<   2014年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

時代の流れについていけないどころか頭の中は逆行してますぅ?

あ~ もう1月も終わるんですね。

先週末から道後小学校で「アフリカゾウ家族の軌跡」パネル展をさせていただいています。
道後小学校の熱血先生に初めて会ったのは2年前、先生のお陰で念願のパネル展を開催できるようになったんです。
本当に感謝です。ありがとうございます。

子どもたちが、この家族の物語を知ったとき、どんなことを感じどんなことに気づきどんなことを思うのか!
おうながここの小学生だったら、きっと写真パネルの前でポロポロ涙流していたことでしょう。
これは、DNAの仕業。 両親も兄も涙もろいときてる。 
そして、結婚した相手も超涙もろい(^_^;)

e0272869_21145362.jpg
e0272869_21150790.jpg

去年パネル展した小学校のPTA役員さんがおっしゃってました。
「最近の子どもたちは自分たちとは違うんですよ。あまり感動が無いというか、無関心というか、冷めてるというか・・・」
「エッ!小学生から、そんな風なんですか?」

DNAじゃない! なにがそうさせてしまうんでしょうか?


この土日は愛大の講座、一日6時間の講義はなが~い(;_;) でも、あと3ヶ月頑張らねば・・・
今回は愛大農学部の植物工場見学がありました。
おうなさんは、なんか違和感感じちゃったけど・・・

食べることは生きること、食べることは命をいただくこと、
食は命、自分の命を支えてくれている。 
食を支えるものは農、農業こそ私たちが生きるための根幹をなすもの。
農業で一番大切なのは土。 大地のエネルギーをいっぱいもらったお野菜だからこそ・・・

あちゃー! 土が無い(;_;) 

e0272869_22051312.jpg

ここでもコンピューター制御されてて、こうやって作ったトマト、栄養価も糖度も抜群らしい。
先人たちの智慧を生かしながら自然と共に生きるがテーマのおうなさんは、ついていけませ~ん。
友達と「やっぱり土で作ったお野菜がいいよねー。時代についていけないよねー。」
土よ土。土の中にはいっぱいの微生物がいて、生かし生かされ命が息づいているのに。それこそ共生でんがな。

と言いながら、右手を見たら、『愛大トマト』と書かれたラベルシートが・・・
おいしい( ゚v^ ) って、いつもスーパーで買っているトマトでした(ーー;)  すでに食べていた・・・

言ってることとやってることが、相変わらず噛み合わないおうなですが。。。



世の中が便利になるということは、そのぶん失われていくものがある。
いのちがわからない子どもが増えているという。
命がモノのように扱われ・・・ そんなんでいいん?
他の命の痛みを推し量ることができない人ばかりになっちゃったら、そんな世の中寂しいじゃん。
機械のように淡々と仕事をこなす人間が好まれ、情だの愛だの義だの、そんなのチャンチャラおかしいや!って世の中になったっちゃたら、おうなさんたちは生きていけませんです。
昔の人たちは、天候に左右される農業に対しても、人間の力の及ばないことは神様にお願いし、感謝し
ゴメンネ、お水が欲しかったねー。寒かったねー。美味しい実をいっぱいつけてね。
こんなことをお野菜に語りかけながら・・

もうそんな時代じゃなくなっているから、真冬でも美味しいトマトが食べれているんだけど。。。


そりゃ、世の中不便なよりは便利なほうがいい。
でも、失っていいものと、失ってはいけないものがありますよね。
あ~ たらたら書いていたら、わけわかんなくなってきた(><)

とにかく、命がわからない人間になってはいけないってこと。
だからこそ、子どもの時の体験や感動が大事だって思う。

命に触れること。子どもたちに、自分以外の命について知り気づき考えることのできる機会を与えてあげること。
他の命に対して一生懸命になっている大人の姿を見せること。
とても大事だって思うんです。
だからこそ
身近にある動物園がそういう場所であって欲しいし、もっとそういう意味で利用して欲しい。

e0272869_22491559.jpg
e0272869_22443813.jpg



ブログ書くのは嫌いじゃないから、ついついたらたらと書いちゃうんだけど、研究論文となるとなー(^_^;)
なかなか、とっかかりが悪い。
でも、このあたりで切り上げて、難しい本でも読まないと。
それでは また(o・・o)/~










[PR]
by taketoriouna | 2014-01-27 15:09 | おうなの日記 | Comments(0)

竹取りおうなは何処に向かっているのやら(^^;

