<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

慣れない文書作り(><)

慣れないパソコン(おうなのノートパソコンはXPだったために、先日買い替え)に、
慣れない文書作り、ていうか、行政機関に提出するような書類とか真面目な文章書くことは向いてないんです。
この3週間、いろんな文書の提出期限に追い立てられ、もう、やめた~い逃げ出した~いって何度思ったことか・・・

とりあえず、ひと区切りついたので、やっとブログ書いてます。
みなさん、ご無沙汰して申し訳ありません。
動物園にゆっくり家族写真を撮影にいく時間もなく、ゾウさんたちのいい写真もないんです。楽しみにしてくださっている方、ごめんなさい。

マルキーズの原稿、サツマイモ大作戦2014案内文、動物園に提出のイベント企画書、県に提出する書類、研究発表用要旨作成、補助金申請書作成がやっと一昨日終わりました。
補助金申請書なんて、申込期限が4月28日消印有効だったんです。なんと出来上がったのが、28日22:30ですよ。
それから中央郵便局の夜間窓口で 「28日の消印ですよねー。」
なんでこういつもギリギリになっちゃうんでしょうかねー(-_-;)
いろいろとアドバイスくれてたうちの旦那さんが「よく頑張ったね。」と言ってくれた時にゃー、泣きそうになりました。
さらにこれから、難題が残されてはいるのですが、とりあえずひと段落 終わったーヽ(^。^)ノ


ブログお休みしていた2週間のご報告だけさせてもらいます。

サツマイモ植える畑の準備もせにゃならず。。。  
マルチかけまでは無事完了。 一気にやったから、足は痛いし腰は痛いし、もう大変でした。
はばたき授産園の理事長さんが手伝ってくださらなかったら、一日でなんてできるはずもなく・・・
ありがとうございました。


e0272869_15091790.jpg



そして、動物園には3月31日までに集まったゾウさんファミリー基金をお届けに。


e0272869_15145030.jpg


計9箇所に設置した募金箱に寄付してくださった方々、直接口座に振り込んでくださった方々、そして、みどり小学校の生徒のみなさん
本当にありがとうございました。
昨年と今年で30万円近いお金を動物園に収めることができましたヽ(^。^)ノ
多くのかたの愛がいっぱい詰まったお金です。
アフリカゾウ家族のことを知って、おひとりお一人が、何かしたいしてあげたいという優しい思いやりのこもったお金です。
あと、何年か貯めて、まとまったお金になったら、ゾウさんたちのために使ってもらうことになっています。


で、27日は久しぶりの竹取物語。
写真の使用許可を一部の参加者の方にもらうの忘れちゃったから、お顔がはっきりと映ってない写真でご報告です。




e0272869_15494194.jpg

e0272869_15500512.jpg


e0272869_15502640.jpg

e0272869_15504609.jpg

おうなさんの、こんな2週間でした。
あっ!そうだ、18日には役員ランチミーティングをして、かぐや媛の今後の活動内容、また方向性の確認。
おうなの思いは語り尽くしたけど。。。
みなさん、子どもが小さかったり、お仕事持ってたり、親の介護問題抱えていたり、旦那さんが転勤族だったりと、
かぐや媛の活動スタッフとして、無理させるわけにもいかないし、できることで、できるときに手伝ってくれたらいいからって言ったけど。
「おうなさん一人でやらせるわけにはいかないし、一人ではできないでしょ。」と、まさにその通りです。
結局、私が無理させてるんですよね。
私は頑張ってる自分が好きで、辛いといいながらもやってることが、見ている周りの人を「手伝ってあげなきゃ!」
という気持ちにさせてしまってるんだよね(><)
そして、みんな無理を押して手伝ってくれている。 
ちょっと、落ち着いたら、リーダーとしてよく考えなきゃいけない。。。 反省した一日でした。


GW中のイベント準備をこれからしなきゃいけません。
家族の写真展、見に来てください。 ほんとに素敵な写真が集まりました(*^^)v


e0272869_16223088.jpg




[PR]
by taketoriouna | 2014-04-30 16:27 | おうなの日記 | Comments(0)

動物さんたちとお話できたらな~!

