「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:おうなの日記( 97 )

仕事の流儀

「プロフェッショナルに出てた飼育員さんですか?」
5歳くらいの男の子が嬉しそうに駆け寄ってきた。
ゾウさんとお友達になっている飼育員さん。 椎名キーパーはHEROなのだ。

e0272869_12561248.jpg

プロフェッショナル 仕事の流儀
動物と向き合うプロたち 命をめぐるプロたちの物語 が1月30日に放送されました。

自分の仕事に対して
常に向上心を持って
知識があって、技術を磨き、経験を積んできたプロたち。
命と向き合うその姿には、何よりも動物を愛する気持ちがあり、命の重みを誰よりもわかっている。
「命の前でフェアでありたい」「助けたい」「死なせたくない」「幸せに暮して欲しい」
その強い思いがこの方々をプロフェッショナルにしたのだろう。


e0272869_13121080.jpg

椎名キーパー!登場。もっと見たかったというのが多くの感想だったが。。。
確かに、レジェンドと呼ばれる飼育員とゾウとの物語は、あんなものではないよなあ。

「ゾウの飼い方は直接飼育が一番いいと思っている。」とおっしゃってる椎名キーパー
とべ動物園が直接飼育ができているのには、ここまで築き上げた人間と動物の種を越えた絆があるからこそである。
数々の試練を共に乗り越えてきた月日を、あの短い時間では語り尽くせないだろうな~と思った。


作業中もずっと、ゾウたちに話かけながら仕事をされている姿が映った。
動物たちは生きてる命、感情もある。

そこにお前たちがいることをいつも見ているよ、感じているよ。


e0272869_12553380.jpg

以前、黙々と草引きしている椎名キーパーに質問したことがあった。
「草引きは若い子たちに任せたらいいんじゃないですか?」

e0272869_12552287.jpg

「いいんですよ。モートは挟んでいるけど、いつもゾウさんたちを見ることができるし、あの子たちが自分を感じてくれるから。お客さんも声掛けやすいだろうし、草引きまでできて一石三鳥も四鳥もだから・・・」
椎名キーパーのゾウさんに対する深い愛情が伝わってきた。

e0272869_12562512.jpg
ゾウさんが自分を感じててくれる。
「いつもお前たちの傍にいるよ。」椎名キーパーの心の声が聞こえてきそうだった。

e0272869_12551544.jpg

知識も必要だろう。技術も必要だろう。
知識と技術があって、経験を積んだら、椎名キーパーのようになれるのか?
おうなさんは違うと思うんだよね。
何よりまして、ゾウへの愛情の深さなのではないか!
彼らを幸せにしてやりたい。ソフト面で最高のサポートをしてやりたい。
そう思うからこそ、誰よりも努力されてきたのだろうし、
ゾウさんの傍で少しの変化も見逃さないよう見守って来たのだと思う。

番組の中で、他園の方が椎名キーパーのことを
「ゾウに認めてもらった・・・」と表現されていた。
動物は人間を見ている。心を読んでいる。人間に順位をつけている。
知識と技術だけでは、掃除をしてご飯を与えてくれるだけでは、認めてはくれないような気がする。

海外の動物園ではゾウの飼育方法が変わってきているようだけど。
とべだけは、今の飼育方法を続けて欲しいなあ。
人間に心を開いた動物の姿。飼育員と動物の間に育まれた愛の姿に感動し、見る者の心をあったかくしてくれるんだもん。
そして、家族、親子で暮らすゾウ。 
家族、親子、姉妹の愛がいっぱいなところに人は感動する。


e0272869_12555874.jpg

どうやったらゾウたちが幸せでいられるのかをいつも考え、ゾウと共に生きたいと言われた椎名キーパー。
2011年初めて椎名キーパーにお会した時に聞いた言葉
「強制ではなく共生だと思っている」
従わせようではダメなのだ。
実際、手かぎを持ったキーパーさんたちの姿をおうなさんはほとんど見たことがない。
掃除をしていても、ゾウさんのほうからコミュニケーションを取ろうと寄ってくる。

「手伝ってくれなくてもいいよ。ありがとう。」
そんなこと言ってるのかな。。。

e0272869_11353051.jpg

ゾウをひとりの人格(ゾウ格)を持つ命あるものとして尊重し、そして、自分もゾウに認めてもらえるよう努力して、
共に生きる。
かっこ良すぎです(*^^)


