「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

命の重み尊さ 共生の道

動物園に2年半通ってみて、おうなの抱いた疑問はどんどん膨らみ矛盾を感じ、これからの動物園はこうなって欲しいいう願いを込めた研究論文を書いたのですが・・・。
研究論文を書くにあたって、1000人以上の利用者の動物園に対する意識調査を行ったわけですが。
みなさんが、真剣に考え、真剣にお答えいただいているのには、私のほうが驚きでした。

この調査結果を他の動物園が行った調査と比較もしてみたいな~なんて思っています。


e0272869_18273478.jpg

おうななんて、街角でアンケート、色んな場でアンケートに答えたとしても、その他ご意見ご感想欄に書き込むことなんて、
特別に興味があったり、どうしても物申したいってことでもなければ、絶対書く事ないんだもん。
それが、みなさんは、動物園のことを真剣に考え、動物園がより良くなるためのアイディアを出され、
そして、とべ動物園が大好きだって書いて、動物園への感謝の気持ちまで伺えるコメントを残されてる人もいたりして・・・
ありがたいな~

お客様あっての動物園なんですから。。。



今日の愛媛新聞に愛媛県立動物愛護センターの野良猫対策の記事が載っていた。
うちのマンションの掲示板にも、「野良猫にエサを与えないでください。地域の方が困っています。」
との張り紙がしてある。
1年前に愛護センターに取材にいき、始めて知った事実。
単なる一時の思いやりのつもりのエサやりから、結局はすみかを与えることになり、繁殖そして子猫の殺処分へとつながることを知ったのだった。
収容されたら9割は殺処分。 2012年度の猫の収容数は4374匹。

「原因は無責任な人間にあり、これまで4万匹の猫の命を奪ってきた重みを改めて認識し、人と動物が共生できる社会づくりの機運を醸成することも求められている。」と新聞記事は締めくくっている。

これは、私が取材したときに、首輪を置いといてもらうようお願いして、2週間余りで首輪をつけた犬や猫がどれくらい処分されたのか記事に書くために撮った写真です。

e0272869_18512936.jpg

迷い犬もいるけれど、飼い主が連れてきた犬や猫です。 これを見たとき、どんなことを感じますか?


やっぱり、動物にも人間と同じ尊い命があること、感情があること、家族の営みがあることを言い続けていきたいと思います。
未来を担う子どもたちに、命の重みを知り命のつながりを知り、他の命を思いやる優しい大人になってもらいたい。

子どもたちが大好きな動物園のゾウさんのお話を通して、いろんなことを感じたり気づいたりして欲しい。
また大人にも、こんなアフリカゾウの家族がいることを知って欲しい。そして、思いを寄せて欲しい。
そんな思いから、写真パネルを作ったり、絵本を制作したんですが・・・

同級生であり絵本を作ってくれた佐川印刷の社長からよく言われるの。
「作ったことに満足してたらいかんやろ。多くの人に手にとって読んでもらわんと・・・」
きゃー(≧∇≦*)
全くその通りでございます。

ブログを読んでくださっている皆さん!
絵本の売上の一部はゾウさん基金にも当てています。

手に取って読んでみてください。 そして共感、感動することがあれば、お友達にも紹介していただきたいのです。






よろしくお願いしますm(__)m



[PR]
by taketoriouna | 2014-03-30 20:25 | おうなの日記 | Comments(4)

人間の家族にもそれぞれドラマがあるように、アフリカゾウ家族にもドラマが・・・

アフお父さんリカお母さんの悲しい生い立ち。   やっと生まれた媛ちゃんを育てることができなかったリカお母さん。
お母さんのオッパイが恋しくて柱の金具をチュウチュウ吸っていた媛ちゃん。
リカさんの代わりにお母さんになることを決めた飼育員。  
家族がひとつになるために生まれてきた砥夢くん。
その役割を終えた砥夢くんにさらなる使命が・・・   ひとり旅立つ砥夢くんの試練。
沈んだ家族を元気づけた砥愛ちゃんの誕生。

