「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ありがとうです。 損保ジャパンさん

かぐや媛さん、素晴らしい活動されてますねーって、よく色んな方から言っていただくのですが。。。
なかなか目に見える成果がでてないことと、運営資金と人手不足をどうやって切り抜けていくかがおうなさんの最大の課題なんですが・・・

課題といいながら、いつも楽天的なおうなは、あんまり物事を深く考え込まない得な性格で、まーどーにかなるでしょ。
自分に乗り越えられない壁は来ないんだから(#^.^#)
なーんて、いつも思っているのです。


すると、壁を乗り越えるための梯子をかけてくれる人、壁をぶち壊してくれる人、が現れるんですねー\(^^@)/

募金箱を置かせてもらっているアイシン自動車さんに、度々訪れている損保会社の営業さんが募金箱を見つけて、『これ、なんですか?』と質問したことから、
今週10万円の助成金が、かぐや媛の口座に振り込まれましたー。
凄いでしょ! どーゆー事?

実はですね。  
損保ジャパンさん、 会社の社会貢献活動で、素晴らしいことをされてるんです。
おうなも今回のことで初めて知りました。

社会貢献活動の一つとしてされていることが・・、
『ちきゅうくらぶ社会貢献ファンド』といって、全国の有志の社員さんのお給料の中から、毎月任意の金額を社員が行うボランティア活動やNPO団体などへの
支援に役立てるファンドなんですが。。。

損保ジャパンの営業さんが、【かぐや媛】を推薦してくださったのです。
そうなったのも、アイシン自動車の奥さまが、おうな達のやっている活動の話をしてくれたから、私たちのような地域の小さな市民団体のことを知っていただけたんですよね。
お二人には感謝感謝です。

で、今回審査があって、全国で17団体に助成することが決まり、かぐや媛も10万円いただくことができたんです。
社員さんの毎月のお給料からの寄付金です。 本当に有難いし、1円も無駄にしてはいけないと思っております。 

本当にありがとうございました。
[PR]
by taketoriouna | 2013-02-28 10:16 | おうなの日記 | Comments(0)

やっと気持ちがほっこり(#^.^#)

木曜日、砥部町法人会での講演、とりあえず終わりました。
これが終わらないことには、気持ちが・・・ 次に向かわないって感じ(><)
前回の地元宇和島のときは、知ってる顔もいっぱいで、なーんか落ち着けたんだけど・・・
今回は、50人くらいの経営者の方々がいらしてて、本当に緊張しました。
経営者の方が望まれるような話の内容じゃないしな~ どちらかというと、皆さん力を貸してくださいだもんね。


e0272869_15374144.jpg


40分の持ち時間、家で練習したときには37分くらいかかったのに、30分ちょっとで終わっちゃった。
きっと、早口でしゃべりつづけたんだろうなー。 まだまだ、場数踏まないと・・・
皆さんを感動させることができるような話はできませんね。

でも、とにかく、みなさん優しい(^^) 暖かい(^^)

とべ動物園のアフリカゾウのこと、何も知らなかったって口々に言ってくださって、
松山の法人会でも話したらいいわって言ってもらうし。
週末は子どもと一緒に動物園行きますって。この話知ったら、見方が変わりますって。
媛ちゃん!守らなきゃって。全国にアピールするべき、旭山のようなことになるかもって。

みなさんのそのお言葉が、何より頑張れる原動力になります。
持って行った絵本20冊全部買っていただくし、本当にありがとうございました(^O^)

アフリカゾウ家族の物語を広く県民の皆さんに知っていただくことからだと思ってます。


まあ、とにかく終わりました。
明日からは、畑のことと、幼稚園にお願いしているサツマイモのプレゼント大作戦のことで動かなきゃ!
ひとつづずつ、目の前のこと片付けていくだけです。

本当に、皆さんにお世話になって助けていただいて・・・
おうなは、何にもお返しをすることができない(。。)
皆さんはきっと、そこまでゾウさんのこと動物園のことに必死になってるかぐや媛を応援してくださってるのだから、必ず形にしていかないと。


