<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

砥夢の旅立ち

アフリカゾウ家族の支援をし始めてから13ヶ月。 今日ほど辛く悲しい日はありませんでした。
3歳と7ヶ月の砥夢くんを載せたトラックは、今日の15時前、多摩動物公園に向けて出発しました。
おうなは、お友達のあんじゅさんと一緒に、砥夢くんとキーパーさん運転手さんに差し入れとお花を買って、
駐車場ゲートで最後のお見送りをしました。

ゲートのバーが降りたら、悲しみにさよなら♪ しようと、心に決めていたんです。

朝からどんより空は曇り、まるでおうなの心を写したかのようなお天気でしたが、9時頃には雨も上がり、ほっと安心。
今日は休園日。 おうなは、砥夢くんの搬出の様子を見ることも許されず、家で何も手につかず、ただ時計ばかりが気になっていました。 

クレートの扉が閉められたとき、砥夢くんはどんなにか怖いことだろう。。。
砥夢くんの泣き声を聞いたリカさんは。。。
アフくんは。。。    媛ちゃんは怖がってないだろうか。。。  
頭に浮かぶのは、そんなことばかり。     本当にキツイ数時間でした。


おうなは、偶然てのはあんまり信じないというか・・・ 起こることには全て意味があるって思うタチなんだけど・・・
偶然じゃないようなことが起きました。

クレートに砥夢くんを入れる時間は11時。

部屋でボーっと過ごしていた時、ところどころ明るくなりかけていた空がみるみる真っ暗になって、いきなり激しい雨と雷。
砥夢くんがクレートに入れられようとしてる! そう思ったおうなが、時計を見ると10時45分。
外を見ると、とべ動物園の上空はねずみ色の雲で覆われ、激しい雨。

わたしは、声を上げて泣いてしまいました。
「砥夢 怖い思いさせて ごめんね。 砥夢 ごめんね。」
「リカさん ごめんね。」
激しい雨がリカさんと砥夢くんの涙に思えてしかたなかったんです。

気がつたら雨は上がり、またさっきと同じ曇り空。  11時15分になっていました。
クレートの扉を閉めなきゃならないキーパーさんは、どんなに辛かっただろうと想像したら、また涙。。。

もう、どうしようもないくらい泣いてばかりのおうなでした。


人間だけに与えられた能力それは、想像力。  楽しいことだけを想像するためにだけ使えたらいいのに・・・
でも、辛く悲しい思いをしているだろう相手を想像することができるからこそ、その相手を思いやって、人は優しくなれるのよね。


お昼過ぎ我が家を出発  午後1時30分動物園入口到着
道路から、砥夢くんを積んだトラックが遠くに見えました。
e0272869_0393349.jpg


砥部の地は小雨が降り続き、ゲート横で待ち続けました。
遂にトラックが・・・ 
e0272869_151675.jpg

ほんとうに、さよならしなきゃならない時がきたんだね(ノД`)
e0272869_0521816.jpg


砥夢は強い子だから、きっと大丈夫。
だって、あなたは、アフくんとリカさんの子どもだから。。。
1歳にもならない頃みなしごになったふたりは、遠くアフリカから何日も船に揺られて、トラックに積まれて、この砥部に来た子だもん。
ふたりは、試練を乗り越えて生き抜いてきた子たちだもんね。 
媛ちゃんも数々の試練を乗り越えて6歳になりました。
砥夢くん、お母さんと離れても頑張れ! あなたは、男の子 強い子なんだから・・・

e0272869_1145363.jpg

e0272869_0583091.jpg

                       4頭と一人のボクたちは家族




砥夢くんは多摩動物公園で、きっと人気者になりますね。
Kキーパーはとってもお優しい人だから・・   砥夢くんも大好きになると思う。  
強くてたくましいアフお父さんのようになるんだよ。
そして、多摩の地で
ボクの家族  
を作って、おうなたちに見せてくださいね(#^.^#)


おうなは、砥部にいるあの子たちが幸せに暮らしていけるように、これからも頑張るからね。

砥夢ありがとう

もうすぐ、27日午前2時になろうとしています。あなたを載せたトラックはどこをは走っているんでしょうか?
ドラえもんのどこでもドアが欲しい~

[PR]
by taketoriouna | 2012-11-27 01:54 | アフリカゾウ家族 | Comments(1)