4人のプロに共通していたことは、相手が動物であっても常に相手の立場になるということだろうか。
キリンの飼育員さんの流儀は。。。  「キリンに、なる。」と言われていた。
前々から思っていたが、椎名キーパーはゾウになってると思う。
ゾウの気持ちになり、ゾウの立場になっているよね~。

e0272869_00085713.jpg

獣医さんがぼそっと言われた一言が心に残っている。
「お察しします。」
これこそ、想像力を働かせ、相手を思いやった最高の言葉だったように思う。
息を引き取った愛犬を前に、悲しみに暮れる飼い主さん。末期ガンで3カ月にもおよぶ抗癌剤治療を傍で見ているのもお辛かったと思う。
その気持ちにそっと寄り添った言葉。
動物の命を救う技術もさることながら、相手の立場になり、動物の気持ちや飼い主さんの気持ちを思いやることができる獣医さん。
この1匹の小さな命が、この家族にとってどれだけ尊く大切なものだったのか、獣医さんはわかっている。


e0272869_13035254.jpg
先日、アジアゾウの太郎さんの命日にリンゴが届いていた。
一人のお客様のお気持ちを大事にする動物園であって欲しいと思う。

何年経っても、命日を忘れない。その方にとって太郎さんは子どものような存在だったのかもしれません。
動物園の動物のことを家族のように思っている、見守っている方々がいらっしゃることを忘れてはいけない。

e0272869_10333339.jpg


「あそこに行けば、何か温かいものを感じる。動物にも人にも愛を感じる。」
全国から、行ってみたい、また行きたいと思われる動物園て、いいなあと思う。

それは、かぐや媛のゾウさん基金に寄付してくださる方や、賛助会費を納めてくださってる方々も同じ。
かぐや媛にゾウさんたちの支援を託してくださっていると思うと、その思いを大切にしなきゃと思うのです。




[PR]
by taketoriouna | 2017-02-10 10:26 | おうなの日記 | Comments(0)

みんながハッピーに・・・

新年を迎えて。。。

世の中の社長さんて、きっと新年に色んなこと考えるんだろうな。
経営のこと、社員のこと、まだまだいっぱい。
おうなさんは社長さんじゃないけれど。やっぱり、色いろと考えます。

こんな時にはゾウさんに会いに行こう!


e0272869_10122567.jpg

10時前、ゾウ舎前には、おうなさんみたいに一人でゾウさんを眺めてるおば様がいるだけ。
ゾウさんにお話してるのかな~。。。

媛ちゃんは私を見つけると、スタスタと寄って来て鼻を振り上げた。
でも、飛んできたのは少しの砂が混じった鼻息だけ。
「媛ちゃん! 私にまで砂かけるん? いい子にしとかないと・・・ 砂かけ媛ばばあと呼んでやる!」
「へへへ」と知らんぷりして踵を返したかと思ったら、いきなり振り向いて二度目の砂かけ。
欲求不満なのはわかるけどさ~。
ウンチや木切れが飛んで来たら、さすがにお客さんの中には怒る人もいるんだろうな。
飼育員さんたちもちょっと困ってます。 ウンチをしてたら、すぐにお掃除です。

e0272869_10141936.jpg

年末に訪れた時は隣にいたお客さんが
「あの子は意地が悪いから、気をつけて。」なんてことを言っていた。
違うんです。あの子は遊んでるだけなんです。お客さんがキャーって逃げるのを楽しんでるだけなんです。

e0272869_10094855.jpg

「媛ちゃん。。。 本当はいい子なのに」
いたずらばかりしてる子にどのように話せば伝わるんだろ。
悶々としていると、リカさんが媛ちゃんの傍にすーっと寄って、何やらお話しているみたい。


e0272869_10100146.jpg
不思議とそれからは、媛ちゃんは鼻ビュンをしなくなったのです。
リカお母さん すげ~!

リカお母さんにはおうなさんの心の声が聞こえているのかも・・・
ゾウさんたちは人間より優れた能力をいっぱい持ってると信じ切っているおうなさん。

また、おバカなことを考えたわたくしめはお部屋の方の壁際にいたリカさんに
「リカさん 私の心の声が聞こえているのなら、こっちに来てお鼻をあげてみてよ。」

すると、どうでしょう。 リカさんが近づいてくるではありませんか💦

e0272869_10210514.jpg
そして。。。


e0272869_10215836.jpg
ぎゃ~!もうぶっ飛びそうでした。
で、こうやって想像力豊かなおうなさんは、ゾウさんと1時間余り遊んで

e0272869_10300899.jpg

「リカさん、どうしたらいい? リカさんたち家族とかぐや媛のみんながハッピーになるために、何ができる?」
「動物園さんと利用者さんが喜ぶこと、何ができる?」
と、聞いてみたけど・・・(-_-;)