今日は、とべ動物園のいろんな子たちをご紹介しますよん。
いろんな子たちに話しかけてみると・・・  まるっきり無視の子もいれば、近寄ってきてくれる子も、いろいろです。
動物とお話できたらいいのにねー。 できてるつもりになってるおうながいますが(^-^;

私たちのために、こんな狭いところに入れられているんだもんね。
ごはんはもらえるけど、幸せなのかな~  みんなは人間のことどう思っているんだろうね~

「みなさん!なにかご不満な点はないですか?」

まずは、とべ動物園の顔ともいえる『しろくまピース』
先日、体調崩していたみたいだから、心配してたけど・・ 元気そうで安心しました。
「ピースこっち向いて!元気になった?大丈夫?」って言ったら、反応してくれたの。無茶苦茶嬉しい(^0^)

e0272869_23080473.jpg

コツメカワウソの〇〇ちゃん。   残念ながら、個体識別できましぇ~ん(><)
『ちょっと!じゃましないでよ。』といいながらも、カメラ目線


e0272869_23105734.jpg


「トラさ~ん!どうですか?ここの暮らしは?」 
『あんた!だれ?』と言わんばかりに、眼を飛ばされました(^~^)


e0272869_23125443.jpg
呼ぶと、とりあえずは、こっち見てくれるんだよね。


「ライオンさん かっこいいよ~」
でも、ここ子だけは完全無視  さすがだね!百獣の王と言われるだけは、威厳たっぷり。な~んも気にしないって感じ。


e0272869_23160491.jpg


さすが、ゾウさんたちは、おうなのこと覚えているんじゃないの?

「アフく~ん」
げげっ! アフくんが近づいてきて、いきなりこんなポーズ(;^ω^)
なんか、いつものキミじゃないみたい 
「おちゃめなアフくん!いつも優しい目をしてるよね。砥夢くんも元気で暮らしてるから、安心してね。」

e0272869_23482843.jpg




媛ちゃんはおうなを見つけると。。。 いつものご挨拶
「媛ちゃん こんにちわ。今日はお天気いいから、気持ちいいねー。」


e0272869_23501750.jpg


「砥愛ちゃんはどこかな~?」


『ここだよ!ここ。バー』
砥愛ちゃんは、今日も可愛過ぎでちゅー。 
おててかあんよかわからないけど、なんちゅうポーズ(^0^)


e0272869_23590889.jpg



きゃー!! ついでにうちのゴンちゃんは冬眠から覚めました~。  
「おはよう ゴンちゃん」
この日から、毎晩おうなの枕の下に頭を突っ込んで寝ています(^-^;
「ゴンちゃんは家族なんだもんね。」


e0272869_00151068.jpg


[PR]
by taketoriouna | 2014-04-15 21:19 | おうなの日記 | Comments(0)

かぐや媛にもいいこといっぱい

先日、整備している竹林の境界を確認するために、山の所有者さんに現場までご足労願いました。
「タケノコ掘ってお帰り」
「おばちゃん!まだ、どこにも出ていないよ。」
「ほら! そこにも! あそこにも!」
おばちゃんの指さす方向を見たら、2センチほど頭をのぞかせたタケノコが・・・
何に感動したかって、そんなタケノコを見つけるおばちゃん、凄すぎます。
「おばちゃん、こんなのを掘り出すん?」
田舎育ちのくせに、まだ土の中深いタケノコを掘るんだなんて、おうなさんは全く知りませんでした。
「何言よんぜー!タケノコはこんなのを掘って食べんと硬かろげー!」 ←伊予弁

子どもたちに掘らせてあげたら喜ぶだろうなー。。。   でも、かなり大変(-_-;)


e0272869_19545320.jpg
「初物食べるときは、東向いて笑え言うてなー。」「おばちゃん、いつもそうしよるん?」「そんなことせんわい」
(-_-;)(;^ω^) こんな会話をしながら・・・
「私ら昔の人間は、花粉症なんて、ちーともならへんやろ。こうやって、自然の恵みをその時その時にちゃーんと
食べてきたけんよ。ふきのとうの苦味、イタンポの酸い味、土筆に独活に蕨、身体にええにきまっとる。」
「はよタケノコ持って帰って、上手にあく抜きしてお食べな~」
土の中にあったタケノコは本当に柔らかくて、おいしゅうございました(*^^)v