砥夢くんへ  最後のおやつ

今日は穏やかな晴天  砥夢くんへ、最後の竹を運びました。

おうなさんは一日(/ _ ; )泣きどおし。。。
泣きすぎじゃー
皆さんに、砥夢くん砥部での最後の姿をいっぱいお見せしなきゃいけないのに、写真もまともに撮れてないんです。
ごめんなさい。
その上、涙でレンズまでくもり・・・  
実は、私がカメラに水かけちゃったんですけど(ーー;)映像がぼやけてる(/ω\)


e0272869_22491240.jpg

e0272869_22172769.jpg

今回は京都から奈良から、そして神戸から会員さんが竹取物語に参加してくれました。
遠いところ、本当にありがとうございました。  お疲れが出ませんよーに。。。

e0272869_22355861.jpg

e0272869_22362649.jpg


とべ動物園で産まれた可愛いふたりです。  
e0272869_22413822.jpg



砥夢くん!  あなたのことをずっと忘れないよ      砥夢くん、ありがとうね
[PR]
by taketoriouna | 2012-11-25 22:59 | 竹取物語 | Comments(2)

砥夢くん  ありがとうね

今日もたくさんの人たちが、砥夢くんを見にやってきてました。


砥夢!今まで本当にありがとうね(=^0^=)


あなたがお母さんに甘えてる姿  お父さんにじゃれている姿  媛お姉ちゃんと遊んでる姿
私たちに素敵な思い出を残してくれました。

あの囲われた柵の中に、人間と同じような家族の営みがあり、親子の絆があり、姉弟の仲睦まじい姿がありました。
あるときは母が厳しく躾をし、あるときは優しく包み込み、その姿に自分の母をそして家族を重ね、心が熱くなりました。


e0272869_0421667.jpg


e0272869_0451345.jpg

ふたりはいつも寄り添って・・・
e0272869_0453833.jpg

ご飯をお父さんに取られることわかってて、いつも近くに寄っていくんだよねー。  
砥夢くんひとりを見るとおっきくなったなーって思うけど、お父さんと並ぶと、あなたはまだまだ幼い子どもなのにね(/ω\)
e0272869_0455872.jpg

砥夢くんはお姉ちゃんが大好きです(^ω^) 

強くたくましいゾウさんになるんだよ
[PR]
by taketoriouna | 2012-11-25 00:52 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

砥夢大好きだよ

砥夢のアルバム第3弾



砥夢!あなたのことを一番心配してるのも・・・  
e0272869_0281254.jpg

砥夢は甘えるのも上手でしたね。
e0272869_0282525.jpg

お別れ会のときの椎名キーパーからのプレゼント 美味しそうに食べていたね。
e0272869_028371.jpg

きゃわいいー(#^.^#)
e0272869_0284684.jpg

あどけない砥夢  無邪気な砥夢     大好きだよ(^ω^)
e0272869_0285690.jpg

[PR]
by taketoriouna | 2012-11-24 00:38 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

今日のアフお父さんと砥夢

砥夢のアルバム第2弾ですよ



樫の木は美味しいおやつだけど、砥夢にとっては楽しいおもちゃにもなるんです。
e0272869_0595219.jpg


砥夢くん!お父さんに樫の木とられちゃうよ(><)
e0272869_102096.jpg


砥夢はお父さんが大好き  アフお父さんの砥夢を見つめる瞳が優しい(´ω`*)
e0272869_104025.jpg


砥夢は鼻の使い方がとっても上手。
e0272869_105249.jpg


みんな! また明日ね(#^.^#)
e0272869_17619.jpg

[PR]
by taketoriouna | 2012-11-23 01:29 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)

ボクのこと忘れないで・・・

砥夢のこと絶対忘れないよ!