いや~ ホントに悩んでます。


e0272869_10312120.jpg


動物園から帰ろうとしたとき、ひとりの男の人が何かを食べながらゾウ舎の柵のところまで来て、
媛ちゃんに食べ物を投げるようなそぶりをして、自分の口の中に・・・

案の定、媛ちゃんは

e0272869_10533564.jpg

砂かけ媛ちゃんになってました('◇')ゞ



先日のかぐや媛の近場の会員さんたちの新年会。
アフリカゾウに特別な思いがあるわけでもなく、高い年会費払って、イベントや芋掘りに駆り出されているみんな(;´・ω・)
いつも、ありがたい、申し訳ないと思っているよ。 感謝の気持ちはいつも持ってるよ。

遠くの会員さんにも、なにもできてないし。このままでいいんかな~といつも思っています。

e0272869_10453217.jpg



「わたしにくっついてたら、良かった~!って日がいつか必ず来るから。」と、平気で言い切ってるおうなさん。
「いつ、来るんですか?」
「それは・・・」

抜けるに抜けられなくしてるよね~
でも、感謝をなにか見える形にと思い続けています。きっと、みんながハッピーになるから。待ってて!
「ぞうさんの恩返し(*^^)v」

Give&Given 与えるから与えられる。 みんな~!まだしばらくはギブギブ精神でお願いします。我慢のとき。


e0272869_11225522.jpg


本当にどうにかせにゃ~! この時期は毎年、この1年どーするべと悶々としているおうなさんでありました。
ゾウさんたちからも、みんなからも必要とされるかぐや媛に。
あなたに出会えて良かったと思われるおうなさんに。



あっ! 北本キーパー ご結婚おめでとうございます。
北本キーパーはハッピー♡ オジサンオバサン達に突っ込み入れられてましたが、幸せそうだったな。。。

う~ん 幸せそう。。。
e0272869_11021180.jpg



[PR]
by taketoriouna | 2017-01-19 11:56 | おうなの日記 | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます。

かぐや媛の仕事始め。動物園に新年のご挨拶に行ってきました。
「みんな~!今年もよろしくね。」

e0272869_21333182.jpg


「リカさん、かぐや媛に何してもらいたい?」聞いても答えるはずもなく。。。
何しましょうかね~

e0272869_21381948.jpg

椎名キーパーと少し打ち合わせをして

こんなにも楽しそうなゾウさんたちの顔を見て
この笑顔がずっと続きますようにと願いながら。。。  それにしても、すげ~笑顔じゃ


e0272869_21393842.jpg


この後、砥愛ちゃんは、どうしても我慢できずにバナナをパクリ(;^ω^)
「こりゃー」
お客さんは大笑い。動物園で初笑い。 こいつぁ春から縁起がいいや~

バナナをクンクン鼻で匂った瞬間、パクリとやっちゃった砥愛ちゃん。
一瞬のことで、見た瞬間、笑い過ぎちゃって、またしても大事な場面のシャッターを切れてなかったんです。ごめんなさい。


そこにあったはずのバナナが1本消えてます。



e0272869_21541458.jpg
e0272869_21563811.jpg

今年もゾウさん家族の応援、よろしくお願いします。

おうなさんもみなさんに可愛いゾウさんの写真、面白いエピソードがお届けできるよう頑張ります。
また、今年一年お付き合いくださいまし(*^^)






[PR]
by taketoriouna | 2017-01-04 22:07 | おうなの日記 | Comments(0)

2016年は忘れられない一年に・・・

2016年も残すところ24時間を切りました。
この1年も突っ走ってきたおうなさん。  色んなことがあり過ぎて・・・色んなことをやり過ぎて・・・(;^ω^)
結構、しんどい1年だったんですけど。
 
喉元過ぎれば・・で、
来年はどんな新しい取り組みをしようかな~!  (´∀`)あはは
すでにワクワクしている大晦日です。

今年1年、写真でゾウさん家族のことを思い出してくださいね。アフお父さんのことを忘れないでくださいね。
そして、来年もゾウさん家族とかぐや媛を応援してください。


e0272869_00365988.jpg
e0272869_00374583.jpg
e0272869_00383531.jpg
e0272869_00352963.jpg
e0272869_00391077.jpg
e0272869_00385125.jpg
e0272869_00372699.jpg
e0272869_00364677.jpg
e0272869_00352103.jpg

かぐや媛も10月で6年目に突入しました。
10月30日動物園の日に、渡邉園長から感謝状をいただいたんですよ。
竹取物語の日だったから、長靴姿💦 失礼しました。

e0272869_00460925.jpg
e0272869_00463206.jpg

今後も、少しでも動物園のお役に立てる活動を続けていきたいと思っております。


28日今年最終営業日、ゾウ舎に着くとすぐに、リカお母さんと媛ちゃんが近寄ってきたんです。
「今年もありがと。来年も頑張ってちょーだいね。」って言われたような気がして・・・

e0272869_01085538.jpg

はい(゚д゚)/ ゾウさん家族のために身を粉にして働かせていただきます。

皆さま この1年ありがとうございました。 来年もよろしくお願いいたします。


[PR]
by taketoriouna | 2016-12-31 01:26 | おうなの日記 | Comments(0)

サツマイモにあっぷあっぷの日々がやっと終わりました!

