿を見てもらえたらいいかなと思っています。        (取材/文 山岡ヒロミ)



[PR]
by taketoriouna | 2015-02-22 11:21 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

動物園での年中行事 

つい先日、お正月だったように思うのに、節分も終わり、もう2月も中旬になりました。
1月行く2月逃げる3月去る うまく言ってますよね~
ほんとに、この時期はあれよあれよと日が過ぎていきます。
蝋梅の花ももう終わりですかね。梅の花、菜の花、桜 これから、いい季節に向かいます。

日本の年中行事に合わせて、動物園でも色んなイベントが行われています。
ゾウさんたちも、お客さんに喜んでもらえるよう頑張ってます。
でも、一番頑張っているのは、キーパーさんたち。
動物に負担をかけないように、ストレスを与えないように、そして、来園者に動物の愛らしさを知ってもらいながら
また、楽しんでいただけるように。。。



e0272869_14211096.jpg

先日の節分に続き、昔ながらの年中行事ではないけれど、一般の年中行事になったバレンタインデー♡
飼育員さんも考えますよね~(*^^)v
節分の恵方巻にも驚かされたけど、今回もミカンのゾウさん、リンゴの皮を1個1個切り取って、細かい演出(*^^)v


e0272869_13233690.jpg

だいたい媛ちゃんとか砥愛ちゃんが主役のイベントが多いけど、今回はアフお父さんが主役のイベントです。

アフお父さんにバレンタインのプレゼント(野菜や果物)を持ってきてくださった方に、触れ合い体験をさせていただきました。
おうなさんは前日に収穫した柑橘(はるか・せとか・伊予柑・ポンカン)持って行ってきましたよん。


e0272869_13240761.jpg

一般参加者も飾り付けのお手伝い。このミカンは伊予柑。先日、竹取りに参加してくださった方が寄付してくださったものです。

飼育員さんが作った果物と食パンのデコレーションに、参加したお父さんがしきりに感心していました。
「飼育員さんて、いろんなことができなきゃいけないんだねー。それにしても凄すぎる!」ってね。 


e0272869_13300865.jpg

砥愛たんは、美味しそうな食べ物を見つけ、こっちに来たくてしょうがない様子。
ダメだよ~ん! これはお父ちゃんへのプレゼントです。


e0272869_14182179.jpg

アフ君、幸せそうです。この表情、目がうっとり。
どうも、見ていたら、ゾウさんたちは柑橘が大好きみたい。並べられた伊予柑は一気に食べていましたね~。


e0272869_14210486.jpg

根強いアフ君ファンの方がいるんです。
おうなが知ってるだけでも二人の方が、ゾウさん家族の中でアフ君が一番好きなんだって・・・♡
当日に来れないファンの方からは、こんなに立派なリンゴが届いておりました(^^)



e0272869_14291512.jpg

当日、プレゼントもってきてくれたお客さんたちは約50人20家族くらいだったかな!
アフ君に人参とサツマイモを食べてもらいました。


e0272869_14311011.jpg

アフくん 良かったね(^0^) もっと、アフ君が主役になれるイベントがあったら良いのにね!
媛ちゃん砥愛ちゃんのお誕生会あるんだから、アフ君とリカさんがアフリカの孤児院からとべ動物園に来た日をお誕生日にして
お誕生会やってもらえたらいいのにね~!
あなたたちがいたから、こんなにカワイイ子どもたちに会えたんだからね!

余談ですが。。。 かぐや媛のお誕生日は10月1日です(*^^)v


e0272869_18194002.jpg

今年のバレンタインデーにも、ゾウさんファンの方から、おうなさんにチョコレートが届きました。
動物好きのおうなにはたまりましぇん(><) でも、かわい過ぎて食べられない。

e0272869_18410747.jpg

あと二週間もすれば、桃の節句「ひな祭り」
媛ちゃん砥愛ちゃんの健やかな成長を祝って、ゾウ舎ではイベントが行われます。
かぐや媛も何かでお祝いしなければ・・・と思っておりますが。
飼育員さんみたいな発想が湧かないんだよね~
さて、どうしますかね。