この地球上で人間と同じくらい発達した脳を持つと言われているゾウ。
感情豊かなゾウ。 家族を大切にするゾウ。 


よくさー、映画の予告とかポスターに「運命に翻弄された・・・」ってあるけど。
とべ動物園のアフリカゾウ家族のドラマは、まさしくコレだと思うんですよ。



今は離れて暮らしているから、なかなかご紹介できない砥夢くんのことを少し書きたいと思います。

「どんなに離れていても、ボクたちは家族。つながっているんだよね。」
                     ――― ボクたちは家族Ⅱ ―ー―

e0272869_22585989.jpg

砥夢くんはお母さんの匂い温もりを忘れないように・・・
別れの日の直前まで、お母さんのオッパイを吸ってました。  オッパイは出てないと思うんだけど。
リカお母さんも、砥夢くんのしたいようにさせてるような気がして・・・ 
アフお父さんは、砥夢くんをとっても優しい目で見て、鼻を絡ませていました。

この家族は砥夢がいなくなることをわかっているんじゃないか!と思ったくらいです。






砥夢くんは、きっと強くて逞しいゾウさんになりますね( ´▽`)

媛お姉ちゃんと砥夢くんはいつも一緒。
喧嘩してもお姉ちゃんにいじめられても、砥夢くんはいつもお姉ちゃんの後ろにくっついて、お姉ちゃんのことが大好きみたいでした。

e0272869_23570621.jpg
 

媛ちゃんにとっても、砥夢くんの存在はとても大きなものだったように思います。
人間に育てられた媛ちゃんは、お父さんにもお母さんにも甘えることができなくて・・・
血のつながった家族なのに、いつもひとりポツンと・・・
飼育員さんに依存する媛ちゃん。飼育員さんの姿が見えないと不安から常同行動を起こす媛ちゃん。
「媛ちゃん、強くならなきゃね。」

砥夢くんが生まれたことでリカお母さんとの距離がだんだんと縮まり、砥夢くんと一緒に遊びながらゾウの社会性を学んでいった媛ちゃん。
砥夢くんとの別れは、媛ちゃんにとっても辛かっただろうな~と思うのです。


やんちゃで無邪気に走り回っていた砥夢くんがいなくなったゾウ舎は、活気がなくなってしまいました。
そこに明るい光を与えてくれた出来事が、砥愛ちゃんの誕生です。






明るく無邪気な砥愛ちゃんが、また、家族を強い絆で結びつけました。



この家族を見守り支える飼育員さんの葛藤と苦悩、人間と動物の種を超えた絆、ゾウの家族になろうと決めた飼育員さん。
砥夢くんの成長を近くで見届けたかっただろうな~

e0272869_23555435.jpg
 

それにしても、リカお母さんは立派なゾウのお母さんになりましたねー。
砥愛ちゃんの子育て、飼育員さんも安心して見ていられるようです。

リカお母さんが媛ちゃんに対しては、きつく当たる姿を度々目にしていました。
人工哺育で育った媛ちゃんは、やはり砥夢くんや砥愛ちゃんとは違うのだろうか? 継母的いじめか~(><) 
「リカさん、実の子なんだから、媛ちゃんにも優しくしてあげて!」何度思ったことか・・・

椎名キーパーに質問したら・・・
「いじめているように見えるかもしれませんが、躾なんです。媛ちゃんや砥夢くんが小さい時には、ご飯があれば、率先して子どもに食べさせていました。
もう7歳になった媛ちゃんのことは、子ゾウではなく対等な立場として見ているんです。ゾウ社会のなかで、誰が目上なのかということを、ゾウ社会の上下関係を教えているんです。」

自然界で生きていくための野生動物の躾は凄い\(^o^)/
いつまでも子どもとして甘やかすのではなく、突き放して生き抜くための知恵や群れ社会のルールを教える。
リカママすごいね! 1歳の頃から動物園で暮らしていても、あなたのDNAの中に刻まれた野生アフリカゾウの本能。



媛ちゃんはみんなとの距離がだんだん縮まって・・・
家族になろうよ♫ 

 
e0272869_00355868.jpg
e0272869_00471217.jpg

この家族の物語は、まだ始まったばっかり。



福山さん! ホットスポット   
絶滅危惧種の地域外保全、日本国内でも命をつないでいくために、運命に翻弄されながらも強く、そして家族の絆を、人間との絆を強く持ち続けているアフリカゾウの家族がいるんです。
この家族に会いに来て~。。。
  