このブログ「いきものがたり」を書いております竹取りおうなです。
あまり先々のことを考えずに、思いつき閃きで行動しちゃうので、自分の蒔いた種の刈り取りにあっぷあっぷしている今日この頃。

自分が蒔いた種ですから、誰にも文句は言えないこの辛さ。
うっひゃー!もう1月下旬。 愛大農学部地域再生マネジメントコース、1年間の社会人講座ですから、3月卒業。
そろそろ、研究論文にとりかからないと・・・(ーー;)
12月からは暇になる、いやいや年が明けたら時間ができるなんて、呑気に考えてたけど、じぇんじぇん暇にならない私。
とろとろしてたら、卒業できなくなる(><)


12月末から、とりあえずアンケート調査は始めたものの・・・


e0272869_11424120.jpg


動物園の腕章つけて立ってるもんだから、みなさんが色んな質問をされてくるわけですよ。。。
はじめて動物園にきたら、お客さんは知りたいこといっぱい。
「お母さん!おしっこ~ もう我慢できない。」と半べそかいてる子どもさんのお母さんが、
「トイレがわからないんです。」ってのもあれば。。。
アフリカゾウ家族の
「ゾウさんたちは何を食べているんですか?」
「砥愛ちゃんは体重がどれくらいあるんですか?」
「お父さんの牙はどうしてないんですか?折れた牙はどうしたんですか?」

おうなでもわかることに答えてあげると、「ありがとうございましたー。」みなさん笑顔でそう言ってくださいます。

動物園にボランティアガイドさせてくださいって言ってみようかな~(^^♪
イカンイカン(><) また思いつきで行動したら、自分の首を絞めてしまうことに・・・(ーー;)


目標は1000人の方にアンケート調査。
今700人くらいかなー?
が、しか~し、これだけの量を集計するのが、また大変。  考えただけで気が遠くなりそうです。
そして分析?  ヒャー どうするべ  
どういう論文にするのか、全く見当もつかないおうなであります。


e0272869_11433010.jpg



今月はおうなさんの誕生月であります。
これまでの人生、まあ、いろいろなことをやってきました。
「人生は何と出会うか!誰と出会うか!」って聞いたことがありますが・・・
いつもいつも、これぞ運命の出会いと思っちゃうんですよ。で、ドバーっとのめり込む。
一応、後悔のないくらいはやってみて、次に何かに出会ったら、また運命だと思い込む。
いや~ おうなの人生には何個運命があるんでしょうかね~(^_^;)
また、誕生日を迎え、この1年もゾウさん一色になりそうな予感。後悔しないくらいはやりきらなきゃ(*^^)v
この子たちのためにね。。。


e0272869_11442266.jpg


アンケート調査していると、あのNHKの放送以降
「NHKの番組見たんです。どうしても砥愛ちゃんに会いたくなって・・・」
「感動しました。愛媛にこんな素晴らしい動物園があったなんて知らなかった。」
と、県外からわざわざゾウファミリーを見るために訪れた方や、動物園には行くことがなかったというご夫妻が家族を見たくて来られたとか、
お郷が愛媛で今は関西に住まわれているご夫妻が誇りに思うっておっしゃってくれたり、嬉しい言葉をいっぱい聞きました。

やっぱり、メディアの力は凄いです。数で表すことはできないけど、あの番組によって、とべ動物園に行きたいと思われた方が大勢いると思います。
おうなは嬉しい反面、実はちょっと落ち込んだんです。
かぐや媛がやってること、パネル展や紙芝居、絵本の読み聞かせをしてアフリカゾウ家族のことを伝えて回っても、たかが知れてる。
1回の放送の影響力、数百倍も効果があるんです。


アンケート調査のために事務所で腕章を受け取りながら、ちょこっと心の迷いを愚痴っちゃったところ、
事務所の方が「その地道な活動こそ大きな力強い根を張るんです。だから、頑張って!」って、励ましてくださいました。
おうなは、またもやウルウル(´;Д;`)  ありがとうございました。元気がでました。