ゾウさんたちがお鼻をなが~くして待ってるから。。。 頑張る!


e0272869_14242891.jpg
毎日毎日、お芋と格闘した1カ月。
身も心もキツかった!


e0272869_15092006.jpg
30日間、畑に出なかった日は宇和島に帰った二日だけ。
雨が降ったらお休み(^^)と思っていたら、じぇんじぇん雨が降らない。
神様が応援してくれてるのか、試練をお与えになっているのか・・・
日が暮れる頃、雨が降り出して大急ぎでお芋を小屋に運び、家路につく頃には結構な雨。夜中さんざん降って、次の日朝には雨が上がってるんです。
あー 今日も畑行かなきゃ!そんな日の連続でした。
そんなおうなさんに同情して、今回お手伝いに来てくださった皆さんに感謝です。
来てくれなかったら、間に合いませんでした( ノД`)  ありがとうございました。


e0272869_22493619.jpg

通りがかる農家のオバサンが
「掘り切ったね~。よー頑張ったわい。真夏の暑い日中も草引きをしよる姿をおばちゃんは見とったで~。
でも、田んぼあとで作るサツマイモは美味しない言うけど、味はどんなで~?」
「おばちゃん!ゾウさんはマズいなんて文句言わんで食べてくれるけん、いいんよ。」
と笑顔で答えたおうなさんでありましたが・・・

数日後。。。

椎名キーパーが
「芋の食べがいまひとつなんですよ!」
「え~!それってまずいってことですか???」 こんなに苦労してるのに・・・(><)
「はー↘ボクの口からはなんとも・・・ ゾウさんに聞いてみてください。砥愛ちゃんは、前にも畑で採れた人参もらったけど食べなかったでしょ(ニッ^▽^)」
またまた、おうなさんの負けず嫌いのバーナー点火。
「無農薬化学肥料なしの本来のサツマイモや人参の味がわからない、好き嫌いするわがままなお子ちゃまにになっちゃって!」
「食べるものがなかったら、食べてますよ。」
「グルメなとこ、よく似てるんですね。」
あちゃー!(><)

この会話を文字だけで見たら、なんともまあ険悪ムードですが。
みなさんご心配なく。椎名キーパーと決して仲悪じゃないですからね。
そうか~。。。 マズいとは言わなくても食べないって抵抗があるんだ!


確かにこの子達には全国から美味しいものがいっぱい届いていますからね~。
あまり美味しくないお芋だったんなら、ごめんね。


e0272869_14582229.jpg

今年のお芋は、あの土の状態見たら、確かに美味しくなかったのかも!でも、できたお芋は収穫しなきゃなんないし。

降参することはいつでもできたのに。
そこがおうなさん(;^ω^) たったひとりになったとしてもやってやる!
やだな~ ほんと可愛くない性格なんです。

「無理~💦 できなかったんですぅ。ごめんなさい。」
小さいころから言えなかったこの言葉。損をしてきたのか、得をしてきたのか死ぬ間際になってみないとわかりませんが。
またしても意地だけで、やり遂げた(*^^)v
おうなさん自身は達成感に浸っております。


e0272869_15101726.jpg

しかし、指がまだ思うように動かない。
今でも指を開いたり閉じたりすると痛くて(´;ω;`)ウッ…
お芋の土落としと、25キロのお芋の入ったキャリをひとりで抱えて運び込んだりしたものだから。。。

鎌倉からいやいや今回はパリから松山に来られてた鎌倉のYさんから
「ばね指になっちゃうわよ。」って聞いて
そんな病気があるんだ! さつま芋堀で整形外科通いになっちゃったら、こんなアホらしいことがあるでっしゃろか~(><)
ちょっと心配しながらも、でもきっと大丈夫。あと10日もすれば元通りになるでしょ。


媛ちゃん お芋さん食べてね! 一生懸命に作ったんだから・・・


e0272869_22195387.jpg

10月末から11月はイベントもてんこ盛り
30日の竹取ボランティア、慰霊祭 6日は媛ちゃんお誕生会、13日ははばたきバザーに出店、月に2回の竹取物語に加え、
幼稚園・保育所の芋掘りと合計17園が動物園でサツマイモの贈呈式。
そして、小学校でのお話会を2校でさせていただきました。
やりきったど~!満足(^^)
お誕生会の様子やサツマイモのプレゼントの様子などは、また、順を追って写真で紹介していきますね~!