 
[PR]
by taketoriouna | 2014-03-27 10:59 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

燃え尽き症候群に陥りそうだな~

燃え尽き症候群とは・・・ 意欲に燃えていた人が、心的エネルギーを過度に要求され続け、燃え尽きてしまう症候群。極度の心身の疲労と感情の枯渇に陥る人が多いんだって。
ちょっと、研究論文頑張りすぎました(><) 絵本続編も発売になったら、気が抜けちゃって・・・
2週間くらいはこの症候群に陥ってみようかなーと思ってます( ´▽`)

e0272869_19340169.jpg


いや~! マジで、これからどのような動きをするか・・・ 閃が来ない。 昨年と同じことだけやっててもなー。
このままでは、この家族を守ってあげることができないんだもんね(;_;)

 時間がないことは、わかっておりますぅ(><)


e0272869_19350033.jpg


どーしたらいいん???   何したらいいん???

椎名キーパーから、絵本に頂いたコメント
「この家族の物語はまだまだ始まったばかりです。
・・・・この家族の将来を案じ守れるのはみなさんの心・愛情なのです。・・・」


e0272869_19352511.jpg

心・愛情だけは、たっぷりありますが。。。  
見えない心・愛情をどうやって見える形にしていくかが、かぐや媛に課せられた使命なのですよ。
今この段階で燃え尽きるわけにはいきませんから、2週間だけ(^_^;)  

この家族の物語はこれから・・・

e0272869_19355510.jpg

家族はいっしょがいいよね・・・ 


e0272869_19373905.jpg
e0272869_19380906.jpg


みんな飼育員さんのことが好きだし・・・


もがきながら頑張っているのはおうなだけじゃない。 昨日は愛媛県南予方面へ、絵本の宣伝に行ってました。
燃え尽き症候群、気力が湧かない、お休みとか言ってても、結局動いているのですが・・・
この二人の頑張ってる姿に、いつもパワーをもらって帰るんです。
「おうちごはん あすも」にも絵本置いてもらって帰りました。


e0272869_19383105.jpg



ひとりでも多くのひとたちに、とべ動物園にいるアフリカゾウの家族のこと知ってもらいたいんだよねー。
愛媛県民にまだまだ知られていないんです。絵本読んで欲しい~!

県民のみなさ~ん! 
動物園に暮らす動物たちは愛媛県の所有なんですよ。と、いうことは、県民の貴重な財産なんですよ。
みんなで愛情かけて見守り応援してくださ~い。


[PR]
by taketoriouna | 2014-03-23 23:00 | おうなの日記 | Comments(0)

1年の愛大社会人講座を無事終了いたしました\(^^@)/

ちょうど、昨年の今頃、願書を滑り込みで提出して、この講座で何がしたいかのプレゼンと面接を受けて、4月に開講した講座も、
この3月15日16日の研究発表会を最後に、無事に終了いたしました。
この一年の講座で、かけがえのないものを得ることができました(_ _)
ありがとうございました。


e0272869_18261696.jpg


面接では、農業・林業・漁業と何も関係のない動物園のアフリカゾウ家族の話をしたおうなさん。
大学の教授の前で話するなんて・・・ 緊張のあまり何喋ったかも覚えていないけど。
終わった後、廊下ですれ違った教授が、「ええ話やったな~。感動したな~。」って言ってくださったことだけは覚えています。
M先生!お世話になりました。この1年いっぱい助けていただきました。
サツマイモの苗を探している時も、苗を切りに津島町に行く時も、
「ゾウの山岡さんが・・・ みなさん、時間がある方は手伝ってあげてください。」って他の受講生に声かけてくださいました。
もうひとりの面接官だったK先生は、動物園をテーマにしたことに、とっても興味を持って下さいました。
研究論文、アンケート調査内容も細々とアドバイスしてくださり、本当に感謝しております。

中間研究発表では、なんと「ボクたちは家族」の紙芝居をしたおうな。幼稚園・小学生向けに作った紙芝居を大学で読むことになるなんて・・・(^_^;)
発表終わったあとには、T先生が「とべ動物園のゾウたちをめぐって、こんなにいい話があるんだね。これは大学生にも聞かせるべきですね。」って言ってくださり、どんなに嬉しかったか・・・

そのうち、同期のみんなは、おうなのことを「ゾウさん!」と呼ぶようになり。。。(ーー;)
動物園のこと、ゾウさんのことに必死になっているおうなのことを、ホントに励まし助けていただきました。
みなさん、本当にありがとうございました。

15・16日二日間に分けて、それぞれが研究成果の発表、おうなの順番は16日の午後。
15日には道後で終了祝賀会(#^.^#) 明日発表だというのに・・・はじけすぎ!

