<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おちいさいかたがたの頑張り


先日の竹取物語、30度を超える気温の中、おちいさいかたがたの頑張りで、約80キロの竹をゾウさんたちに持っていくことができました。

e0272869_09484531.jpg
参加人数25名。
子どもたちは、ゾウさんは竹が大好物だと知って、黙々と竹取りを頑張ってくれました。


e0272869_09544301.jpg
e0272869_09550240.jpg

束にまとめているおうなのところに、何度も「あと何本ですか?」と聞きにくる女の子。「20本お願いね。」「はーい」
夏休みの自由研究にするんだと参加してくれた女の子もいましたねー。
さすが、男の子は山に入って自分で竹を切り倒し、達成感で顔が輝いていました。

指導員のおじさんの差し入れのスイカを食べたら、竹持って動物園に出発です。

(長靴履いた子どもって、どうしてこんなにカワイイんだろ。。。)


e0272869_10085508.jpg


自分でとった竹をゾウさんが食べてくれる。子どもたちはとっても嬉しそう(^^)


e0272869_10092150.jpg
ヨイショ ヨイショ! パパと一緒に台車を押す子どもの笑顔がいいわ~

e0272869_10093668.jpg



ゾウさんの寝室を見せてもらい、椎名キーパーが外にいるアフお父さんを呼んだら、アフくんがのっしのっしとやって来てくれたのには、大人からも歓声が!


e0272869_10185555.jpg
e0272869_10165624.jpg


媛ちゃんや砥愛ちゃんにも竹を食べてもらい、子どもたちは大満足の様子


e0272869_10194314.jpg

椎名キーパーに質問  
「ゾウさんはどうしてお耳が大きいんですか?」
「それはね、○○ちゃんの声がよーく聞こえるようにだよ!」
ちゃうちゃう、それは赤ずきんちゃんのオオカミさんのフレーズ。お母さん方には大ウケしておりました。
椎名キーパーは楽しい人なんですね。ってお母さん方にもいつも好感度抜群です。
そのあと、ちゃ~んと子どもたちに耳が大きい理由を子どもが理解できるように気長く説明されておりました(*^^)v


e0272869_10272450.jpg


いつも、こうやって子ども目線に下りて膝をつかれて子どもにお話している椎名キーパーの姿に、おうなは感動するんです。


みんなで記念撮影のあとは、いよいよ私たちのご飯ターイム(^0^)
朝から身体動かして頑張ったから、お弁当の美味しいこと。

ひとりの女の子がおうなのところに来て「紙芝居はしないの?」
「するよ!するする(*^^)v じゃあ、みんな集まって~」というわけで、この日も動物園でゾウさん家族の紙芝居をしてきました。
この子どもたちの真剣なまなざし。  あなたたちは、このお話からどんなことを感じてくれたんでしょうか?


e0272869_10370138.jpg


この端っこの女の子が「ボクたちは家族」の絵本を大事そうに抱えて紙芝居をみてくれていたなんて・・・
この写真を見て初めて気づいたんです。
なんか、とっても嬉しい💛


で、おうなが紙芝居している後ろでは・・・
ゾウさんたちが冷やし象のシャワーをもらって、砥愛ちゃんなんて寝っ転がって大喜び。
ゾウ舎まえには人だかりができ歓声が上がっていたらしいですけど。
紙芝居に集中してたおうなさんは全然気づかなかったんですよね(;^ω^)

e0272869_10424671.jpg

[PR]
by taketoriouna | 2014-08-27 23:37 | 竹取物語 | Comments(0)

「アフリカゾウ家族を通じたいのちの教育」

愛媛大学農学部 31番講義室

「地域活性化論」学部2~3回生向け・「地域マネジメントスキル修得講座」の

合同開催となり、社会人と学部学生合わせて50人程度が聴講します。


お願いしたい内容

(1) 事例報告(60分程度)「アフリカゾウの家族を通じたいのちの教育」

※タイトルは仮題ですので、内容に応じてご自由にご変更・設定ください。

(2) 質疑・意見交換(30分程度)



愛大より講義依頼の文書が届きました。
小学生にお話するのとは、わけが違います。 うっ~!これから1か月でよーく内容を練らないと・・・
こころに響く記憶に残る、そして講座の趣旨に合ったお話ができるかな~。ちょっと心配