佐川印刷さんが絵本のコマーシャル動画を作ってくださって、YouTubeにアップしてますが・・・
この動画も最初の一回はサービスなんだって! 太っ腹


e0272869_20091155.jpg

そして、なにより嬉しいことは・・・
アサヒグループホールディングスさんより、10万円の活動支援金をいただきました。
「ビール一杯分の社会貢献を」ということで、社員有志が一口200円からの寄付で集まったお金です。
本当にありがとうございました。 社員のみなさん!ありがとうございました。

e0272869_00230317.jpg


アサヒビールの工場見学させてもらったんですけど。
凄すぎ!感動いたしました。 できたてビールはおいしゅうございました。 

この工場で一日に作られる缶ビールはなんと120万本。四国全域に出荷されるそうですが、マジですか~ってくらい凄い量。
1秒間に何本できるかは忘れちゃったけど、回る回転盤の上で、缶にビールが注入され空気を抜いて蓋がされ、
次の部屋は箱詰にされた缶ビールがベルトの上をどんどん流れていきます。
うちの子どもスタッフなんて、その場から動かないんだもん。楽しかったよねー(^o^)

素晴らしいのは廃棄物をいっさい出さないこと。すべての資源を再利用、有効活用。ペットボトルで作った制服だし(*_*)
企業さんの社会貢献、環境への配慮、素晴らしいですね。

ビール造りにはおいしい水が欠かせないということで、名水百選に選ばれた水の都西条のお水を使っています。
できたてのうまさ、「鮮度」にこだわった「うまい!」ビール
これからの季節、野良仕事を終えた後のビールはたまりませんです。

アサヒビールさん
大切に使わせていただきます。 本当にありがとうございました。




[PR]
by taketoriouna | 2014-04-14 01:10 | おうなの日記 | Comments(0)

アフリカゾウの涙

5日㈯のBS1で放送のあった「アフリカゾウ密猟最前線」ご覧になられましたか?
このままでは、野生アフリカゾウは10年後にはいなくなると・・・
牙を取られた無残な姿を直視できませんでした。
貧しさ故に象牙の密猟に手を染めてしまう人間、豊かであるがゆえに贅沢品の象牙を買う人間。
日本でまだあんなに象牙が消費されているのには驚きました。


e0272869_22451121.jpg

アフリカでゾウの保護活動に参加している日本人女性の獣医さんは凄い人ですね。
自分もいつ銃撃戦で命を落とすことになるかもしれないというのに・・・
日本での象牙の消費が密猟のひきがねになっていることを知って、日本人として何か役に立ちたいと思ったのがきっかけだったと・・・



e0272869_22453190.jpg


私ができることは・・・
とべ動物園に1歳でやってきたアフリカゾウのアフとリカが、アフリカのゾウの孤児院からきた子だと知ったとき、
せめてこの子たちには幸せになって欲しいと思ったんです。
人間のせいで親を失い家族を失ったこの子たちが、やっと砥部の地で家族を持てたのです。
この家族の幸せを笑顔を守ってあげたいと心の底からそう思ったんです。
でも、私のできることなんて、たかが知れています(><)


人間よりはるか昔からこの地球に生き続け命をつないできたゾウを、人間の強欲による乱獲によって、絶滅させていいわけがない。
その獣医さんが言ってました。たった13.5キロの象牙のために5トンもあるゾウが無残に殺されていると・・・