一年の節目として重んじられた五節供、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的があります。
3月3日は桃の節句です。中国では桃の木は悪魔を打ち払う神聖な木と考えられていたようです。
媛ちゃん砥愛ちゃんが、これからも健やかな女の子に成長してくれるよう桃の花は必需品ですね。
7月7日の七夕には、かぐや媛は笹を届けますかね。
いつも届けているのは竹か~(;^ω^)



[PR]
by taketoriouna | 2015-02-15 21:26 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

動物園のつどい

昨日の松山のお天気は昼前から大荒れ、寒かった~
ドキドキしてこの日を迎えました。
かぐや媛の活動3年目にして、初めて「動物園のつどい」というものに呼んでいただき、参加してきました。
石の上にも三年 活動を認めてもらえたのかな~と、ちと嬉しくもありました。
が、しか~し
お雛さんのように黙って座っていればいいというものでもなく、何か意見を言わねば・・・
愛媛県の担当者や動物園の偉い人たちの前で、何喋ろうかと数日前からドキドキものでした。
昨日は、緊張して朝から何回もトイレに行く始末(;^ω^)

月曜日ですから、動物園は休園日。 休園日に動物園行くことなんて、そうはないから。。。 それにしても寒い。
11時、始まりました~。
まずは、参加者の自己紹介ターイム。
立って自分のこと言うだけなのに、緊張して声が出ない(><)
こんなに小心者?だったかな~と思うくらい、震えておりました。


26年度の事業実施状況
入園者数もやっぱり12月1月は寒いから、減ってるなーと思いながら・・・
動物園てこんなにたくさんイベントやってたんだと驚き。

なにより、おうなさんの目に留まったところは
主なイベント紹介の冊子の最後に、主な死亡動物のところでした。
主な だから、もっと色んな動物が亡くなっていたんだろうな~。
チンパンジーのゴン、アメリカバイソンのロビン、トラのタイ、カリフォルニアアシカのチビが写真入りで出ていましたが。


e0272869_10455341.jpg

この中で、いなくなったことを知っていたのは、ロビンだけなんです。
ロビンおばあちゃんの前で、何度も足を止めたことがあったから・・・ロビンがお部屋から出て来れない時期も知ってたから・・・

でも、他の動物がいなくなったこと、いたことさえ知らないでいいのか!おうなさん。
こんな寂しいことってないですよね。
自分がいたこといなくなったこと、周りの人に気づいてもらえないなんて、自分だったら悲しすぎる(><)

動物の命も人間と同じように大切なんです。命の重みは同じなんですよって子どもたちに言ってるわたしは、非常に反省いたしました。
なかなか一般人が個体識別ができない多頭飼いでいる子たちは勘弁してもらうにしても、1頭とか2.3頭でいる子たちのことは、
知っといてあげないと、動物園サポーターとして失格ですよね。

と、あれこれ思っていたら、いよいよ意見交換の時間。
どーしよう。。。 「なにかありませんか?」
子どもじゃあるまいし、当てられないように下を向くわけにもいかず
動物園の偉い人と目が合っちゃって マイクが回ってきちゃいました。

今回、発見!!
どうも、マイクを握ると妙に落ち着くわたし。
次々と言葉が出て来て喋りすぎちゃいました。あちゃ~!
挙句に
「時間がありませんから、手短におねがいします。」と言われる始末。
どーもすいません。
また、喋りすぎちゃいました(^-^;
日頃から思っていた質問や提案をさせていただきました。
ありがとうございました。


会が終わってみたら、窓の外は吹雪(><) マジですか~!
せっかく動物園来たから、ゾウさん家族の写真を撮影させてもらおうと思っていたのに・・・
お昼の時間、飼育員さんたちの姿もなく、補修工事のおじさんたちの姿もなく、ゾウ舎の周りは人かげなく。。。
雪はますます酷くなり、手は真っ赤にかじかみ、ほんの数枚シャッターきって帰りました。