あなたたち家族に出会って1年と4ヶ月。 あなたたち家族の存在は、わたしの中であまりにもおおきなものになってしまった。

おうなにとって、媛ちゃんは愛おしい存在。    いい子過ぎて、返ってそれが、私を切なくさせてる。
お母さんに叱られると、シュンとなってる媛ちゃんがいじらしいんです。   守ってあげたくなっちゃう。

それに比べて、砥夢はというと、お母さんに叱られても、すぐにケロッとしてる。 そこがまた、無邪気で可愛かった。
柵の向こうにいるお父さんに、いつももらったご飯をもっていくから、なんて砥夢は優しい子なのかしら。。
って思ったら、ただ、「ほーら、いいでしょ。でも、あげないよ!」って感じで、見せびらかしに行くだけなんです。
そんな砥夢のおどけた姿、もう見られなくなるんですね。

そんな、家族の姿をもう見れなくなるんですね。
多くの人に愛されていた砥夢が遠くに行っちゃいます( ; _ ; )

砥夢!今までありがとうね。
あなたの可愛い写真、みんなに見てもらわなきゃね。
                            
                             この表情、大好きなんです。
e0272869_19145996.jpg

                      プールはいつも大はしゃぎ  あどけなくて・・・   夢中で遊んでましたね。  
e0272869_19152382.jpg

                         お耳がおっきいよね。 ご機嫌なときは、いつもお耳パタパタ
e0272869_19154499.jpg

                   椎名キーパーのことが大好きなくせに、いうことをきかないやんちゃぶりが可愛かった。
e0272869_19205790.jpg

e0272869_19162693.jpg




もっともっと、いっぱい記録に残してあげとけば良かった(><)
26日まで毎日、砥夢の写真をみなさんに見てもらいますね。
[PR]
by taketoriouna | 2012-11-21 20:14 | アフリカゾウ家族 | Comments(2)

砥夢のお別れ会

砥夢 ありがとうね あなたのことが大好きです わたしたちは忘れない

この思いが伝わるようなお別れ会にしたくて、準備してきました。
精一杯の思いを尽くしました。

砥夢のお父さんお母さんが、辛く悲しい生い立ちだと知ったとき、媛ちゃんの試練を知ったとき、これ以上、あなたたち家族に辛い思いをさせたくなかった。。。   
でも・・・  ごめんね
あなたたち家族が全てを受け入れ強く生き抜く姿に、きっとわたしは、これからもたくさんの勇気をもらうことでしょう。



《砥夢くんお別れ会》

毎晩スタッフで内職、手作り動物ビンゴカードは240枚用意しました。
e0272869_1142545.jpg
 
ゲームは毎回大盛況o(^▽^)oです。  景品の手作りぬりえも好評でした。



椎名キーパーの砥夢の思い出語り  またまた泣けてきました。
かぐや媛もお客さんも砥夢がいなくなることは寂しいけれど、一番寂しいのは椎名キーパーなんだろうな(´;ω;`)


砥夢と一緒に多摩動物公園に持って行ってもらいたくて、3ヶ月前からイベントの度に、来園者の方々に書き綴ってもらったお別れサイン帳、
多摩の飼育員さんに託しました。

「これから砥夢のことよろしくお願いします。」
e0272869_11424012.jpg




ふたりの飼育員さんに、子どもスタッフからの花束贈呈

「椎名キーパー!リカお母さんをサポートしながら、こんなにやんちゃで愛らしく砥夢を育んでくれてありがとう」
「木崎キーパー!これから砥夢のことお願いします。寂しい思いはさせないで・・・」
心の中で叫んでいたおうなです。



かぐや媛子どもスタッフ和奏ちゃんから、砥夢へ お別れの手紙
e0272869_11435629.jpg

泣かせるんだ、これが。。。 会場の人の目からも涙が。。。

おうなは、もうすでに大泣き( ; _ ; )状態。


最後にゾウ舎前で、願いと感謝を込めてバルーンリリース。 
e0272869_21282656.jpg


今思い返すと恥ずかしいけど、風船を放つまえに、叫ばせてもらいました。
砥夢今までありがとうね。砥夢のこと大好きだよー。みんなに愛されるゾウさんになってね。砥夢~元気でね~
なんか、こんなこと叫んだような・・・ 
それも、涙で顔ぐちゃぐちゃにしながら・・・  旦那さんがひとこと「やっちゃいましたねー。」と呆れ顔。。。

e0272869_11444730.jpg


思い残すことはありません。   砥夢! アフお父さんのように強く生きて・・・ ただそれだけです。



お別れ会には、14名の方に協賛金をいただきました。
また、ホームページでお名前を載せさせていただきます。 ありがとうございました。

そして、内職、準備、当日のお手伝いに協力してくれたみんな~  ありがとうねー(^O^)
写真集『砥夢』を提供してくださった東芝さん、ありがとうございました。
椎名キーパーはじめ動物園職員の皆様、本当にありがとうございました。
動物園の方々のおかげで、こんなに素敵なお別れ会になりました。












