「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

かぐや媛のホームページ


    この『いきものがたり』は かぐや媛http://www.kaguyahime.org/ のブログです。


e0272869_1251265.jpg
[PR]
by taketoriouna | 2012-04-30 12:53 | かぐや媛 | Comments(0)

心も身体もリフレッシュ

山に行ってきました(^0^)
標高1000mちょっと。 途中まで車で登ったから、歩いたのは2時間くらいでしたが、ほどよい疲労感。
こういう疲れは気持ちいいよね。



e0272869_22282622.jpg
e0272869_22333548.jpg

新緑の黄緑、透きとおった湧き水、岩の隙間に咲いたタンポポ、聞こえるのは鳥の囀り、風に揺れる木々、心も身体も癒してくれる自然が山にはあります。

ある哲学者の言葉  『自然に従う者自ずから栄え、自然に背く者自ずから亡ぶ』 

自然と対立せず、自然と共に生きてきた日本人。
自然に対する畏敬の念を持ち、謙虚であった日本人。

おうなの中にもその遺伝子があるかな~  
ホントに山は季節ごとに色んな表情を持ち、山に行くと包み込んでくれるような感じに心の棘は抜かれ、優しい気持ちになれる気がするし。

おうなより何百年も生きてきたのであろう大木を見ると、人間なんてちっぽけな存在、何をあくせく生きてんだろ!なんて思ったり。




今日も、少しだけ自然の恵みを頂いて帰りました。  本当に有難い。
昨日は筍をたくさん届けてもらい、今朝は釣りたての鯵とメバルが届き、それに山菜。
今夜も自然の恵みいっぱいのお夕食でした。 ありがとうございます。


が・・・ここでひとつ、一言申したい。

たらの木を何本も、のこぎりで切って芽を採った輩がいるということ。
こんな採り方したら、枯れちゃうでしょ(><)

e0272869_2253980.jpg




本当に、ありがたい、いただきます。という気持ちを持って、生かす採り方をして欲しいものです。
そうしたらまた来年も、美味しい芽をつけてくれるのだから。。。
自分さえ良ければ・・・ってのは、もうそろそろ止めようよ。

春の芽吹き。 寒い冬の間土の中でじっと我慢して、暖かくなったぞ!さあ芽を出して、これからいっぱい子孫をのこそうと太陽の下に顔をだした子たちを、私たちはいただくのです。
他の命をいただくのです。  感謝の気持ちを、もっと持って欲しい。
そして、むやみやたらに採るのではなく、食する分だけ採らせてもらう。 





人間も自然界の一部。自然の中で生かしてもらってるのだから、他を生かすことしないと。
おうなの好きな本『奇跡のリンゴ』の一節。
「リンゴの木はリンゴの木だけで生きているわけではない。周りの自然の中で生かされている生きものなわけだ。 人間もそうなんだよ。人間はそのことを忘れてしまって自分一人で生きていると思っている。」

人間は自然界のものに身も心も助けられ生きているんだもんね。


e0272869_22535499.jpg














e0272869_2258444.jpg



追伸:
最近は自然の中で遊ぶ子供が少なくなったなーって、寂しさをかんじていました。
竹取物語の活動の中で、子供達が山に入って、竹を切り枝を落とし、そんな単純な作業も、初体験の子供が生き生きとした表情でやってるのを見ると、おうなは嬉しくなるんです。
今日、山を下ってたら、3家族が沢で遊んでいまして・・・
な!なんと、かぐや媛の副会長一家ではありませんか(^^)  さすが、素晴しい!
子供はこういうところで遊ばせなきゃですよ。
[PR]
by taketoriouna | 2012-04-29 23:33 | Comments(0)

自然のちから

今日は穏やかな暖かい一日でした。
心までまあるくまろやかになるような感じの一日。
山の木々には新芽が芽吹き、濃い緑の中に新緑の黄緑色が所々に混じり、ホントに綺麗。