ゾウさんたち! おうなさんに何を皆さんに伝えて欲しい? 人間に何を訴えたい?
「あなたはゾウさんたちの代弁者にならなきゃ。」って言われたことがありますが・・・
ゾウさんたちの心が見えたらどんなにいいでしょう。


e0272869_00391315.jpg



命がわからない、他の痛みがわからない。
そんな悲しいニュースが後を絶ちません。
いつから、こんな日本人になってしまったんでしょうか。いえいえ、一握りの人だけでしょうが。
人を痛めつけ死に至らせても、何も感じない人間。

物言わぬ動物を虐待する人間、欲だけのために自分の憂さ晴らしのために動物を傷つける人間、情けなくて悔しくて・・・
物言わぬものたちは人間に対して言いたいことがいっぱいあるよね。



先日、とても悲しい記事を見ました。
盲導犬が絶対に吠えないように訓練されていることをいいことに虐待している人間がいるのです。
盲導犬の尻をフォークで刺したり、尾を故意に踏みつけたり、飼い主は目が不自由なため、気づかなかったらしいのです。
飼い主のかたはそれを知った時、どれほどお辛かったことでしょう。犬を傷つけると同時に、その方の心をフォークで突き刺したも同じことです。
人間のために、忠実に働いてくれている子によくそんな酷いことができる。
その盲導犬の体の痛み心の痛み、飼い主のかたの心の痛みを想像すると、名乗り出て詫びて欲しい、そう願うだけです。



人間が人間以外の命に、どれほど助けてもらいながら生きているのか支えられて生きているのか!

そのことを思うと感謝だけではなく、何かの形でお返しがしたい。

私はしなければ・・・ それが、アフリカゾウ家族の支援につながったのですが。


e0272869_00543082.jpg


このアフリカゾウ家族の物語は、きっと日本人のこころに響くと信じています。
だから、伝え続けなきゃ、喋り続けなきゃ!



e0272869_01153344.jpg


この子たちの幸せな日々を守ってあげたい。ゾウの涙は見たくない。
砥夢くんが旅立った数日後、リカさんの目から頬まで伸びた涙の跡を見たんです。
ゾウはよくこめかみから分泌物が出ているけれど、目から流れているのを見たのはあの時の一回だけ。
すぐに椎名キーパーを呼び止め質問しました。
「砥夢くんがいなくなって悲しくて泣いたんじゃないんですか?」椎名キーパーは否定されましたが、私はリカさんが泣いてたって。。。
いまでも、勝手にそう思い込んでるんですよ~(;^ω^)


私は動物園で働く人間ではありません。動物学を学ぶ人間でもありません。

ただ、ひとりの人間として
このアフリカゾウ家族の親が子を想い子は親を慕うこの姿を見ていたら
ささやかなこの幸せな時を守ってあげて欲しいだけなのです。



e0272869_01152132.jpg


[PR]
by taketoriouna | 2014-08-23 12:30 | おうなの日記 | Comments(0)

椎名キーパーにインタビュー

マルキーズ情報誌 2013年10月号に掲載された椎名キーパーへのインタビュー記事をご紹介しますね。

また、もうすぐ次回号のインタビューをする時期になりました。
『レッジェンド椎名』と言われている椎名キーパーに、毎回、何について突っ込んだ質問を投げかけようかと・・・
頭を絞っておりますが。
結構、みなさんが楽しみにしてくださっているので、毎回プレッシャー感じているんですよ~(><)




アフリカゾウ家族の近況

       ―― とべ動物園から ――



 今年6月1日に誕生した女の子は、砥部と愛媛から一文字ずつとって砥愛(とあ)と命名されました。
砥部の地からいっぱいの愛を私たちに発信してくれるようにと、思いが込められています。


e0272869_22430985.jpg
 


 7月末から一般公開が始まって、ゾウ舎の周りではあちらこちらから、「きゃー かわいい。」「ちっちゃーい。」という声が聞こえてきます。

 椎名キーパーに、最近の砥愛ちゃんの様子をお聞きしました。

 
砥愛ちゃんは生後3ヶ月を過ぎましたが、最近はどんな様子ですか?