おー!沈む夕日が綺麗。 いざ、会場へ


e0272869_18323637.jpg
 

帰ってから、翌日の発表準備しなきゃいけないのに(><) 
みんな、学生のノリでした。


e0272869_18353200.jpg
e0272869_18363931.jpg

祝賀会終了後、道後の街へ二次会に・・・
で、行ったお店に   このオレンジのTシャツの彼、誰だかわかりますかー?

e0272869_18425003.jpg


むっちゃ歌うまいし。。。 当然か(^_^;)
で、またこの後3次会に流れた人も。 さすがに発表を明日に控えたおうなは帰りましたけど。

30ページ以上もある研究論文を、たったの15分で説明するなんて、至難の技。
ただでさえ、脱線しゃべり過ぎるおうなさんですから、やはり、時間内にみなさんにお伝えすることができなかったよー(><) 
パワフルさだけが伝わった研究発表になりましたが・・・ まあ、しゃーないね。


e0272869_18513374.jpg

全ての発表が終了し、3時からは修了式が執り行われました。
な、なんと、愛大農学部長から直接修了証書いただいたんです。 感激したなー。


e0272869_18544908.jpg

見てください。みなさん達成感いっぱいのこの笑顔です。


e0272869_18564525.jpg

本当に行って良かった。
講座も面白かったけど、なにより、みなさんと出会いつながることができたことに感謝いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。
来年度の集まり(ほとんどが飲み会)の幹事にゾウさんが指名されました(><) 大丈夫かなー。。。

今後、この研究論文をどう活かしていくか・・・
アンケート調査結果は、何かの役にたてていただけるよう動物園にお渡しするつもりです。

[PR]
by taketoriouna | 2014-03-20 17:14 | おうなの日記 | Comments(0)

先日、ふたつの小学校の子どもたちに会ってきました(*^^)v

ひとつは全校生徒11名の日土東小学校の子どもたち。
愛大の同期生から「ゾウの紙芝居しに八幡浜まで来てくれる?」って聞かれたから「行くよ行くよ!任せて」
何の集まりかも聞かず・・・ 平日の午前中に子どもがいるのかなー??? なんて思いながら、ナビに住所入力。
八幡浜市っても山の中じゃー(><) その上どしゃ降りの雨の中迷っちゃって、30分も遅れて到着。

みんな割烹着着て何やっとん?


e0272869_22562699.jpg
毎年恒例の卒業生を送るお別れ手作りピザパーティの日だったんです。
おうなの同期生、二宮のおいちゃんは石窯作りの名人。
みんなで手作りしたピザを石窯で焼いて、みんなで一緒に食べながら6年生を送るみたいです。


e0272869_23113374.jpg
今年卒業する6年生は3人、高学年の子たちが低学年の子たちに教えながら。。。
なんか、いいですねー(*゚▽゚*) 小さい学校ならではの光景に、おうなはほっこりさせてもらいました。
でも、この学校はこの3月で閉校になるんだって!
最後のお別れパーティです(;_;)


ビザの仕込みが終わったら、おうなおばちゃんの出番です。 
みんなはとべ動物園に行ったことはあるのかなー???
アフリカゾウ家族の紙芝居がみんなの心に響いてくれると嬉しいのだけど。

e0272869_23203497.jpg


e0272869_23315753.jpg


密猟のこと、人間が牙をとるために殺してきたゾウたちのこと、今は家族を持てて幸せになったことやいい人間に会えて良かったなど、11人それぞれが感じたことを発表してくれました。
「この紙芝居の続きが知りたいから、絵本を買います。」って言ってくれた6年生。 最近のこどもはしっかりしてますねー。