「ボクたちは家族Ⅱ」校正段階に入りました。本の形になると、ますます感激だなー。
かぐや媛はかぐや媛らしく、できることで、信念をもってやり続けるしかないんです。

2月末には絵本が大量にできる(><) 多くの人に買ってもらわなきゃ大変だー。


e0272869_11472845.jpg

どんなことにも平気そうに見えて、実は心が揺れる弱いおうなです。 誰か支えてくれ~


そんなこと言っとる場合じゃないのですよ。論文取り掛からないと・・・

でもね!有難いでしょ。
ブログにまあ色んなことつぶやいているから、動物園をテーマに研究論文書くんだと知った方々が
動物園でおうなを見つけて、カバンの中をゴソゴソ探し出したかと思えば「この本持ってますか?参考になるかと思って!」とか
遠く沖縄からわざわざ本を購入して送ってくださる方がいたり
椎名キーパーが袋を差し出してくれたと思ったら、動物園に関する本を貸してくださったり
大学の講座の教授が、ご自宅の書斎の大量にある書籍や資料の中から、動物園に関するものを探してくださり、わざわざ付箋をつけて渡してくださったり

みなさーん ありがとうございます。 頑張ります\(*⌒0⌒)♪

e0272869_12060770.jpg

おうなは幸せ者です。 でも、まだ手付かずの状態(ーー;)
難しそうで・・・  あ~もう逃げていられません。


読むぞー!と思いながら、本を目の前にして、最近やけに増えた白髪を一本また一本抜いているおうなであります(#^.^#)



[PR]
by taketoriouna | 2014-01-23 12:38 | おうなの日記 | Comments(5)

ゾウさんはやっぱり人気者

竹林整備も今回で51回目、よー頑張ってますねー。
真冬の竹取りはきついでしょって言われるけど、真夏の暑さに比べたら、全然問題になりましぇーん。
ノコギリ引いてたら、すぐに、身体が温まってくるんです。
腕の下側がベロベロに弛んでるかた、ボランティアしながら引き締めてみてはいかがでしょう(^^♪

今回はスタッフ7名、参加してくださった親子さんと9名で竹林整備。
スタッフは精鋭部隊ですから、1時間半で竹と樫で合わせて7束、動物園に向かう準備完了です。


e0272869_22033046.jpg


寒い中、朝から竹取り頑張った年中さんのAちゃん、ゾウさんのエサやり楽しんでね(*^^)v

e0272869_23090394.jpg


愛嬌たっぷり、保育園児とは思えないくらい、しっかりもののAちゃんには1歳の弟くんがいるらしく・・・
弟くんはまだ竹取りには来れないんだけど、ゾウさんが大好きで動物モノの絵本のゾウのページを開けてはママに読んでってせがむらしいのです。
「家族で動物園に来たときには、自分のお弁当をゾウの柵のところまで持って行き、ゾウさん食べてー!って差し出すんですよ。本当にゾウさんが大好きなんです。
早く竹取物語に連れて来たいんですよねー。」

こんなふうに喜んでくれる人たちがいる、ゾウさんのことが大好きな人たちがいると思ったら、頑張んなきゃねー(^O^)



そしてゾウさんたちも・・・


e0272869_23353825.jpg

砥愛ちゃんはまだ竹は食べられないでしょ。
e0272869_23373555.jpg

食べているんだか? 遊んでいるんだか?

e0272869_23500339.jpg
e0272869_23470277.jpg


 





[PR]
by taketoriouna | 2014-01-21 00:13 | 竹取物語 | Comments(0)

とべ動物園に暮らすアフリカゾウの家族です


先日、NHKさんのお陰で全国的に有名になりましたとべ動物園アフリカゾウ家族の長 アフ君です。


e0272869_16131718.jpg


本当に穏やかで優しいお父さんです。この表情見たらわかるでしょ。
アフリカからやって来たからでしょうねー! まあ、単純に男の子はアフと女の子はリカと命名され、ここに暮らして27年。
そして27年間、飼育員さんはずっと、みなし子だった2頭の家族になろうと寄り添ってこられました。


e0272869_23325644.jpg


ゾウは人間の心を読むと言われています。 
ここのゾウさんたちは飼育員さんを信頼し、家族のように母親のように慕っているんです。
椎名キーパーは少年時代、移動サーカスのテントの前につながれた一頭のゾウの悲しそうな目が頭から離れなかったんだとか。
その時から、すべてが始まっていたんでしょうねー。
ここにいるゾウさんたちの目は優しく、いつも嬉しそうですよ(#^.^#)