もうすぐ 雛祭り
e0272869_15492855.jpg


お花をアレンジして、うぐいす餅とくるみ餅で、ひさしぶりにほっこりしました(o^^o)
よーし!明日からまた頑張れる(*^^)v

e0272869_15493874.jpg

[PR]
by taketoriouna | 2013-02-23 15:56 | おうなの日記 | Comments(0)

思い出しては、涙(;´Д`)

木曜日、取材のため動物愛護センターに行ってきたんだけど・・・
処分の現実はやっぱりキツかったなー。

私の周りのワンちゃんたちは、おうちの中で家族のように扱われ、お散歩にも毎日連れて行ってもらえて、撫で回してもらって、幸せな子ばかりなんだけど。
こんなに悲しそうな目をしているワンちゃんたちを見たことが無かった。

椎名キーパーは、子どもの頃サーカス会場のテント小屋の前に繋がれた一頭のゾウの悲しそうな瞳が心に焼きついて離れなくなり、
今現在のお仕事に就かれたわけですけど・・・
確かに、とべ動物園のゾウさんたちの瞳は生き生き輝いてるよなー。
椎名キーパー! やるね(^ω^) いいね\(^^@)/

私も子どもの頃見ちゃってたら、いまごろは・・・

まあ!それはないか(^^;
動物好きになったのは、ここ10年くらいのもんですから。

でも、あのコンクリートの寒々とした部屋で、人間によって自分の運命を決められた子たちの目をみちゃったら、もうたまりません。
案内してくれた獣医さんが、「マンション住まいで良かったですよ。きっと、広い一戸建てなら、毎回来るたびに連れ帰って、家が犬屋敷になってると思いますよ。」って!
確かに、あの悲しそうな目の子を連れて帰って、『ボク幸せだったよ』って、最後の時を迎えさせてあげたい。
一戸建てに引越ししたい(><) マジでそんなこと考えてるおうなさんです。

e0272869_1273453.jpg


あと一日の命の期限をつけられた子たち。
この子たちはもうこの世にはいません。

処分の日、朝からおうなは歯の定期検診の日。 顔にタオルを載せて、歯のお掃除してもらってる最中に、『昨日のあの子たち、今頃は追込機に押されて・・・』って考え始めたら、涙が止まらなくなって(´;ω;`)
もう、大変。 衛生士さんが、「大丈夫ですか?痛かったですか?」
こんな、患者いないよねー(ーー;)
困ったもんです。 ホントに涙腺弱くて・・・



土曜日は、竹取りと農作業。
e0272869_12413212.jpg

毎回量ったかのように、70キロ前後。  ゾウさんたち、美味しそうに食べてくれました。



e0272869_12431874.jpg

人力だけで、ここまで開墾すすみました。  しんどくても、達成感あるよね。
今週あたりには、動物園から堆肥買ってきて土に混ぜ込みますよ~。
循環型農業やっっちゃいますかねー。

手作りお野菜(#^.^#)  おうなは超楽しみなんですけど・・・


あ~あ こんなところで、ワンちゃん走り回らせてあげたいよ(><)


命は対等なはずなのに・・・
人間が迷惑するという理由だけで他の命を奪うことって、神様はどう見てらっしゃるんでしょうね。
処分される命が減るように、人間はもっと頭とお金を使いなさいって言われるような気がします。


    
[PR]
by taketoriouna | 2013-02-17 14:41 | おうなの日記 | Comments(4)

一週間分のあれもこれも・・・

昨夜、一週間分の悲喜交々を書き綴ったのに、送信ボタン押したはずが・・・
ぜーんぶ消えちゃった(/ _ ; )

先週は、動き回って色んなことあったのに・・・
浮いたり沈んだり、報告したいこといっぱいあったのに・・・

だいたい、毎回長文書きすぎるんだよねー。 毎日ちょっとづつ、その日のことを書けばいいのにね。
 
とりあえず、畑の進捗状況を。

昨日は午後から野良仕事。
根っこが蔓延っているところは徐々にやるとして、耕せるところから、土起こしを始めました。

所有者さんが、あまりに進まない畑の状態を心配してくださって、
「あそこまで、木や竹が蔓延っているとは思って無かったから・・・ 一度ユンボを入れて掘り起こそうか?」
って、言ってくださったのですが。