誰もいないから、大声でゾウさんに話しかけてきちゃった(*^^)v
「寒いね~ それにしても砥愛ちゃんは元気だね~」

e0272869_09371129.jpg

e0272869_10534883.jpg



雪なんてへっちゃらだよ~
相変わらず元気な子どもたち

e0272869_10542971.jpg



媛ちゃんは、おうなさんを見つけて寄ってきてくれて、ご挨拶してくれました。
「媛ちゃん!挨拶しにきてくれたんだ(^^)ありがとうね。」

e0272869_10562218.jpg


「おばちゃんは寒くてたまんないよ~。もう帰るね。また来るからね~。

砥愛ちゃんは彼女だけの秘密の出入り口を行ったり来たり。
去年は生まれたばかりで、お部屋にいることが多かったけど、今年は本格的な冬体験。  大丈夫ですか~?
つい2か月前まで、水浴びしてたくらいだから、寒さなんて平気なのかも(*^^)v
人間の子どもも、まあ薄着で走り回ってますからね。
おばさんは背中にカイロ、必需品です。

e0272869_10590615.jpg


[PR]
by taketoriouna | 2015-02-10 11:19 | おうなの日記 | Comments(0)

節分だよ~ん


明日は立春、季節の改まる前日を節分。もう暦の上では春なんですね~
で、立春の日は満月らしいので、今日、邪鬼を払って、身を清めてお願いごとしなきゃ。
「ゾウさんたちの健やかな成長とこの幸せな日々が、この先もずっとつづきますように。。。」



とべ動物園ゾウ舎では一足早く、1日の日曜日に節分イベントが開催されました。


e0272869_11305955.jpg


おうなさんは、この日他の予定が入ってて行けなかったんですが、お友達がちゃーんと画像を送ってくれましたので、半分は想像ですが、この時の様子をご報告です。

赤鬼さんと青鬼さんに扮したキーパーさん。
どうせなら、前身タイツとトラパン履いて欲しかったな~(;^ω^)


e0272869_11312742.jpg
e0272869_11313358.jpg
北本キーパーが手に持っているのは、丸太の恵方巻。
「ボクの出番まだですか~ 重いんですけど。。」
この恵方巻、よく見ると、巻きずしの海苔から中身まで本物みたいに描いてるんです。きっと、椎名キーパーが作ったんでしょうね。
この日、お客さんに撒いてもらう豆2.5キロ。情報によると、それも前日、おひとりで煎ったんだとか・・・
ホントに豆な方です(*^^)v
お節料理の黒豆をいっぱい食べたんかな~


e0272869_11412661.jpg


手に持っているのは、ゾウさんに実際に食べてもらう恵方巻。 すし飯の代わりにバケット、具材は人参とかサツマイモなのかしら?
ゾウさんたちも幸せですね。


e0272869_11471795.jpg

さあ! 北本キーパーが特大恵方巻を運んできましたよ。
みんな、西南西向いて上手に丸かぶりできるかしらね~(^^)


e0272869_11522808.jpg
さすが!リカさん  期待どおりのパフォーマンス


e0272869_11382154.jpg
e0272869_11530945.jpg

じょうずにできて、みなさんから拍手をもらったところで、本物ゾウさん恵方巻のご褒美をもらったようです。


e0272869_11592648.jpg

e0272869_12021583.jpg

砥愛ちゃんの分は無かったんかな~????
「砥愛たんも食べた~い」「ちょーらい」


e0272869_12005938.jpg

砥愛ちゃんは、運動場に撒かれた豆をひとつずつ拾ってたようで・・・
砥愛ちゃん!あんな小さな豆もお鼻でつかめるん? 


e0272869_12032594.jpg


お日様ポカポカだったこの日、ゾウさんたちはウトウトしはじめました。
砥愛ちゃんはウトウトどころか、完全に爆睡(^-^;
お疲れさまでした。


e0272869_12112763.jpg

ゾウ舎は、一足先に邪鬼が払われ、また今年も平和な一年になることでしょう(^^)
福もいっぱい呼び込んだから、楽しい嬉しいことが起こるに違いありませんな~。。。


おうなさんも邪鬼を払って願い事せにゃ~
「どうか絵本が・・・ どうか干し芋が・・・ どうか宝くじが・・・」
欲を出しちゃいけません。
無病息災を願うのみ(;^ω^)

[PR]
by taketoriouna | 2015-02-03 20:12 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)