お話し会が終わった頃には、いい匂いが・・・(#^.^#)
おいちゃんの手作り石窯! いいね( ・∀・)



e0272869_23361881.jpg

ピザは絶品でしたよ。
6年生は送られる方なのに、小さい子たちのお世話に動き回ってました。お姉ちゃんたちすごいね!
e0272869_23461813.jpg

地域にこんなお世話好きのおいちゃんが居たら、いいなー。
地域の子供たちを、みんなで見守り育む。 子どもたちもいい思い出ができたんだと思います。

おいちゃんの奥様から、卒業生へのプレゼント。 素敵です。
e0272869_23542051.jpg


久しぶりに、あったかい人たちに、私が癒されました(^∇^)
でも、こんなに山の中なんです。 帰りは迷わずに帰れるかしら・・・(ーー;)


そして、もうひとつは、松山のみどり小学校の生徒に会いに行ってきました。
昨年11月に「命輝かせて」講演会に行った小学校。
ボランティア委員会ってのがあって、1月2月はアフリカゾウ家族のための募金活動をしたんですって。。。
ゾウさん家族のために募金しようと子どもたちが言い始めて、ゾウさんたちのための募金をしてくれたらしいのです。


e0272869_00301599.jpg

アフリカゾウ家族の話を聞いて、自分たちにできることはないかって考えて、そしてお金を集めてくれたんだよね。
子どもたちは、その柔軟な心で感じ思いそして行動に移したんです。 
感じ思うことはできても、なかなか行動を起こせない人のほうが多いのに、みんなはすごいね。

アフリカゾウ家族のために大切に使わせてもらいます。
おうなからもお礼にゾウさんのポストカードをプレゼントしてきました。

みなさん 本当にありがとうございました(#^.^#)
子どもたちの優しさに触れることができて、いい2日間でした





[PR]
by taketoriouna | 2014-03-18 21:38 | かぐや媛 | Comments(0)

ブログが・・・ 

先週も忙しすぎて、ブログが・・・
愛媛県を襲った真夜中の地震のあと、みなさんがゾウさんたちのこと心配してくださっていたのに。
お知らせできなくて、ホントにごめんなさい。

次の日のゾウさんたち、みんな元気にしてましたよー。
でも、地震でゆれてる最中はあたふたしていたらしいですけど。
ちょっと、揺れが長く続いたもんね。 おうなさんなんか、お風呂に入ってて、遂に来た~???東南海地震???はだかであたふたしていました(ーー;)

ゾウさんたち大丈夫かなー? 心配で恐る恐るゾウ舎に行くと、いつもと一緒の姿にひと安心(#^.^#)



さすが!末っ子砥愛ちゃんは、アフお父さんに甘えるのも上手です。
砥夢くんもこんな風にお父さんに甘えていたなー。。。なんて、思い出しちゃいました。
 
今日3月17日は砥夢くんのお誕生日だ。5歳になるんだね!砥夢くん  お誕生日おめでとう(*゚▽゚*)

媛ちゃんはというと、お父さんにビビって近づかなかったんだよね。
ゾウさんに育てられた子と、人間に育てられた子の違いなのかなー???

e0272869_23442999.jpg

e0272869_23450548.jpg

よく、人間の赤ちゃんがつかまり立ちしてるけど・・・(^_^;)
生後9ヶ月の赤ちゃんとはいえ、既に体重は300キロ近い砥愛ちゃん。
この姿はどう見ても人間とゾウさんじゃないよね(><)

e0272869_00033505.jpg



ゾウさんたちの写真もそこそこに、おうなは家族の看板補修に必死です。

e0272869_00143031.jpg
e0272869_00155978.jpg

e0272869_00223632.jpg



看板補修もやっとできました。 みなさん、長い間、見苦しい看板のままで、ごめんなさい(><)


[PR]
by taketoriouna | 2014-03-17 00:43 | アフリカゾウ家族 | Comments(2)

お疲れさまです。ホントに疲れました(;_;)

日曜日は竹林整備後、動物園に竹搬入。
この時期は竹の葉っぱが黄色くなっちゃって、ゾウさんのおやつ調達するのは結構大変なんです。
おいちゃんとおばちゃんは、朝から凍えながら(最初だけ)、頑張って(途中まで・・・あとはだらだらと)きましたよー。


e0272869_20243913.jpg

竹取りも2年以上やってると手馴れたもので、ひと束15キロ以上ある竹の枝を紐でギュギュッと縛り、担ぎ上げて軽トラックに載せちゃうんですから、おばちゃんも大したものです。
11時過ぎには動物園向けて出発。