そして、3頭も元気な赤ちゃんを産んでくれたリカお母さんは凄い!
ここの家族の中では一番権力持ってそう。
3頭も子どもを産むと、やっぱりメスは強くなるのか・・・ 人間の家族でもママが強~いところは多いもんね。
アフ君も時々ビビってます。


e0272869_23565121.jpg


オッパイをあげてる後ろ姿、母の貫禄感じますです。ハイ(^-^)/
リカさんがこんなにりっぱなゾウのお母さんになれた陰にも椎名キーパーの愛情と努力があったんです。
人間と野生動物がこんなにも心を通わせることができるなんて、ゾウさんたちは飼育員さんの思いがわかってたんでしょうねー。


e0272869_23584426.jpg


砥愛ちゃんはノラの子、生まれたばかりの頃のしおらしい愛らしい砥愛ちゃんは最近では野生児そのものです。



e0272869_00012301.jpg


飼育員さん見つけたらもう、どうにもとまらない♪
遊んでもらいたくてしょーがないんです。


e0272869_00035265.jpg


さすが末っ子は甘えるのも上手。
姉妹は本当に仲良しです。
砥夢くんがいたときもそうでしたが、媛ちゃんは弟や妹と過ごす中で、だんだんと家族の一員になってきてる(*≧∀≦*)
ひとりになると、今でも鳴き叫んでいるみたいですが・・・。
ひとりぼっちになると、昔を思い出しちゃうのかな?(´;ω;`) 
ゾウは生まれてからの記憶をずっと持ち続けているそうですから。
辛かったこと悲しかったこと苦しかったことは忘れることができるのなら、どんなにか楽なのにね(><)


e0272869_00222068.jpg


媛ちゃんや砥愛ちゃんの楽しそうな笑顔を、ずっと見続けたい。
あなたたちのために、何ができるのか・・・  
してあげたいことと、できることのギャップの大きさに日々うちひしがれてるおうなですが。



e0272869_01094493.jpg

故郷から遠く離れた日本の動物園という狭いところで、人間の力を借りて生きていくしかない運命のこのゾウさんたち。
少しでも快適に楽しく家族が暮らしていけるよう、そして命をつないでいけるよう願っています。

また、ひとり旅立って行った砥夢くんも・・・
どんなに離れていても家族です。
砥夢くんのことは、また紹介しますね。








[PR]
by taketoriouna | 2014-01-19 01:55 | アフリカゾウ家族 | Comments(2)

アフリカゾウ家族 愛の物語

13日8:20~ NHK総合でアフリカゾウ家族の特集番組が放送されました。
  「アフリカゾウ誕生 家族になる日を夢見て」

このタイトルを見て、いろいろ想像していましたが。
誰が、どの子が家族になる日なんだろう??? 
砥愛ちゃんの誕生だから、椎名キーパーが砥愛ちゃんと家族になる日なんだろうか?
媛ちゃんが家族になる日っていう意味かな?


とにかく感動ものでした(^^♪
NHKのディレクターの方が、砥愛ちゃん誕生前からずっと取材されていたのは知っていたんですが・・・
ものすごい量の映像を撮られて、40分くらいの番組にするのですから、さすがプロって感じ。
ずっと、この家族のことを追いかけてきたディレクターさんだからこそ、ここまで伝えることができたんでしょうねー。
この半年間の記録だったから、砥夢くんのことには触れてなかったけど、というより砥夢くんのことを入れたら40分では終わらないよね。
次回は砥夢くんの番組を作って欲しいな~(*^^)v


e0272869_13093267.jpg

番組終了後「見ましたよー。感動しました。」ってメールや電話がいっぱい。

今回は砥愛ちゃんの誕生がこのアフリカゾウ家族にもたらしたもの。
家族の絆を強め、媛ちゃんがお母さんにまた一歩近づくことができました。
そして、椎名キーパーはやっぱり日本一のゾウの飼育員さんだ\(^^@)/って、みなさん思ったに違いありません。


e0272869_13094417.jpg

悲しい生い立ちのアフお父さんとリカお母さん
母親の愛情を受けることができなくて、人間に育てられた媛ちゃん
今は遠く離れて暮らす砥夢くん
そして、生まれた新しい命 無邪気で愛らしい砥愛ちゃん
動物園で暮らすこのゾウたちのドラマ
このゾウさん一家の家族になろうとずっと寄り添ってきた飼育係の葛藤と苦悩。


e0272869_21022476.jpg
 
いやぁ~ 動物じゃなく人間の話だったら、連ドラになりそうなくらいだよね(#^.^#)



動物園にいることで、彼らに与えられた使命と試練。
この子達の心の声が聞けたらどんなにいいだろうかといつも思うのですが・・・
声が聞けないだけに、自分に置き換えて想像しちゃうから、余計に平常心でいられなくなるのです。
ちょっと尋常ではないのですが・・・