 
[PR]
by taketoriouna | 2012-11-19 11:49 | かぐや媛 | Comments(2)

アフリカゾウ家族の物語が絵本に・・・(#^.^#)

11月9日 媛ちゃんが6歳のお誕生日を迎え、10日は動物園でお誕生会が開かれました。

椎名キーパーのゾウさんたちに対する愛情の深さは、一年傍で見てきて、よーくわかります(*´▽`*)
それにしても、毎回毎回椎名キーパーには驚かされる(@_@;)
今回の樫の木のリースも、本当に素敵でした。
e0272869_233781.jpg


ゾウさんのケーキ作り3回目のおうなも頑張ったんだけどなー。。。 (^^;
愛情の深さも、センスも、器用さも、到底かないません。

多くのお客さんに祝福され、お誕生会も無事終わりました。   


11月10日媛ちゃんのお誕生会のおめでたい日に・・・
遂に念願だったアフリカゾウ家族のことを描いた絵本 『ボクたちは家族』 が発行されたんです。
e0272869_23135288.jpg


けいこの描いた優しい絵が、きっと見る人を癒してくれると思うよ!  けいこ!ありがとうね(=^0^=)
e0272869_23204390.jpg


e0272869_23242226.jpg




とべ動物園に暮らしているアフリカゾウ家族のことを・・・  そして飼育係とアフリカゾウ一家との絆を・・・
家族愛を・・・  命は対等でありどの命も尊いということを・・・   伝えたくて。。。 

人間以外の命にも心を寄せてもらいたくて。。。



家族には、ドラマがある。それがアフリカゾウの家族であっても。
 だって、男の子だもん。でも、本当は寂しかったんだ。
    砥部の夢である「砥夢」と名づけられた3才の子ゾウは一人旅立つ。
    日本で唯一動物園で暮らすアフリカゾウ家族が、私たち人間に伝えたいこととは・・・


この物語は2009年3月17日に愛媛県立とべ動物園で生まれたアフリカゾウ雄の「砥夢」が東京都多摩動物公園に旅立つのを記念して作られた。
アフリカゾウの家族愛・飼育員とアフリカゾウの絆を通じて「命の尊さ」が描かれた感動を呼ぶ一冊です。     
                        愛媛県立とべ動物園園長  三 橋 英 二

たくさんの動物が動物園で暮らしています。
そして、動物園の動物は、キーパーと呼ばれる飼育員さんとともに、毎日を健やかに暮らしています。
キーパーさんのお仕事の様子や、動物たちの動物園に来ることになったエピソード、動物とキーパーさんとの関係、
そんな裏話を知って動物園を回ると、今までとは違った世界が見えてきます。
この絵本では、アフリカゾウ家族のことを紹介しています。ぜひ、この本を読んで、とべ動物園のアフリカゾウに
会いに行ってください。きっと、色々なドラマがあなたの目に飛び込んでくるはずです。

『ボクたちは家族』    全30ページ定価840円(税込)


近々、ホームページからご注文いただけるようにします。  ちょっと待っててね(^^;;
そのうち書店でもご購入いただけるようにする予定です(#^.^#)
 
[PR]
by taketoriouna | 2012-11-12 11:02 | アフリカゾウ家族 | Comments(6)

媛ちゃん6歳のお誕生会

        媛ちゃん6歳のお誕生日を迎えることができました(*゚▽゚*)


e0272869_2214470.jpg


媛ちゃん!お誕生日おめでとう。  媛ちゃん、まだまだ子どもなのに、あなたは色んなことを乗り越えてきたんだよね。    
あなたのお誕生日をこうして間近でお祝いできて幸せです。