みんな待ちかねていたように、凄い勢いで食べてくれるんですよね。


e0272869_20314980.jpg

リカママなんて、竹をわしっと掴んで、そそくさと向こう側で食べてるし、竹争奪戦って感じ。
ほらほら、みんなで仲良く分けあって食べないと・・・
青草はこんなに仲良く並んで食べてるのにねー。 

e0272869_20393773.jpg

ぬぬっ! もしかして、かぐや媛さんの持ってくる新鮮な竹の味が、お主らわかっとるなー(*゚▽゚*)

砥愛ちゃんは、上手に葉っぱだけ食べてくれてるし、頑張った甲斐があるってもんです。


e0272869_20412823.jpg

で、おうなたちは畑に直行です。  じゃがいも植えなきゃ!
2週間前に動物園の堆肥を入れて土作りは出来てたから、畝を作って、メークインとシンシアときたあかり3種類のじゃが芋植えてきたよ。


e0272869_20461445.jpg
去年、スイカ植えてたところだから、藁がいっぱいだけど、問題ないよね? 
やっぱさー、ホント知らないことばかりなんですよね。
去年は傷がついたのとか小さいサツマイモを捨てるのはもったいないから、干し芋作ったんだけど、なーんか売ってるのと違うんだよね(T ^ T) 
そしたらさー!お芋の種類が違ってたり切り方が違ってたり、失敗ばかり。
今年は干し芋のプロになろうと思ってまーす。

それにしても、この堆肥袋、無茶苦茶可愛いでしょ。 
聞いて(@_@;) これは椎名キーパーがささっと書いたイラストなんだって!
じぇじぇじぇ   ここだけの話、どう見てもアーティストって感じじゃないんだけどなー。。。(^_^;)
堆肥袋にするのは、もったいないって感じでしょ!

e0272869_20591614.jpg

今回はやっと出来たブロッコリーを収穫して大満足でした。


e0272869_21014071.jpg

そして、今日やっと研究論文できあがりー\(^^@)/
午後2時までかかって、それから大学に提出してきたじょー。
マジで疲れきりました。 よー頑張ったって自分を褒めてあげたい。

アンケート調査はしたものの・・・難しい本読んで(飛ばし読みですが・・・)、なんの研究したいのかも決まらず、構成もわからず、
論文とやらはどんなものかも曖昧なまま。。。 でも、どーにか形になりました。


e0272869_21080279.jpg

ご指導くださった先生方、ご協力いただいた動物園職員の方々、それから、アンケートに答えてくださった1000人の方々、
本当にありがとうございました。


[PR]
by taketoriouna | 2014-03-10 23:29 | おうなの日記 | Comments(0)

絵本「ボクたちは家族Ⅱ」 

3月16日(日)とべ動物園では、「アフリカゾウ家族のお話し」会が開催されるんですよ。
アフリカゾウ担当 椎名キーパーが映像を交えながら、家族のいろんなエピソードをお話ししてくださるんじゃないかしら。。。

3月17日はアフリカゾウ家族の長男、砥夢くんの誕生日、5歳になります。
今は多摩動物園で暮らしているけど、家族ですからね。
砥夢くんのお話もされるんじゃないかな。


e0272869_09082371.jpg

出来上がった絵本「ボクたちは家族Ⅱ」
砥夢くんの旅立ちから、砥愛ちゃんが誕生するまでの実話をもとに描いております。

物語が伝える、家族の姿、心と心のつながり。
動物にも感情があることを・・・    家族の営みや家族愛があることを・・・
とべ動物園に暮らすアフリカゾウ家族のことを多くの方に知ってもらいたくて、絵本にすることを思いつきました。


e0272869_09395739.jpg

e0272869_09572785.jpg



この物語に込めたメッセージが伝わるものになっているかどうかは、手にとってくださった方が判断してくださることですが・・・。
父とは!母とは! 
普段は子育てに参加しないアフが見せた強さのなかにある父親としての優しさ。
リカの厳しい子育ての裏側にある母親としての本当の思いや優しさ。そして、母の強さ。
砥夢くんの心の成長。
アフやリカが1歳のころから寄り添ってきた飼育係の愛。