e0272869_21462864.jpg


10月30日は動物園の日
もちまきもそりゃ楽しいけど、みなさんに参加していただきたいのは動物慰霊祭。
お子さんを連れて参加していただきたい行事です。
そして、命の重みを子どもたちにお話してください。

日本人ならではの自然観。よその国ではほとんどないと聞く、動物園での動物慰霊祭。
おうなさんは、流産、死産で亡くなったリカさんの赤ちゃんの命日に慰霊碑の前で手を合わせる椎名キーパーの姿に心を打たれたし、
動物慰霊祭が日本では当たり前に行われていることを知って感動したんですよね~。


e0272869_20583700.jpg

「アフくん ありがとうね。 天国の広い草原を思いっきり走り回ってる?」

今年の慰霊祭は、いつもの年にもまして、多くの方に参列して献花していただきたくて・・・
愛媛県の農林水産部の竹取ボランティアに来てくださった方々にも参加をお願いしたんです。
ありがとうございました。

e0272869_21525337.jpg
動物園で慰霊祭をしていることを知ってもらいたかったことと、
多くの方に、動物たちにありがとうと、お花を手向けていただきたかったんです。

農林水産部のみなさん 竹取物語に今年もご参加いただきまして、ありがとうございました(*^^)

e0272869_22454686.jpg

e0272869_21531759.jpg


先日動物園に行ったら、アフくんの写真の横に、媛ちゃんの10歳をお祝いしたメッセージボードが並べて立てかけてありました。


e0272869_21560700.jpg


「アフくん あなたの娘は10歳になりましたよ。きっと素敵なお婿さんが来てくれて、あなたの命をまた次の世代へとつないでくれることでしょう。
天国からずっと見守っていてね。」





[PR]
by taketoriouna | 2016-12-03 22:46 | おうなの日記 | Comments(2)

一カ月近くも遅れてる(-_-;)

毎日毎日、朝から晩まで芋掘りしているおうなさん。。。

e0272869_23582390.jpg

今年借りてる畑は超粘土質。手掘りは大変です。もう、手も腰もボロボロ(><)
来年、お芋作るとしたら、マシンを買わなきゃ、やってらんないです。
ネットで見たら、芋植え機に芋掘り機、凄いものが世の中にはあるんじゃ~

というわけで、ブログを更新する余裕もなく、一カ月遅れでがす。
竹取も媛ちゃんお誕生会も、それ以外にも書きたいことがあるのに、なかなか進みません。


前回の続き 旅の最終日の日記から。。。


e0272869_23530917.jpg

のんびり、鎌倉を歩いてみたい。
時間あるから小説でも読むか。。。って、ブックオフで100円になった文庫本を何冊も買って読んだのはいつだったかしら?
どうも、読書習慣なるものが子どもの頃からなかったおうなさん。
本を読まない時は何カ月も読まないし、読む時は次々に集中読み。それも1ヵ月と続かないのですが・・・
確か伊集院静さんの「白秋」を読んだときだったかな~? 鎌倉に憧れて。。。


e0272869_23004257.jpg


『鎌倉に行ってみた~い。江ノ電に乗って、ふらっと下車して、落ち着いたカフェにでも入って、ゆっくり珈琲をいただきながら物思いにふけったりしてみて、
どこか影のある女性を演じてみたい』な~んて、アホなことを思ったのですが。
性格上、影なんて似合うはずもなく、ゆっくりのんびりは無理みたい。無茶苦茶な強行スケジュール


せっかく鎌倉に来たのだから、神社仏閣はおさえないと。。。
なのに、御朱印張を忘れてきた私たち(><)

かぐや媛はやはり竹林に惹かれる~! 報国寺には行かないとね。
かぐや姫が出てきそうな竹林

e0272869_23542838.jpg

あと二箇所駆け足で。。。

e0272869_23545520.jpg

お寺の中のカフェレストラン 中だけ覗いて。。。

e0272869_00283096.jpg

鎌倉行ったら、ここでしょ! 鶴岡八幡宮に急いでるのかと思いきや


e0272869_23552168.jpg
お土産の「くるみっ子」を買い求めに!

e0272869_00354471.jpg

逃飛行3日目 午前中で鎌倉観光は終わり、ズーラシアへと急いだのでした。
鎌倉駅でYさんとはお別れ。 3日間ありがとうございました。

ズーラシア滞在時間2時間 無謀過ぎる! 