でも、子どもたちにこのゾウさん家族のお話しを通して、心の想像力を働かせて相手のことを考えることのできる優しい子になってくださいねって、いつも言ってます。
相手の気持ちを想像することから、思いやりが生まれ優しい心を育むことができると思っています。
こんなに身近にある動物園のアフリカゾウの家族の物語を知ることは、愛媛の子どもたちにとって、素晴らしい命の教育、環境教育につながると考えています。


e0272869_13450803.jpg

この命をつないでいくアフリカゾウ家族の姿をずっととべ動物園で見ることができますように。
みんなで見守り支えていくことができますように。
それが、かぐや媛の願いです。











[PR]
by taketoriouna | 2014-01-15 14:19 | おうなの日記 | Comments(0)

砥愛ちゃんの遊び相手も大変ですぅの巻

「あ~あ つまんないの。。。今日は何ちて遊ぼっかなー。」

e0272869_10182802.jpg


「ちいくいんさ~ん。ねーねー遊ぼうよー。」

e0272869_10214623.jpg


「砥愛たんとお相撲ごっごしようよ~。絶対、砥愛たんのほうが強いと思うよ。」

e0272869_10195990.jpg
はーい(^o^)/ それでは見合って見合って
はっけよーいのこった

e0272869_10274609.jpg
両者しっかりと組合いました。のこったのこった


e0272869_10283125.jpg
ただいまの決まり手は浴びせ倒し。浴びせ倒して飼育員さんの勝ち!


e0272869_10395330.jpg


「まだまだ、砥愛ちゃんには負けませんよ。」


e0272869_10411003.jpg



「つまんないの~。また負けちゃった(><)」




[PR]
by taketoriouna | 2014-01-08 18:36 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

お天気に恵まれて

 
連休最後の日曜日は、かぐや媛の仕事始めでした。
お正月からずっとお天気で、動物園も帰省のお客さんとかで毎日大盛況だったみたい。

昨日は朝から竹取り搬入、その後は動物園アンケート。 
前の日までボーっとしてたから、昨日は身体がついていってなかったな~(><)
竹を2.3本切り出しただけで、もうバテてるし。
子どもスタッフのマー君とミー君に、随分助けてもらいました。
そして、子どもは素直で正直で可愛くて、癒されるんですよねー。


e0272869_12075942.jpg


「動物園でお弁当一緒に食べるん?ボク、かぐや媛のお姉ちゃんの横で食べたい♥」
う~ん 可愛い。 って思ったら、数分後
「ねー!おばちゃんは走るの早いん?競争したい。」 エッおばちゃんはやっぱり私のこと? 
かけっこしなきゃいけなくなるし・・・(´;ω;`)
まあ、子どもサービスにも励むおうなです。


ゾウ舎前に着くと、結構みなさんが、かぐや媛の作ったゾウさんファミリー紹介の看板を熱心に見てくださってるんですよね。
嬉しいな~

e0272869_12102646.jpg

いくら疲れていても、ゾウさんたち見たら癒されるし元気になるし、ホントに不思議。
砥愛ちゃん、かわゆい♥

e0272869_12124497.jpg

お昼ご飯の後はアンケート調査

e0272869_12141913.jpg

でも、動物園に来てる人たちって、本当に優しい人が多いんですね。
アンケートは裏まであって結構めんどくさいにもかかわらず、真剣に答えてくださってました。

「私たちでお役に立てるかしら?」「どうしても、とべ動物園に来たくて急遽香川から来たのよ。」
「ゾウさんが見たくてやってきました。」「動物園大好きなんです。」
「動物が大嫌いだったけど、あるテレビを見てから変わったんです。」そう言われた方は見たい動物の欄にアフリカゾウと書かれていました。

こんなこと言ってもらったら、元気にならないわけがない(#^.^#)
よく言われるんです。 「なんで、そんなに頑張れるん?」って。。。
こんなにも、動物園やゾウさんのことが好きな人たちがいるんですもん。もっともっと好きになってもらいたいじゃん。
そのためにできることがあるとしたら、何でもチャレンジだわよ。

それにしても・・・
動物園なんて全く興味がなかったおうなが、ここまで変わったきっかけを作ってくれたのもメディアの力なんだよねー。
みなさん、来る13日にとべ動物園アフリカゾウの特集番組があります。
見てくださーい(*^^)v  きっと、ゾウさんたちのことがもっと好きになるはず。

http://www2.nhk.or.jp/navi/tokuban/
ちょっと、この写真の椎名キーパーは素敵すぎません??? 
いや~(><)   普段から素敵な笑顔を振りまいてくださってますが・・・(^^;