とりあえず、人力でできるだけやってみます。 ご心配しないでくださいね。 私たち楽しんでやってますから。
どうにもならなくなったら、その時はお願いします。

と、いうわけで、鍬と鎌と今回は購入した鋸鎌持って、いざ出陣。 蔦や根っこ切るのに鋸鎌が大活躍。
なんか、色んな道具にも詳しくなるし、おうなはかなり楽しんでおります。
随分畑っぽくなってきたし(^^♪


e0272869_1115844.jpg


とりあえず、今月末には、じゃがいもの種芋植えてみましょうかねー。

マジで、先週は色んなことあったんですけど・・・
また、ボチボチ報告します。

旦那さんにいつも言われてるんですけど、「なんで、そんなに元気なん?」   確かに、元気かもね。。。
良く食べ、短時間でも爆睡できるから(^ω^)
と、もうひとつ。  動物とお花に触れ合う至福の時間があるおかげで、元気になれるような気がするんだよねー。
先週はフラワーアレンジ(*゚▽゚*)
e0272869_11142511.jpg


サロンができたら、60歳くらいからは、フラワーアレンジ教室するのも悪くないなー(#^.^#)

ああしたい、こうしたい、夢がいっぱいあることが元気の源かもね。
先週も宇和島市役所の福祉課担当者の人に、地域が支える動物園の話を無我夢中でしてたら、「夢があって羨ましいなー。」 半分呆れ顔だったしなー(ーー;)
その前は、動物愛護センターの所長さんが・・・ 暗い話を聞きに行った私に 「やりたいこと見つけてやってる人は、生き生きしてるねー。」って言ってくださるし。


毎日、動いていたら落ち込むことも凹むことも泣きたいこともいっぱいあるけど、そのほうが上手くいったとき、達成したときの喜びが大きいわけで。。。

『サツマイモのプレゼント大作戦』『循環型農業の取り組み』のために、合計1000㎡近くの畑を借りたわけですけど・・・
これから、開墾はどーするの? 苗はどーするの? 人手はあるの? 草引きできるの? 道具は揃えられるの?
当てにしていた助成金も、いただけそうにないし・・・

まあ、難問山積みですが、どーにかなるでしょ(^ω^)
やってみないとわかんないじゃんねー。  とにかく、前向いて進んでいくだけです。


ベランダの梅の花が開きました。

e0272869_11555471.jpg

春はもうそこまでやってきてるんです。
時は待ってはくれない。。。  今週もガンバんなきゃですよ。
[PR]
by taketoriouna | 2013-02-11 12:05 | おうなの日記 | Comments(0)

暖かい日差しに恵まれて・・・


「かぐや媛さんのイベントの日って、お天気に恵まれますよねー。。。」
しょっちゅうきてくださる一般参加のパパの言葉。


e0272869_21432036.jpg


確かに、一年中で一番寒い頃の今日も、暖かな日差しが降り注いで、竹取りも汗ばむくらい。
作業もはかどり、一時間半で70キロの竹も無事採取です。

e0272869_2143424.jpg


動物園に持って行きました。  

e0272869_21485060.jpg




エサやりも、多くの来園者の皆さんと一緒に楽しみました。
e0272869_2145573.jpg


今日は初めての体験。 アフお父さんにご飯のプレゼントです。
アフくん、間近に見たら、やっぱりでかーい(゚o゚;;

e0272869_2146588.jpg

e0272869_21472026.jpg




竹取物語終了後は恒例の野良仕事が待っています。 今日もガンバんベー。
3時間黙々と作業した割には、見た目には前回とあまり変わってないかしら・・・(><)
e0272869_2261923.jpg


今日も賛助会員のMちゃんが手伝いに来てくれたんだけど。 
Mちゃんが凄い!ひ弱な男の子3人いるより、頼りになるんです。 ありがとうねー( ´▽`)