e0272869_21345305.jpg
北門から攻めさせていただきました。
とべではなかなか、キリンを間近に見れないから、思わすパチリ

e0272869_21422832.jpg
キミの仲間たちも人間の欲のために、無残な殺されかたをしている子だよね。
ごめんね。。。


e0272869_21492237.jpg
おうなさん、いろんな動物園で何を見たいのかというと。。
こんなやつ。
それぞれの動物園が何をお客様に伝えようとしているのかってところを見たかったんです。
大人の知的好奇心を満たすようなメッセージボードや動物園が発信しようとしていることなど。。


e0272869_21534671.jpg
e0272869_23424720.jpg

e0272869_21540163.jpg

e0272869_21532598.jpg

動物園は動物を観察するだけでなく、大人も子どもも色んなことを知って欲しい場所ですもんね!
その動物が生息する地域の自然や環境問題にまで触れるようなメッセージ
私たち日本人も自然や野生動物の危機に加担しているかもしれないってことに気づいてもらえるようなメッセージ

動物園が社会教育施設として、広く利用者に認識してもらうための一歩だと思うんですよね。
キーパーさんからのメッセージや動物園が発信したいことがひと目でわかるズーラシア、行って良かったな(*^^)v





[PR]
by taketoriouna | 2016-11-10 00:38 | おうなの日記 | Comments(0)

アフリカゾウのために! それぞれの思いややり方は違いますが・・・

e0272869_22465809.jpg
秋の行楽日和。朝から動物園は家族連れで賑っていました。

ああ!1年ぶりに砥夢君に会える! 遠距離恋愛の恋人に会うときみたいに心臓ドキドキ
わき目も振らずアフリカゾウ舎にまっしぐら。
「絶対、ひとりで砥夢くんに会っちゃだめよ!」 という鎌倉のYさんが一緒にいてくださった。

e0272869_23394602.jpg

この目元、媛ちゃんや砥愛ちゃんとそっくりじゃない。 見ているだけで、涙がポロポロとこぼれ落ちた。
今さらだけど・・・ お姉ちゃんや妹と一緒に遊ぶ砥夢君をひと目見たかったな~。

遂に来た~! おうなさんの奇行のはじまりはじまり。
みんな、楽しそうな笑顔でゾウさんを見ている中で、ゾウを見て泣いてる変なオバサン。
子連れのお母さんの視線を感じる。 

Yさんが居てくださったおかげで、それ以上取り乱さずに済んだものの。
心の中で、「砥夢くん、砥夢くんが大好きだったアフお父さんが死んじゃったの。砥夢・・・」 また、涙が溢れ出る。


e0272869_20062974.jpg


砥夢くんがこっちに来た。
「砥夢く~ん! 砥夢~」私の声を覚えてるでしょ? 
何度も呼んでみたけど、悲しいかな! 反応なし。。。😢


e0272869_23545408.jpg


砥夢くん。。。 優しい目をしてる。でも、なんだか寂しそう。 
アフお父さんが亡くなった時の媛ちゃんと同じ目をしてるようで、また悲しくなる。
ね~! とべにいた時みたいに目をクリクリさせて見せてよ!

いつも、チーキさんに遊んでもらっているじゃん! 
年に1度くらいしか来れないんだから、アフお父さんが亡くなった後だからよけいに、楽しそうにしている姿を見たかったな~。

チーキさん、力も強くなった砥夢くんの相手は大変だろうけど、よろしくお願いしますね。


e0272869_00094320.jpg


寂しいんじゃなくて、砥夢くんは大人になったってことだよね。成長したってことよね。
落ち着いた雄ゾウになってきたってことでしょ。
また、来るね!  


新宿で松山からの旅仲間と合流。
お昼はYさんがお洒落なオープンカフェに連れてってくださって。。。
お江戸はやはり、松山とはちゃいまっせ!

目の前は神田川 水面を渡る風を感じながら、川向うに走る黄色い電車は中央線? 桜の季節は最高だろうな~


e0272869_00443837.jpg

e0272869_18044999.jpg

そして、中村千秋さん出版記念イベントに参加。
野生のアフリカゾウと地域住民の共存のために現地で活動している女性活動家。
以前の著書「アフリカで象と暮らす」を読んでから行こうと思っていたのに、結局1ページも開かず図書館に返却。
知識も情報もないままに・・・ 失礼千万ですよね(><) すみませんです。

ただ、アフリカのゾウの保護区のことが知りたい。ゾウの話をいっぱい聞きたい。
そんな思いでイベントに参加しましたが、少し拍子抜け。 中村さんのお話は5分で終わってしまったのです。


e0272869_13160926.jpg

Yさんと私は突撃インタビューを決行
中村さんの活動によって人間と野生ゾウの共存がどのように果たせるようになったのか? 
アフリカゾウの現状は? ゾウの孤児院は?
ケニアの国は、未だに象牙取引を認めている日本をどう思っているの?