「どんなに離れていても、ボクたちは家族。 つながっているんだよね。」
砥夢くんは、こう自分に言い聞かせ強く生きていきます。
心の中でお母さんやお父さん、媛お姉ちゃんや妹の砥愛ちゃん、そして飼育係とのつながりを感じながら・・・


家族愛・命のつながり・人間と動物との絆、いろんなことを感じていただけたら、とても嬉しく思います。


購入申込みを受け付けております。
詳しくはホームページ http://www.kaguyahime.org/ をご覧下さい。
    ※まだ未更新のページもありますが。絵本のページから申込み方法を開いてね。

発送は15日以降になりますが、ご了承ください。
なんせ、家内作業ですので・・・(^_^;)


[PR]
by taketoriouna | 2014-03-06 09:36 | かぐや媛 | Comments(2)

今日3月3日は桃の節句

ひな祭りは女の子の節句。
昨日、アフリカゾウ舎では、媛ちゃんと砥愛ちゃんの健やかな成長を祈って、ひな祭りイベントがとり行われました(#^.^#)


e0272869_13581308.jpg


一般的に、各家庭では雛人形を飾り、菱餅や白酒、はまぐりのお吸い物などでお祝いされますが・・・
さすが! 飼育員さんは凄い。 ちゃーんと、ゾウさんたち用の菱餅やひなあられが作ってありました。
椎名キーパーはおうちに帰ってから、白酒ならぬ黄色いおちゃけでお祝いしたのかしらね(*゚▽゚*)

これの原料はいったい何? 食パンかなー???

e0272869_14084906.jpg


桃の花だって、ちゃーんとありました。
もともと、中国では悪魔を払う神聖な木として考えられていた桃の木、子ゾウさんたちのひな祭りにも・・・
魔除けは大事でちゅ(^^♪

砥愛ちゃん 桃の花が似合ってる!  やっぱり女の子ね~
e0272869_14100352.jpg


ふたりは飼育員さん手作りの菱餅とあられを、まあ嬉しそうに食べてたなー。
飼育員さんは、やっぱりゾウさんたちの好みがわかっているんだよね。
おうなたちが、5歳の媛ちゃんの誕生日に作ったケーキは、食べ残してましたから。。。(;_;) 修行しますです。ハイ


e0272869_14211110.jpg


来園者の中から媛ちゃん体重当てクイズ正解者?もしくは、抽選で当たった人? そのへんは定かでありませんが、
放飼場の中に入れてもらって、ふたりの女の子にごはんを・・・
砥愛ちゃんは、普段はアフお父さんがいるところに、人間がわんさかいるもんだから、興味津々。 隙間から、覗く覗く(^O^)
この後ろ姿が、おばさんにはたまらん(#^.^#) きゃわいい~

e0272869_14154330.jpg


子どもたちがご飯もらっている間、リカおかあさんはずっとガマン。
椎名キーパーが 「そっちに行ったらイカン」って言うと、待っているんだよね。ホント凄いと思います。
偉かったから、終わったあと、ご褒美のおやつをもらっていました。


e0272869_14272035.jpg

ネーネー 砥愛ちゃんいつの間に待てのポーズができるようになったん? 
気のせい? 鼻の上がりぐあいはまだまだだけど、3頭が並んで待てのポーズ。いい感じ!

で、最近良く見かけるこの光景。   媛ちゃんと北本キーパー♥ 
媛ちゃんが、北本くーん!フーして~って言ってるみたい。 
以前何かの本で読んだんだけど、ゾウさんの鼻に息をふきかけると、その人のこと忘れないんだって。。。
媛ちゃん、おうなさんにもフーさせてよ!


e0272869_14375486.jpg

ひな祭りもお客さんいっぱいの中、無事終了。
女の子のお節句いいね~  
とほのぼの思っていたのも束の間


おてんば砥愛ちゃん、本領発揮ですぅ(^_^;)

   「おりゃー! ちいくいんさん、ヘッドロック まいったか~」ってなもんですよ(*゚▽゚*)


e0272869_14422036.jpg

[PR]
by taketoriouna | 2014-03-03 18:09 | アフリカゾウ家族 | Comments(2)