どんな番組になっているのか、超楽しみ(^^♪ 昨年、NHKさんがずっと張り付きで取材してらしたのは知ってたんですが。 
かぐや媛の竹やサツマイモもちょこっと映らないかな~???
見れない人は録画予約してくださいね。


e0272869_12422380.jpg

砥愛ちゃん、そんなに寄りかかったら、飼育員さん重くて大変だと思うよ!
もう250キロ、とうに超えてるでしょ。

e0272869_12443789.jpg

向こう側では、アフお父さんとリカお母さんが仲良く語らってるし、こちら側では媛ちゃんと砥愛ちゃんが飼育員さんに甘えてるし。
これぞ、み~んな家族です(#^.^#) とべ動物園のアフリカゾウ家族です。

その幸せな光景を嬉しそうに遠くから見ているおうなも、実は写真に写ってるんだよー\(^^@)/











[PR]
by taketoriouna | 2014-01-06 13:05 | おうなの日記 | Comments(0)

2014年始まりました

新年明けましておめでとうございます。
今年も竹取りおうなのブログをよろしくお願いします。

年末年始のお休み、あっという間だったような・・・長かったような・・・
大掃除に年賀状、お節料理作り、31日までは睡眠時間4時間半で頑張ったのに、年明けと同時にだらっとした毎日。そろそろ、気合入れないと・・です。

綺麗にお掃除してしめ飾りを飾って、年神様をお迎えする準備、そして年神様にお供えるためのお節料理、今年は頑張りました(#^.^#)
「そんなに無理せんでいいんやない」と周りの人は言うけれど、
今年一年のおうなの決意みたいなものかな・・・


e0272869_23314164.jpg



さまざまな願いが込められた縁起物のお節料理
黒豆、栗きんとん、田作り、エビ、たたきごぼう、紅白なます、伊達巻などなど。
昆布巻きと数の子が無いのがじゃんねーん(><)
ゾウさんたちのために数の子必須だったのにね~。

なかなか綺麗にできてるでしょ(^^♪ 10年以上料理教室やってたんだから、これくらいは作らないとマズイよね。
何人も年賀状で、「お節つくりました。」「お料理頑張ってまーす。」「ケーキはいつも子どもと手作りしてます。」とか書いてくれてるんです。
なのに、おうなときたら、去年は忙しくて、料理もいい加減お掃除もいい加減、これじゃイカンと思いながら・・・
今年はかぐや媛の活動も頑張るけど、家のこともちゃんとしなきゃね。
家が汚いと、貧乏神が住み着くらしいですから・・・(ーー;) 去年居たのかな~?



2日はお初の動物園。アンケート調査に行ってきました。120名近くの方にご協力いただきました。
本当にみなさん、ありがとうございました。
ゾウさんたちは、みんないい顔してたな~。

e0272869_00515656.jpg
e0272869_00521754.jpg
パパとママは新年のご挨拶かしら?

e0272869_00523546.jpg

ママに見守られて、砥愛ちゃんも初めてのお正月です。

穏やかな陽射しの下で、ゾウさんたちの幸せそうな姿を見て、今年も新春から縁起がいいやー
のはずでしたが。

が、しか~し この日事件が・・・
動物園に着いて駐車するのに後ろ確認よーし、OKって前を向くと、ボンネットから煙が・・・
マジ(゚o゚;; 
車のことまったくわからないおうなさん、爆発するんじゃないかとあたふた(^^;
結局新年そうそうお車故障で、動物園放置。
3日、また動物園に行って立会の元レッカー移動となったわけです。


これを、どう解釈するんすか? おうなさん
春から縁起がいはずじゃ・・・

でもね、走行中には何事もなく動物園まで快調に走ってくれたんです。駐車し終わってなんて・・・
うちの子(車)はやっぱり偉い! だって、正月2日どこもここも車はいっぱい渋滞の中、煙噴き出してたらと思ったら、青ざめます。
ちゃんと、守っていただいてるんです。 感謝しかありませんよ。

やっぱり今年も縁起のいい幕開けです(^O^)

あー! 早く寝なきゃ! 今日は今年の初仕事、竹取り搬入です。
おやすみなさい。



















[PR]
by taketoriouna | 2014-01-05 01:26 | おうなの日記 | Comments(0)