聞きたいことは半分も聞けず、
『その孤児院は孤児じゃない子まで連れて来てる。保護ではなくビジネス化している。』そんな衝撃の言葉だけ聞き、
おうなさんは言葉を失い、
立ちすくんだという表現がぴったりかな。

保護活動をするには人もお金も必要です。
かぐや媛みたいにちっちゃな活動でさえ、人力とお金がないと何もできないことは重々身に染みてます。

飼育員さんに最近聞いた話でも。。
「アフリカの野生動物の保護区で増えすぎたゾウを間引き? その子たちはどうなるんですか?」
「最悪は殺処分」
この時も言葉を失い固まってしまった。

『殺してしまうくらいなら、動物園にください。』
法律のことも、政治のことも、国同士の関係も何もわからないオバサンの訴えです。
でも、そんな願いも、動物愛護精神の強い人からは「あんな狭いところでゾウを飼うなんてとんでもない。」とお叱りをうけるのでしょうね。

アフリカゾウのために。。。
それぞれの思いがあって、それぞれの感じ方があって、それぞれのやり方で・・・
でも、みんなゾウを守ろうとしている。 愛している。

野生動物保護、象牙問題、貧困問題、動物園問題、色んな情報、また、事情がある中、
物事は一方的な方向からだけ判断するのではなく、多面的に見なきゃいけないんでしょうが、おうなさんの脳力をはるかに超えてることばかり。。。
ただ、この地球では、全てが人間優位。野生動物が人間に利用され追いやられ、悲しい結末を迎えようとしていることが辛いのです。
何が良くて何が悪い事なのか、神様だけがご存知なのかもしれません。


この夜はジャズの生演奏が聴けるイタリア料理店へ


e0272869_13100976.jpg

「のんべ~ね!」とYさんに言われてしまった真っ赤な顔のおうなさんの写真とこのお肉しか撮ってなかった(><)
牛ほほ肉のバルサミコ煮!

最終日はは鎌倉散策とズーラシア見学。 


雨でお芋掘りに行けないから、ブログの更新が早いぞ(*^^)v
松山に帰って、北本キーパーから
砥夢君の牙を保護するために、寝室にも砂を入れてもらってるって聞きました。
多摩で大事にされているんですね(^^)







[PR]
by taketoriouna | 2016-10-22 23:20 | おうなの日記 | Comments(1)

号外! みなさん 失礼しました。

前回の金沢動物園のゾウさん物語
全くのオバサンのひがみから、思い込みの大間違いをしていたようですぅ(><)

チャメリーちゃんとヨーコさんを取り違えていたらしいことを教えていただきました。
ボン君とチャメリーはいい感じだと聞いていたものだから、てっきり、仲良くしているほうがチャメリーだと。。。



e0272869_21324115.jpg
ゾウもすみません↘

みなさん、ゾウさん達の写真から、面白おかしいストーリーを想像してね!
登場人(ゾウ)物は一緒です。40歳ボン君、38歳ヨーコさん、25歳チャメリーちゃん

[PR]
by taketoriouna | 2016-10-21 21:38 | おうなの日記 | Comments(0)

あれもこれも欲張りすぎは・・・

自分で自分の首を絞めてあっぷあっぷ

とにかく目の前に来た事、閃いた事はやってみる。
去年と同じことをしてたらつまんないしな~

毎年こんな調子だから、やらなきゃいけないことがドンドン増えちゃって、
ひゃ~! マジ大変な状況に陥っております。 胃が痛い(><)11月末まで心も身体も休む暇がない!
こんなにいっぱいなことを並行してやって、大丈夫なん?おうなさんって感じですが。
上手くいくのか、無事にこなせるのか、心配事でちっちゃな胸が張り裂けそうなんです。
大胆不敵、心臓に毛が生えているように見られがちだけど、実は小心者、心配性で。。。
ただ、うまくいくように努力だけは惜しまないですけどね。
それが自分を追い込んじゃってる(-_-;)
逃げ出した~い!と、ひとりごと。


集中してるんだから、ゴンちゃん!邪魔しないで!
色いろ段取りしとかないといけないんだから。。

e0272869_14545346.jpg
遊んで欲しくて、どこにでもついてくるんですぅ(><) 
トイレに入ったら、ドアをノックしてくるし。。。 頭突きですけどね。
クッション被せたら、穴から頭だけ出して かわいいでしょ。
もうしばらくしたら、ゆっくり遊んであげるから。
頭をよしよしいい子いい子と撫でてやると、うっとりおとなしくなるゴンちゃんなんです。
かまってあげないと・・・ 見ててあげないと・・・ 