 体重も既に170キロを越え、ますますおてんば振りを発揮しています。

砥夢くんのときは、媛ちゃんに比べると、やはり男の子だから活発でやんちゃなのかなと思っていましたが、性別はあまり関係がないようです。
人間が育てた子と母親が育てた子の違いでしょうね。
砥愛ちゃんは、お母さんに育てられたゾウの赤ちゃんなんだなーという感じで、砥夢くん以上に無邪気でやんちゃなおてんば娘です。

放飼場に出たばかりの頃は、お母さんの近くでチョロチョロするだけでしたが、今では行動範囲も広がって、放飼場を走り回っています。
雑草を抜いて食べてみたり、お母さんのご飯を口にしてみたり、また、ゴム製のプールがお気に入りで、
水の出るホースと格闘してみたりと、いろいろなことに興味津々です。


e0272869_22443372.png




◆ときどき、飼育員さんに後ろ蹴りをしていますよね。あの行動はゾウの習性なんですか?
蹴りを入れてそそくさと逃げる様子が、私たちにはとってもかわいく見えるのですが。

草食動物によく見られる行動なのですが、砥愛ちゃんの場合、単にじゃれて遊んでるんです。
スーっと近づいて来て、お尻を向け後ろ足で回し蹴りをして逃げる。ピンポンダッシュですよ。
それを、楽しんでる。

媛ちゃんも水を鼻に含んで飲む時、周りに人がいると、ちょっといたずらしようかなって目をする時があるんです。
動物の子どもも人間の子どもと同じようにいたずら好きなんです。


e0272869_22452371.png



 最近はテンションが高すぎて、危険なこともありますから、ときどき叱っています。
すると、叱られているのがわかるんです。シュンとなっていますからね。
お母さんに叱られ、キーパーに叱られ、少しずつ彼女の中で何が危険なことなのか、何がしてはいけないことなのか
理解していってくれているはずです。

皆さんにも、砥愛ちゃんが色んな意味で成長していく姿を見守っていってもらいたいですね。


◆最後に何か皆さんにお伝えしたいメッセージがあれば、お聞かせください。

放飼場で、お母さんと媛お姉ちゃんと砥愛ちゃん3頭で過ごす練習も始めました。

今、とべ動物園ではアフリカゾウが群れ・家族で生活しています。ゾウは群れで生活する動物です。
その群れは単純な個体の集まりではなく家族の集まりなのです。
これからもこのゾウ家族の姿を皆さんと一緒に見守っていけたらどんなに素晴らしい事でしょう。


                                    (取材・文 山岡ヒロミ)



e0272869_22460538.png

 



[PR]
by taketoriouna | 2014-08-20 23:42 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

家族の平和な一日

みなさんはお盆休みかしら・・・
一昨日、動物園事務所に用があって朝からお出かけ
昼前に終わったので、ちょっとゾウさんたち見てくるかな~ 今日は日焼け止め持ってきてないから、ホントにちょっとだけ・・・
のはずが、何時間炎天下にいたんだろ。
帰って、サンダル脱いだ足の甲はすっかり大きな縞模様になっておりやした(^-^;

カメラの充電が切れるまで写真撮ったから、お盆休み中、さらに癒されてくださいね。


媛ちゃんは最近とっても穏やかな幸せそうな表情のような気がするんですけれど。
砥夢くんがいなくなってから、ひとりポツンと寂しそうだったけど、お世話できる砥愛ちゃんが生まれ、砥愛ちゃんに慕われ、
この家族の中で自分の存在が認められた感じなのかな~ 居場所が見つけられたのかな~ 
お母さんに砥愛ちゃんのおもりを任せてもらい、砥愛ちゃんに必要とされている自分。
人間に育てられ、椎名キーパーに甘え依存してた媛ちゃんでしたが・・・ 
外見も中身も本物のゾウさんになったんかな~??? 


e0272869_23020409.jpg


ゾウさん家族の中で育っている砥愛ちゃんは、ゾウ同士のコミュニケーションの取り方も甘え方もとっても上手。
媛ちゃんはアフお父さんを怖がってなかなか近づこうとしませんでしたが、砥愛ちゃんはお父さんにもお鼻でスリスリ甘えてます。


e0272869_23070123.jpg

「おとうちゃ~ん、あくちゅしよ」

今までここにいたかと思うと、もうあっちに・・
「おねえちゃ~ん、砥愛ちゃんにも持たせてー」と走って行ったのかと思ったら、鼻先はバケツの中身に(;^ω^)


