命日

アフ君がいなくなって1年が経ちました。もう1年なんですね。
今年は桜の開花が遅れ、満開になったら生憎の雨。でも、桜は頑張って、アフ君の命日を待って散ってくれました。

e0272869_11205421.jpg

アフ君がいなくなってからの1年は長かったようで、あっという間に過ぎてしまった気がします。

沈みきっていたこの子達が元気を取り戻してくれたことが何より良かった。

e0272869_21302158.jpg

おうなさんは、ゾウがどれほど繊細などうぶつであるかを、目の当たりにしました。
だからこそ、動物園にいてくれているこの子達に、人間は惜しみない愛情を注いでやってほしいし、ストレスのない生活を送らせてあげてほしい。
ハード面では自治体にソフト面では飼育員さんたちに頑張ってもらうしかない。
かぐや媛の役割はこの子達家族の素晴らしさを伝え、貴重な宝だと訴え続け、支援の輪を広げることだと思っています。


e0272869_21325255.jpg
ストレスから耳折れを繰り返していた砥愛ちゃんも、今では元気いっぱい。
大好きなお母さんやお姉ちゃん、飼育員さんの愛に包まれて、すくすくというか、いや~!よー肥えてまんがな(;^ω^)


毎月の月命日、おうなさんは行ける時はお花を買ってお墓に供えさせてもらってたんだけど。
いつ訪れても、椎名キーパーはお花を欠かすことなく、椎名キーパーにとってアフ君は自分の一部だったんだろうなあと思うと、胸が熱くなります。

e0272869_12371152.jpg

きっと、なにかあるごとにアフ君に報告されていたんでしょうね。
ゾウ家族のこと、モザンビークのこと、獣舎拡張工事、そして、今後もいい方向に向かうことを願って・・・


e0272869_11451897.jpg

4月14日、アフ君の命日。 昨年、満開だった姫リンゴの花が、今年はまだ咲いていません。
かぐや媛では、好きだったものをお供えして、アフ君を思い出しみんなでお墓参りをしなきゃって!みんなで動物園に行きました。

行ってビックリ! 
アフ君の寝室だったお部屋の前には全国からアフ君が大好きだったスイカがいっぱい。綺麗なお花もお供えしてありました。

「アフ君のことみんな忘れてないよ~」

e0272869_11503295.jpg

私たちは、お墓に供えさせてもらいました。

e0272869_11520203.jpg

e0272869_11582739.jpg

美味しそうにスイカを頬張ったアフ君。家族を幸せそうに見つめていたアフ君。
椎名キーパーが「テンさん」と声をかけるとのっしのっしと近寄って来てくれたアフ君。 
忘れません。

e0272869_11534811.jpg
e0272869_11535819.jpg
e0272869_11543416.jpg

「アフ君!リカさんも媛ちゃんも砥愛ちゃんも、元気に過ごしていますよ。


e0272869_12275503.jpg
運動場も広がったけど、まだ、リカさんと媛ちゃんは一歩も進めないんです。好奇心旺盛な砥愛ちゃんだけがフラフラと探検に行っています(笑)。
アフ君に広い運動場を駆け回らせてあげたかったよ~!

e0272869_12281103.jpg

これから新緑の季節、動物園はお客さんでいっぱいになります。ゾウ舎の周りはいつも笑い声が絶えないだろうし、暖かいまなざしで包まれていると思うよ。
ゾウさんたちは多くの愛で支えられているから、安心してください。
天国から見守っていてね。
おうなさんがあと10歳若かったら、もっとイケイケで頑張れるんだけどね。息切れしない程度に応援するっちゃよ。」



e0272869_12372695.jpg

アフ君が逝ってしまったのは4月14日午後2時過ぎだったと記憶しているのですが。
命日のこの日、プール側の運動場にいた家族が、急にみんな移動して。。。
リカさんがアフ君のお部屋の前で頭をつけてじっとしているのを見た時、おうなさんはドキっとして時計を見たら、2時過ぎだったんです。
リカさんの顔が優しさの中に悲しみに沈んでいたように見えて・・・

あはっ💦 おうなさんお得意の想像ですが。。。(;^ω^)


e0272869_12374568.jpg


今年の桜も終わりました。1年でたったの1週間から10日くらいしか花を咲かせないなんて!
お見事!ってばかりに花をつけ、可憐に散っていく。風にひらひらと舞う花びらのなんと風情があること。
これからも、桜とともにアフ君を偲ぶことになるのかなあ。

 
e0272869_12381602.jpg

[PR]
by taketoriouna | 2017-04-17 22:13 | アフリカゾウ家族 | Comments(0)
<< 艱難辛苦を乗り越えて。。  「砥部焼ZOOメモリアル」 >>