『忙しい』って、心を亡くすと書くけれど・・・
忙しすぎると、そんな四季折々の自然に目をやることさえ忘れてしまいます。
おうなのおうちはマンションだから、地植えの草花のようには色とりどりってわけにはいかないけれど、
今年も梅の盆栽の片隅に、すみれが花を咲かせました。
冬に全て葉が落ちていた渦紫陽花の若葉も日に日に大きくなっています。
枯れちゃったと思ってたハイビスカスも、新芽を出してる!嬉しい~(^-^)

心を亡くし、心が疲れたとき、癒してくれるのはお薬じゃない、自然界の花や木々や動物ですよね。
心を亡くし、身体が疲れたとき、身体を癒し元気にしてくれるのも、自然界にある旬の美味しいものじゃないかしら。
美味しいものを食べると、幸せ~っていうじゃない。

今日は色んな意味で、幸せ~をいっぱい味わいました(^^)

食べましたよー。今夜は旬の味覚づくし。 筍・いたどり・蕨・たらの芽 うま過ぎ!

自然からの恵みを「ありがたいねー。」って夫婦で言いながらいただきました。

ホントは、春を感じるだけ少しだけいただき、心と身体を浄化すればいいんだけれど・・・
ついつい、いつもの癖でいっぱい作り過ぎちゃいました。
 
   ↓ これはほんの一部 (><)   食べ過ぎちゃいました。

e0272869_2295985.jpg

 
[PR]
by taketoriouna | 2012-04-24 22:12 | Comments(4)

我が家の生き物語り

このところのゴタゴタで、ブログを書く気にもならなかったのに・・・
ちょっと調子取り戻してきたかなっ(^^)

先のこと心配したところで、なーんにもならない、ただ吹き出物を増やすだけだと悟ったおうなは、
目の前にあることを、たんたんとこなすことに・・・。

ブログを読んでくださっている方から、多くの励ましのお言葉、応援してるからって頂いて
下向いてちゃいけない。   ありがとうございます。

おうなは、さすが典型的なB型。ドーっと落ち込むけど、開き直り立ち直るのが早いんです。

本日は我が家の生き物語。
冬の間は、お世話がいらなかった子たち。今は大忙しです。

めだか各種7匹、一匹15円で買った金魚・現在体長12センチが2匹(フナか!って感じ)
この子たちは、ベランダの水槽で、あの凍てつく冬を無事越しました。

室内の水槽には、去年の極暑を生き残ったネオンテトラ2匹、コリドラス3匹、
怪物のように成長したアルジータ体長11センチ。

なんといっても、1999年突然我が家に居たゴンちゃん。
どう見ても、この子はクサガメとイシガメのハーフなんじゃないかなー。

ゴンちゃんのお世話が大変。
この子は絶対普通じゃないよ。自分はこの家の家族だと思ってる。
水槽プールと部屋を自由に歩き回れるようにしてるから、水槽のお掃除、水換えが大変なわけですよ。
カメの子たわしで、ゴンちゃんの甲羅も洗わなきゃいけないし。

e0272869_120683.jpg

ゴンちゃんは、歩き方、使い分けるんです。朝夜明けとともに起き、6:20頃から廊下を足音??を
たてながら、何往復も・・・私たちが起きるまで、ゴンゴン音させて歩くの。
起きたの確認したら、自分はプールでプカプカ。
早く起きないと遅刻するよーと言わんばかり。使命感持ってるんです。

昼間おうなが居るときは足元でじーっとしてるか、ベランダで日向ぼっこしたり、プールで泳いでます。

夜、お風呂のお湯を溜めはじめると、どこにいても、そそくさと寝室で待機。
おうなが素足で寝室に来ることがわかっているの彼は・・・。
で、おうなの足を追っかけて遊んで満足したら、またフラフラお部屋を徘徊。