e0272869_23031079.jpg

飼育員さんに止められ、しぶしぶ移動
「砥愛ちゃん、お行儀悪いよ。」「だって、リンゴ食べたいんだもん。」


e0272869_23033351.jpg

「砥愛ちゃん!ダメだよ。ご飯の前には、こうやってみんなで『いただきます』するんだよ。」
砥愛ちゃん、トレーニング中。


e0272869_23035459.jpg

スイカはみんなの大好物。 砥愛ちゃんの口に入ったのは、媛ちゃんが食べこぼしたひとかけらだけでした。
しかたないね。 あとから、こっそり飼育員さんにもらってね(^^)


e0272869_23042151.jpg

今日も平和な時間が流れていました💛

e0272869_23044279.jpg
おっと。。。
アフお父さんも登場させてあげないと・・・
冷やし象で綺麗なお姉さんさんからホースのシャワーもらって幸せそう

e0272869_09580499.jpg

ひとしきりお外で遊んだあとは、自分だけのお気に入りの場所に(*^^)v

e0272869_22415832.jpg


[PR]
by taketoriouna | 2014-08-15 09:59 | アフリカゾウ家族 | Comments(2)

平日 午後3時の動物園

写真撮りたいなら、朝から動物園行けばいいのにね~。
なぜかいつもこの時間。
ゾウさんたちのお部屋収容まで30分。 走るぞ~ と頑張ってみたけど、10メートルで挫折(><)
直行するはずが、この子たちに見入ってしまいました。

カバさんも見てたら、ぽわ~んとするよねー。
ゾウさんの次に好きかも♡


e0272869_12112179.jpg
そして、凛としたサーバルキャット、かっこ良過ぎ、美しすぎます。


e0272869_12173466.jpg

e0272869_21343965.jpg


そして、ゾウさんたち。親子4頭、今日も家族団らん、いい感じです。
普段あまり動物園行けないみなさんのために、今日は一挙大公開!
e0272869_12221248.jpg


媛ちゃん、いつ見てもスタイルいいわ~。思春期のぽっちゃり張り裂けんばかりの太ももとかにはならないのかしらね~。
まあ!羨ましい。
おうなさんなんて、思春期は体重が今より12キロも多かったんだから(-_-;)
e0272869_12254342.jpg

リカママと砥愛ちゃん、親子で寄り添ってる姿って、ホントにいいですね~。

e0272869_12284200.jpg


e0272869_13014352.jpg


アフお父さんは時々不思議な行動を・・・
壁にず~っと鼻をべた~っとくっつけて気持ちよさそう。 この表情見てください。
ホントに何してんでしょうかねー?  壁が冷たくて気持ちいいのかしら。



e0272869_13012343.jpg


砥愛ちゃんは、しばらく見ない間に、ホースからの水のキャッチが上手になってました(*^^)v


e0272869_12282203.jpg


そして、相変わらず、いつ見てもカワイイ砥愛たん☺♡☻♡☻♡☻♡☺


e0272869_12283453.jpg


あ~(><)もうお部屋に帰る時間になっちゃった。  
みんな、わかっているんだよねー。この時間になったら、扉の前に集合。 ときどき、砥愛たんが遅れてきますが・・・(;^ω^)



e0272869_13014981.jpg



ひとりお外に取り残されたアフお父さん!  「早く、中に入れてよ~」

e0272869_13020265.jpg



おうなが、なぜにこんなにゾウさんたちの虜になっているかというと・・・
人間よりはるか昔から、この地球に生きてきて(亀のゴンちゃんの先祖も・・・)
その生き方を知れば知るほど、人智を超えたその能力を知れば知るほど、その魅力に取りつかれてしまうのです。

人間なんて、この地球では新参者、末っ子なのに、人間が好き勝手振舞って欲と主義主張ばかり強くて、困ったものですよね(><)

あなたたちの仲間の無残な死を想像したら、
ここにいるあなたたちは仲間の分まで幸せにならないとね・・と思うのですが。

私たち、動物園の外にいる人間ができることは何なんでしょうか?  県民の声? 浄財? 
動物園をバックアップするために要求できることは何? 
それとも、何もできなくて、毎日悶々とするしかないんですかねー。。。