高度に発達した知能と、人間より優れた記憶力を持つアフリカゾウ。
子ゾウが何頭もいる幸せな家族の群れを機関銃を持った人間が襲い、象牙だけをあのような形で奪っていくのを見た子ゾウがひとり生き残ったとしたら・・・
アフくんやリカさんが、もし、そんな目にあっていたとしたら・・・
あ~あ~  またまた高度に発達した想像力を持つおうなさんは、もう涙が止まりません。


e0272869_22445117.jpg

もう、これ以上、何の罪もないアフリカゾウたちを殺すのは止めて! 日本人は贅沢品として象牙を買うことは止めて!
とべ動物園のアフリカゾウ家族の向こうにあるメッセージを感じとって欲しいっていうか、伝えていかなきゃ!
動物園がそういう場所になって欲しい。


e0272869_23373189.jpg

ドキュメンタリーWAVE 「アフリカゾウ密猟最前線」の再放送が9日水曜日17:00から、NHK BS1であります。


[PR]
by taketoriouna | 2014-04-08 00:13 | おうなの日記 | Comments(1)

意味のある偶然の一致

20年以上お世話になっている方から、絵本を20冊届けて欲しいって言われ、お届けしてきました。
知り合いへのプレゼントに使うからねって!

今日は群馬と広島からお客様が来られているから、ふたりにもゾウの絵本を紹介したらいいよ!
そして、何故こんなこと始めたのか、そのいきさつを詳しく聞きたいわ!って。。。


おうなより二つ年上のその彼女は、実はいろいろなことに私を導いてくれた人。
ガイヤシンフォニーの上映会に誘ってくれたのも、その人なんです。


e0272869_09152219.jpg

お付き合いで行ったガイヤシンフォニー、アフリカゾウの孤児院の映像に初めから終わりまで、ズルズルに大泣きしていた私。
彼女は「そういえば、そんな映画見たわねー。」と、ほとんど覚えていなかったんです。

おうなは、小学校のときのゾウさんの募金活動から始まって、人生のある時期ある時にゾウとの出会いがあり、点と点が繋がって線となり、
かぐや媛のtaketoriounaになってるわけですから・・・ 不思議ですよね。


昭和49年9月17日の新聞記事
子どもたちが自ら始めた募金活動によって、道後動物園にゾウさんがやってきたのです。
11歳のおうなも一生懸命募金活動をして、愛媛県南予地方の小学校から、この命名式に児童会として参加していました。
なんか取材されて、テレビにも写ったらしいんですけど・・・  何喋ったんだろうねー(ーー;)

「40年後もゾウさんたちのために募金活動頑張ります!」とか、言ってたら笑えるんですけどね。。。

ゾウさんは、いつの時代も子どもたちの夢であり、子どもたちが大好きな動物なんですよね。


e0272869_09233568.jpg


人生のなかで、ご縁のある人って必ずいるんです。
いつもいつも会っている人じゃないのに、人生のターニングポイントで重要な巡り合わせをくれる人。


そんなわけで、不思議なゾウとの出会いから、いろいろ話しをさせてもらってきました。
アフとリカの悲しい生い立ち、人工哺育になった媛ちゃん、砥夢くんや砥愛ちゃんのこと、ゾウがいかに賢い動物なのかということ、
みなさん、目を真っ赤にされて話を聞いてくださり、感動してくださいました。

もし、情報誌マルキーズの取材がなかったら・・・ 
もし、あの時偶然テレビを点けディープピープルという番組を見なかったら・・・
アフリカの孤児院から来たゾウと聞いたとき、20年近くまえのガイヤシンフォニーを見ていなかったら・・・
まだまだ、不思議な巡り合わせ、意味のある偶然の一致がいっぱいあって、ゾウさんたちのために頑張れてるおうなの話まで


これが、ふとした偶然をきっかけに閃き幸運を掴み取るセレンディピティだといいんだけどな~(^_^;)


e0272869_10104649.jpg


この子たちの笑顔を守らないかんでしょ!

最後に凄い偶然の一致が・・・
その彼女は5年前に道後のあたりに土地を買って家を新築されたんですけど、その土地はもともとは、とべ動物園の園長さんをされていた方が住んでいらしたところだとか(^_^;)





[PR]
by taketoriouna | 2014-04-04 10:55 | おうなの日記 | Comments(0)