布団敷いて電気消すと、どこからともなく現れて、おうなの布団に潜り込んでくるんです。
これ聞いたら、みんな引くよねー(><)   そうなんです。カメと一緒に寝てるんです。
それも・・・  
おうなの胸の上に登って・・・登るほど高くはないのですが・・・どうもこの骨ばった胸が母カメの甲羅だと
勘違いしてるんじゃないかしら。
ゴンちゃんが寝入ったの見計らって、下に置くんだけど。そうすると、ピーって鳴くんです。
カメが鳴くんだよ。信じられないでしょ。


愛いっぱいで接していると、もの云わぬ動物カメでさえ、こんなに懐いちゃうんです。
飼育員さんと媛ちゃん、こんなもんじゃないんだろうなー。

e0272869_1202997.jpg

ずーっと一緒に居たいよね。。。  
[PR]
by taketoriouna | 2012-04-23 12:02 | Comments(0)

出会いは必要必然ベスト

人の生き方、考え方、ものの見方を変えてしまう出会い。
それは、人であったり、一冊の本であったり、映画であったり、自然界のものであったり。
おうなの場合は、すべて当てはまるんですけど。

映画ガイヤシンフォニーは、何かしら、おうなにこころの変化をもたらしたと思うのです。
今、何作目になっているのか知らないけれど、10年ほど前に観たんです。

今でもはっきり覚えているのは、もちろんアフリカゾウ保護施設のダフニーさんとエレナ、そしてダライ・ラマ
佐藤初女さん。
この3人は強烈に印象に残っているんです。

おうなのものの考え方に大きく影響を与えたのであろうダライ・ラマ。
『人間は素晴しい知性があるからこそ、遠い未来のことを想い、計画し変革していくことができる。
どんなに小さく見えることでも、すべては地球規模でつながっているのです。』
それくらいしか覚えていませんが・・・

2009年11月に、ダライ・ラマは松山に来られました。
その時の講話の内容を書き記したメモを探し出して、今あらためて見たとき、
今のかぐや媛の活動の根底にあるもの、このダライ・ラマの言葉にあったのだと驚きました。

『人間の中の自分さえ良ければという考えが、現在抱えている社会問題・環境問題を引き起こしている。
一人一人が他のことを考え、愛と思いやりに満ちた言動が最終的に自分をも幸せにする生き方になる。
社会生活を営むということは、自分一人で生きているのではない。
動物が私たちに心を開いてくれるのは、私たちが心からの愛をもって接しているからである。
心の美しさ、内なる美しさ、心の智慧を用いて、自分も相手も命あるもの全てが幸せになって欲しい。』
このようなことを、書き留めていました。
この部分だけを書き留めていたということは、おうなの中に、既にこのような想いが潜んでいたのかもしれません。

この半年、忙しくバタバタと走ってきたけど、
フッと『なんでこんなにもゾウさんのこと、動物のことに必死になってんだろう?』って
自分でも不思議に思うことがあるんです。

自分も相手も命あるもの全てが幸せになって欲しい。
人間と自然・動物が共に幸せに生きられる未来のために・・・かぐや媛の想い。おんなじじゃん(><)

人はみんな人生のシナリオみたいなものを持っているのだと思います。
その時は、自分が気づいてなくても、後になって振り返ったとき、シナリオどおりの出会いをし
シナリオどおりになっていたんだと気づくのかな。
ダライ・ラマとの出会いも、ゾウさん家族との出会いも
おうなの人生のシナリオの中に登場するようになってたんだろうなーって。。。


e0272869_21234921.jpg


GWはお山へ行こう! 自然の中にいると、心も身体も浄化されるの。
心の美しさ・内なる美しさ・心の智慧を得られますように・・・・
[PR]
by taketoriouna | 2012-04-22 21:50 | Comments(0)