この本を読んで、アフリカゾウの素晴らしさを再認識したおうなであります。
450ページ近くの長編で2600円もするから、図書館で借りちゃいましたが、やっぱり買おうかな~(^_^;)
みなさんも、読んでみて! アフリカゾウの知性、記憶力、能力、優しさに感動するよ♥
人間のせいで辛く悲しい思いをし、こころに深い傷をもつ野生のゾウたちと心を通わせていく著者アンソニーに勇気をもらえます。


e0272869_17205013.jpg



おうなさんも、ゾウ舎の柵ごしに、ささやき続けてみようかな~
実は、いつもリカさんやアフくんがこちらに近づいてきたら、話しかけているんです。
「リカさん、あなたの家族を守るための知恵と勇気と力を与えて!」ってね。。。




[PR]
by taketoriouna | 2014-08-11 22:32 | 動物園へ行こう | Comments(0)

ちょっと ひと休み

最近イライラしてたんですよねー。
暑さのせいもあるでしょうが・・・

お友達が 「気晴らしに、ランチにいきませんか。素敵なところがあるんです。」って誘ってくれました。
片道1時間半のドライブ。助手席で相変わらずお口が止まらないおうなさん。BGMに流れている福山雅治が聞こえないでしょ!
だって、黙っていると、色んなことが頭を駆け巡り、悶々としちゃうんだよねー。

でも、その曲が始まった途端に、急に静かになっちゃって!
今まさに聞きたかった曲。何度もリピートお願いしちゃいました。
『明日の☆SHOW』いい曲だにゃ~


e0272869_18173975.jpg


『だって心はもうわかっている 自分らしくってこと 素直に生きること
 
 ただそれだけで良いはずなのに それが一番難しい生き方 なんて無常・・・
 
 あした天気になれ ちょっと雨宿り 君の前で泣いてもいいかな ねぇ

 憧れ描いた夢はちょっと違うけれど この場所で戦うよ
 
 倒れたって 何度でも立ち上がれ 明日の☆SHOW

 あした天気になれ ちょっと雨宿り 君にだけはわかって欲しくて ねぇ』



友達:「この曲が出た時、ちょうど仕事が大変な時期で、歌詞を初めて聞いたとき、号泣したんです。」
おうな:「わたしも今一番聞いていたい曲なんよ。自分らしく自分の心に素直に生きたいのにねー。」
友達:「じゅうぶん生きてると思いますけど。。。」
おうな:「う~ん、確かに。生きてます。」「でも、私だって泣きたくなるときがあるんよ。」
友達:「ゾウさんのこと喋りながら、いつも泣いてると思いますけど・・・(^^)」
おうな:「う~ん、確かに。しょちゅう泣いてるわ(-_-;)」

と、相変わらず落ち狙いのわけのわからぬ会話をかわし。。。

思うがままあるがままってのは、まさしくおうなさんのことでありますなー。
思うがままあるがままならまだいいけど、ただのわがままって節がありますからねー。
身近にいる人が一番大変な思いしてるかも・・・(^-^; 


きゃー! 素敵なところじゃん。 いつの間にか到着してました。


e0272869_18572290.jpg


ちょっとセレブな気分になってレストランに向かうと、そこで待ってた20代後半の男性フロアーマンがにっこり。
ぬぬっ! 友達とただならぬ微笑みをかわし
「いらっしゃいませ。洋食と和食がございますが、今日はどちらになさいますか?」
「お庭が見える場所がいいから、ここで・・・洋食にします。」



e0272869_19141642.jpg


そして、おうなたちのテーブルに、支配人らしき人が来て
「いつもありがとうございます。」
友達に満面の笑みでご挨拶

え~!いつからそんな仲になったん? お得意様になったん?  ここが東京の一流ホテルなら、セレブやん!


おうなも一緒にセレブ気分に浸らせていただきました(^^)



e0272869_19164694.jpg

たまにはね~ お洒落して、こんな時間を過ごしてリフレッシュしないとねー。
最近のおうなさんは、汗と泥にまみれ、長靴が似合いすぎるくらい似合ってましたから・・・(-_-;)


3時間近くお喋りして、満腹になったにもかかわらず、こんな倉庫を利用したこ洒落たカフェにも寄って、じゅうぶん過ぎるほど充電してきました~。


e0272869_19305976.jpg



帰り道、迷える子羊に、いや迷える中年アナグマ??に有難い教えをいただきたくて、知り合いの住職さんを訪ねたけど、ご不在でした。
じゃんね~ん(><) 四国八十八か所 58番札所
今度、一日泊りがけで修行に来るかなー。来にゃならんかなー。ブツブツ言いながら、お寺をあとにしました。



e0272869_19252514.jpg
 

帰りも あした天気になれ~♬ と口ずさみながら。。。
心はスッキリ晴れ渡り(^^)v
元気になりたい人は、ぜひこの曲をYouTubeででも聴いてみてね。
ホントはブログに張り付けたかったんだけど、できましぇんでした(-_-;)