2週間前、畑の隅っこに植えた30個くらいの水仙の球根から、葉っぱが伸びてました(^^♪ 超うれしい。
あと数ヶ月したら、きっと素敵な畑に大変身してるからね。。。
[PR]
by taketoriouna | 2013-02-03 22:20 | 竹取物語 | Comments(0)

わたしたちと同じ尊い命です。

e0272869_22124676.jpg

キミはあと何日生きていられるのですか? 次に生まれてくるときは、最後まで一緒に居てくれる家族に出会うんだよ。 次に生まれた時は幸せに生きてね。

次回の情報誌の取材申込のために、動物愛護センターに行ってきました。
やっぱり、ここはおうなにはキツ過ぎました(><)

昨年一年で殺処分された犬や猫の数・・・5400匹

今朝も尊い命が失われました。

首輪をつけた子が何匹もいました。 
もう自分の運命がわかっているのか、諦めた目をしてうずくまっている子がいました。 
たぶん、人間に可愛がられた時期があったんでしょう。シッポを振って近寄ってくる子がいました。 
怯えて、部屋の隅で震えている子がいました。

涙なくしては、見ることができませんでした。 でも、この現状をちゃんと見て聞いてこなきゃいけない。


事実を知って欲しくて、伝えたくて、次回の記事を書くためにに動物愛護センターを取材させていただくことにしたんです。
2週間後にまた行きます。 見て聞いてきたことを、私は伝えていかなきゃいけないと思っています。


うちに連れて帰れるものなら、連れて帰りたかった(/ _ ; )  でも、うちのマンションはペット不可なんです。
だから、うちの子は吠えない騒がないカメのゴンちゃんとこの子たち水槽の中で暮らすお魚たちです。


e0272869_22354446.jpg


どの子も命なんです。
人間の勝手で飼う以上は、最高の環境にしてあげないと・・・

今日も所長さんが言われてました。 
自然界に人間が手を加えてはいけない。加えた以上は最後まで責任を持たなきゃいけないんだと・・・
自然界は厳しい。生き抜いていくには、本当に厳しいんだよ。だから、バランスが取れてるんだ。
野良猫が可哀想だといってエサを与えたりすることは、却ってその子たちを不幸にするんだってお聞きして、目から鱗だったんです。


ゴンちゃんだって、野生にいるはずの子。 おうなが連れてきたんじゃないけど、ある日突然部屋に居た子だけど、
飼う以上は責任持って、最後まで。。。 看取るまで。。。

いやー(^^;  もしかして、あの子のほうが長生きしたりして、おうなたちが看取られちゃったりして(ーー;)   



今日、ニホンウナギが絶滅危惧種に指定され、国をあげて保全の方向に。というニュースが流れました。
ゾウさんも、地域外保全のために、飼育員さんたちは日々頑張っておられます。
でも、人間の手を入れてしまった子たちです。
動物園にいる子たちは、幸せなことに最後まで家族のように愛情を持って大切に飼われています。

自然界のような厳しさはありません。
ご飯をもらえて、安心して眠れて、ケガや病気になったら治療してもらえて・・・
その意味では幸せかもしれない。

  
ただ、思うことは、コンクリートと檻で囲われた中にいるってこと。    ひとりぼっちの子が多いってこと。

おうなが動物園に通い始めたころ、ある飼育員さんが言われました。
「自然の中に動物たちがいて、そこに人間がおじゃまするみたいな動物園が理想の動物園です。」って・・・

昨日、友達のK君が、マサイマラに行った時の写真を送ってくれました(^^♪
理想だなー。。。  こんな土と草があるところに家族がみんな一緒に。 


e0272869_01242100.jpg
 

無理だってことは、わかってまーす。
お掃除も大変だし、衛生面の管理ができないし。
ただ、家族がこれくらいいっぱいになったらいいのにね\(☆o☆)/
[PR]
by taketoriouna | 2013-02-02 00:21 | 生きもの語り | Comments(0)