オレンジデーは竹取り

昨日4月14日はオレンジデーだったとか・・・
恋人同士が愛を確かめ合い深める日 なのに、かぐや媛は早朝から竹取り。

おうな達は、密かに筍がそろそろ出てるんじゃないかと・・・ 
やっぱり、恋より食い気のお年頃。 
しかーし、指導員さんに「ここは、破竹だから、まだ先だよ」と聞き、がっかり↓

前日の大雨で、竹薮の葉っぱから落ちる雨滴で、指導員のおじさん達はずぶ濡れ状態。
本当にご苦労様です。
竹薮の中から「おうなさーん!口ばっかり動かさないで、働いてくださいよー」と檄をいただき・・・
口もですが、ちゃーんと手も動かしてますよーだ。。。。

11時30分竹採取現場出発。 車5台連なって、いざ動物園。
さと山を下る道路は菜の花と桜で、ほんとに綺麗。心が洗われる。

子ども達にも、自然のなかで季節の移り変わりを肌で目で鼻で耳で感じて欲しいなー。
それが、自然と共に生きてきた日本人の文化。

外国人は、桜を見てもあまり感動しないらしい。ぼーっとした色で、風ですぐ散っちゃうし、道路の掃除が大変という印象しかないと聞いたことがある。

それに比べて日本人は
桜の花が一気に風に舞う姿を『桜吹雪』  ⇒遠山の金さんを思い浮かべないでよ。
桜の花が水面に浮いて流れる姿を『花筏』
桜の花が遠方に群がって咲く姿を『花霞』
そんな言葉で、花の色んな姿に風情を感じてきたのです。 まあ、なんてステキかしら。

と思いを巡らせていたら、動物園到着。
今回参加してくれたお子ちゃまはY君5歳。動物園のゲートをくぐるなりスキップだよ!スキップ!
大人になったら、スキップするような楽しい事って、ホントなくなっちゃうでしょ。
たぶん、おうなはもうスキップができない気がする。
Y君のスキップする後姿に、このこども達の楽しみを絶対なくしちゃいけないと、心に誓うおうなでした。

採取した竹を山盛り積んだ台車を押す姿も可愛かったなー。竹の束に頭も隠れて、前が見えてない(><)
竹をとりあえずレッサーパンダ舎とゾウ舎にお届けして、お待ちかねのお弁当。
Y君の笑顔におばさま達はメロメロ状態。

1時からのゾウさんエサやり・飼育員さんとのお話・記念撮影。

が、しかーし、おうなは〇〇さんの説明をお聞きするため、〇〇室へ・・・
後のことは、他のスタッフにお任せして・・・
おうなは気をしっかりもって、穏やかに冷静に・・・ すぐキレて顔に出ちゃう性格を抑えないと。

公の施設のことだから、全て受け入れるだけなんだけど。。。。

〇〇室から出ると、さっきまで曇っていた空は全く雲もなく晴天。嘘みたい・・・
ここ数日のおうなの心の中のモヤモヤも、この空のようにスッキリ。
と言いたいところだけど、すぐにはねー・・・。
決まったことはしゃーない。 次のことを考えようっと(^^)

e0272869_14453860.jpg

e0272869_14473528.jpg

                             なんか、いい写真でしょ。 飼育員さん、いつもありがとう。

e0272869_14475710.jpg

                             なんで二人だけ、満開の枝垂れ桜の下で記念撮影してんのよ~(><)
                               おうなも、入れて欲しかったなー。
[PR]
by taketoriouna | 2012-04-15 14:38 | 竹取物語 | Comments(1)

ブログのお引越し

 
  かぐや媛のブログ 『いきものがたり』 近々お引越しします。
  アメブロさんで不具合が生じまして、過去の写真がみるみるうちに消えて行く。
  あんまりじゃん。意味ないじゃん。
  
  というわけで、お引越し。
  過去のブログを移し変えたいのですが・・・  なかなか・・・
  どうやるんだろ???
  
  今後とも宜しくお願いします。
  こちらでは、写真消えないでよ~

    
  
[PR]
by taketoriouna | 2012-04-09 20:44 | Comments(2)