e0272869_14550633.jpg

どこの子も一緒なんですね~(*^^)v


「ちいくいんさ~ん。ほら!見てて。とあたん、タイヤ乗り、じょうずにできるでちょ!」

e0272869_14292745.jpg
「見ててって言ったでしょ!」

「砥愛ちゃん、ボクも忙しいんだよ。早く、掃除を済ませないと・・・」


e0272869_14304918.jpg
「とあたんとおそうじと、どっちが大事なのよ?」
「困ったな~。ほら、見ててあげるから。。。」


e0272869_14322220.jpg
「じゃ、待ってて!もう1回するね(*^^)」


e0272869_14343240.jpg
「どう? すごい?」
「う~ん。。 なんかバランス悪くないかい???」

e0272869_14360798.jpg

「どちたらいいん?」
「両足を揃えてタイヤに乗せてごらんよ。」

「こうかな~?これでいい?」

e0272869_14373073.jpg

「うん、いいんじゃない!」

「こんどはタイヤをもちあげてみるからね。」

e0272869_14404204.jpg
「もう、忙しいから、行くよ!」

「ダメ~!」

e0272869_14425485.jpg

こうやって、砥愛ちゃんも飼育員さんをいつも追い回してるんです。
みんな、かまってもらいたいのよね~。


おうなさんのことも、「よく頑張ってるね!」って、だれか、よしよし(^^)して欲しい↗

お江戸に行ってきます。ちょっと、現実逃避の旅に(*^^)v
逃げ出してきま~す。 帰ったら、また大変なんだけどね。
砥夢くん、おっきくなっただろうな~。。 





[PR]
by taketoriouna | 2016-10-13 15:22 | おうなの日記

グローカルマインドだっせ(*^^)

色いろとお世話になっている愛大の先生から、また、講座で話をしてくれませんかとのお話をいただいたんです。

e0272869_23203434.jpg

「ゾウのことしか話せないですけど、いいんですか~?」
「いいです。いいです。日頃思っていることを喋ってもらったんで・・・。今回は人を見てもらう。グローカルマインドを持った人に注目ということで」
「はあ。。」 
返事はしたものの、頭の中はグローカルマインドってなんぞや???

2年前に大学の先生方と親しくなってから、とにかくおうなさんにはわからない言葉がいっぱい出てくるのです。
たいがいのおバカな話にはついていけるんだけど。
教養を問われるような言葉は全くわかんない(;^ω^) 
その時はいつも新聞ちゃんと読もッ!ニュース見よッ!本読もッ!っていつも思うんですけどね。

ねっ!砥愛ちゃん
3歳ならいいけどね。。。 余分に50年も生きてるんだからね(-_-;)
e0272869_23204083.jpg
グローカル・・・地球規模の視野で考え、地域視点で行動する 
ほ~!そうか。。。
確かに地球環境問題って、グローカルに取り組むことだよなと納得
アフリカゾウを通して、地球環境問題、野生動物の状況をお伝えしながら、地域や動物園に関わりながら地道に活動を続けること。
マインド、精神、心だけは持っているつもりだけど・・・

お受けしたものの、ショッカーみたいなおうなさんでええんかな~!
仮面ライダーに出てくるショッカー。 世界征服を企む秘密結社のショッカー。
世界征服と言いながら、「キー キー」と叫びながら幼稚園バス襲っているショッカーですよ。
言ってることはデカいのに、やってることがしょぼすぎ! 
言ってることとやってることがズレズレ(^-^;の時もしょっちゅうありますし。

でも、お受けしたからにはミッションを果たさないと・・・
8月初めにお受けして、まだまだ日があると呑気に構えてたら、もう日がないってことで、この1週間は引きこもりで原稿考えております。


e0272869_23205322.jpg

まずは、アフリカゾウ家族の写真スライドショーから見てもらって(^^)Jimamaの大丈夫♬の曲にのせて流すと、ビンビン心に響くんです。

この前「どうぶつえんでえほん」環境学習会に使った絵本を読んでみよっかな~!
社会人と大学生相手に、子ども向け絵本を読んでみますか。


でも、5年活動して思うこと。 
おうなさんのマインドはちょっと感動し過ぎ、加熱し過ぎってところがあるから、要注意。
みんな、ここで感動するだろうな~。心に響くだろうな~。って思っていても、あれ~ってことがよくあるんです。
昔よく言われてたんです。「小金治」って! 
生き別れの肉親が対面するシーンとかで感動のあまり号泣してた桂小金治さん 「泣きの小金治」

環境学習会用の絵本を選ぶのに図書館で100冊くらいの絵本を借りて読んだんですけど、ハンカチでは足りず、タオルとティッシュを脇に置いて、泣く泣く💦
この my mindは ちとヤバい。


e0272869_09280744.jpg
この子たちの幸せのために頑張るから。。。

グローカルマインドで話さなきゃ!
どう、話を展開させて、共感を集めることができるか。。。
また、今から集中します(*^^)v

[PR]
by taketoriouna | 2016-09-20 10:03 | おうなの日記 | Comments(0)