神様がおうなにくれた贈り物、長所は・・・
くよくよしてたことでも、すぐ忘れること。 立ち直りが早いこと。

明日から、心機一転 がんばんべ~


[PR]
by taketoriouna | 2014-08-05 23:52 | おうなの日記 | Comments(0)

あ~ 夏休み ♬

あ~夏休み♪ チョイト 泳ぎ疲れたら 動物園に来ませんか~

夏休み、子どもたちはどこに行ってるんでしょうかねー。
さすがに、35℃近くもある平日の真昼間に動物園を散策してる人はまばら。。。(><)
昔と違って、今の子どもたちは、夏休みこそ夏季集中の塾に通い、スイミングなどのお稽古事に大忙しみたいです。
おうなさんの子どもの頃なんて、7月中に宿題は全部やり終えて、8月は毎日が遊び、野に山に海に自転車でどこでも行っておりましたが。


e0272869_21572615.jpg


数年前におうなの大好きな堤真一主演の「ALWEYS 三丁目の夕日」って映画があったけど、あの頃がな~んか良かったな~と思うのは、私だけでしょうか?

おうなが生まれる10年前の昭和28年。
愛媛には娯楽施設もなく、テレビもまだ一般家庭には普及しておらず、絵本の中でしか知らない動物の姿に想像を膨らませていたころ。
愛媛の子どもたちのために動物園をつくりたい。
   (いったい誰が言いだしっぺなのでしょう? ちょっと知りたいところではありますが・・・)
その強い思いから、多くの大人たちや、また子どもたちも一緒になって協力し、道後動物園開園に至ったというエピソードがあります。
当時の動物園は見世物小屋的要素の濃いものでしたが、夏休みともなれば、きっと愛媛県の至るところから親子連れが動物園に行ってたんでしょうね~。
動物園は地域の財産、みんなの宝だったんです。あのころは・・・


でも、今では、おうちに居ながらにして、迫力ある動物の映像はいくらでも見れるし、動物の生態だってパソコンがあれば、なんだって教えてくれるし。
娯楽レジャーの質が変わり多様化し、現代人はエアコンが効いて、なんでも欲求を満たしてくれる商業施設とかにいっちゃうんかなー?

あまりにも人がいない動物園でちょっと寂しい気分になっちゃいました。


e0272869_21581868.jpg
時代は変わり、人の欲求も変わりました。
ただ、今でも変わらないのは、そこに動物たちは私たち人間のためにいてくれ、熱く焼けたコンクリートに囲まれた中で、お客さんを待ってくれているってこと。


e0272869_21585503.jpg

せめて、暮らしやすい環境にしてあげたいですよねー。
昭和28年の頃のようにならないものかしらね~。
動物たちが地域の財産、地域の宝として、県民みんなが思ってくれ支えてくれるといいなーって思うのですが(^^)v


砥愛ちゃんだけは、室内へのバーをくぐり、ちゃっかり涼しい思いをしておりました(;^ω^)
「おねえちゃ~ん、こっちは涼しいよ!」
媛ちゃん!直射日光は暑いよね(><) 日傘を貸してあげたいくらい。
ゾウさんはおうなが思うほど、暑くないのかしら・・・?
せめて、木陰があればな~と思うのですが・・・


e0272869_22134564.jpg

冷えたスイカでももらって、涼をとってくださいね。
飼育員さんも、ゾウさんたちが心地よくいられるよう、いろいろ工夫していらっしゃいます。
かつ、お客さんを楽しませることも!

思わず吹き出してしまいました。
冷やし中華ならぬ、冷やし甘酒ならぬ、ひやしうどんならぬ、冷やし象で~す。


e0272869_22410344.jpg


ホースのシャワー! 水浴びです。 アフくん、気持ち良さそう(^0^)
午前と午後やってるみたいですよ。
 

e0272869_22271300.jpg



[PR]
by taketoriouna | 2014-08-03 22:41 | おうなの日記 | Comments(2)