最近、あなたの小さい時の映像を見ました。 お母さんのオッパイを知らないあなたは、何度も何度も柱のところに駆け寄って、飛び出た金具をチュウチュウ吸い続けていました。 
話には聞いていたけど、実際の映像で見たわたしは、号泣してしまったのです(><)

6歳になった媛ちゃん! 今は幸せですか? 
いつも控えめで、ときどき、お母さんに叱られてしょんぼりしてるあなたを見ると、抱きしめてあげたくなっちゃう。
30分の1くらいの大きさだったらなー。。。


昨年、あなたのお父さんお母さんの生い立ちのこと、あなたが乗り越えてきた数々の試練、そしてもうすぐ訪れる家族の試練、
それらのことを知ってから、あなたたち家族の幸せだけを願ってきました。

何もできてなくて、ごめんね。。。    
 

あなたたち家族のことを多くの人に知ってもらうこと、お誕生日を盛り上げることくらいしかできないや(><)

お誕生会は、みんなでお祝いのケーキ作りと、ゾウさんクイズ大会、媛ちゃんにケーキのプレゼント。


親子でバースデーケーキ作り
e0272869_2244583.jpg

10組の親子に参加していただきました。  みんな、とっても楽しそう。
e0272869_2253968.jpg


e0272869_2273870.jpg

それぞれ、自分で作ったケーキをプレゼント(o^^o)  ゾウさんのこと大好きになってくれたかなー。。。

e0272869_22102899.jpg

みなさん、ありがとうございました(#^.^#)
[PR]
by taketoriouna | 2012-11-11 22:30 | アフリカゾウ家族 | Comments(2)

砥夢くんの移動日が発表されて・・・

砥夢くんの移動日が今月26日に決まりました。
あと20日余りしかないんですね。

今日は色んな砥夢の姿を思い浮かべながらの竹取りになりました。

お母さんのオッパイを吸うときの安心しきった砥夢の表情。
笑いながら、椎名キーパーを追っかけている砥夢。
スイカを見つめている砥夢。
媛おねえちゃんと泥遊びしている砥夢。
ウンチを撒き散らしている砥夢。
お父さんにじゃれついている砥夢。

あ~こんなこと考えてたら、ウルウルしちゃって・・・  あなたが居ない光景を、涙なくして見られるようになるには、どれくらいの時間が必要なんだろう。。。

何でも先走りのおうなさん!  まだ、砥夢くんは家族と一緒にいますから(><)
我が子のように可愛がっていた甥っ子が、大学進学で遠いところに行っちゃうような、そんな叔母さんの心境かしら!
喜ばしいことなのに、心配性の叔母さんは、
向こうで一人で大丈夫かしら・・・
ご飯はちゃんと食べてるかな? お友達はできたかな? みんなに愛されているかな?
心配で心配で・・・  行った本人は、自由を謳歌してたりするんだよね。  

                              砥夢もそーなってね。


いけないいけない感傷的になりすぎて、仕事にならない(☆・☆);



今日の竹取りは、一般参加者最後の砥夢くんエサやり。
e0272869_23645100.jpg

子供たちには、お父さんと一緒に大きな竹を切って、とっても楽しそう(^0^) 
30分もしないうちにオバサンたちは言葉数も少なくなり、ただひたすら枝落とし。。。
e0272869_2335431.jpg

本日も軽トラック山盛りの竹採取完了です(^^)v



e0272869_23154163.jpg

そして、ゾウさんたちにエサやり。
みなさん、こんな体験ができるなんて・・・って、大変喜んで頂きました(^^)
e0272869_23204720.jpg

今日もありがとうございました。。。


で、その後14時からは、カバ・サイにペレット贈呈。
かぐや媛は、動物園から、またまた感謝状をいただきました。
で、特別にカバ・サイにエサやりも、参加者全員で体験させてもらったんです。
e0272869_23251436.jpg


私たちなんて、たいしたことできてないのに・・・      動物園の皆さん、ありがとうございます。
[PR]
by taketoriouna | 2012-11-03 23:47 | 竹取物語 | Comments(0)