竹取から始まったものがたり

竹取から始まったかぐや媛の物語
かぐや媛さん、いったい何本の竹を伐ったことでしょうねえ。  

色んな方に助けていただいて、月に2回ゾウさんに竹を届けてきた。
ななな、なんと先月末時点で131回、延べ参加人数2769人、竹搬入量約10600キロ。


それにしても、6年の月日は恐ろしい・・・("^ω^) 
第1回 竹取物語
あの頃はおうなさんもまだ若かったなあ。 小学生だった子ももう高校生ですよ。

e0272869_20435437.jpg
椎名キーパーも若いネ💦

e0272869_21085110.jpg

リカお母ちゃんと媛ちゃん、そして砥夢くん
砥夢くん! こんなに無邪気な表情していたんだねえ。 

e0272869_21093403.jpg
この子たち家族の30年の歴史のなかの6年間も関わらせてもらったと思うと、感慨深いものがありますねえ。
楽しい事や嬉しい事もいっぱいあったけど、なぜか悲しい事や辛い事の方ばかりを思い出しちゃうんだよね。


穏やかで優しい目をしたアフお父さん  竹を持って行くと、嬉しそうに鼻をあげて挨拶してくれた。

e0272869_23072131.jpg
甘えん坊だった砥夢くん 竹よりもママのおっぱいが好きだったんだねえ。

e0272869_23072322.jpg

この家族の物語を伝えて・・・  家族の近況を伝えて・・・
ひとりでも多くの人に、アフリカゾウ家族のことを知ってもらおうと続けてきた。


e0272869_10185379.jpg

楽しい中に学びや気づきのあるイベントをと心がけてきた。
この子どもたちの心や体が育まれる過程で、いい影響を与えることができてたらいいなあと・・・

e0272869_10243815.jpg

子どもたちは
同じ地球に暮らす生きもののために
とべに暮らすゾウさん家族のために
優しい思いやりの気持ちで


e0272869_10211886.jpg

ゾウさんたちのために、自分たち自らが体を動かして竹を採って・・・

e0272869_10273382.jpg
この子たちの喜ぶ顔が見たいから
今日も竹の葉を運びます。

e0272869_10302556.jpg
e0272869_10310429.jpg
そして、地域のために・・・
そこに暮らすたくさんの生きもののために
竹林を整備していきます。

e0272869_10413434.jpg

おうなさんの原動力はこの子たちがそこにいてくれているから。。。
この子たち家族の幸せを願っています。


e0272869_10432950.jpg



[PR]
by taketoriouna | 2017-10-24 09:10 | かぐや媛 | Comments(0)
<< 砥愛ちゃんの審判やいかに ゾウ舎はハロウィン >>